kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 桐壷

源氏物語 桐壷 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 上』からのコピーを含みます。

 

桐壷

いづれのおほん時にか、女御更衣あまたさぶらひたまひける中に、いとやんごとなききはにはあらぬが優れて時めきたまふ有りけり。始より我はと思ひあがりたまへるおほん方々、めざましきものにおとしめ猜みたまふ。同じ程、其より下﨟󠄀の更衣たちはまして安からず。朝夕の宮仕につけても人の心を動かし怨を負ふつもりにやありけむ、いとあつしくなりゆき物心ぼそげに里がちなるを、いよいよ飽かず哀なるものに覺ほして人の謗をも得憚らせたまはず世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。上達部うへ人などもあいなく目をそばめつゝ、いとまばゆき人の御おぼえなり。もろこしにもかゝる事のおこりにこそ世も亂れ惡しかりけれと、やうやう天の下にもあぢきなう人のもてなやみぐさになりて楊貴妃のためしも引き出でつべうなり行くにいとはしたなきこと多かれど、辱き御心ばへの類なきを賴にて交らひたまふ。父の大納言はなくなりて、母北の方なむいにしへの人の由あるにて、親うち具しさしあたりて世のおぼえ華やかなるおほん方々にも劣らず何事の儀式をももてなしたまひけれど、とりたてゝはかばかしき御後見しなければ事とある時は猶より所なく心細げなり。さきの世にもおほん契や深かりけむ、世になく淸らなる玉のをのこ皇子さへ生れたまひぬ。いつしかと心もとながらせたまひて、急ぎ參らせて御覽ずるに珍らかなるちごのおほんかたちなり。一のみこは右大臣の女御のおほん腹にてよせ重く疑なきまうけの君と世にもてかしづき聞ゆれどこのおほん匂ひには並び給ふべくもあらざりければ大方のやんごとなき御おもひにてこの君をば私物におぼほしかしづきたまふこと限なし。始よりおしなべての上宮仕したまふべききはにはあらざりき。おぼえやんごとなくしやうずめかしけれどわりなくまつはさせたまふあまりに、さるべき御遊の折々何事にも故ある事の節々にはまづ參う上らせたまふ。ある時には大殿籠りすぐしてやがてさぶらせたまふなど、あながちにおまへ去らずもてなさせたまひし程に、おのづから輕き方にも見えしを、この皇子生れたまひて後はいと心殊に思ほしおきてたれば、坊にも善うせずはこの皇子の居たまふべきなめりと、一のみこの女御は覺し疑へり。人より先に參りたまひてやんごとなき御思ひなべて思ひ聞えさせたまひける。畏き御蔭をば賴み聞えながら、おとしめ疵を求め給ふ人は多く我が身はかよわく、ものはかなき有樣にてなかなかなる物思をぞしたまふ。御局は桐壷なり。數多のおほん方々を過ぎさせたまひつゝ隙なき御まへわたりに人の御心を盡したまふも、實にことわりと見えたり。參う上りたまふにも、あまり打ち頻る折々は內階、渡殿、此處彼處の道に怪しきわざをしつゝ、御送り迎への人のきぬの裾堪へ難うまさなきことどもあり。又ある時はえさらぬめだうの戶をさしこめ此方彼方心を合せてはしたなめ煩はせ給ふ時も多かり。事にふれて數知らず苦しきことのみ增ればいと痛う思ひわびたるをいとゞ哀と御覽じて、後凉殿にもとよりさぶらひ給ふ更衣の曹子をほかに移させたまひて、うへ局にたまはす。その怨ましてやらむ方なし。このみこ三つになりたまふ年おほん袴着のこと一の宮の奉りしに劣らず、くらづかさをさめ殿の物を盡していみじうせさせ給ふ。それにつけても世のそしりのみ多かれど、このみこのおよすげもて坐する御かたち、心ばへありがたく珍しきまで見え給ふを得猜みあへたまはず。ものゝ心知りたまふ人は、かゝる人も世に出でおはするものなりけりと淺ましきまで目を驚かしたまふ。その年の夏みやすどころはかなき心地に煩ひて、まかでなむとしたまふを、暇更に許させたまはず。年ごろ常のあつしさになりたまへれば御目馴れて「猶暫し試みよ」とのみのたまはするに日々に重り給ひてたゞ五六日の程にいと弱うなれば母君なくなく奏してまかでさせ奉りたまふ。かゝる折にも、あるまじき耻もこそと心づかひして、みこをば留め奉りて忍びてぞ出で給ふ。限あれば、さのみもえ留めさせたまはず、御覽じだに送らぬおぼつかなさをいふ方なく悲しと覺さる。いと匂ひやかに美くしげなる人の痛う面瘦せていと哀とものを思ひしみながらことに出でゝも聞えやらずあるかなきかに消え入りつゝものしたまふを御覽ずるに、きし方行く末おぼしめされず萬の事をなくなく契りのたまはすれど、おほんいらへもえ聞えたまはずまみなどもいとたゆげにていとゞなよなよと我かの氣色にて臥したれば、いかさまにかとおぼしめし惑はる。てぐるまの宣旨などのたまはせても又入らせ給ひては更にゆるさせたまはず、「限あらむ道にも後れ先だゝじと契らせたまひけるを、さりとも打ち捨てゝはえ行きやらじ」とのたまはするを、女もいといみじと見奉りて、

 「かぎりとて別るゝ道の悲しきにいかまほしきは命なりけり。いと斯思う給へましかば」と息も絕えつゝ聞えまほしげなることはありげなれどいと苦しげにたゆげなれば、かくながらともかくもならむを御覽じはてむとおぼしめすに、今日始むべきいのりどもさるべき人々うけ給はれる「今宵より」と聞え急がせば、わりなくおもほしながらまかでさせたまひつ。御胸のみつとふたがりてつゆまどろまれず明しかねさせたまふ。御使の行きかふ程もなきに猶いぶせさを限なくのたまはせつるを「夜中うち過ぐる程になむ絕え果て給ひぬる」とて泣き騷げば、御使もいとあへなくて歸り參りぬ。聞しめすおほん心惑ひ、何事も覺しめしわかれず籠り坐します。みこはかくてもいと御覽ぜまほしけれど、かゝる程にさぶらひたまふれいなき事なれば、まかで給ひなむとす。何事のあらむとも思ほしたらず、さぶらふ人々の泣き惑ひうへもおほん淚の隙なく流れおはしますを怪しと見奉りたまへるを、よろしきことだにかゝる別の悲しからぬはなきわざなるを、まして哀にいふがひなし。限あればれいの作法にをさめ奉るを母北の方「同じけぶりにものぼりなむ」と泣きこがれたまひて御送の女房の車に慕ひ乘り給ひて愛宕といふ所にいといかめしうその作法したるに坐しつきたる心地いかばかりかはありけむ。「空しき御からをみるみる尙おはするものと思ふがいとかひなけれは、灰になり給はむを見奉りて、今は亡き人とひたぶるに思ひなりなむ」とさかしうのたまひつれど、車より落ちぬべう惑ひたまへば、「さは思ひつかし」と人々もて煩ひ聞ゆ。內より御使あり、三位の位贈りたまふよし勅使來てその宣命讀むなむ悲しき事なりける。女御とだにいはせずなりぬるが飽かず口惜しうおぼさるれば今ひときざみの位をだにと贈らせたまふなりけり。これにつけても憎みたまふ人々多かり。もの思ひ知りたまふは、さまかたちなどのめでたかりしこと心ばせのなだらかにめやすく憎み難かりしことなど今ぞおぼし出づる。さま惡しきおほんもてなし故こそすげなう猜みたまひしか、人がらの哀になさけありし御心をうへの女房なども戀ひ忍びあへり。なくてぞとは、かゝる折にやと見えたり。はかなく日頃過ぎて後のわざなどにも細かにとぶらはせたまふ。程經るまゝにせむ方なう悲しう覺さるゝにおほん方々の御とのゐなども絕えてしたまはずたゞ淚にひぢて明し暮させたまへば、見奉る人さへ露けき秋なり。「なきあとまで人の胸あくまじかりける人の御覺えかな」とぞ弘徽殿などには尙ゆるしなうのたまひける。一の宮を見奉らせたまふにも若宮のおほん戀しさのみおもほし出でつゝ、親しき女房御めのとなどを遣しつゝ有樣を聞しめす。

野分だちて俄にはだ寒き夕暮の程、常よりも覺し出づる事多くてゆげひの命婦といふを遣す。夕づく夜のをかしき程に出し立てさせたまうて、やがて詠めおはします。かうやうの折は御遊などせさせたまひしに、こゝろ異なるものゝ音を搔き鳴らし、はかなく聞え出づる言の葉も人よりは異なりしけはひかたちの、面影につとそひておぼさるゝも、やみのうつゝには尙劣りけり。命婦彼處にまかで着きて門ひき入るゝよりけはひ哀なり。やもめずみなれど、人一人のおほんかしづきにとかく繕ひ立てゝ、めやすき程にてすぐしたまへるを、闇にくれてふし沈みたまへる程に草も高くなり野分にいとゞ荒れたる心地して月かげばかりぞ八重葎にも障らずさし入りたる。南おもてにおろして、母君もとみにえものものたまはず。「今までとまり侍るがいと憂きを、かゝる御使の蓬生のつゆ分け入りたまふにつけても耻しうなむ」とて實にえ堪ふまじく泣い給ふ。「參りてはいとゞ心苦しう心ぎもゝ盡くるやうになむと內侍のすけの奏し給ひしを、もの思ひたまへ知らぬ心地にも實にこそいと忍び難う侍りけれ」とてやゝためらひて御事傳へ聞ゆ。「暫しは夢かとのみたどられしを、やうやう思ひ靜まるにしもさむべき方なく堪へ難きはいかにすべきわざにかとも問ひ合すべき人だになきを、忍びては參り給ひなむや、若宮のいとおぼつかなく露けき中にすぐしたまふも心苦しう覺さるゝを、疾く參り給へなど、はかばかしうものたまはせやらず、むせかへらせたまひつゝ、かつは人も心弱く見奉るらむと覺しつゝまぬにしもあらぬ御氣色の心苦しさに、承はりも果てぬやうにてなむまかで侍りぬる」とて御文奉る。「目も見え侍らぬに、かく畏き仰事を光にてなむ」とて見たまふ。「程經ばすこし打ち紛るゝこともやと待ちすぐす月日に添へていと忍び難きはわりなきわざになむ。いはけなき人も如何にと思ひやりつゝ、諸共にはぐゝまぬおぼつかなさを今は猶昔の形見になずらへてものしたまへ」など、こまやかに書かせたまへり。

 「宮城野の露ふきむすぶ風の音に小萩がもとを思ひこそやれ」とあれど、え見たまひはてず。「命長さのいとつらう思うたまへしらるゝに松の思はむことだにはづかしう思ひたまへ侍れば、百敷に行きかひ侍らむ事はましていと憚多くなむ。畏き仰事を度々承りながらみづからはえなむ思ひたまへたつまじき。若宮はいかにおもほししるにか、參り給はむ事をのみなむおぼし急ぐめれば、ことわりに悲しう見奉り侍るなど、うちうちに思ひたまへるさまを奏したまへ。ゆゝしき身に侍れば、かくて坐しますもいまいましう辱く」などのたまふ。宮は大殿籠りにけり。「見奉りて委しく御有樣も奏し侍らまほしきを、待ちおはしますらむを、夜更け侍りぬべし」とて急ぐ。「暮れ惑ふ心の闇も堪へ難きかたはしをだにはるくばかりに聞えまほしう侍るをわたくしにも心のどかにまかでたまへ。年ごろ嬉しくおもだゝしきついでにのみ立ち寄りたまひしものを、かゝるおほんせうそこにて見奉る、かへすがへすつれなき命にも侍るかな。生れし時より思ふ心ありし人にて、故大納言いまはとなるまで、たゞこの人の宮仕のほい必遂げさせ奉れ、我なくなりぬとて口惜しう思ひくづほるなと、返す返す諫め置かれ侍りしかば、はかばかしう後見思ふ人なき交らひはなかなかなるべき事と思うたまへながら、たゞかの遺言を違へじとばかりに出したて侍りしを、身に餘るまでの御志の萬に辱きに、人げなき耻をかくしつゝ交らひ給ふめりつるを、人のそねみ深く積り安からぬ事多くなり添ひ侍るに、橫さまなるやうにて終にかくなり侍りぬれば、却りてはつらくなむ畏き御志を思う給へられ侍る。これもわりなき心の闇になむ」といひもやらずむせかへりたまふ程に夜も更けぬ。「うへも然なむ、我が御心ながらあながちに人目驚くばかりおぼされしも、長かるまじきなりけりと、今はつらかりける人の契になむ、世にいさゝかも人の心をまげたる事はあらじと思ふを、たゞこの人ゆゑにて、あまたさるまじき人の恨を負ひしはてはてはかううち捨てられて、心治めむ方なきに、いとゞ人わろくかたくなになりはつるもさきの世ゆかしうなむと、うち返しつゝおほんしほたれがちにのみおはします」と語りてつきせず、なくなく夜いたう更けぬれば「今宵すぐさず御かへり奏せむ」と急ぎ參る。月は入方の空淸う澄み渡れるに、風いと凉しく吹きて叢の蟲の聲々催しがほなるも、いと立ち離れにくき草のもとなり。

 「鈴蟲のこゑのかぎりをつくしても長き夜あかずふる淚かな」。えも乘りやらず。

 「いとゞしく蟲の音しげき淺茅生に露おきそふる雲の上人。かごとも聞えつべくなむ」といはせ給ふ。をかしき御贈物などあるべき折にもあらねば、たゞかの御形見にとてかゝるやうもやと殘しおきたまへりける御さうぞくひとくだり、みくしあげの調度めく物添へたまふ。若き人々、悲しき事は更にもいはず、うちわたりを朝夕にならひていとさうざうしく、うへの御有樣など思ひ出て聞ゆれば、疾く參りたまはむことをそゝのかし聞ゆれど、かくいまいましき身の添ひ奉らむもいと人ぎゝ憂かるべし。又見奉らでしばしもあらむは、いと後めたう思ひ聞え給ひて、すがすがともえ參らせ奉りたまはぬなりけり。命婦は、まだ大殿籠らせ給はざりけるを、哀に見奉る。御前の壷前栽のいとおもしろき盛なるを御覽ずるやうにて、忍びやかに心にくき限の女房四五人さぶらはせ給ひておほん物語せさせたまふなりけり。この頃あけくれ御覽ずる長恨歌の御繪、亭子の院の書かせたまひて、伊勢、貫之によませたまへるやまと言の葉をも、もろこしのうたをも、たゞ其のすぢをぞまくらごとにせさせたまふ。いとこまやかに有樣を問はせたまふ。哀なりつること忍びやかに奏す。御返り御覽ずれば、「いとも畏きは置き所も侍らず。かゝる仰事につけてもかきくらすみだり心地になむ。

 

  荒き風ふせぎしかげの枯れしより小萩がうへぞ靜心なき」などやうに亂りがはしきを、心治めざりける程と御覽じゆるすべし。いとかうしも見えじとおぼししづむれど、更にえ忍びあへさせたまはず。御覽じ始めし年月のことさへ書き集め萬におぼし續けられて、時のまもおぼつかなかりしを、かくても月日は經にけりと淺ましうおぼしめさる。「故大納言の遺言過たず宮仕のほい深くものしたりし喜はかひあるさまにとこそ思ひ渡りつれ。いふがひなしや」とうちのたまはせていと哀におぼしやる。「かくてもおのづから若宮など生ひ出でたまはゞ、さるべきついでもありなむ。命長くとこそ思ひ念ぜめ」などのたまはす。かの贈物御覽ぜさす。なき人のすみか尋ね出でたりけむしるしのかんざしならましかばとおもほすもいとかひなし。

 「尋ねゆくまぼろしもがなつてにも魂のありかをそこと知るべく」。繪に書ける楊貴妃のかたちは、いみじき繪師といへども筆かぎりありければいとにほひなし。大液の芙蓉、未央の柳もげにかよひたりしかたちを唐めいたるよそひはうるはしうこそありけめ。懷かしうらうたげなりしをおぼし出づるに、花鳥の色にも音にもよそふべき方ぞなき。朝夕のことぐさに、羽根をならべ枝を交さむと契らせ給ひしに、かなはざりける命のほどぞ盡せずうらめしき。風の音蟲のねにつけてものゝみ悲しうおぼさるゝに、弘徽殿には久しううへの御局にも參う上り給はず、月のおもしろきに、夜更くるまで遊をぞし給ふなる。いとすさまじうものしと聞しめす。この頃の御氣色を見奉る上人女房などは、傍痛しと聞きけり。いと押し立ちかどかどしき所物し給ふおほん方にて、ことにもあらずおぼし消ちてもてなし給ふなるべし。月も入りぬ。

 「雲の上も淚にくるゝ秋の月いかですむらむ淺茅生の宿」。おぼしやりつゝ燈火を挑け盡して起き坐します。右近のつかさのとのゐまうじの聲聞ゆるは丑になりぬるなるべし。人目をおぼしてよるのおとゞに入らせ給ひても、まどろませ給ふ事かたし。あしたに起きさせ給ふとても、明くるも知らでとおぼし出づるにも猶朝まつりごとは怠らせ給ひぬべかめり。物なども聞しめさず、あさかれひのけしきばかり觸れさせ給ひて大床子のおものなどはいと遙に覺しめしたれば、陪膳にさぶらふかぎりは心苦しき御氣色を見奉り嘆く。すべて近くさぶらふかぎりは男女「いとわりなきわざかな」と言ひ合せつゝ歎く。「さるべき契こそはおはしましけめ。そこらの人のそしりうらみをも憚らせ給はずこのおほん事にふれたることをばだうりをも失はせ給ひ今はたかく世の中の事をもおぼしすてたるやうになり行くはいとたいだいしき業なり」とひとのみかどの例まで引き出でつゝさゞめき歎きけり。

月日經て若宮參り給ひぬ。いとゞこの世のものならず淸らにおよすげ給へれば、いとゞゆゝしうおぼしたり。明くる年のはる坊定まり給ふにも、いとひきこさまほしう覺せど、御後見すべき人もなく又世のうけひくまじき事なれば、なかなか危くおぼし憚りて色にも出させ給はずなりぬるを、「さばかりおぼしたれど限こそありけれ」と世の人も聞え女御も御心おちゐ給ひぬ。かの御おば北の方慰むかたなくおぼし沈みて「おはすらむ所にだに尋ね行かむ」と願ひ給ひししるしにや終に亡せ給ひぬれば、又これを悲びおぼすこと限なし。皇子六つになり給ふ年なればこの度はおぼし知りて戀ひ泣き給ふ。年ごろ馴れ睦び聞え給へるを見奉り置くかなしびをなむかへすがへすのたまひける。今はうちにのみさぶらひ給ふ。七つになり給へばふみはじめなどせさせ給ひて世にしらず聰う賢くおはすればあまりに恐しきまで御覽ず。「今は誰も誰もえ憎み給はじ。母君なくてだにらうたうし給へ」とて弘徽殿などにも渡らせ給ふ御供にはやがてみすの內に入れ奉り給ふ。いみじきものゝふ、あたかたきなりとも見てはうち笑まれぬべきさまのし給へれば、えさし放ち給はず。をんな御子たちふたどころこの御腹におはしませどなずらひ給ふべきだにぞなかりける。おほん方々もかくれ給はず今よりなまめかしう耻しげにおはすればいとをかしううち解けぬあそびぐさに誰も誰も思ひ聞え給へり。わざとの御學問はさるものにて、琴笛のねにも雲居を響かし、すべて言ひ續けばことごとしううたてぞなりぬべき人のおほんさまなりける。そのころ高麗うどの參れるか中にかしこき相人ありけるを聞しめして、宮の內に召さむ事は宇多の帝のおほん誡あれば、いみじう忍びてこの皇子を鴻臚館に遣したり。御後見だちて仕う奉る右大辨の子のやうに思はせて率て奉る。相人驚きてあまたゝび傾ぶきあやしぶ。「國の親となりて帝王のかみなき位にのぼるべき相おはします人のそなたにて見れば亂れ憂ふる事やあらむ。おほやけのかためとなりて天の下を輔くる方にて見れば又その相違ふべし」といふ。辨もいとざえかしこき博士にて、云ひ交したる事どもなむいと典ありける。文など作り交して、今日明日歸り去りなむとするに、かくありがたき人にたいめんしたるよろこび、かへりては悲しかるべき心ばへをおもしろく作りたるに、皇子もいと哀なる句を作り給へるを限なうめで奉りて、いみじき贈物どもを捧げ奉る。おほやけよりも多くもの賜はす。おのづから事廣ごりて、漏させ給はねど、春宮のおほぢおとゞなど、いかなる事にかとおぼし疑ひてなむありける。帝畏き御心に、やまとさうをおほせておぼしよりにけるすぢなれば、今までこの君をみこにもなさせ給はざりけるを、相人は誠に畏かりけりと覺しあはせて、無品親王外戚のよせなきにてはたゞよはさじ、我が御世もいと定めなきを、たゞびとにておほやけの御後見をするなむゆくさきも賴もしげなる事と覺し定めて、いよいよ道々のざえをならはせ給ふ。きは殊に賢くてたゞ人にはいとあたらしけれど、みことなり給ひなば世のうたがひ負ひ給ひぬべく物し給へば、すくえうのかしこき道の人に考へさせ給ふにも同じさまに申せば、源氏になし奉るべくおぼしおきてたり。年月に添へてみやすどころのおほんことをおぼし忘るゝ折なし。慰むやとさるべき人々を參らせ給へど、なずらひにおぼさるゝだにいと難き世かなと、うとましうのみ萬におぼしなりぬるに、先帝の四の宮の、おほんかたち優れ給へる、聞え高くおはします。はゝきさき世になくかしづき聞え給ふを、うへにさぶらふないしのすけは先帝の御時の人にてかの宮にも親しう參り馴れたりければ、「いはけなくおはしましゝ時より見奉り今もほの見奉りて、失せ給ひにしみやすどころの、おほんかたちに似給へる人を三代の宮仕に傳はりぬるにえ見たてまつりつけぬに、きさいの宮の姬宮こそいとよう覺えて生ひ出でさせ給へりけれ。ありがたき御かたち人になむ」と奏しけるに誠にやと御心とまりてねんごろに聞えさせ給ひけり。母きさき、あなおそろしや、春宮の女御のいとさがなくて桐壺の更衣のあらはにはかなくもてなされし例もゆゆしうと覺しつゝみて、すがすがしうもおぼしたゝざりける程に、きさきも亡せ給ひぬ。心細きさまにておはしますに「唯我がをんな御子たちと同じつらに思ひ聞えむ」といとねんごろに聞えさせ給ふ。さぶらふ人々御うしろ見たち、御せうとの兵部卿のみこなど、かく心ぼそくておはしまさむよりはうちずみせさせ給ひて御心も慰むべく覺しなりて參らせ奉り給へり。藤壺と聞ゆ。實におほんかたちありさま怪しきまでぞ覺え給へる。これは人の御きはまさりて思ひなしめでたく、人もえおとしめ聞え給はねば、うけばりて飽かぬことなし。かれは人も免し聞えざりしに御心ざしのあやにくなりしぞかし。おぼし紛るゝとはなけれどおのづから御心うつろひてこよなくおぼし慰むやうなるも哀なるわざなりけり。源氏の君はおほんあたり去り給はぬを、まして繁く渡らせ給ふおほん方はえはぢあへ給はず。いづれのおほん方もわれ人に劣らむと覺いたるやはある。とりどりにいろめでたけれどうちおとなび給へるにいと若う美くしげにて切に隱れ給へどおのづから漏り見奉る。母みやす所はかげだに覺え給はぬを「いとよう似給へり」とないしのすけの聞えけるを若き御心地にいと哀と思ひ聞え給ひて、常に參らまほしうなづさひ見奉らばやとおぼえ給ふ。うへも限なきおほん思ひどちにて「なうとみ給ひそ。怪しくよそへ聞えつべき心地なむする。なめしと覺さでらうたうし給へ。つらつきまみなどはいとよう似たりしゆゑ通ひて見え給ふも似げなからずなむ」など聞え吿げ給へればをさなごゝちにもはかなき花紅葉につけても志を見え奉りこよなう心よせ聞え給へれば、弘徽殿の女御、又この宮とも御中そばそばしきゆゑうちそへて素よりのにくさも立ち出でゝ物しとおぼしたり。世に類なしと見奉り給ひ名高うおはする宮のおほんかたちにも猶にほはしさは譬へむ方なく美くしげなるを、世の人「ひかるきみ」と聞ゆ。藤壺ならび給ひて御おぼえもとりどりなれば「かゞやく日の宮」と聞ゆ。この君のおほん童姿いとかへまうく覺せど十二にて御元服し給ふ。ゐたちおぼしいとなみて限ある事に事を添へさせ給ふ。ひとゝせの春宮の御元服南殿にてありし儀式のよそほしかりし御ひゞきにおとさせ給はず、所々の饗などくらづかさ穀倉院などおほやけごとに仕う奉れる、おそろかなる事もぞと取りわき仰事ありて淸らを盡して仕うまつれり。おはします殿のひんがしの廂東向にいし立てゝくわんざの御座、ひきいれのおとゞの御座こぜんにあり。申の時にぞ源氏參り給ふ。みづらゆひ給へるつらつき顏のにほひさまかへ給はむこと惜しげなり。大藏卿くら人仕うまつる。いと淸らなる御ぐしをそぐ程心苦しげなるを、うへはみやす所の見ましかばとおぼし出づるに堪へ難きを心强く念じかへさせ給ふ。かうぶりし給ひてみやす所にまかで給ひて御ぞ奉りかへておりて拜し奉り給ふさまに皆人淚落し給ふ。帝はたましてえ忍びあへ給はず。覺し紛るゝ折もありつるを昔の事とりかへし悲しくおぼさる。いとかうきびはなる程はあげおとりやと疑はしくおぼされつるを、淺ましう美くしげさ添ひ給へり。引入のおとゞのみこ腹に唯一人かしづき給ふ御むすめ、春宮よりも御けしきあるを覺し煩ふ事ありけるはこの君に奉らむの御心なりけり。內にも御けしき給はらせ給ひければ「さちばこの折の御後見無かめるを副臥にも」と催させ給ひければ、さ覺したり。さぶらひにまかで給ひて、人々おほみきなどまゐるほどみこたちの御座の末に源氏着き給へり。おとゞけしきばみ聞え給ふ事あれど、物のつゝましき程にてともかくもあへしらひ聞え給はず。おまへより內侍の宣旨うけ給はり傳へておとゞ參り給ふべきめしあれば、參り給ふ。御祿の物、うへの命婦取りてたまふ。白きおほうちきに御ぞひとくだり、例の事なり。御盃のついでに

 「いときなき初元結に長き世をちぎる心は結びこめつや」。御心ばへありて驚かせ給ふ。

 「結びつる心も深きもとゆひにこき紫の色じあせずは」と奏して、長はしよりおりて舞踏したまふ。ひだりのつかさの御馬、くら人所の鷹すゑて賜はり給ふ。御階のもとにみこたち上達部つらねて祿どもしなじなに賜はり給ふ。その日のおまへの折櫃物こものなど右大辨なむ承りて仕うまつらせける。屯食、祿の辛櫃どもなど所せきまで春宮のおほん元服の折にも數まされり。なかなか限もなくいかめしうなむ。その夜おとゞの御里に源氏の君まかでさせ給ふ。作法世に珍しきまでもてかしづき聞え給へり。いときびはにておはしたるを、ゆゝしう美くしと思ひ聞え給へり。をんな君は少し過ぐし給へるほどにいと若うおはすれば、似げなく耻かしと覺いたり。このおとゞの御おぼえいとやんごとなきに、母宮內のひとつきさい腹になむおはしければいづ方につけても物あざやかなるに、この君さへかくおはし添ひぬれば、春宮のおほんおほぢにて終に世の中をしり給ふべき右の大臣のおほん勢は物にもあらずおされ給へり。御子どもあまた腹々に物し給ふ。宮のおほん腹はくらう人少將にていと若うをかしきを、右の大臣の御中はいとよからねどえ見過ぐし給はでかしづき給ふ。四の君にあはせ奉り劣らずもてかしづきたるは、あらまほしき御あはひどもになむ。源氏の君はうへの常に召しまつはせば心安く里住もえし給はず、心の中には唯藤壺のおほん有樣をたぐひなしと思ひ聞えて、さやうならむ人をこそ見め、似るものなくもおはしけるかな、おほひ殿の君いとをかしげにかしづかれたる人とは見ゆれど、心にもつかず覺え給ひて幼きほどの御ひとへ心にかゝりていと苦しきまでぞおはしける。おとなになり給ひて後はありしやうにみすの內にも入れ給はず、御遊の折々琴笛の音に聞き通ひほのかなる御聲をなぐさめにてうちずみのみ好ましう覺え給ふ。五六日さぶらひ給ひておほい殿に二三日などたえだえにまかで給へど、只今はをさなき御程に罪なくおぼしていとなみかしづき聞え給ふ。おほん方々の人々世の中におしなべたらぬをえりとゝのへすぐりてさぶらはせ給ふ。御心につくべき御遊をし、おふなおふな覺しいたづく。うちにはもとの淑景舍を御曹子にて、母みやす所のおほん方々の人々まかで散らずさぶらばせ給ふ。里の殿はすりしきたくみづかさに宣旨下りて、になう改め造らせ給ふ。もとの木だち山のたゝずまひ面白き所なるを、池の心廣くしなしてめでたく造りのゝしる。かゝる所に思ふやうならむ人をすゑて住まばやとのみ歎かしうおぼしわたる。光君といふ名は、こまうどのめで聞えてつけ奉りけるとぞ言ひ傳へたるとなむ。