kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 若紫

源氏物語 若紫 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 上』からのコピーを含みます。

 

若紫

わらはやみにわづらひ給ひてよろづにまじなひ加持などせさせ給へどしるしなくてあまたたび起り給うければ、或人「北山になむなにがし寺といふ所に賢きおこなひ人侍る。去年の夏も世におこりて人々まじなひ煩ひしを頓て留むる類あまた侍りき。しゝこらかしつる時はうたて侍るを疾くこそ試みさせ給はめ」など聞ゆれば召しに遣したるに「老いかゞまりてむろのとにもまかでず」と申したれば「いかゞはせむ。忍びて物せむ」との給ひて御供に睦まじき四五人ばかりしてまだ曉におはす。やゝ深う入る所なりけり。三月のつごもりなれば、京の花盛は皆過ぎにけり。山の櫻はまだ盛にて入りもておはするまゝに霞のたゝずまひもをかしう見ゆれば、かゝる有樣もならひ給はず所せき御身にて珍しうおぼされけり。寺のさまもいとあはれなり。峯高く深き岩のなかにぞ聖入りゐたりける。登り給ひて誰とも知せ給はずいといたうやつれ給へれどしるき御さまなれば、「あなかしこや。一日召し侍りしにやおはしますらむ。今はこの世の事を思ひ給へねばげんがたの行ひも棄て忘れて侍るをいかでかかうおはしましつらむ」と驚きさわぎうちゑみつゝ見奉る。いと尊き大とこなりけり。さるべきもの作りてすかせ奉る。加持などまゐる程日高くさしあがりぬ。少し立ち出でつゝ見渡し給へば、高き所にてこゝかしこ僧坊どもあらはに見おろさる。「たゞこのつゞらをりのしもに、同じこ柴なれど麗しうし渡して淸げなる屋らうなど續けて、木立いとよしあるは何人の住むにか」と問ひ給へば、御供なる人「これなむなにがし僧都のこの二年籠り侍る坊に侍るなる」、「心恥かしき人住むなる所にこそあなれ。怪しうもあまりやつしけるかな。聞きもこそすれ」などの給ふ。淸げなるわらはなどあまた出で來て閼伽奉り花折りなどするもあらはに見ゆ。「かしこに女こそありけれ。僧都はよもさやうにはすゑ給はじを、いかなる人ならむ」と口々いふ。「おりてのぞくもあり。をかしげなる女子ども若き人わらはべなむ見ゆる」といふ。君は行ひし給ひつゝ、日たくるまゝに、いかならむとおぼしたるを、「とかう紛らはさせ給ひておもほし入れぬなむよく侍る」と聞ゆればうしろの山に立ち出でゝ京の方を見給ふ。遙にかすみわたりて四方の梢そこはかとなうけぶりわたれるほど繪にいとよくも似たるかな。かゝる所に住む人、心に思ひ殘す事はあらじかし」との給へば、「これはいとあさく侍り。人の國などに侍る海山のありさまなどを御覽ぜさせて侍らば、いかに御繪いみじうまさらせ給はむ。富士の山なにがしの嶽」など語り聞ゆるものあり。また西の國のおもしろき浦々磯のうへをいひ續くるもありてよろづに紛らはし聞ゆ。「近き所には播磨の明石の浦こそ尙ことに侍れ。何のいたり深き隈はなけれど唯海のおもてを見渡したる程なむ怪しくこと所に似ずゆほびかなる所に侍る。かの國の前の守しぼちの娘かしづきたる家いといたしかし。大臣の後にて出でたちもすべかりける人の、世のひがものにて交らひもせず、近衞の中將を捨てゝ申し給はれりけるつかさなれど、かの國の人にも少しあなづられて、何のめいぼくにてか又都にも歸らむと言ひて頭もおろし侍りにけるを、少し奧まりたる山ずみもせでさる海づらに出で居たるひがひがしきやうなれど、げにかの國の內にさも人の籠り居ぬべき所々もありながら、深き里は人はなれ心すごく若きさいしの思ひ侘びぬべきにより、かつは心をやれるすまひになむ侍る。さいつころ罷り下りて侍りし序に有樣見たまへによりて侍りしかば、京にてこそ所得ぬやうなりけれ、そこら遙にいかめしう占めて造れるさま、さはいへど國の司にてし置きける事なれば、殘の齡ゆたかに經べき心がまへもになくしたりけり。後の世の勤もいとよくしてなかなか法師まさりしたる人になむ侍りける」と申せば、「さてその娘は」と問ひ給ふ。「けしうはあらずかたち心ばせなど侍るなり。代々の國の司など用意殊にしてさる心ばへ見すなれど更にうけひかず。我が身のかくいたづらに沈めるだにあるをこの人一人にこそあれ、思ふさまことなり、若し我に後れてその志遂げずこの思ひ置きつる宿世違はゞ海に入りねと常に遺言し置きて侍る」などきこゆれば、君もをかしと聞き給ふ。人々「海龍王の后になるべきいつきむすめなゝり。心高さ苦しや」とて笑ふ。かくいふは播磨の守の子の藏人より今年かうぶり得たるなりけり。「いとすきたるものなればかの入道の遺言破りつべき心はあらむかし。さて佇みよるな〈二字なるイ〉らむ」といひあへり。「いでやさいふとも田舍びたらむ、をさなくよりさる所に生ひ出でゝふるめいたる親にのみ從ひたらむは、母こそゆゑあるべけれ。善きわかうどわらはなど都のやんごとなき所々よりるゐにふれて尋ねとりてまばゆくこそもてなすなれ。なさけなき人になりゆかばさて心安くてしもえおきたらじをや」などいふもあり。君は「何心ありて海の底まで深う思ひ入るらむ。底のみるめもものむつかしう」などの給ひてたゞならず思ほしたり。かやうにてもなべてならずもて僻みたる事好み給ふ御心なれば御耳とゞまらむやと見奉る。「暮れかゝりぬれどおこらせ給はずなりぬるにこそはあめれ。はや歸らせ給ひなむ」とあるを、大とこ「御ものゝけなど加はれるさまにおはしましけるを今宵はなほ靜に加持など參りて出でさせ給へ」と申す。「さもある事」と皆人まうす。君もかゝる旅寢もならひ給はねばさすがにをかしくて「さらば曉に」との給ふ。日もいと長きにつれづれなれば夕暮のいたう霞みたるに紛れてかの小柴垣のもとに立ち出で給ふ。人々はかへし給ひて惟光ばかり御供にて覗き給へば唯この西おもてにしも持佛すゑ奉りて行ふ尼なりけり。簾垂少し上げて花奉るめり。中の柱に寄り居て脇息の上に經を置きていと惜しげに讀み居たる尼君たゞ人と見えず。四十ぢ餘にて、いと白くあでに瘦せたれどつらつきふくよかにまみのほど髮のうつくしげにそがれたる末もなかなか長きよりもこよなう今めかしきものかなとあはれに見たまふ。淸げなるおとな二人ばかり、さてはわらはべぞ出でいり給ふ。なかに十ばかりにやあらむと見えて白ききぬ山吹などのなれたる着て走り來たる女ご數多見えつる、こどもに似るべくもあらずいみじうおひ先見えて美くしげなるかたちなり。髮は扇をひろげたるやうにゆらゆらとして顏はいと赤くすりなして立てり。「何事ぞや。わらはべと腹だち給へるか」とて尼君の見上げたるに少し覺えたる所あれば、子なめりと見給ふ。「雀の子をいぬきがにがしつる。ふせごの中にこめたりつるものを」とていと口惜しと思へり。この居たるおとな「例の心なしのかゝるわざをしてさいなまるゝこそいと心づきなけれ。いづかたへか罷りぬる。いとをかしうやうやうなりつるものを、烏などもこそ見つくれ」とて立ちて行く。髮ゆるらかにいとながくめやすき人なめり。少納言の乳母とぞ人いふめるはこの子の後見なるべし。尼君「いであなをざなや。いふがひなうものし給ふかな。おのがかく今日明日になりぬる命をば何ともおぼしたらで雀慕ひ給ふほどよ。罪得ることぞと常に聞ゆるを心憂く」とて「こちや」といへばついゐたり。つらつきいとらうたげにて眉のわたりうちけぶりいはけなくかいやりたるひたひつきかんざしいみじううつくし。ねびゆかむさまゆかしき人かなと目とまり給ふ。さるは限なく心を盡し聞ゆる人にいとよう似奉れるがまもらるゝなりけりと思ふにも淚ぞおつる。尼君髮をかきなでつゝ「けづることをもうるさがり給へどをかしの御ぐしや。いとはかなうものし給ふこそ哀にうしろめたけれ。かばかりになればいとかゝらぬ人もあるものを。故姬君は十二にて殿に後れ給ひしほどいみじう物は思ひ知り給へりしぞ〈しぞイ无〉かし。只今おのれ見捨て奉らばいかで世におはせむとすらむ」とていみじく泣くを見給ふもすゞろに悲し。をさな心地にもさすがにうちまもりてふしめになりてうつぶしたるに、こぼれかゝりたる髮つやつやとめでたう見ゆ。

 「おひ立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむ空なき」。また居たるおとな、げにとうち泣きて、

 「はつ草の生ひゆく末も知らぬまにいかでか露の消えむとすらむ」と聞ゆる程に、僧都あなたより來て「こなたはあらはにや侍らむ。今日しもはしにおはしましけるかな。このかみの聖のかたに源氏の中將のわらはやみまじなひに物し給ひけるを只今なむ聞きつけ侍る。いみじう忍び給ひければ、え知り侍らで此所に侍りながら御とぶらひにも詣でざりける」との給へば、「あないみじや。いと怪しきさまを人や見つらむ」とて簾垂おろしつ。「この世にのゝしり給ふ光源氏かゝる序に見奉り給はむや。世を捨てたる法師の心地にもいみじう世のうれへ忘れ齡のぶる人の御有樣なり。いで御消そこ聞えむ」とて立つ音すれば歸り給ひぬ。あはれなる人を見つるかな、かゝればこのすきものどもはかゝるありきをのみして、よくさるまじき人をも見つくるなりけり、たまさかに立ち出づるだにかく思の外なることを見るよとをかしうおぼす。さてもいと美くしかりつるちごかな、何人ならむ、かの人の御かはりに明暮の慰めにも見ばやと思ふ心深うつきぬ。うち臥し給へるに僧都の御弟子、惟光を呼び出でさす。程なき所なれば君もやがて聞き給ふ。「よぎりおはしましけるよし只今なむ人申すに驚きながらさぶらふべきを、なにがしこの寺に籠り侍るとはしろしめしながら忍びさせ給へるをうれはしく思ひ給へてなむ。草の御席もこの坊にこそ設け侍るべけれ。いとほいなき事」と申し給へり。「いぬる十よ日の程よりわらはやみに煩ひ侍るを度重りて堪へ難う侍れば人の敎の儘に俄に尋ね入り侍りつれど、かうやうなる人のしるし顯さぬ時ははしたなかるべきも、たゞなるよりはいとほしう思ひ給へつゝみてなむいたう忍び侍りつる。今そなたにも」との給へり。即ち僧都參り給へり。法師なれどいと心恥しく人がらもやんごとなく世に思はれ給へる人なれば、かるがるしき御有樣をはしたなう覺す。かく籠れる程の御物語など聞え給ひて「同じ柴のいほりなれど少し凉しき水の流れも御覽ぜさせむ」とせちに聞え給へば、かつまだ見ぬ人々にことことしう言ひ聞かせつるをつゝましう覺せど、哀なりつるありさまもいぶかしうておはしぬ。げにいと心ことによしありて同じ木草をも植ゑなし給へり。月もなき頃なれば遣水に篝火ともしとうろなどにも參りたり。南面いと淸げにしつらひ給へり。そらだきもの心にくゝかをり出でみやうかうのかなど匂ひ滿ちたるに君の御追風いと異なればうちの人々も心づかひすべかめり。僧都世のつねなき御物語後の世の事など聞え知らせ給ふ。我が御罪の程恐しうあぢきなきことに心をしめて生けるかぎりこれを思ひ惱むべきなめり。まして後の世のいみじかるべきをおぼし續けて、かやうなる住まひもせまほしう覺え給ふものから晝の俤心にかゝりて戀しければ「こゝにものし給ふは誰にか。尋ね聞えまほしき夢を見給へしかな。今日なむ思ひ合せつる」と聞え給へばうち笑ひて「うちつけなる御夢語にぞ侍るなる。尋ねさせ給ひても御心劣りせさせ給ひぬべし。故按察大納言は世になくて久しくなり侍りぬればえしろしめさじかし。その北の方なむなにがしが妹にはべる。かの按察隱れて後、世を背きて侍るが、このころ煩ふこと侍るによりかく京にもまかでねばたのもし所に籠りてものし侍るなり」と聞え給ふ。「かの大納言のみむすめ物し給ふと聞え給へしはすきずきしき方にはあらでまめやかに聞ゆるなり」とおしあてにの給へば「娘たゞ一人侍りし亡せてこの十よ年にやなり侍りぬらむ。故大納言は、うちに奉らむなどかしこういつき侍りしを、そのほ意の如くも物し侍らで過ぎ侍りにしかば、唯この尼君一人もてあつかひ侍りし程に、いかなる人のしわざにか、兵部卿の宮なむ忍びて語らひつき給へりけるを、もとの北の方やんごとなくなどして安からぬこと多くて、明暮物を思ひてなむなくなり侍りにし。物思ひに病ひづくものと目に近く見給へし」など申し給ふ。さらばその子なりけりと覺し合せつ。みこの御すぢにてかの人にも通ひ聞えたるにやといとゞ哀に見まほしく、人の程もあてにをかしうなかなかのさかしら心なくうち語らひて心のまゝに敎へおほし立てゝ見ばやと覺す。「いと哀に物し給ふことかな。それはとゞめ給ふかたみもなきか」とをさなかりつる行くへのなほ確に知らまほしくて問ひ給へば「なくなり侍りし程にこそ侍りしか。それも女にてぞ。それにつけてもの思ひの催しになむ齡の末に思ひ給へ歎き侍るめる」と聞え給ふ。さればよとおぼさる。「怪しき事なれどをさなき御後見におもほすべく聞え給ひてむや。思ふ心ありて行きかゝづらふ方も侍りながら、世に心のしまぬにやあらむ、ひとりずみにてのみなむ。まだ似げなき程と、常の人に覺しなずらへてはしたなくや」などの給へば「いと嬉しかるべき仰事なるをまだむげにいはけなき程に侍るめれば戯ぶれにても御覽じ難くや。そもそも女は人にもてなされておとなにもなり給ふものなれば、委しくはえとり申さず。かのおば北の方に語らひ侍りて聞えさせむ」とすくよかに言ひて物ごはきさまし給へれば、若き御心に恥しくてえよくも聞え給はず。「阿彌陀ぼとけものし給ふ堂にする事侍るころになむ。そやいまだ勤め侍らず。すぐしてさぶらはむ」とて昇り給ひぬ。君は心地もいとなやましきに、雨少しうちそゝぎ山風冷やかに吹きたるに瀧のよどみも增りて音高く聞ゆ。少しねぶたげなる讀經のたえだえすごく聞ゆるなどすゞろなる人も所からものあはれなり。ましておもほしめぐらす事多くてまどろまれ給はず。そやといひしかども夜もいたう更けにけり。內にも人の寢ぬけはひしるくて、いと忍びたれどずゞの脇息に引き鳴らさるゝ音ほの聞え、なつかしううちそよめく音なひあてはかなりと聞き給ひて、程もなく近ければとに立て渡したる屛風の中を少し引きあけて扇をならし給へば、「おぼえなき心地すべかめれど聞きしらぬやうにや」とてゐざり出づる人あなり。少ししぞきて「あやし。僻耳にや」とたどるを聞き給ひて「佛の御しるべは暗きに入りても更に違ふまじかなるものを」との給ふ。御聲のいと若うあてなるにうち出でむこわづかひも恥しければ「いかなる方の御しるべにかは。おぼつかなく」と聞ゆ。「實にうちつけなりとおぼめき給はむもことわりなれど、

  はつ草の若葉のうへを見つるより旅ねのそでも露ぞかわかぬと聞え給ひてむや」との給ふ。「更にかやうの御消そこうけたまはり分くべき人も物し給はぬさまはしろしめしたりげなるを誰にかは」と聞ゆ。「おのづからさるやうありて聞ゆるならむと思ひなし給へかし」との給へば、入りて聞ゆ。あないまめかし、この君や、世づいたる程におはするとぞおぼすらむ、さるにてはかの若草をいかで聞い給へることぞと、さまざまあやしきに心も亂れて久しうなればなさけなしとて、

 「まくらゆふ今宵ばかりの露けさをみ山の苔にくらべざらなむ、ひがたう侍るものを」と聞え給ふ。「かやうの人づてなる御消そこはまだ更に聞え知らず。ならはぬことになむ。かたじけなくともかゝるついでにまめまめしう聞えさすべき事なむ」と聞え給へれば、尼君、ひがごと聞き給へるならむと「いと恥かしき御けはひに何事をかはいらへ聞えむ」との給まへば、「はしたなうもこそ覺せ」と人々聞ゆ。「げに若やかなる人こそうたてもあらめまめやかにの給ふ忝し」とてゐざりより給へり。「うちつけにあさはかなりと御覽ぜられぬべき序なれど〈ばイ〉心にはさも覺え侍らねば、佛はおのづから」とて、おとなおとなしう恥しげなるにつゝまれてとみにもえうち出で給はず。「げに思ひ給へ寄り難き序にかくまでの給はせ聞えさするも淺くはいかゞ」との給ふ。「哀にうけ給はる御有樣をかの過ぎ給ひにけむ御かはりにおぼしないてむや。いふがひなき程の齡にて睦まじかるべき人にも立ち後れ侍りにければ、怪しううきたるやうにて年月をこそ重ね侍れ。同じさまに物し給ふなるをたぐひになさせ給へといと聞えまほしきを、かゝる折もありがたくてなむ、おぼされむ所をも憚らずうちいで侍りぬる」と聞え給へば、「いと嬉しう思ひ給へぬべき御事ながらも、聞し召しひがめたる事などや侍らむとつゝましうなむ。あやしき身ひとつをたのもし人にする人なむ侍れど、いとまだいふがひなき程にて御覽じゆるさるゝ方も侍り難ければえなむうけ給はり留められざりける」との給ふ。「皆おぼつかなからずうけ給はるものを、ところせうおぼし憚らで思ひ給へ寄るさま異なる心の程を御覽ぜよ」と聞え給へど、いと似げなき事をさも知らでの給ふとおぼして心解けたる御いらへもなし。僧都おはしぬれば「よしかう聞えそめ侍りぬればいとたのもしうなむ」とて押し立て給ひつ。曉方になりにければ法華三昧行ふ堂の懺法の聲山おろしにつきて聞えくる、いとたふとく瀧の音に響きあひたり。

 「吹きまよふみ山おろしに夢さめて淚もよほす瀧のおとかな」。

 「さしくみに袖ぬらしける山水にすめる心はさわぎやはする。耳馴れ侍りにけりや」と聞え給ふ。明け行く空はいといたう霞みて山の鳥どもゝそこはかとなく囀りあひたり。名も知らぬ木草の花どもいろいろに散りまじり錦をしけると見ゆるに鹿のたゝずみありくもめづらしく見給ふに、惱しさもまぎれはてぬ。聖うごきもえせねどとかくして護身參らせ給ふ。かれたる聲のいといたうすきひがめるも哀れにぐうつきて陀羅尼讀みたり。御迎の人々參りて怠り給へるよろこび聞え、內よりも御使あり。僧都世に見えぬさまの御くだもの何くれと谷のそこまで堀り出でいとなみ聞え給ふ。「今年ばかりの誓ひ深う侍りて御送にもえ參り侍るまじき事なかなかにも思ひ給へらるべきかな」など聞えて、おほみきまゐり給ふ。「山水に心とまり侍りぬれど內よりおぼつかながらせ給へるもかしこければなむ。今この花の折すぐさず參りこむ。

  宮人に行きてかたらむ山櫻風よりさきに來ても見るべく」との給ふ御もてなしこわづかひさへ目もあやなるに、

 「優曇華の花まち得たるこゝちして深山櫻にめこそ移らね」と聞え給へば、ほゝゑみて「時ありて一度開くなるは難かなるものを」との給ふ。ひじり御かはらけたまはりて、

 「奧山の松のとぼそをまれにあけてまだ見ぬ花のかほを見るかな」とうち泣きて見奉る。聖御まもりにとこたてまつる。見給ひて僧都、さうとく太子の百濟より得給へりける金剛子のずゞの玉のさうぞくしたる、やがてその國より入れたる筥の唐めいたるを透きたる袋に入れて五葉の枝につけて、紺瑠璃の壺どもに御藥ども入れて藤櫻などにつけて、所につけたる御贈物どもさゝげ奉り給ふ。君は聖よりはじめ讀經しつる法師の布施まうけの物どもさまざまに取りに遣したりければ、そのわたりの山がつまでさるべき物ども賜ひ御ずきやうなどして出で給ふ。うちに僧都入り給ひてかの聞え給ひし事まねび聞え給へど「ともかうも只今は聞えむかたなし。若し御志あらば今四五年をすぐしてこそはともかうも」との給へばさなむと同じさまにのみあるをほいなしとおぼす。御せうそこ僧都のもとなるちひさきわらはして、

 「夕まぐれほのかに花の色を見てけさは霞の立ちぞわづらふ」。御かへし、

 「まことにや花のあたりは立ちうきとかすむる空のけしきをも見む」とよしある手のいとあてなるをうちすて書い給へり。御車に奉る程、大殿よりいづちともなくて坐しましにける事とて御迎の人々公達など數多參り給へり。頭中將左中將さらぬ君達もしたひ聞えて「かうやうの御供は仕うまつり侍らむと思ひ給ふるを、淺ましうおくらさせ給へる事」と恨み聞えて、「いといみじき花の蔭に暫しもやすらはず立ちかへり侍らむは飽かぬわざかな」とのたまふ。岩がくれの苔の上になみ居てかはらけまゐる。落ちくる水のさまなどゆゑある瀧のもとなり。頭中將ふところなりける笛取り出でゝ吹きすましたり。辨の君扇はかなううちならして「とよらの寺の西なるや」と歌ふ。人よりは異なる君だちなるを、源氏の君いたくうち惱みて岩に寄り居給へるは類なくゆゝしき御有樣にぞ何事にも目うつるまじかりける。例の篳篥吹く隨身、さうの笛もたせたるすきものなどあり。僧都きんを自らもて參りて「これ唯御手ひとつ遊ばして同じくは山の鳥も驚かし侍らむ」とせちに聞え給へば「みだり心ちいと堪へ難きものを」と聞え給へどげににくからず搔き鳴らして皆立ち給ひぬ。飽かず口惜しと、いふがひなき法師わらはべも淚を落しあへり。ましてうちには年老いたる尼君たちなど更にかゝる人の御有樣を見ざりつれば「この世の物とも覺え給はず」と聞えあへり。僧都も「あはれ何のちぎりにてかゝる御さまながらいとむつかしき日の本の末の世に生れ給ひつらむと見るにいとなむ悲しき」と目おしのごひ給ふ。この若君、をさな心地に、めでたき人かなと見給ひて「宮の御ありさまよりも勝り給へるかな」などのたまふ。「さらばかの人の御子になりておはしませよ」と聞ゆれば、うちうなづきていとようありなむと覺したり。ひゝな遊にも繪かい給ふにも源氏の君とつくり出でて淸らなるきぬ着せかしづき給ふ。

君はまづうちに參り給ひて日ごろの御物語などきこえ給ふ。いといたう衰へにけりとてゆゝしと覺しめしたり。聖の尊かりけることなど問はせ給ふ。委しく奏し給へば、「阿闍梨などにもなるべきものにこそあめれ。行ひのらうは積りて公にしろしめされざりけること」と尊がりの給はせけり。大殿參りあひ給ひて「御迎にもと思ひ給ひつれど忍びたる御ありきにいかゞと思ひ憚りてなむ。のどやかに一二日うち休み給へ」とて「やがて御送り仕うまつらむ」と申し給へば、さしも覺さねどひかされて罷で給ふ。我が御車にのせ奉り給ひて自らはひき入りて奉れり。もてかしづき聞え給へる御心ばへの哀なるをぞさすがに心苦しくおもほしける。殿にもおはしますらむと心づかひし給ひて、久しく見給はぬほどいとゞ玉のうてなに磨きしつらひ萬をとゝのへ給へり。女君れいのはひ隱れてとみにも出で給はぬを、おとゞせちに聞え給ひて辛うじてわたり給へり。たゞ繪に書きたる物の姬君のやうにしすゑられてうちみじろき給ふ事も難く麗しうてものし給へば「思ふ事もうちかすめ山みちの物語をも聞えむに、いふがひありてをかしううちいらへ給はゞこそ哀れならめ。世には心も解けず疎く耻かしきものにおもほして年のかさなるに添へて御心のへだてもまさるをいと苦しく思はずに、時々は世の常なる御けしきを見ばや。堪へ難うわづらひ侍りしをも、いかゞとだに問ひ給はぬこそ、珍しからぬことなれど猶うらめしう」と聞え給ふ。辛うじて「問はぬはつらきものにやあらむ」としりめに見おこせ給へるまみいとはづかしげにけだかううつくしげなる御かたちなり。「まれまれはあさましの物事や。とはぬなど言ふきははことにこそ侍るなれ。心憂くもの給ひなすかな。世と共にはしたなき御もてなしを、もしおぼし直る折もやととざまかうざまに試み聞ゆるをいとゞおもほし疎むなめりかし。よしや命だに」とてよるのおましに入り給ひぬ。女君ふとも入り給はず。聞え煩ひ給ひてうち歎きてふし給へるもなま心づきなきにやあらむ、ねぶたげにもてなしてとかう世を覺しみだるゝ事多かり。

かの若草の生ひ出でむほどの猶ゆかしきを似げなき程と思へりしもことわりぞかし、いひより難き事にもあるかな、いかに構へて唯心やすく迎へ取りてあけくれのなぐさめにも見む、兵部卿の宮はいとあてになまめい給へれど匂ひやかになどもあらぬをいかでかのひとぞうに覺え給ひつらむ、ひとつきさいばらなればにやなどおもほす。ゆかりいとむつまじきに、いかでかと深うおもほす。又の日御文奉れ給へり。僧都にもほのめかし給ふべし。尼上には、「もてはなれたりし御氣色のつゝましさに思ひ給ふるさまをもえ顯しはて侍らずなりにしをなむかばかり聞ゆるにても、おしなべたらぬ志の程を御覽じしらばいかに嬉しう」などあり。なかにちひさく引き結びて、

 「面かげは身をもはなれず山櫻心のかぎりとめてこしかど。よのまの風も後めたくなむ」とあり。御手などはさるものにて、唯はかなうおし包み給へるさまも、さだすぎたる御めどもには目もあやにこのましう見ゆ。あなかたはらいたや、いかゞ聞えむとおぼしわづらふ。「ゆくての御事はなほざりにも思ひ給へなされしを、ふりはへさせ給へるに聞えさせむかたなくなむ。まだなにはづをだにはかばかしう續け侍らざめればかひなくなむ。さても

  あらしふく尾上の櫻散らぬまを心とめけるほどのはかなさ。いとゞうしろめたう」とあり。僧都の御かへりも同じさまなれば口惜しくて、二三日ありて惟光をぞ奉れ給ふ。「少納言のめのとといふ人あべし。尋ねて委しく語らへ」などのたまひしらす。さもかゝらぬ隈なき御心かな。さばかり、いはけなげなりしけはひをまほならねども見し程を思ひやるもをかし。わざとかう御文あるを僧都もかしこまり聞え給ふ。少納言にせうそこしてあひたり。委しくおもほしのたまふさま大方の御有樣など語る。詞多かる人にてつきづきしう言ひ續くれど、いとわりなき御ほどをいかにおぼすにかとゆゝしうなむ誰も誰もおぼしける。御文にもいと懇に書い給ひて、「かの御はなちがきなむ猶見給へまほしき」とて、例の中なるには、

 「あさか山あさくも人をおもはぬになど山の井のかけはなるらむ」。御かへし。

 「汲みそめてくやしと聞きし山の井の淺きながらやかげを見すべき」。惟光も同じ事をきこゆ。「この煩ひ給ふ事よろしくはこのごろすぐして京の殿に渡り給ひてなむ聞えさすべき」とあるを、心もとなうおもほす。

藤壺の宮惱み給ふ事ありてまかで給へり。うへのおぼつかながり歎き聞え給ふ御氣色もいといとほしう見奉りながら、斯る折だにと心もあくがれ惑ひていづくにもいづくにも詣で給はず。內にても里にても晝はつくづくと詠め暮して、暮るれば王命婦をせめありき給ふ。いかゞたばかりけむ、いとわりなくて見奉る程さへ現とは覺えぬぞわびしきや。宮もあさましかりしをおぼし出づるだによと共の御物思ひなるを、さてだにやみなむと深う覺したるに、いと心憂くていみじき御氣色なるものから懷しうらうたげに、さりとてうちとけず心深う耻かしげなる御もてなしなどの猶人に似させ給はぬを、などかなのめなることだにうち交り給はざりけむとつらうさへぞおぼさるゝ。何事をかは聞えつくし給はむ。くらぶの山にやどりも取らまほしげなれど、あやにくなるなる短夜にてあさましうなかなかなり。

 「見てもまた逢ふ夜まれなる夢の中にやがてまぎるゝ我が身ともがな」とむせかへらせ給ふさまもさすがにいみじければ、

 「世がたりに人や傳へむたぐひなくうき身をさめぬ夢になしても」。おもほし亂れたるさまもいとことわりにかたじけなし。命婦の君ぞ御なほしなどはかき集めもて來る。殿におはしてなきねに臥しくらし給ひつ。御文なども例の御覽じ入れぬよしのみあれば、常の事ながらもつらういみじうおもほしほれて、うちへも參らで二三日籠りおはすれば、またいかなるにかと御心動かせ給ふべかめるも恐ろしうのみおもほえ給ふ。宮も、猶いと心うき身なりけりとおぼし歎くに惱しさもまさり給ひて、とく參り給ふべき御使しきれどおもほしも立たず。誠に御心ち例のやうにもおはしまさぬはいかなるにかと人知れずおぼす事もありければ、心うく、いかならむとのみおぼし亂る。あつき程はいとゞ起きもあがり給はず、みつきになり給へばいとしるきほどにて人々見奉り咎むるに、あさましき御すくせの程心うし。人は思ひよらぬことなれば、この月まで奏せさせ給はざりける事と驚ききこゆ。我が御心一つにはしるうおぼし分くこともありけり。御湯殿などにも親しう仕うまつりて何事の御けしきをもしるく見奉り知れる御めのとごの辨命婦などぞ怪しと思へどかたみに言ひ合すべきにあらねば、猶遁れ難かりける御宿世をぞ命婦はあさましと思ふ。內には御ものゝけのまぎれにてとみにけしきなうおはしましけるやうにぞ奏しけむかし。皆人もさのみ思ひけり。いとゞ哀にかぎりなう覺されて御使などのひまなきもそら恐しう物をおもほす事ひまなし。中將の君もおどろおどろしうさま異なる夢を見給ひて、合するものを召して問はせ給へば、及びなう覺しもかけぬすぢの事を合せけり。「そのなかにたがひめありて愼ませ給ふべき事なむ侍る」といふに、煩しく覺えて「みづからの夢にはあらず人の御事を語るなり、この夢合ふまでまた人にまねぶな」との給ひて、心の中には、いかなることならむとおぼしわたるに、この宮の御事聞き給ひて、もしさるやうもやと覺し合せ給ふに、いとゞしくいみじき言の葉を盡し聞え給へど、命婦も思ふにいとむくつけう煩しさ增りて更にたばかるべきかたなし。はかなき一くだりの御返りのたまさかなりしも絕えはてにたり。七月になりてぞ參り給ひける。珍しう〈くイ〉あはれにていとゞしき御思ひの程かぎりなし。少しふくらかになり給ひてうち惱みおもやせ給へる、はたげに似るものなくめでたし。例のあけ暮こなたにのみおはしまして、お遊もやうやうをかしきころなれば、源氏の君もいとまなくめしまつはしつゝ御琴笛などさまざまに仕うまつらせ給ふ。いみじうつゝみ給へど忍び難きけしきの漏り出づる折々、宮もさすがなる事どもを多く覺しつゞけゝり。

かの山寺の人はよろしうなりて出で給ひにけり。京の御すみか尋ねて時々の御せうそこなどあり。同じさまにのみあるもことわりなるうちに、この月比はありしにまさる物思ひに異ことなくて過ぎ行く。秋の末つかたいともの心ぼそくて歎き給ふ。月をかしき夜忍びたる所に辛うじて思ひ立ち給へるを、時雨めいてうちそゝぐ。おはする所は六條京極わたりにて、內よりなれば少し程遠き心ちするに、荒れたる家の木立いとものふりてこぐらう見えたるあり。例の御供に離れぬ惟光なむ「故按察大納言の家に侍り。一日物のたよりにとぶらひて侍りしかば、かの尼上いたうよわり給ひにたれば何事も覺えずとなむ申して侍りし」と聞ゆれば、「あはれのことや。とぶらふべかりけるをなどかさなむとも物せざりし。入りて消そこせよ」との給へば、人入れてあないせさす。「わざとかく立ち寄り給へる事」と言はせたれば、入りて「かく御とぶらひになむおはしましたる」といふに、驚きて、「いとかたはらいたきことかな。この日ごろむげにいとたのもしげなくならせ給ひにたれば御對めんなどもあるまじ」といへども「返し奉らむはかしこし」とて南の廂ひきつくろひて入れ奉る。「いとむつかしげに侍れどかしこまりをだにとてなむ。ゆくりなう物深きおまし所になむ」と聞ゆ。げにかゝる所は例に違ひておぼさる。「常に思ひ給へ立ちながら、かひなきさまにのみもてなさせ給ふにつゝまれ侍りてなむ。惱ませ給ふことをもかくともうけ給はらざりけるおぼつかなさ」など聞え給ふ。「みだり心ちはいつともなくのみ侍る。限のさまになり侍りていとかたじけなく立ち寄らせ給へるに、みづから聞えさせぬ事、のたまはする事のすぢ、たまさかに覺しめしかはらぬやう侍らば、かくわりなき齡過ぎに侍りて必ずかずまへさせ給へ。いみじく心細げに見給へおくなむ願ひ侍る道のほだし思ひ給へられぬべき」など聞え給へり。いと近ければ心細げなる御聲絕え絕え聞えて「いと忝きわざにも待るかな。この君だにかしこまりも聞え給ひつべき程ならましかば」との給ふ。あはれに聞き給ひて、「何か淺く思ひ給へむことゆゑかうすきずきしきさまを見え奉らむ。いかなる契にか、見奉りそめしより哀に思ひ聞ゆるもあやしきまで、この世の事には覺え侍らぬ」などの給ひて、「かひなき心地のみし侍るを、かのいはけなうものし給ふ御一聲いかでか」との給へば、「いでやよろづおもほし知らぬさまにおほとのごもり入りて」など聞ゆる折しも、あなたよりくる音して「うへこそ、この寺にありし源氏の君こそおはしたなれ。など見給はぬ」とのたまふを、人々いとかたはらいたしと思ひて「あなかま」ときこゆ。「いさ見しかば心地のあしさ慰めきとの給ひしかばぞかし」と、かしこきこと聞き得たりとおぼしての給ふ。いとをかしと聞きたまへど、人々の苦しと思ひたれば、聞かぬやうにてまめやかなる御とぶらひを聞え置き給ひてかへり給ひぬ。げにいふがひなのけはひや。さりともいとよう敎へてむとおぼす。またの日もいとまめやかにとぶらひ聞え給ふ。例のちひさくて、

 「いはけなきたづの一聲聞きしよりあしまになづむ舟ぞえならぬ。同じ人にや」と、殊更をさなく書きなし給へるもいみじうをかしげなれば、「やがて御手本に」と人々きこゆ。少納言ぞ聞えたる。「問はせ給へるは今日をもすぐし難げなるさまにて山寺に罷りわたる程にて、かう問はせ給へるかしこまりはこの世ならでも聞えさせむ」とあり。いとあはれとおぼす。秋の夕はまして心のいとまなくのみ覺し亂るゝ人の御あたりに心をかけて、あながちなるゆかりも尋ねまほしき心も增り給ふなるべし。「消えむ空なき」とありし夕べおぼし出でられて、戀しくもまた見劣りやせむとさすがにあやふし。

 「手につみていつしかも見む紫のねにかよひける野邊のわか草」。十月に朱雀院の行幸あるべし。まひ人などやんごとなき家の子ども上達部殿上人どもなどもその方につきづきしきは皆えらせたまへれば、みこたち大臣より初めてとりどりのざえども習ひ給ふいとなし。山里人にも久しう音づれ給はざりけるをおぼし出でゝ、ふりはへ遣したりければ、僧都のかへりごとのみあり。立ちぬる月の廿日のほどになむ遂に空しく見給へなして、せけんのだうりなれど悲び思ひ給ふる」などあるを見給ふに、世の中のはかなさも哀に後めたげに思へりし人もいかならむ、幼き程に戀ひやすらむ、故みやすどころに後れ奉りしなど、はかばかしからねど思ひ出でゝ淺からずとぶらひ給へり。少納言ゆゑなからず御返りなど聞えたり。いみなど過ぎて京の殿になむと聞き給へば程經てみづから長閑なる夜坐したり。いとすごげに荒れたる所の人少ななるにいかに幼き人恐しからむと見ゆ。例の所に入れ奉りて、少納言御有樣などうち泣きつゝ聞え續くるに、あいなう御袖もたゞならず。「宮に渡し奉らむと侍るを、こ姬君のいと情なく憂きものに思ひ聞へ給へりしに、いとむげにちごならぬ齡の、まだはかばかしう人のおもむけをも見知り給はず、なかぞらなる御程にてあまた物し給ふなる中の、あなづらはしき人にてやまじり給はむなど過ぎ給ひぬるも世と共におもほし歎きつるもしるき事多く侍るに、斯かたじけなきなげの御言の葉は、後の御心もたどり聞えさせずいと嬉しう思ひ給へられぬべき折ふしに侍りながら、少しもなずらひなるさまにも物し給はず、御年よりも若びて習ひ給へれば、いと傍いたく侍り」と聞ゆ。「何かかうくり返し聞えしらする心の程をつゝみ給ふらむ。そのいふかひなき御有樣の哀にゆかしう覺え給ふも、ちぎり殊になむ心ながら思ひ知られける。猶人づてならで聞え知らせばや。

  あしわかの浦にみるめはかたくともこは立ちながらかへる波かは。めざましからむ」とのたまへば、「げにこそいとかしこけれ」とて、

 「寄る波の心もしらでわかの浦に玉藻なびかむほどぞうきたる。わりなき事と」聞ゆるさまのなれたるに少し罪許され給ふ。「なぞ越えざらむ」とうちずじ給へるを身にしみてわかき人々思へり。君は上を戀ひ聞え給ひて泣き臥し給へるに、御遊びがたきどものなほし着たる人のおはする、宮のおはしますなめり」と聞ゆれば起き出で給ひて「少納言よ、直衣着たりつらむはいづら、宮のおはするか」とて寄りおはしたる御聲いとらうたし。「宮にはあらねど又おもほし放つべうもあらず。こち」との給ふを、恥かしかりし人とさすがに聞きなしてあしう言ひてけりとおぼしてめのとにさし寄りて「いざかし、ねぶたきに」との給へば、「今さらなど忍び給ふらむ。この膝の上に御とのごもれよ。今少し寄り給へ」との給へば、乳母の「さればこそかう世づかぬ御程にてなむ」とて押し寄せ奉りたれば何心もなく居給へるに、手をさし入れて探り給へれば、なよゝかなる御ぞに髮はつやつやとかゝりて末の〈二字イ无〉ふさやかにさぐりつけられたるほどいと美しう思ひやらる。手を執へ給れば、うたて例ならぬ人のかく近づき給へるは恐しうて「寢なむといふものを」とて忍びて引き入り給ふにつきてすべり入りて「今はまろぞ思ふべき人。な疎み給ひそ」との給ふ。乳母「いであなうたてや。ゆゝしうも侍るかな。聞え知らせ給ふとも更に何のしるしも侍らじものを」とて苦しげに思ひたれば「さりともかゝる御程をいかゞはあらむ。猶唯世に知らぬ志の程を見はて給へ」とのたまふ。霰降り荒れてすごき夜のさまなり。「いかでかう人少なに心細くてすぐし給ふらむ」とうち泣い給ひていと見捨て難き程なれば、「御格子まゐりね。もの恐しき夜のさまなめるを、とのゐ人にて侍らむ。人々近う侍らはれよかし」とていと馴れがほにみ帳の內にかき抱きて入り給へば、怪しう思ひのほかにもとあきれて誰も誰も居たり。乳母は後めたうわりなしと思へど、あらましう聞え騷ぐべきならねばうち歎きつゝ居たり。若君はいと恐しう、いかならむとわなゝかれて、いとうつくしき御はだつきもそゞろ寒げにおぼしたるを、らうたくおぼえてひとへばかりを押しくゝみて我御〈御イ无〉心地もかつはうたて覺え給へど哀にうち語らひ給ひて「いざ給へよ。をかしき繪など多く、ひゝな遊などする所に」と心につくべき事をのたまふけはひのいと懷かしきを、をさなき心地にもいと痛うもおぢず、さすがにむつかしう寢も入らずみじろぎ臥し給へり。夜一夜風吹き荒るゝに「げにかうおはせざらましかばいかに心細からまじ。同じくはよろしき程におはしまさましかば」とさゝめきあへり。乳母は後めたさにいと近う侍ふ。風少し吹き止みたるに夜深う出で給ふも事ありがほなりや。「いと哀に見奉る御有樣を、今はまして片時のまもおぼつかなかるべし。明暮ながめ侍る所にわたし奉らむ。かくてのみはいかゞ物おぢし給はざりけり〈る歟〉」との給へば「宮も御迎になど聞え〈のイ有〉給ふめれどこの御四十九日すぐしてやなど思ひ給ふる」と聞ゆれば、「たのもしきすぢながらもよそよそにてならひ給へるは同じうこそ疎う覺え給はめ。今より見奉れど淺からぬ志はまさりぬべくなむ」とて搔い撫でつゝ顧みがちにて出で給ひぬ。いみじう霧渡れる空もたゞならぬに霜はいと白うおきて、誠のけさうもをかしかりぬべきにさうざうしき思ひおはす。いと忍びて通ひ給ふ所の道なりけるをおぼし出でゝ、門打ち敲かせ給へど聞きつくる人なし。かひなくて御供に聲ある人して謠はせ給ふ。

 「あさぼらけ霧立つ空のまよひにも行き過ぎがたき妹が門かな」とふたかへり謠ひたるに、よしばみたるしもづかひを出して、

 「たちとまり霧のまがきのすぎうくは草のとざしにさはりしもせじ」と言ひかけて入りぬ。また人も出で來ねば歸るも情なけれど明け行く空もはしたなくて殿へおはしぬ。をかしかりつる人の名殘戀しく獨ゑみしつゝ臥し給へり。日高う大とのごもりおきて、文やりたまふに書くべき言の葉も例ならねば筆うち置きつゝすさび居給へり。をかしき繪などをやり給ふ。かしこには今日しも宮わたり給へり。年比よりもこよなう荒れまさり廣う物ふりたる所のいとゞ人少なに寂しければ、見渡し給ひて「かゝる所にはいかでか暫しもをさなき人のすぐし給はむ。猶かしこに渡し奉りてむ。何の所せき程にもあらず。めのとはざうしなどしてさぶらひなむ。君は若き人々などあれば諸共に遊びていとよう物し給ひなむ」などの給ふ。近う呼び寄せ奉り給へるにかの御うつりかのいみじうえんにしみかへり給へれば、をかしの御にほひや、御ぞはいとなえてと、心ぐるしげにおぼいたり。「年比もあつしくさだすぎ給へる人にそひ給へるより時々かしこに渡りて見ならし給へなどものせしを怪しう疎みたまひて人も心おくめりしを、かゝる折にしも物し給はむも心苦しう」などの給へば「何かは心ぼそくとも暫しはかくておはしましなむ。少し物の心おもほし知りなむに渡らせ給はむこそよくは侍るべけれ」と聞ゆ。夜晝戀ひ聞え給ふにはかなき物も聞しめさずとてげにいといたう面やせ給へれど、いとあてに美くしくなかなか見え給ふ。「何かさしもおもほす。今は世になき人の御事はかひなし。おのれあれば」など語らひ聞え給ひて、暮るれば歸らせ給ふを、いと心細しと思ひて泣い給へば、宮もうちなきたまひて「いとかう思ひな入り給ひそ。今日明日わたし奉らむ」など返す返すこしらへおきて出で給ひぬ。名殘も慰め難う泣き居給へり。行くさきの身のあらむ事などまでもおぼし知らず。唯年ごろ立ち離るゝ折なうまつはしならひて、今はなき人となり給ひにけるとおぼすがいみじきに、をさなき御心地なれど胸つとふたがりて例のやうにも遊び給はず。晝はさても紛はし給ふを、夕暮となればいみじうくし給へば、かくてはいかでかすぐし給はむと慰めわびて乳母も泣きあへり。君の御許よりは惟光を奉れ給へり。「參り來べきを、內よりめしあればなむ心苦しう見奉りしもしづ心なく」とてとのゐ人奉れ給へり。「あぢきなうもあるかな。戯ぶれにても物の始にこの御ことよ。宮聞しめしつけば侍ふ人々の愚かなるにぞさいなまれむ。あなかしこ。物のついでにいはけなくうち出で聞えさせ給ふな」などいふも、それをば何とも覺したらぬぞあさましきや。少納言は惟光に哀なる物語どもして「あり經て後やさるべき御宿世のがれ聞え給はぬやうもあらむ。只今はかけてもいと似げなき御事と見奉るを、怪しうおぼしのたまはするもいかなる御心にか思ひよるかたなう亂れ侍る。今日も宮渡らせ給ひて後安く仕うまつれ。心をさなくもてなし聞ゆななどの給はせつるもいと煩はしう、たゞなるよりはかゝる御すきごとも思ひ出でられ侍りつる」などいひて「この人も事ありがほにや思はむ」などあいなければ、いたう歎かしげにもいひなさず。丈夫もいかなる事にかあらむと心えがたう思ふ。參りてありさまなど聞えければ哀におぼしやらるれど、さて通ひ給はむもさすがにすゞろなる心地して、かるがるしうもてひがめたる事と人もや漏り聞かむなどつゝましければ唯迎へてむとおもほす。御ふみは度々奉れ給ふ。暮るれば例の大夫をぞ奉れ給ふ。「さはる事どものありてえ參り來ぬをおろかにや」などあり。宮より「明日俄に御迎へにとのたまはせたりつれば、心あわたゞしくてなむ。年ごろの蓬生をかれなむもさすがに心ぼそう、侍ふ人々も思ひ亂れて」とことずくなに言ひてをさをさあへしらはず物縫ひ營むけはひなどしるければ參りぬ。

君は大殿に坐しけるに例の女君とみにも對めんし給はず。物むつかしく覺え給ひてあづまをすがゞきて「ひたちには田をこそ作れ」といふ歌を聲はいとなまめきてすさび居給へり。參りたれば召し寄せて有樣問ひ給ふ。「しかじかなむ」と聞ゆれば口惜しうおぼして、かの宮に渡りなばわざと迎へ出でむもすきずきしかるべし、をさなき人を盜み出でたりと、もどきおひなむ、その先に暫し人にも口がためて渡してむと覺して、「曉かしこにものせむ。車のさう束さながら、隨身一人二人仰せおきてたれ」とのたまふ。うけ給はりて立ちぬ。君は、いかにせまし、聞えありてすきがましきやうなるべき事、人のほどだに物を思ひ知り、女の心かはしける事と推し量られぬべくはよのつねなり、父宮の尋ね出で給へらむもはしたなうすゞろなべきをとおぼし亂るれど、さてはづしてむはいと口惜しかるべければまだ夜深う出で給ふ。女君例のしぶしぶに心も解けずものし給ふ。「かしこにいとせちに見るべきことの侍るを思ひ給へ出でゝなむ。立ち歸り參りきなむ」とて出で給へば、侍ふ人々も知らざりけり。我が御方にて御直衣などは奉る。惟光ばかりを馬に載せておはしぬ。門打ち敲かせ給へば心も知らぬ者のあけたるに御車をやをら引き入れさせて、大夫妻戶を鳴してしはぶけば、少納言聞き知りて出で來たり。「こゝに坐します」といへば、「をさなき人は御殿籠りてなむ。などかいと夜ふかう立ち出でさせ給へる」と、物のたよりと思ひていふ。「宮へ渡らせ給ふべかなるを、その先に物一言聞えさせ置かむとてなむ」との給へば、「何事にかは侍らむ。いかにはかばかしき御いらへ聞えさせ給はむ」とてうち笑ひて居たり。君入り給へばいとかたはらいたく「うちとけて怪しきふる人どもの侍るに」と聞えさす。「まだおどろい給はじな。いで御目さまし聞えむ。かゝる朝霧をば知らでいぬるものか」とて入り給へば「や」ともえ聞えず。君は何心もなく寢給ひつるを抱き驚かし給ふに驚きて、宮の御迎におはしたると寢おびれておぼしたり。御ぐし搔きつくろひなどし給ひて「いざ給へ。宮の御使にて參り來つるぞ」との給ふに、あらざりけりとあきれて、恐ろしと思ひたれば、「あなこゝろう。まろも同じ人ぞ」とてかき抱きて出で給へば大夫少納言など「こはいかに」と聞ゆ。「こゝには常にもえ參らぬが覺束なければ心やすき所にと聞えしを、心憂くわたり給ふべかなれば、まして聞え難かるべければ人ひとり參られよかし」との給へば、心あわたゞしくて「今日はいとびんなくなむ侍るべき。宮の渡らせ給はむにはいかさまにか聞えやらむ。おのづから程經てさるべきにおはしまさばともかうも侍りなむを、いと思ひやりなき程の事に侍れば侍ふ人々苦しう侍るべし」と聞ゆれば、「よし後にも人は參りなむかし」とて御車寄せさせ給へば、あさましういかさまにかと思ひあへり。若君もあやしと覺して泣い給ふ。少納言留め聞えむ方なければ、よべ縫ひし御ぞどもひきさげて自らもよろしききぬ着更へて乘りぬ。二條院は近ければまだ明うならぬ程に坐して西の對に御車寄せており給ふ。若君をばいとかるらかにかき抱きておろし給ふ。少納言「猶いと夢の心地し侍るをいかにし侍るべきことにか」とてやすらへば、「そは心なゝり。御みづからは渡し奉りつれば、還りなむとあらば送りせむかし」との給ふにわりなくておりぬ。俄にあさましう胸も靜ならず、宮のおぼしのたまはむ事いかになりはて給ふべき有樣にか。とてもかくても賴もしき人々に後れ給へるがいみじさと思ふに淚のとゞまらぬをさすがにゆゝしければ念じ居たり。此方は住み給はぬ對なれば御帳などもなかりけり。惟光めしてみ帳御屛風などあたりあたりしたてさせ給ふ。御几帳のかたびらひきおろしおましなどたゞ引きつくろふばかりにてあれば、ひんがしの對に御とのゐ者召しに遣して大殿籠りぬ。若君はいとむくつけう、いかにする事ならむとふるはれ給へどさすがに聲立てゝもえ泣き給はず、「少納言が許に寢む」とのたまふ聲いと若し。「今はさは大殿籠るまじきぞよ」と敎へ聞え給へばいと侘しくて泣き臥し給へり。乳母はうちも臥されず物も覺えず泣き居たり。明け行くまゝに見渡せば、おとゞのつくりざましつらひざま更にもいはず、庭のすなごも玉を重ねたらむやうに見えて輝く心地するにはしたなく思ひ居たれどこなたには女などもさぶらはざりけり。疎きまらうとなどの參るをりふしの方なりければ男どもぞみすのとにありける。」かく人迎へ給へりと聞く人は誰ならむ。おぼろけにはあらじ」とさゝめく。御てうづ御かゆなどこなたにまゐる。日高う起き給ひて、「人なくてあしかめるを、さるべき人々夕つけてこそは迎へさせ給はめ」とのたまひて、君にわらはべめしにつかはす。「小きかぎり殊更に參れ」とありければいとをかしげにて四人參りたり。君は御ぞに纏はれて臥し給へるをせめて起して、「かう心憂くなおはせそ。すゞろなる人はかうはありなむや。女は心やはらかなるなむよき」など今より敎へ聞え給ふ。御かたちは、さし離れて見しよりもいみじう淸らにて、なつかしううち語らひつゝをかしき繪あそび物ども取りに遣して見せ奉り、御心につくべきことどもをし給ふ。やうやう起き居て見給ふ。にび色のこまやかなるがうちなえたるどもを着給ひて何心なくうちゑみなどして居給へるがいとうつくしきに我もうち笑まれて見給ふ。ひんがしのたいに渡り給へるに、立ち出でゝ庭の木立池の方など覗き給へば、霜枯の前栽繪に書けるやうにおもしろくて、見も知りぬ四位五位こきまぜにひまなう出で入りつゝ、げにをかしき所かなとおぼす。御屛風どもなどいとをかしき繪を見つゝ慰めておはするもはかなしや。君は二三日內へもまゐり給はでこの人をなつけ語らひ聞え給ふ。やがて本にもとおぼすにや、手習繪などさまざまに書きつゝ見せ奉り給ふ。いみじうをかしげに書き集め給へり。「むさし野といへばかこたれぬ」と紫の紙に書い給へる墨つきのいとことなるを取りて見居たまへり。少しちひさくて、

 「根は見ねどあはれとぞ思ふ武藏野の露わけわぶる草のゆかりを」とあり。「いで君も書い給へ」とあれば、「まだようは書かず」とて見上げ給へるが何心なくうつくしげなれば、うちほゝゑみて「よからねどむげに書かぬこそわろけれ。敎へ聞えむかし」との給へばうちそばみて書い給ふ手つき、筆とり給へるさまのをさなげなるもらうたうのみ覺ゆれば、心ながらあやしとおもほす。「書き損ひつ」と恥ぢて隱し給ふを强ひて見給へば、

 「かこつべき故をしらねばおぼつかないかなる草のゆかりなるらむ」といとわかけれどおひさき見えてふくよかに書い給へり。故尼君にぞ似たりける。いまめかしき手本ならはゞいとよう書い給ひてむと見給ふ。ひゝななどわざと屋ども作り續けて諸共に遊びつゝこよなき物思のまぎらはしなり。かのとまりにし人々、宮渡り給ひて尋ね聞え給ひけるに聞えやらむ方なくてぞわびあへりける。「暫し人に知らせじ」と君もの給ひ少納言も思ふ事なれば、せちに口がためやりつゝ唯「行くへも知らず少納言がゐて隱し聞えたる」とのみ聞えさするに、宮もいふかひなうおぼして、「故尼君もかしこに渡り給はむ事をいと物しとおぼしたりしことなれば、めのといとさしすぐしたる心ばせのあまり、おいらかにわたさむをびんなしなどはいはで、心にまかせてゐてはふらかしつるなめり」と泣く泣く歸り給ひぬ。「もし聞き出で奉らば吿げよ」とのたまふもわづらはしく、僧都の御許にも尋ね聞え給へどあとはかなくて、あたらしかりし御かたちなど戀しく悲しとおぼす。北の方も母君を憎しと思ひ聞え給ひける心も失せて我が心に任せつべうおもほしけるに、たがひぬるは口惜しうおぼしけり。やうやう人參り集りぬ。御あそびがたきのわらはべちごどもいとめづらかに今めかしき御有樣どもなれぼ、思ふ事なくて遊びあへり。君は男君のおはせずなどしてさうざうしき夕暮などばかりぞ尼君を戀ひ聞え給ひてうち泣きなどし給へど、宮をば殊に思ひ出で聞え給はず。もとより見ならひ聞え給はでならひ給へれば、今は唯この後の親をいみじうむつびまつはし聞え給ふ。物よりおはすればまづ出で向ひて哀にうち語らひ御ふところに入り居ていさゝか疎く恥しとも思ひたらず、さる方にはいみじうらうたきわざなりけり。さかしら心あり何くれとむつかしきすぢになりぬれば、我が心地も少したがふふしも出でくやと心おかれ、人もうらみがちに思の外の事もおのづから出で來るを、いとをかしきもてあそびなり。むすめなどはた、かばかりになりぬれば心安くうちふるまひ隔なきさまに、おきふしなどはえしもすさまじきを、これはいとさまかはりたるかしづきぐさなりとおぼいためり。