kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 葵

源氏物語 葵 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 上』からのコピーを含みます。

世の中かはりて後よろづ物うくおぼされ、御身のやんごとなさも添ふにや、かるがるしき御忍びありきもつゝましうて、こゝもかしこもおぼつかなさの嘆きを重ね給ふ程にや、猶我につれなき人の御心をつきせずのみおぼしなげく。今はましてひまなく、たゞ人のやうにて添ひ坐しますを、今きさきは心やましうおぼすにや、うちにのみ侍ひ給へば、立ちならぶ人なう心安げなり。折節に隨ひては御遊などをこのましう世の響くばかりせさせ給ひつゝ今の御有樣しもめでたし。唯春宮をぞいと戀しう思ひ聞え給ふ。御後見のなきを後めたう思ひ聞えて、大將の君によろづ聞えつけ給ふも、傍痛きものから嬉しとおぼす。誠や、かの六條の御やす所の御腹の前坊の姬宮齋宮に居給ひにしかば、大將の御心ばへもいと賴もしげなきを、かく幼き御有樣の後めたさにことづけて下りやしなましと、かねてよりおぼしけり。院にもかゝることなど聞しめして「故宮のいとやんごとなくおぼし時めかし給ひしものを、かるがるしうおしなべたるさまにもてなすなるがいとほしきこと、齋宮をもこの皇子達のつらになむ思へば、いづ方につけてもおろかならざらむこそよからめ。心のすさびに任せてかくすきわざするはいと世のもどき負ひぬべき事なり」など御氣色あしければ我が御心地にもげにと思ひ知らるれば、かしこまりてさぶらひ給ふ。「人のため耻ぢがましき事なく、孰れをもなだらかにもてなして、女の怨な負ひそ」とのたまはするに、けしからぬ心のおほけなさを聞しめしつけたらむ時と恐しければ畏まりてまかで給ひぬ。又かく院にも聞しめしのまはするに、人の御名も我が爲もすきがましういとほしきに、いとゞやんごとなく心苦しきすぢには思ひ聞え給へどまだ顯はれてはわざともてなし聞え給はず。をんなも似げなき御年の程を耻かしうおぼして心とけ給はぬ氣色なれば、それに隨ひたるさまにもてなして院に聞しめし入れ、世の中の人も知らぬなくなりにたるを、深うしもあらぬ御心の程をいみじうおぼし歎きけり。かゝる事を聞き給ふにも、朝顏の姬君はいかで人に似じと深うおぼせば、はかなきさまなりし御返りなどもをさをさなし。さりとて人にくゝはしたなくはもてなし給はぬ御氣色を君も猶ことなりとおぼしわたる。大殿にはかくのみ定めなき御心を心づきなしとおぼせど、あまりつゝまぬ御氣色のいふかひなければにやあらむ、深うしも怨じ聞え給はず、心苦しきさまの御心地に惱み給ひて物心ぼそげにおぼいたり。珍しう哀と思ひ聞え給ひて、嬉しきものから誰も誰もゆゝしうおぼしてさまざまの御つゝしみせさせ奉り給ふ。かやうなる程はいとゞ御心の暇なくて、おぼし怠るとはなけれどとだえ多かるべし。その頃齋院もおり居給ひてきさい腹の女三の宮居給ひぬ。帝きさきいとことに思ひ聞え給へる宮なればすぢことになり給ふをいと苦しうおぼしたれど、こと宮たちのさるべきおはせず、儀式など常のかんわざなれどいかめしうのゝしる。祭のほど限ある公事にそふこと多く、見所こよなし。人がらと見えたり。ごけいの日、上達部など數定まりて仕うまつり給ふわざなれど、おぼえことにかたちあるかぎりしたがさねの色うへの袴の紋馬鞍まで皆整へたり。とりわきたる宣旨にて大將の君も仕うまつり給ふ。かねてより物見車心づかひしけり。一條の大路所なくむくつけきまで騷ぎたり。所々の御さじき心々にしつくしたるしつらひ人の袖口さへいみじき見ものなり。大とのには、かやうの御ありきもをさをさし給はぬに御心地さへなやましければおぼしかけざりけるを、若き人々「いでや己がどち引き忍びて見侍らむこそはえなかるべけれ。おほよそ人だに今日の物見には、大將殿をこそはあやしき山がつさへ見奉らむとすれば、遠き國々よりめこを引き具しつゝ參うで來なる御覽ぜぬはいとあまりも侍るかな」といふを大宮聞しめして、「御心地もよろしきひまなり。さぶらふ人々もさうざうしげなめり」とて俄にめぐらし仰せ給うて見給ふ。日たけ行きてけしきもわざとならぬさまにて出で給へり。ひまも無う立ち渡りたるによそほしう引き續きて立ち煩ふ。よき女房車多くて、ざふざふの人なきひまを思ひ定めて皆さしのけさする中に、網代の少しなれたる、したすだれのさまなどよしばめるにいたう引き入りてほのかなる袖口裳の据かざみなど物の色いと淸らにて、殊更に窶れたるけはひしるく見ゆる車二つあり。「これは更にさやうにさしのけなどすべき御車にもあらず」と口ごはくて手觸れさせず。いづ方にも若きものども醉ひ過ぎ立ち騷ぎたる程のことはえしたゝめあへず。おとなおとなしきごぜんの人々は、「かくな」といへどえとゞめあへず。齋宮の御母御やす所、物おぼし亂るゝ慰めにもやと忍びて出で給へるなりけり。つれなしづくれどおのづから見知りぬ。「さばかりにてはさないはせそ、大將殿をぞがうけには思ひ聞ゆらむ」などいふを、その御方の人々も交れゝばいとほしと見ながら用意せむも煩はしければ、しらず顏をつくる。遂に御車ども立て續けつれば、ひとだまひの奧におしやられてものも見えず。心やましきをばさるものにて、かゝるやつれをそれと知られぬるがいみじう妬きこと限なし。榻なども皆押し折られてすゞろなる車の胴にうちかけたれば又なう人わろく悔しう、何に來つらむと思ふにかひなし。物も見で歸らむとし給へど通り出でむひまもなきに、「ことなりぬ」といへば、さすがにつらき人の御まへわたりの待たるゝも心弱しや。さゝのくまにだにあらねばにや、つれなく過ぎ給ふにつけてもなかなか御心づくしなり。げに常よりも好み整へたる車どもの、我も我もと乘りこぼれたるしたすだれのすき間どもゝさらぬがほなれとほゝゑみつゝしり目にとゞめ給ふもあり。大とのゝはしるければまめだちて渡り給ふ。御供の人々うち畏まり心ばへありつゝ渡るを押しけたれたるありさまこよなうおぼさる。

 「かげをのみみたらし川のつれなきに身のうき程ぞいとゞ知らるゝ」と淚のこぼるゝを人の見るもはしたなけれど、めもあやなる御さまかたちのいとゞしう出でばえを見ざらましかばとおぼさる。ほどほどにつけて、さうぞく人の有樣、いみじう整へたりと見ゆるなかにも上達部はいと殊なるを、ひと所の御ひかりにはおしけたれためり。大將のかりの隨身に殿上のざうなどのすることは常の事にもあらず、珍しき行幸などの折のわざなるを、今日は右近の藏人のざう仕うまつれり。さらぬ御隨身どもゝ、かたち姿まばゆく整へて世にもてかしづかれ給へるさま木草も靡かぬはあるまじげなり。壺さうぞくなどいふ姿にて女ばうの賤しからぬや又尼などの世を背きけるなども仆れまろびつゝ物見に出でたるもれいはあながちなりや。あなにくと見ゆるに今日はことわりに口うちすげみて髮きこめたるあやしの者どもの手をつくりてひたひにあてつゝ見奉りあげたるも、をこがましげなる賤の夫まで己が顏のならむさまをば知らでゑみさかえたり。何とも見入れ給ふまじきえせ受領のむすめなどさへ心のかぎり盡したる車どもに乘り、さまことさらび心げさうしたるなむをかしきやうやうの見ものなりける。ましてこゝかしこに立ち忍びて通ひ給ふ所々は人知れず數ならぬ歎きまさるも多かりけり。式部卿宮さじきにてぞ見給ひける。いとまばゆきまでねび行く人のかたちかな、神などは目もこそとめ給へとゆゝしくおぼしたり。姬君は、年頃聞え渡り給ふ御心ばへの世の人に似ぬをなのめならむにてだにあり。ましてかうしもいかでと御心とまりけり。いと近くて見えむまではおぼしよらず、若き人々は聞きにくきまでめで聞えあへり。まつりの日は大殿には物見給はず。大將の君、かの御車の所あらそひをまねび聞ゆる人ありければいといとほしう憂しとおぼして、猶あたらおもりかに坐する人の、ものになさけ後れてすくすくしき所つき給へるあまりに自らはさしもおぼさゞめれど、かゝるなからひは情かはすべきものともおぼいたらぬを御心おきてに從ひて、つきづきよからぬ人のせさせたるならむかし。御やす所は心ばせのいとはづかしくよしありておはするものを、いかにおぼしうんじにけむといとほしうて參うで給へりけれど、齋宮のまだもとの宮におはしませば、榊のはゞかりにことづけて、心安くもたいめんし給はず。ことわりとはおぼしながら「なぞやかくかたみにそばそばしからで坐せよかし」とうちつぶやかれ給ふ。今日は二條院に離れおはして祭見に出で給ふ。西の對にわたり給ひて惟光に車の事仰せたり。「女房出で立つや」とのたまひて、姬君のいと美しげにつくろひ立てゝおはするを、うちゑみて見奉り給ふ。「君はいざ給へ、諸共に見むよ」とて御ぐしの常よりも淸らに見ゆるを、かきなで給ひて「久しうそぎ給はざめるを今日はよき日ならむかし」とて、曆の博士召して時問はせなどし給ふ程に「まづ女房出でね」とて童の姿どものをかしげなるを御覽ず。いとらうたげなる髮どもの裾華やかにそぎわたして浮紋のうへの袴にかゝれる程けざやかに見ゆ。「君の御ぐしは我そがむ」とて「うたて所せうもあるかな。如何におひやらむとすらむ」とそぎわづらひ給ふ。「いと長き人もひたひ髮は少し短くぞあめるをむげに後れたるすぢのなきやあまりなさけなからむ」とてそぎはてゝ「ちひろ」と祝ひ聞え給ふを、少納言哀にかたじけなしと見奉る。

 「はかりなきちひろの底のみるぶさの生ひゆく末はわれのみぞ見む」と聞え給へば、

 「千尋ともいかでか知らむさだめなくみちひる潮ののどけからぬに」とものに書きつけて坐するさま、らうらうしきものから若うをかしきをめでたしとおぼす。今日も所もなく立ちこみにけり。うま塲のおとゞのほどに立て煩ひて、「上達部の車ども多くて物騷しげなるわたりかな」と休らひ給ふに、よろしきをんな車のいたう乘りこぼれたるより扇をさし出でゝ人を招き寄せて「こゝにやは立たせ給はぬ。所さり聞えむ」と聞えたり。いかなるすき者ならむとおぼされて、所もげによきわたりなれば引き寄せさせ給ひて「いかでか得給へる所ぞとねたさになむ」とのたまへば、よしある扇のつまを折りて、

 「はかなしや人のかざせるあふひゆゑ神のしるしのけふを待ちける。しめのうちには」とある手をおぼし出づれば、かの源內侍のすけなりけり。あさましうふり難くも今めくかなと憎さにはしたなう、

 「かざしける心ぞあだにおもほゆる八十氏人になべてあふひを」。女はづかしと思ひ聞えたり。

 「くやしくもかざしけるかな名のみして人賴めなる草葉ばかりを」と聞ゆ。人とあひ乘りてすだれをだに上げ給はぬを心やましう思ふ人多かり。一日の御ありさまの麗はしかりしに、今日はうち亂れてありき給ふかし。誰ならむ、乘り並ぶ人けしうはあらじはやと推し量り聞ゆ。挑ましからぬかざし爭ひかなと、さうざうしくおぼせど、かやうにいとおもなからぬ人はた、人あひ乘り給へるにつゝまれて、はかなき御いらへも心安く聞えむもまばゆしかし。

御息所はものをおぼし亂るゝ事年比よりも多く添ひにけり。つらき方に思ひはて給へど、今はとてふりはなれくだり給ひなむはいと心細かりぬべく、世の人ぎゝも人笑へにならむ事とおぼす。さりとて立ちとまるべくおもほしなるには、かくこよなきさまに皆思ひくたすべかめるもやすからず、釣する海士のうけなれやと、おきふしおぼし煩ふけにや御心地もうきたるやうにおぼされてなやましうし給ふ。大將殿には「下り給はむことをもてはなれてあるまじき事」なども妨げ聞き給はず「數ならぬ身を見ま憂くおぼし捨てむもことわりなれど今は猶いふかひなきにても、御覽じはてむや淺からぬにはあらむ」と聞えかゝづらひ給へば定め兼ね給へる御心もや慰むと立ち出で給へりしみそぎ河の荒らかりし瀨に、いとゞ萬いとうくおぼしいられたり。大殿には御ものゝけめきて痛くわづらひ給へば誰も誰もおぼし歎くに御ありきなどびんなき頃なれば二條院にも時々ぞわたり給ふ。さはいへどやんごとなき方は殊に思ひ聞え給へる人の珍しきことさへ添ひ給へる御惱なれば心苦しう思し歎きて、御修法や何やなど、我が御方にて多く行はせ給ふ。ものゝけ、いきすだまなどいふもの多く出で來てさまざまの名のりする中に、人に更にうつらず唯自らの御身につと添ひたるさまにて殊におどろおどろしう煩はし聞ゆる事もなけれど、また片時離るゝ折もなきものひとつあり。いみじきげんざどもにも從はずしうねき氣色おぼろけの物にあらずと見えたり。大將の君の御かよひ所こゝかしことおぼしあつるに、「この御やす所二條の君などばかりこそはおしなべてのさまには思したらざめれば、恨の心も深からめ」とさゝめきて物など問はせ給へどさして聞えあつることもなし。ものゝけとてもわざと深き御かたきと聞ゆるもなし。すぎにける御めのとだつ人、もしは親の御方につけつゝ傅はりたるものゝ、よわめに出で來たるなどむねむねしからず亂れ顯はるゝ。唯つくづくとねをのみ泣き給ひて折々は胸をせきあげつゝいみじう堪へ難げに惑ふわざをし給へばいかに坐すべきにかとゆゝしう悲しうおぼしあわてけり。院よりも御とぶらひひまなく御祈のことまでおぼしよらせ給ふさまのかたじけなきにつけても、いとゞ惜しげなる人の御身なり。世の中普く惜み聞ゆるを聞き給ふにも御やす所はたゞならずおぼさる。年頃はいとかくしもあらざりし御挑み心を、はたなかりし所の車爭ひに人の御心の動きにけるを、かの殿にはさまでも思しよらざりけり。かゝる御物思ひの亂れに御心地猶例ならずのみおぼさるれば、ほかにわたり給ひて御修法などせさせ給ふ。大將殿聞き給ひていかなる御心ちにかといとほしうおぼし起してわたり給へり。例ならぬたび所なればいたう忍び給ふ。心より外なるをこたりなど、罪ゆるされぬべく聞え續け給ひて惱み給ふ人の御有樣もうれへ聞え給ふ。「自らはさしも思ひ入れ侍らねど親たちのいとことごとしう思ひ惑はるゝが心苦しさにかゝる程を見過ぐさむとてなむ。萬をおぼしのどめたる御心ならばいと嬉しうなむ」など語らひ聞え給ふ。常よりも心苦しげなる御氣色をことわりに哀と見奉り給ふ。うちとけぬ朝ぼらけに出で給ふ御さまのをかしきにも猶ふり離れなむことはおぼしかへさる。やんごとなき方にいとゞ志添ひ給ふべきことも出で來にたれば一つ方におぼし靜まり給ひなむを、かやうにまち聞えつゝあらむも、心のみ盡きぬべきことなかなか物思ひの驚かさるゝ心地し給ふに御文ばかりぞ暮つ方ある。「日比少し怠るさまなりつる心地の俄にいと苦しげに侍るをえ引きよがてなむ」とあるを例のことづけと見給ふものから、

 「袖ぬるゝこひぢとかつは知りながらおりたつ田子のみづからぞうき。山の井の水もことわりに」とぞある。御手は猶こゝらの人の中に勝れたりかしとうち見給ひつゝ如何にぞやもある世かな。心もかたちもとりどりに捨つべきもなくまた思ひ定むべきもなきを、苦しうおぼさる。御返りいとくらうなりにたれど、袖のみぬるゝやいかに。深からぬ御ことになむ。

 「あさみにや人はおりたつ我がかたは身もそぼつまで深きこひぢを。おぼろけにてや。この御かへりを自ら聞えさせぬ」などあり。大殿には御物のけ痛く起りていみじうわづらひ給ふ。この御いきすだま故父おとゞの御靈などいふものありと聞え給ふにつけておぼしつゞくれば、身一つのうき嘆きより外に人をあしかれなど思ふ心もなけれど、物思ふにあくがるなるたましひはさもやあらむとおぼし知らるゝ事もあり。年頃よろづに思ひ殘すことなく過ぐしつれど、かうしも碎けぬをはかなき事の折に人の思ひけち、なきものにもてなすさまなりしみそぎの後、ひと節に憂しとおぼしうかれにし心靜まり難うおぼさるゝけにや、少しもうちまどろみ給ふ夢には、かの姬君とおぼしき人のいと淸らにてある所にいきてとかくひきまさぐり、現にも似ず武くいかきひたぶる心いできてうちかなぐるなど見え給ふ事たび重なりにけり。あな心うや。實に身を捨てゝやいにけむとうつし心ならず覺え給ふ折々もあれば、さならぬことだに人の御ためにはよざまのことをしも言ひ出でぬ世なれば、ましてこれはいとよく言ひなしつべきたよりなりとおぼすにいと名だゝしうひたすら世になくなりて後にうらみ殘すはよのつねの事なり、それだに人の上にては罪深うゆゝしきを、うつゝの我が身ながらさるうとましき事をいひつけらるゝ宿世のうき事、すべてつれなき人に爭で心もかけ聞えじとおぼし返せど思ふも物をなり。齋宮は去年うちに入り給ふべかりしを、さまざま障る事ありてこの秋入り給ふ。ながつきにはやがて野の宮に移ろひ給ふべければ、再の御はらへのいそぎ取り重ねてあるべきに唯怪しくぼけぼけしうてつくづくと臥し惱み給ふを、宮人いみじきだいじにて御祈などさまざま仕う奉る。おどろおどろしきさまにはあらずそこはかとなく煩ひて月日を過ぐし給ふ。大將殿も常にとぶらひ聞え給へど、まさる方の痛う煩ひ給へば御心のいとまなげなり。まださるべき程にもあらずと皆人もたゆみ給へるに、俄に御氣色ありて惱み給へばいとゞしき御祈の數を盡してせさせ給へれど、例のしうねき御ものゝけひとつ更に動かず、やんごとなきけんざども珍らかなりともて惱む。さすがにいみじう調ぜられて、心苦しげに泣きわびて、「少しゆるべ給へや。大將に聞ゆべき事あり」とのたまふ。「さればよ、あるやうあらむ」とて近き御几帳のもとに入れ奉りたり。むげに限のさまに物し給ふを、聞えおかまほしきことも坐するにやとておとゞも宮も少ししぞき給へり。加持の僧ども聲しづめて法華經を讀みたるいみじうたふとし。御几帳のかたびら引き上げて見奉り給へば、いとをかしげにて御腹はいみじう高うて臥し給へるさまよそ人だに見奉らむに心亂れぬべし。まして惜しう悲しうおぼす、ことわりなり。白き御ぞに色あひいと花やかにて御ぐしいと長うこちたきを引きゆひてうちそへたるも、かうてこそらうたげになまめきたる方添ひて、をかしかりけれと見ゆ。御手を執へて、「あないみじ。心憂きめを見せ給ふかな」とて物もえ聞え給はず泣き給へば、例はいと煩はしくはづかしげなる御まみをいとたゆげに見上げてうちまもり聞え給ふに、淚のこぼるゝさまを見給ふはいかゞ哀の淺からむ。あまりいたく泣き給へば心苦しき親たちの御事をおぼし、又かく見給ふにつけて口惜しう覺え給ふにやとおぼして「何事もいと斯うなおぼし入れそ。さりともけしうはおはせじ。いかなりとも必ず逢ふ瀨あなればたいめんはありなむ。おとゞ宮なども深き契ある中はめぐりても絕えざなればあひ見るほどありなむとおぼせ」と慰め給ふに、「いであらずや。身の上のいと苦しきをしばし休め給へと聞えむとてなむ。かく參り來むとも更に思はぬを物思ふ人のたましひは實にあくがるゝものになむありける」となつかしげにいひて、

 「歎きわび空にみだるゝ我がたまを結びとゞめよしたかひのつま」とのたまふ聲けはひ、その人にもあらずかはり給へり。いと怪しとおぼしめぐらすに唯かの御やす所なりけり。淺ましう人のとかくいふを、よからぬものどもの言ひ出づる事と聞きにくゝおぼしてのたまひけつを、目にみすみす世にはかゝる事こそはありけれとうとましうなりぬ。あな心うとおぼされて「かくのたまへど誰とこそ知らね。たしかにのたまへ」との給へば唯それなる御有樣にあさましとはよのつねなり。人々近う參るも傍痛うおぼさる。少し御聲も靜まり給へれば、ひま坐するにやとて、宮の御湯もて寄せ給へるにかきおこされ給ひて、程なく生れ給ひぬ。嬉しと思すことかぎりなきに、人にかりうつし給へる御ものゝけどもの妬がり惑ふけはひいと物さわがしうて後の事またいと心もとなし。言ふかぎりなきぐあんどもたてさせ給ふけにや、たひらかに事成りはてぬれば、山の座主何くれとやんごとなき僧どもしたり顏に汗おしのごひつゝ急ぎまかでぬ。多くの人の心を盡しつる日比の名殘少しうちやすみて今はさりともと覺す。御修法などは、又々始めそへさせ給へどまづはけうあり。珍しき御かしづきに皆人心ゆるべり。院をはじめ奉りてみこたち上達部殘なきうぶやしなひどものめづらかにいかめしきを夜ごとに見のゝしる。男にてさへおはすればそのほどの作法賑はゝしくめでたし。かの御やす所はかゝる御有樣を聞き給ひてもたゞならず、かねてはいと危く聞えしをたひらかにもはたとうちおぼしけり。あやしう我にもあらぬ御心地をおぼし續くるに御ぞなども唯芥子のかにしみかへりたり。怪しさに御ゆするまゐり、御ぞ着かへなどし給ひて試み給へば猶同じやうにのみあれば、我が身ながらだにうとましう覺さるゝに、まして人の言ひ思はむ事など人にのたまふべき事ならねば心ひとつに思し歎くに、いとゞ御心がはりもまさり行く。大將殿は心地少しのどめてあさましかりし程のとはずがたりも心憂く思し出でられつゝ、いと程經にけるも心苦しく、またけぢかくて見奉らむにはいかにぞやうたて覺ゆべきを、人の御ためいとほしうよろづにおぼして御文ばかりぞありける。痛う煩ひ給ひし人の御名殘ゆゝしう、心ゆるびなげに誰もおぼしたればことわりにて御ありきもなし。猶いと惱ましげにのみし給へば例のさまにてもまだたいめんし給はず。若君のいとゆゝしきまで見え給ふ御有樣をいまからいとさま殊にもてかしづき聞え給ふさまおろかならず。ことあひたる心地しておとゞも嬉しういみじと思ひ聞え給へるに、唯この御心地怠りはて給はぬを心もとなくおぼせど、さばかりいみじかりし名殘にこそはとおぼして、いかでかはさのみは心をも惑はし給はむ、若君の御まみの美しさなどの春宮にいみじう似奉り給へるを見奉り給ひてもまづ戀しう思ひ出でられさせ給ふに忍び難くて、參り給はむとて「內などにもあまり久しく參り侍らねば、いぶせさに今日なむうひだちし侍るを、少しけぢかき程にて聞えさせばや。餘りおぼつかなき御心の隔かな」と怨み聞え給へれば、「げに唯偏に艷にのみあるべき事かは」とて、臥し給へる所に、おまし近う參りたれば入りて物など聞え給ふ。御いらへ時々聞え給ふも、猶いと弱げなり。されどむげになき人と思ひ聞えし御有樣をおぼし出づれば、夢の心地して、ゆゝしかりしほどの事どもなど聞え給ふついでにもかのむげに息も絕えたるやうに坐せしが引きかへしつぶつぶとのたまひし事ども思し出づるに心憂ければ「いざや聞えまほしき事いと多かれどまだいとたゆげに思しためればこそ」とて「御湯參れ」などさへあつかひ聞え給ふを、いつ習ひ給ひけむと人々哀れがり聞ゆ。いとをかしげなる人の痛う弱り傷はれてあるかなきかの氣色にて臥し給へるさまいとらうたげに苦しげなり。みぐしの亂れたるすぢもなくはらはらとかゝれる枕の程ありがたきまでに見ゆれば、年頃何事を飽かぬ事ありて思ひつらむとあやしきまでうちまもられ給ふ「院などに參りていと疾くまかでなむ。かやうにて覺束なからず見奉らばうれしかるべきを、宮のつとおはするに心なくやとつゝみて過ぐしつるも苦しきを、猶やうやう心强くおぼしなして例のおまし所にこそ。あまり若くもてなし給へば、かたへはかくて物し給ふぞ」など聞えおき給ひていと淸げにうちさうぞきて出で給ふを、常よりは目とゞめて見いだして臥し給へり。秋の司召あるべき定めにて大とのも參り給へば、君だちもいたはり望み給ふことどもありて殿の御あたり離れ給はねば皆引きつゞき出で給ひぬ。殿のうち人ずくなにしめやかなるほどに、俄かに例の御胸をせきあげていといたう惑ひ給ふ。內に御せうそこ聞え給ふ程もなく絕え入り給ひぬ。足をそらにて誰も誰もまかで給ひぬれぼ、除目の夜なりけれどかくわりなき御さはりなれば皆事破れたるやうなり。のゝしり騷ぐ程によなかばかりなれば山のざす何くれの僧たちもえさうじあへ給はず。今はさりともと思ひたゆみたりつるにあさましければ殿の內の人、ものにぞあたり惑ふ。所々の御とぶらひの使など立ちこみたれどえ聞えつがずゆすりみちていみじぎ御心惑ひどもいと恐しきまで見え給ふ。御ものゝけのたびたびとりいれ奉りしをおぼして御枕などもさながら二三日見奉り給へどやうやうかはり給ふ事どものあれば限りとおぼしはつる程誰も誰もいといみじ。大將殿は悲しきことに事を添へて世の中をいとうきものに思ししみぬれば、たゞならぬ御あたりのとふらひどもゝ心うしとのみぞなべておぼさるゝ。院におぼしなげきとぶらひ聞えさせ給ふさま、かへりておもだゝしげなるを嬉しきせもまじりておとゞは御淚のいとまなし。人の申すに隨ひていかめしきことゞもを生きやかへり給ふとさまざま殘ることなくかつ損はれ給ふ事どものあるを見る見るもつきせずおぼし惑へど、かひなくて日頃になればいかゞはせむとて鳥野邊にゐて奉るほどいみじげなる事多かり。此方彼方の御送の人ども寺々のねんぶつの僧などそこら廣き野に所もなし。院をば更にも申さずきさいの宮春宮などの御使、さらぬ所々のも參りちがひて飽かずいみじき御吊ひを聞え給ふ。おとゞはえ立ちもあがり給はず、かゝる齡の末に若く盛の子に後れ奉りて、もこよう事と耻ぢ泣き給ふをこゝらの人悲しう見奉る。よもすがらいみじうのゝしりつる儀式なれど、いともはかなき御かばねばかりを御名殘にて曉深くかへり給ふ。常の事なれど人ひとりか、あまたしも見給はぬ事なればにやたぐひなくおぼしこがれたり。八月廿日餘の有明なれば空の氣色も哀すくなからぬにおとゞのやみに暮れ惑ひ給へるさまを見給ふもことわりにいみじければ空のみながめられ給ひて、

 

 「のぼりぬる煙はそれとわかねどもなべて雲居の哀なるかな」。殿におはしつきても露まどろまれ給はず。年比の御有樣をおぼし出でつゝなどてつひにはおのづから見直し給ひてむとのどかに思ひて等閑のすさびにつけてもつらしと覺えられ奉りけむ。世を經て疎く耻しきものに思ひて過ぎはて給ひぬるなど悔しき事多くおぼし續けらるれどかひなし。にばめる御ぞ奉れるも夢の心地して我さきだゝましかば深くそめ給はましとおぼすさへ、

 「限りあればうすゞみ衣あさけれど淚ぞ袖をふちとなしける」とてねんずし給へるさまいとゞなまめかしさまさりて經忍びやかに讀み給ひつゝ法界三昧普賢大士とうちのたまへる行ひ馴れたる法師よりはけなり。若君を見奉り給ふにも、何にしのぶのといとゞ露けゝれどかゝるかたみさへなからましかばとおぼし慰む。宮はしづみ入りてそのまゝに起き上り給はず、危げに見え給ふを、またおぼし騷ぎて御祈などせさせ給ふ。はかなく過ぎ行けば、御わざの急ぎなどせさせ給ふも、おぼしかけざりしことなればつきせずいみじうなむ。なのめにかたほなるをだに人の親はいかゞ思ふめる。ましてことわりなり。又たぐひ坐せぬだにさうざうしくおぼしつるに、袖の上の玉の碎けたりけむよりも淺ましげなり。大將の君は二條の院にだにもあからさまにも渡り給はず、あはれに心深く思ひ歎きて行ひをまめにし給ひつゝ明し暮し給ふ。所々には御文ばかりぞ奉り給ふ。かの御やす所は齋宮の左衞門の司に入り給ひにければいとゞいつくしき御きよまはりにことづけて聞えも通ひ給はず。憂しと思ひしみにし世もなべていとはしくなり給ひてかゝるほだしだに添はざらましかば願はしきさまにもなりなましとおぼすには、まづ對の姬君さうざうしくて物し給ふらむ有樣ぞふとおぼしやらるゝ。よるはみ帳の內に一人臥し給ふに、とのゐの人々は近うめぐりてさぶらへど、傍さびしくて時しもあれとねざめがちなるに、聲すぐれたるかぎり撰びさぶらはせ給ふ。念佛の曉がたなど忍びがたし。深き秋のあはれまさりゆく、風の音身にしみけるかなとならはぬ御獨寢に明しかね給へる朝ぼらけのきりわたれるに菊の氣色ばめる枝に濃き靑にびの紙なる文つけてさしおきていにけり。今めかしうもとて見給へば御やす所の御手なり。「聞えね程はおぼし知るらむや。

  人の世をあはれときくも露けきにおくるゝ袖を思ひこそやれ。唯今の空に思ひ給へあまりてなむ」とあり。常よりも優にも書い給へるかなとさすがに置き難う見給ふものからつれなの御とぶらひやと心うし。さりとてかき絕えおとなひ聞えざらむもいとほしく人の御名の朽ちぬべき事をおぼし亂る。過ぎにし人はとてもかくてもさるべきにこそは物し給ひけめ、何にさることをさださだとけざやかに見聞きけむと、悔しきは我が御心ながら、猶えおぼし直すまじきなめりかし。齋宮の御きよまはりも煩はしくやなど、久しう思ひ煩ひ給へど、わざとある御返りなくばなさけなくやとて、紫のにばめる紙に「こよなう程經侍りにけるを思ひ給へ怠らずながら、つゝましきほどは更におぼし知るらむやとてなむ。

  とまる身も消えしもおなじ露の世に心おくらむほどぞはかなき。かつは思しけちてよかし。御覽ぜずもやとてこれにも」と聞え給へり。里に坐する程なりければ忍びて見給ひてほのめかし給へる氣色を心の鬼にしるく見給ひてさればよとおぼすもいといみじ。猶いと限なき身のうさなりけり、かやうなる聞えありて院にもいかにおぼさむ、故前坊の同じき御はらからといふ中にもいみじう思ひかはし聞えさせ給ひて、この齋宮の御事をもねんごろに聞えつけさせ給ひしかばその御かはりにもやがて見奉りあつかはむなど常にのたまはせてやがてうちずみし給へとたびたび聞えさせ給ひしをだにいとあるまじき事と思ひ離れにしを、かく心より外に若々しき物思をして遂に浮名をさへ流しはつべき事とおぼし亂るゝに猶例のさまにも坐せず。さるは大方の世につけて、心にくゝよしある聞えありて、昔より名高く物し給へば野の宮の御うつろひの程にも、をかしう今めきたる事多くしなして殿上人どもの好ましきなどは朝夕の露分けありくをその頃の役になむするなど聞き給ひても大將の君はことわりぞかし。ゆゑは飽くまでつき給へる物を、もし世の中にあきはてゝくだり給ひなばさうざうしくもあるべきかなとさすがにおぼされけり。

御法事など過ぎぬれどしやうにちまで猶籠りおはす。ならはぬ御つれづれを心苦しがり給ひて三位の中將は常に參り給ひつゝ世の中の御物語などまめやかなるをも又例の亂りがはしき事をも聞え給ひつゝ慰め聞え給ふに、かの內侍ぞうち笑ひたまふくさはひにはなるめる。大將の君は「あないとほしや。おばおとゞの上ないたうかろめ給ひそ」と諫め給ふものから常にをかしとおぼしたり。かの十六夜のさやかなりし秋の事など、さらぬもさまざまのすきごとゞもをかたみに隈なく言ひ顯し給ふ。はてはては哀なる世をいひいひてうち泣きなどもし給ひけり。時雨うちして物哀なる暮つかた中將の君にび色の直衣指貫薄らかに衣がへしてをゝしくあざやかに心耻しきさまして參り給へり。君は西の妻戶の高欄に押しかゝりて霜枯の前栽見給ふ程なりけり。風荒らかに吹き時雨さとしたる程、淚も爭ふこゝちして「雨となり雲とやなりにけむ、今は知らず」とうちひとりごちてつら杖つき給へる御さま女にては見捨てなくならむたましひ必ずとまりなむかしと色めかしき心ちにうちまもられつゝ近うつい居給へれば、しどけなう打ち亂れ給へるさまながら紐ばかりをさし直し給ふ。これは今少しこまやかなる夏の御直衣に紅のつややかなる引き重ねてやつれ給へるしも見てもあかぬ心ちぞする。中將もいとあはれなるまみにながめ給へり。

 「雨となりしぐるゝ空のうき雲をいつれのかたとわきてながめむ。ゆくへなしや」とひとりごとのやうなるを、

 「見し人の雨となりにし雲ゐさへういとゞしぐれにかきくらすころ」との給ふ御氣色も淺からぬ程しるく見ゆれば怪しう、年頃いとしもあらぬ御志を院など居立ちてのたまはせ、おとどの御もてなしも心苦しう、大宮の御かたざまにもてはなるまじきなど、方々にさしあひたればえしもふり捨て給はで物うげなる御氣色ながら、ありへたまふなめりかしといとほしう見ゆる折々ありつるを、誠にやんごとなく重き方は殊に思ひ聞え給ひけるなめりと見しるにはいよいよ口惜しうおぼさる。萬につけて光り失せぬる心地してくしいたかりけり。枯れたる下草のなかに、りんどう瞿麥などの咲き出でたるを折らせ給ひて中將の立ち給ひぬる後に若君の御乳母宰相の君して、

 「草がれのまがきに殘るなでしこを秋の形見とぞ見る。にほひ劣りてや御覽ぜらるらむ」と聞え給へり。實に何心なき御ゑみがほぞいみじううつくしき。宮は吹く風につけてだに、木の葉よりけにもろき御淚はましてとりあへ給はず、

 「今も見てなかなか袖をくたすかなかきほ荒れにしやまとなでしこ」。猶いみじうつれづれなれば朝顏の宮に今日のあはれはさりとも見知り給ふらむと推し量らるゝ御心ばへなれば暗きほどなれど聞えたまふ。絕間遠けれど、さのものとなりにたる御文なれば、とがなくて御覽ぜさす。空の色したる唐の紙に

 「わきてこの暮こそ袖は露けゝれ物おもふ秋はあまたへぬれど。いつも時雨は」とあり。御手などの心とゞめてかき給へる「常よりも見所ありてすぐし難きほどなり」と人々も聞え自らもおぼされければ、大內山を思やり聞えながら「えやは」とて

 「秋ぎりに立ちおくれぬと聞きしよりしぐるゝ空もいかゞとぞ思ふ」とのみほのかなる墨つきにて思ひなし心にくし。何事につけても、みまさりは難き世なめるをつらき人しもこそは哀に覺え給ふ人の御心ざまなり。つれなながらさるべき折々の哀をすぐし給はぬ、これこそかたみになさけも見えつべきわざなれ。猶ゆゑよし過ぎて人目に見ゆばかりなるはあまりの難も出できけり。對の姬君をさはおほし立てじとおぼす。徒然にて戀しと思ふらむかしと忘るゝ折なけれどたゞめおやなき子を置きたらむ心地して見ぬ程うしろめたく、いかゞ思ふらむと覺えぬぞ心やすきわざなりける。暮れはてぬればおほとなぶら近くまゐらせ給ひてさるべきかぎりの人々おまへにて物語などせさせ給ふ。中納言の君といふは年頃忍びおぼしゝかど、この御思ひのほどはなかなかさやうなるすぢにもかけ給はず、哀なる御心かなと見奉るに大方には懷かしくうち語らひ給ひて「かうこの日比ありしよりけに誰も誰もまぎるゝかたなくみなれみなれてえしも常にかゝらずば戀しからじや。いみじき事をばさるものにて唯うち思ひ廻らすこそ堪へ難き事多かりけれ」との給へばいとゞ皆泣きて「いふかひなき御事は唯かきくらす心地し侍ればさるものにて名殘なきさまにあくがれはてさせ給はむ程思ひ給ふるこそ」と聞えもやらず。あはれと見渡し給ひて「名殘なくはいかにか。いと心淺くもとりなし給ふかな。心長き人だにあらば、見はて給ひなむものを、命こそはかなけれ」とて、火をうちながめ給へる、まみのうちぬれ給へる程ぞめでたき。とりわきてらうたくし給ひし小きわらはの親どもゝなくいと心ぼそげに思へることわりに見給ひて「あてきは、今は我をこそ思ふべき人なめれ」とのたまへばいみじくなく。ほどなき衵人よりは黑く染めて黑きかざみくはざういろの袴など着たるもをかしき姿なり。「昔を忘れざらむ人は徒然を忍びてもをさなき人を見捨てず物し給へ。見し世の名殘なく人々さへかれなばたづきなさも增りぬべくなむ」など皆心長かるべき事ともをのたまへど、いでやいとゞ待遠にぞなり給はむと思ふにいとゞ心ぼそし。おほい殿は人々にきはぎはほどほどを置きつゝはかなき翫び物ども又誠にかの御かたみなるべき物などわざとならぬさまに取りなしつゝ皆くばらせ給ひけり。君はかくてのみもいかでかはつくづくと過ぐし給はむとて院へ參り給ふ。御車さし出でゝ御ぜんなど參り集るほど折しり顏なる時雨うちそゝぎて木の葉さそふ風あわたゞしう吹き拂ひたるにおまへに侍ふ人々物いとゞ心細くて少しひまありつる袖ども濕ひわたりぬ。夜さりはやがて二條院に泊り給ふべしとて、さぶらひの人々もかしこにて待ち聞えむとなるべし。おのおの立ち出づるに今日にしもとぢむまじき事なれどまたなく物悲し。おとゞも宮も今日の氣色に又悲しさ改めておぼさる。宮の御前に御せうそこ聞え給へり。「院におぼつかながりの給はするにより今日なむ參り侍る。あからさまに立ち出で侍るにつけても今日までながらへ侍りにけるよとみだり心地のみ動きてなむ。聞えさせむもなかなかにはべるべければそなたにも參り侍らね」とあればいとゞしく宮は目も見え給はず沈み入りて御かへりもえ聞え給はず。おとゞぞやがて渡り給へる。いと堪へ難げにおぼして御袖もひき放ち給はず。見奉る人々もいとかなし。大將の君は世をおぼし續くる事いとさまざまにて泣き給ふさま哀に心深きものからいとさまよくなまめき給へり。おとゞ久しうためらひ給ひて「齡のつもりにはさしもあるまじき事につけてだに淚もろなるわざに侍るを、まして干る世無う思ひ給へ惑はれ侍る。心をえのどめ侍らねば人めもいと亂りがはしく心弱きさまに侍るべければ院などにもえ參り侍らぬなり。ことのついでには、さやうに赴け奏せさせ給へ。幾何侍るまじき老の末にうち捨てられたるがつらくも侍るかな」とせめて思ひ沈めてのたまふ氣色いとわりなし。君もたびたび鼻うちかみて「後れ先立つほどのさだめなさは世のさがと見給へ知りながら、さしあたりて覺え侍る心惑ひは類あるまじきわざになむ。院にも有樣奏し侍らむに推し量らせ給ひてむ」と聞え給ふ。「さらば時雨もひまなく侍るめるを、暮れぬほどに」とそゝのかし聞え給ふ。うち見まはし給ふに御几帳のうしろさうじのあなたなどの明け通りたるなどに女房三十人ばかりおしこりて濃き薄きにび色どもを着つゝ皆いみじう心細げにてうちしほたれつゝ居集りたるをいと哀と見給ふ。「思し捨つまじき人もとまり給へれば、さりとも物のついでには立ち寄らせ給はじやなど慰め侍るを、偏に思ひやりなき女房などは今日をかぎりに思し捨つる故鄕と思ひくつして長く別れぬるかなしびよりも唯時々馴れ仕うまつる年月の名殘なかるべきを歎き侍るめるなむことわりなる。うちとけ坐します事は侍らざりつれどさりとも遂にはとあいなだのみし侍りつるをげにこそ心ぼそき夕に侍れ」とてもまた泣き給ひぬ。「いと淺はかなる人々の嘆きにも侍るなるかな。誠にいかなりともと、長閑に思ひ給へつる程は、おのづから御目かるゝ折も侍りつらむを、なかなか今は何を賴みてか怠り侍らむ。今御覽じてむ」とて出で給ふをおとゞ見送り聞え給ひて入り給へるに、御しつらひよりはじめありしに變る事もなけれどうつせみの空しき心地ぞし給ふ。御帳の前に御硯などうちちらして手習ひすて給へるを取りて目をしぼりつゝ見給ふを、若き人々は悲しき中にもほゝゑむもあるべし。哀なることゞも、からのも倭のも書きけがしつゝ、さうにもまなにも、さまざま珍しきさまに書きまぜ給へり。かしこの御手やと空を仰ぎてながめ給ふ。よそ人に見奉りなさむが惜しきなるべし。「ふるき枕ふるきふすま誰と共にか」とある所に

 「なきたまぞいとゞ悲しき寢し床のあくがれがたき心ならひに」。又「霜の花しろし」とある所に、

 「君なくてちりつもりぬるとこなつの露うち拂ひいく夜寢ぬらむ」。ひとひの花なるべし枯れてまじれり。宮に御覺ぜさせ給ひて「いふかひなき事をばさるものにてかゝる悲しきたぐひ世になくやはと思ひなしつゝ契ながゝらでかく心を惑はすべくてこそはありけめとかへりてつらくさきの世を思ひやりつゝなむさまし侍るを、唯日頃に添へて戀しさの堪へがたきと、この大將の君の今はとよそになり給はむなむ飽かずいみじく思ひ給へらるゝ。ひとひ二日も見え給はずかれがれにおはせしをだに飽かず、胸痛く思ひ侍りしを、朝夕のひかり失ひてはいかでかながらふべからむ」と、御聲もえ忍びあへ給はず泣き給ふに、御前なるおとなおとなしき人などいと悲しくてさとうちなきたる、そゞろ寒き夕のけしきなり。若き人々は所々に群れ居つゝ己がどち哀なる事ども打ち語らひて「殿のおぼしのたまはするやうに、若君を見奉りてこそは慰むべかめれと思ふもいとはかなき程の御かたみにこそ」とて、「各あからさまにまかでゝ參らむ」といふもあればかたみにわかれをしむほど己がじゝ哀なる事ども多かり。院へ參り給へれば、「いといたくおもやせにけり。さうじにて日を經るけにや」と心苦しげに思しめしてお前にて物などまゐらせ給ひてとやかくやとおぼしあつかひ聞えさせ給へるさま哀にかたじけなし。中宮の御方に參り給へれば人々珍しがり見奉る。命婦の君して「思ひつきせぬ事どもを程經るにつけてもいかに」と御消そこ聞え給へり。「常なき世は大かたにも思ふ給へしりにしを、目に近く見侍りつるに厭はしき事多く思う給へ亂れしもたびたびの御せうそこに慰め侍りてなむ。今日までも」とてさらぬ折だにある御氣色取り添へていと心苦しげなり。無紋のうへの御ぞに、にび色の御したがさね纓卷き給へるやつれ姿華やかなる御よそひよりもなまめかしさ增り給へり。「春宮にも久しう參らぬおぼつかなさ」など聞え給ひて夜更けてぞまかで給ふ。

二條院にはかたがた拂ひ磨きてをとこをんな待ち聞えたり。上臈ども皆參うのぼりてわれもわれもとさうぞきけさうじたるを見るにつけてもかの居並みくんじたりつる氣色どもぞ哀に思ひ出でられたまふ。御さう束奉りかへて、西の對に渡り給へり。ころもがへの御しつらひ曇なくあざやかに見えてよきわかうどわらはべ、なり姿めやすくとゝのへて少納言がもてなし心もとなき所なく心にくしと見給ふ。姬君いと美くしうひきつくろひておはす。「久しかりつるほどにいとこよなうこそおとなび給ひにけれ」とてちいさき御几帳ひきあげて見奉り給へばうちそばみて恥ぢらひ給へる御さま飽かぬ所なし。ほかげの御かたはら目かしらつきなど、唯かの心づくし聞ゆる人の御さま、違ふ所なくも成り行くかなと見給ふにいとうれし。近く寄り給ひて、おぼつかなかりつるほどの事どもなど聞え給ひて「日頃の物語、のどかに聞えまほしけれどいまいましう覺え侍れば暫しはことかたにやすらひて參りこむ。今はとだえなく見奉るべければ厭はしうさへや思されむ」と語らひ聞え給ふを少納言は嬉しと聞くものから猶危く思ひ聞ゆ。やんごとなき御忍び所多うかゝづらひ給へれは又わづらはしきや立ち代り給はむと思ふぞにくき心なる。我が御方に渡り給ひて中將の君といふに御あしなど參りすさびて大殿ごもりぬ。あしたには若君の御許に御文奉りたまふ。哀なる御かへりを見給ふにもつきせぬ事どものみなむ。いとつれづれにながめがちなれど何となき御ありきも物うく覺しなりておぼしも立たれず。姬君の何事もあらまほしう整ひはてゝいとめでたうのみ見え給ふを似げなからぬ程にはた見なし給へれば氣色ばみたることなど折々聞え試み給へど見も知り給はぬけしきなり。つれづれなるまゝに、唯此方にて碁うち偏づきなどし給ひつゝ日をくらしたまふに、心ばへのらうらうしうあいぎやうづきはかなきたはぶれ事の中にもうつくしきすぢをしいで給へば、おぼし放ちたる年月こそたゞさる方のらうたさのみはありつれ。忍び難くなりて心苦しけれどいかゞありけむ。人のけぢめ見奉り分くべき御中にもあらぬに男君はとく起き給ひてをんな君は更に起き給はぬあしたなり。人々いかなればかくおはしますならむ、御心地の例ならずおぼさるゝにやと見奉り歎くに、君は渡り給ふとて、御硯の箱を、御帳の內にさし入れておはしにけり。人まに辛うじて頭もたげ給へるに、引き結びたる文御枕のもとにあり。何心もなく引きあけて見給へば、

 「あやなくも隔てけるかな夜をかさねさすがになれし中の衣を」と書きすさび給へるやうなり。かゝる御心坐すらむとはかけても思しよらざりしかば、などてかう心うかりける御心をうらなく賴もしきものに思ひ聞えけむと淺ましうおぼさる。晝つかた渡り給ひて「惱しげにし給ふらむはいかなる御心ちぞ。今日は碁もうたでさうざうしや」とてのぞき給へばいよいよ御ぞ引きかづきて臥し給へり。人々退きつゝさぶらへば寄り給ひて「などかくいぶせき御もてなしぞ。思の外に心憂くこそおはしけれな。人もいかに怪しと思ふらむ」とて御衾を引きやり給へれば汗におしひたしてひたひ髮も痛うぬれ給へり。「あなうたて、これはいとゆゝしきわざよ」とて萬にこしらへ聞え給へど、誠にいとつらしと思ひ給ひて露の御いらへもしたまはず。「よしよし更にみえ奉らじ。いと耻し」などゑじ給ひて御硯あけて見給へど物もなければわかの御心ありさまやとらうたく見奉り給ひて日一日入り居て慰め聞え給へど解けがたき御氣色いとゞらうたげなり。その夜さりゐのこのもちひ參らせたり。かゝる思の程なればことごとしきさまにはあらでこなたばかりにをかしげなるひわりごなどばかりをいろいろにて參れるを見給ひて君、みなみの方に出で給ひて惟光を召して「このもちひかう數々に所せきさまにはあらであすの暮に參らせよ。今日はいまいましき日なりけり」とうちほゝゑみてのたまふ御氣色を心ときものにてふと思ひよりぬ。惟光確にもうけたまはらで「げにあいぎやうの始はひえりして聞しめすべきことにこそ。さてもねのこはいくつか仕う奉らすべう侍らむ」とまめ立ちて申せば、「三つか一つかにてもあらむかし」とのたまふに心得はてゝ立ちぬ。物なれのさまやと君はおぼす。人にもいはで手づからといふばかり里にてぞ作り居たりける。君はこしらへわび給ひて今はじめて盜みもて來たらむ人の心地するもいとをかしくて、年頃哀と思ひ聞えつるはかたはしにもあらざりけり。人の心こそうたてあるものはあれ、今は一夜も隔てむことのわりなかるべきことゝおぼさる。のたまひしもちひ忍びていたう夜ふかしてもて參れり。少納言はおとなしくて耻しうや思さむと思ひやり深く心しらひて、むすめの辨といふを呼び出でゝ「これ忍びてまゐらせ給へ」とてかうごの箱を一つさし入れたり。「確に御まくらがみに參らすべき祝のものにはべる。あなかしこあだにな」といへばあやしと思へど「あだなる事はまだ習はぬものを」とて取れば「誠に今はさるもじいませ給へ。よもまじり侍らじ」といふ。若き人にて氣色もえ深く思ひよらねばもて參りて御まくらがみの御几帳よりさし入れたるを君ぞ例の聞え知らせ給ふらむかし。人はえしらぬにつとめてこの箱をまかでさせ給へるにぞ親しきかぎりの人々思ひ合する事どもありける。御さらどもなどいつの間にかし出でけむけそくいと淸らにしてもちひのさまもことさらびいとをかしうとゝのへたり。少納言はいとかうしもやはとこそ思ひ聞えさせつれ、哀にかたじけなくおぼし至らぬ事なき御心ばへをまづうちなかれぬ。「さてもうちうちにのたまはせよかしな。かの人もいかに思ひつらむ」とさゝめきあへり。かくて後は、內にも院にもあからさまに參り給へる程だにしづ心なくおもかげに戀しければ、あやしの心やと我ながらおぼさる。通ひ給ひし所々よりは、うらめしげに驚かし聞え給ひなどすればいとほしとおぼすもあれどにひたまくらの心苦しくて夜をや隔てむとおぼしわづらはるればいとものうくて惱しげにのみもてなし給ひて「世の中のいと憂く覺ゆるほどすぐしてなむ人にもみえ奉るべき」とのみいらへ給ひつゝ過ぐし給ふ。今きさきは御櫛匣殿の猶この大將にのみ心つけ給へるを「げにはたかくやんごとなかりつる方も失せ給ひぬるをさてもあらむになどか口をしからむ」などおとゞのたまふにいと憎しと思ひ聞え給ひて、宮仕もをさをさしくだにしなし給へらばなどかあしからむと、參らせ奉らむ事をおぼし勵む。君もおしなべてのさまにはおぼえざりしを口惜しとおぼせど、只今はことさまに分くる御心もなくて何かはかばかり短かゝめる世にかくて思ひ定まりなむ、人の恨も負ふまじかりけりといとゞ危くおもほしこりにたり。かの御やす所はいといとほしけれど誠のよるべとたのみ聞えむには必ず心おかれぬべし、年頃のやうにて見過ぐし給はゞさるべきをりふしに物聞えあはする人にてはあらむなど、さすがに殊の外には思し放たず。この姬君を今まで世の人もその人とも知り聞えぬ、ものげなきやうなり。父宮に知らせ聞えてむと覺しなりて、御裳着のこと人に普くはのたまはせねどなべてならぬさまにおぼし設くる御用意などいとありがたけれどをんな君はこよなう疎み聞え給ひて年頃よろづに賴み聞えてまつはし聞えけるこそあさましき心なりけれと、悔しうのみおぼしてさやかにも見合せ奉り給はず。聞えたはぶれ給ふも苦しうわりなきものに思しむすぼゝれてありしにもあらずなり給へる御有樣を、をかしうもいとほしうもおぼされて年頃思ひ聞えしほいなく、なれはまさらぬ御氣色の心うき事と怨み聞え給ふ程に年もかへりぬ。ついたちの日は例の院に參り給ひてぞ內、春宮などにも參り給ふ。それよりおほひ殿にまかで給へり。おとゞ新しき年ともいはず昔の御事ども聞え出で給ひてさうざうしく悲しと思すにいとかうさへ渡り給へるにつけて念じかへし給へど堪へ難くおぼしたり。御年の加はるけにや、ものものしきけさへ添ひ給ひて、ありしよりけに淸らに見え給ふ。立ち出でゝ御方に入り給へれば人々も珍しう見奉りて忍びあへず。若君見奉り給へばこよなくおよすげて笑ひがちにおはするも哀なり。まみ口つき唯春宮の同じさまなれば人もこそ見奉り咎むれと見給ふ。御しつらひなどもかはらずみそかけの御さう束など例のやうにしかけられたるに女のがならばぬこそなべてさうざうしくはえ無けれ。宮の御消そこにて「今日はいみじく思ひ給へ忍ぶるを斯渡らせ給へるになむなかなか」など聞え給ひて「昔にならひ侍りにける御よそひも月頃はいとゞ淚にきりふたがりて色あひなく御覽ぜられ侍るらむと思ひ給ふれど、今日ばかりは猶やつれさせ給へ」とていみじくしつくし給へるものどもまた重ねて奉れ給へり。必ず今日奉るべきと思しける御したがさねは色もおりざまもよのつねならず、心ことなるをかひなくやはとて着かへ給ふ。來ざらましかば口惜しうおぼされましと心苦し。御かへりには「春やきねるともまづ御覽ぜられになむ。參りはべりつれど思ひ給へ、出でらるゝ事ども多くて、えきこえさせ侍らず。

  あまたとし今日あらためし色ごろもきては淚ぞふるこゝちする。えこそ思ひ給へしづめね」と聞え給へり。御かへり、

 「新しき年ともいはずふるものはふりぬる人のなみだなりけり」。おろかなるべきことにぞあらぬや。