kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 澪標

源氏物語 澪標 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 上』からのコピーを含みます。

 

澪標
さやかに見え給ひし夢の後、院の帝の御事を心にかけ聞え給ひて、いかでかの沈み給ふらむ罪救ひ奉ることをせむとおぼし歎きけるを、かくかへり給ひてはその御いそぎし給ふ。神無月には御八講し給ふ。世の人靡き仕うまつること昔のやうなり。おほきさき猶御なやみ重くおはしますうちにも遂にこの人をえけたずなりぬることゝ心やみおぼしけれど、帝は院の御ゆゐごんを思ひ聞え給ふ。物のむくいありぬべくおぼしけるをなほし立て給ひて御心地すゞしくなむ覺しける。時々おこり惱ませ給ひし御目もさはやぎ給ひぬれど、大方世にえ長くあるまじう心細きことゝのみ久しからぬ事を思しつゝ常に召しありて源氏の君は參り給ふ。世のなかの事なども隔なくの給はせなどしつゝ御ほいのやうなれば大方の世の人もあいなく嬉しきことに喜び聞えける。おり居なむの御心づかひ近くなりぬるにもないしのかみの心細げに世を思ひ歎き給へるいとあはれにおぼされけり。「おとゞうせ給ひ大宮もたのもしげなくのみあつい給へるに我が世の殘り少き心地するになむ、いといとほしう名殘なきさまにてとまり給はむとすらむ。昔より人には思ひおとし給へれどみづからのこゝろざしの又なき習ひに唯御事のみなむあはれにおぼえける。立ちまさる人又御ほいありて見給ふともおろかならぬ志はしも、なずらはざらむと思ふさへこそ心苦しけれ」とてうちなき給ひぬ。女君顏はいと赤くにほひてこぼるばかりのあいぎやうにて淚もこぼれぬるを、萬の罪忘れてあはれにらうたしと御覽ぜらる。「などかみこをだにもたまへるまじき。口惜しうもあるかな。契深き人のためには今見出で給ひてむと思ふも口惜しや。かぎりあればたゞ人にてぞ見給はむかし」など行く末の事をさへのたまはするにいと恥しうも悲しうもおぼえ給ふ。御かたちなどなまめかしう淸らにて限なき御心ざしの年月にそふやうにもてなさせ給ふに、めでたき人なれどさしも思へらざりし氣色心ばへなど物思ひ知られ給ふまゝに、などて我が心の若くいはけなきに任せてさる騷ぎをさへ引き出でゝ我名をば更にもいはず、人の御ためさへなど思し出づるに、いとうき御身なり。明くる年のきさらぎに春宮の御元服のことあり。十一になり給へど程よりおほきにおとなしう淸らにて、唯源氏の大納言の御顏を二つにうつしたらむやうに見え給ふ。いとまばゆきまで光りあひ給へるを世の人めでたきものに聞ゆれど、母宮はいみじうかたはらいたきことにあいなく御心を盡し給ふ。內にもめでたしと見奉り給ひて世のなか讓り聞え給ふべきことなどなづかしう聞え知らせ給ふ。同じ月の廿餘日みくにゆづりのこと俄なればおほきさきおぼしあわてたり。「かひなきさまながらも心のどかに御覽ぜらるべき事を思ふなり」とぞ聞え慰め給ひける。坊にはしようきやう殿のみこ居給ひぬ。世の中改まりて引きかへ今めかしき事ども多かり。源氏の大納言內大臣になり給ひぬ。數定まりてくつろぐ所もなかりければ加はり給ふなりけり。やがて世の政をし給ふべきなれどさやうの事繁きそくには堪へずなむとてちじの大臣攝政し給ふべきよし讓り聞え給ふを、「病によりて位も返し奉りてしを、いよいよ老のつもりそひてさかしき事侍らじ」とうけひき申し給はず。ひとの國にも事移り世の定らぬ折は、深き山に跡を絕えたる人だにもをさまれる世にはしろかみをも恥ぢず出で仕へけるをこそまことのひじりにはしけれ。病に沈みて返し給ひける位を世の中かはりて又改め給はむにさらにとがあるまじうおほやけ私定めらる。さるためしもありければすまひはて給はで太政大臣になり給ふ。御年も六十三にぞなり給ふ。世の中すさまじきによりかつは籠り居給ひしを、とりかへし花やぎ給へば御子どもなど沈むやうに物し給へるを皆うかび給ふ。とりわきて宰相中將權中納言になり給ふ。かの四の君の御腹の姬君十二になり給ふを、うちに參らせむとかしづき給ふ。かのたかさご謠ひし君もかうぶりせさせていとおもふさまなり。腹々に御子どもいとあまたつぎつぎに生ひ出でつゝ賑はゝしげなるを、源氏のおとゞは羨み給ふ。大殿腹の若君は人より殊に美くしうて內春宮の殿上し給ふ。故姬君の亡せ給ひしなげきを宮おとゞまた更にあらためておぼし歎く。されどおはせぬ名殘も唯このおとゞの御光によろづもてなされ給ひて年比おぼし沈みつる名殘なきまで榮え給ふ。猶昔に御心ばへかはらず折ふしごとに渡り給ひなどしつゝ若君の御めのとだちさらぬ人々も年比の程罷り出で散らざりけるは、皆さるべき事にふれつゝよすがつけむ事をおぼし置きつるにさいはひ人多くなりぬべし。

二條院にも同じごとまち聞えける人をあはれなるものにおぼして年比の胸あくばかりと思せば、中將中務やうの人々にはほどほどにつけつゝ情を見え給ふに、御いとまなくて外ありきもし給はず、二條院の東なる宮、院の御そうぶんなりしを二なくあらため作らせ給ふ。花散里などやうの心苦しき人々住ませむなどおぼしあてゝつくろはせ給ふ。まことやかの明石に心苦しげなりしことはいかにとおぼし忘るゝ時なけれど、おほやけわたくしいそがしきまぎれにえおぼすまゝにもとぶらひ給はざりけり。やよひついたちのほど、この比やとおぼしやるに人知れずあはれにて御使あり。とく歸り參りて「十六日になむ女にてたひらかにものし給ふ」と吿げ聞ゆ。珍しきさまにてさへあなるをおぼすにおろかならず。などて京に迎へてかゝる事をもせさせざりけむと口惜しうおぼさる。すくえうにみこ三人、みかど、きさき必ず並びて生れ給べし、中のおとりは太政大臣にて位を極むべしと考へ申したりし。中のおとりばらに女は出でき給ふべしとありし事、さしてかなふなめり。大方かみなき位にのぼり世をまつりごち給ふべき事、さばかり賢かりしあまたの相人どもの聞え集めたるは、年比は世のわづらはしさに皆おぼし消ちつるを、當代のかく位にかなひ給ひぬる事を思ひのごと嬉しとおぼす。自らはもてはなれ給へるすぢは更にあるまじきことゝおぼす。あまたのみこ達のなかにすぐれてらうたきものにおぼしたりしかど、たゞ人におぼしおきてける御心を思ふにすくせとほかりけり。うちのかくておはしますをあらはに人の知ることならねど、相人のこと空しからずと心のうちに覺しけり。今行く末のあらましごとをおぼすに、住吉の神のしるべ、まことにかの人も世になべてならぬ宿世にてひがひがしき親も及びなき心をつかふにやありけむ。さるにてはかしこきすぢにもなるべき人のあやしき世界に生れたらむはいとほしう忝なくもあるべきかな。この程すぐして迎へてむとおぼして、ひんがしの院急ぎ造らすべきよし催し仰せ給ふ。さる所にはかばかしき人もありがたからむをおぼして、故院に侍ひし宣旨のむすめ、宮內卿の宰相にてなくなりにし人の子なりしを、母などもうせてかすかなる世に經けるがはかなきさまにて子產みたりと聞しめしつけたるを、知るたよりありて事のついでにまねび聞えける人召してさるべきさまにのたまひ契る。まだ若くて何心もなき人にて明暮れ人しれぬあばらやに眺むる心ぼそさなれば深うも思ひたどらず、この御あたりのことをひとへにめでたう思ひきこえて參るべきよし申させたり。いとあはれにかつはおぼしていだしたて給ふ。物のついでにいみじう忍びまぎれておはしまいたり。さは聞えながらいかにせましと思ひ亂れけるを、いとかたじけなきによろづ思ひ慰めて「たゞのたまはせむまゝに」と聞ゆ。よろしき日なりければ急がし立て給ひて「あやしう思ひやりなきやうなれど、思ふさまことなる事にてなむ、自らも覺えぬ住ひにむすぼゝれたりしためしを思ひよそへて暫しは念じ給へ」など事の有樣委しう語らひ給ふ。上の宮仕時々せしかば見給ふ折もありしをいたう袞へにけり。家のさまもいひしらずあれ惑ひてさすがに大なる所の木立などうとましげにいかですぐしつらむと見ゆ。人ざま若やかにをかしければ御覽じ放たれず。とかく戯ぶれのたまひて「取りかへしつべき心地こそすれ。いかに」とのたまふにつけても、げに同じうは御身近くも仕うまつりなればうき身も慰みなましと見奉る。

 「かねてよりへだてぬ中とならはねど別は惜しきものにぞありける。慕ひやせまし」とのまたへば、うはぢらひて、

 「うちつけの別を惜しむかごとにて思はぬかたに慕ひやはせぬ」。馴れて聞ゆるをいたしとおぼす。車にてぞ京のほどは行き離れける。いと親しき人さしそへて、ゆめもらすまじく口がため給ひてつかはす。御はかし、さるべきものなど、所せきまでおぼしやらぬくまなし。めのとにもありがたうこまやかなる御いたはりの程淺からず。入道思ひかしづき思ふらむ有樣思ひやるもほゝゑまれ給ふこと多く、又あはれに心苦しくも、唯このことの御心にかゝるも淺からぬにこそは。御文にも「おろかにもてなし給ふまじ」と返すがへすいましめ給へり。

 「いつしかも袖うちかけむをとめ子が世をへてなでむ岩のおいさき」津の國までは船にてそれよりあなたは馬にて急ぎつきぬ。入道待ちとり喜びかしこまり聞ゆる事かぎりなし。そなたに向きて拜み聞えてありがたき御心ばへを思ふにいよいよいたはしう恐しきまで思ふ。ちごのいとゆゝしきまでうつくしうおはする事たぐひなし。げにかしこき御心にかしづき聞えむとおぼしたるはうべなりけりと見奉るにあやしき道に出で立ちて夢の心地しつる歎もさめにけり。いとうつくしうらうたくおぼえてあつかひ聞ゆ。こもちの君も月比物をのみ思ひ沈みていとゞよわれる心地に生きたらむともおぼえざりつるを、この御心おきての少し物思ひ慰めらるゝにぞかしらもたげて御使にもになきさまの志をつくす。とく參りなむと急ぎ苦しがれば思ふ事ども少し聞え續けて、

 「ひとりしてなづるは袖の程なきにおほふばかりのかげをしぞまつ」と聞えたり。あやしきまで御心にかゝりゆかしうおぼさる。女君には殊にあらはしてをさをさ聞え給はぬを聞き合せ給ふ事もこそとおぼして、「さこそあなれ。あやしうねぢけたるわざなりや。さもおはせなむと思ふあたりには心もとなくて思ひの外に口惜しくなむ。女にてさへあなればいとこそものしけれ。尋ね知らでもありぬべきことなれど、さはえ思ひすつまじきわざなりけり。よびにやりて見せ奉らむ。憎み給ふなよ」と聞え給へばおもてうち赤みて「あやしう常にかやうなるすぢのたまひつくる心の程こそ我ながらうとましけれ。ものにくみはいつ習ふべきにか」と怨じ給へば、いとよくうちゑみて、「そよ、誰がならはしにかあらむ。思はずにぞ見え給ふや。人の心よりほかなる思ひやりごとして物怨じなどし給ふよ。思へば悲し」とてはてはては淚ぐみ給ふ。年比飽かず戀しと思ひ聞え給ひし御心の中ども折々の御文の通ひなどおぼし出づるにはよろづの事すさびにこそあれと、思ひけたれ給ふ。「この人をかうまで思ひやりこととふは猶思ひやうの侍るぞ。まだきに聞えばまたひが心得給ふべければ」とのたまふ。「さして人がらのをかしかりしも所からにや、珍しうおぼえきかし」など語り聞え給ふ。あはれなりし夕の煙、いひしことなどまほならねど、その夜のかたちほの見し琴の音のなまめきたりしもすべて心とまれるさまにのたまひ出づるにも、われは又なくこそ悲しと思ひ歎きしか、すさびにても心を別け給ひけむよと、たゞならず思ひ績けられてわれはわれとうちそむきながめて、「あはれなりし世のありさまかな」とひとりごとのやうにうちなげきて、

 「思ふどち靡くかたにはあらずともわれぞけぶりにさきだちなまし」。「何とかやこゝろうや。

  誰により世をうみ山に行きめぐり絕えぬ淚にうきしづむ身ぞ。いでやいかでか見え奉らむ。命こそかなひ難かべい物なめれ。はかなきことにて人に心おかれじと思ふも、唯ひとつ故ぞや」とて、箏の御琴引き寄せてかき合せすさび給ひて、そゝのかし聞え給へど、かのすぐれたりけむもねたきにや、手も觸れたまはず、いとおほどかに美しうたをやぎ給へるものから、さすがにしうねき所つきて物怨じしたまへるがなかなかあいぎやうづきて腹だちなし給ふををかしう見所ありとおぼす。五月五日にぞいかには當るらむと人知れず數へ給ひて、ゆかしうあはれにおぼしやる。何事もいかにかひあるさまにもてなし嬉しからまし、口惜しのわざや、さる所にしも心苦しきさまにて出で來たるよとおぼす。男君ならましかばかうしも御心にかけ給ふまじきを、かたじけなういとほしう我が御宿世もこの御事につけてぞかたほなりけるとおぼさるゝ。御使出し立てらる。「必ずその日違へず罷りつけ」とのたまへば、五日にいきつきぬ。おぼしやることもありがたうめでたきさまにてまめまめしき御とぶらひもあり。

 「うみ松や時ぞともなきかげに居て何のあやめもいかにわくらむ。心のあくがるゝまでなむ。猶かくては得過ぐすまじきを思ひ立ち給ひね。さりとも後めたきことはよも」と書い給へり。入道例の喜びなきして居たり。かゝるをりは生けるかひも作り出でたることわりなりと見ゆ。こゝにもよろづ所せきまで思ひ設けたりければ、この御使なくば闇の夜にてこそ暮れぬべかりけれ。めのともこの女君のあはれに思ふやうなるをかたらひ人にて世のなぐさめにしけり。をさをさ劣らぬ人もるゐにふれてむかへ取りてあらすれど、こよなく袞へたる宮仕人などのいはほのなか尋ぬるが落ちとまれるなどこそあれ。これはこよなうこめき思ひあがれり。聞き所ある世の物語などして、おとゞの君の御有樣世にかしづかれ給へる御おぼえの程も女心地に任せて限なく語り盡せば、げにかくおぼしいづばかりの名殘とゞめたる身もいとたけくやうやう思ひなりけり。御文諸共に見て心のうちに、あはれかうこそ思の外にめでたき宿世はありけれ、うきものは我が身にこそありけれと思ひつゞけゝれど、「めのとの事はいかに」などこまやかにとぶらはせ給へるもかたじけなく何事も慰めけり。御返しには、

 「かずならぬみしまがくれに鳴くたづをけふもいかにと訪ふ人ぞなき。よろづに思ひ給へむすぼゝるゝありさまをかくたまさかの御なぐさめにかけ侍る。命のほどもはかなくなむ。げに後やすく思ひ給へ置くわざもがな」とまめやかに聞えたり。うちかへし見給ひつゝあはれと長やかにひとりごち給ふを、女君しりめに見おこせて、「浦よりをちにこぐ船の」と忍びやかにひとりごちながめ給ふを、「誠にかくまでとりなしたまふよ。こはたゞかばかりのあはれぞや。所のさまなどうち思ひやる時々きしかたのこと忘れ難きひとりごとを、ようこそ聞きすぐい給はね」など恨み聞え給ひて、うはつゝみばかりを見せ奉らせ給ふ。手などのいとゆゑづきてやんごとなき人苦しげなるを、かゝればなめりとおぼす。かくこの御心とり給ふ程に花散里をかれはて給ひぬるこそいとほしけれ。おほやけごとゞもしげく所せき御身に、おぼし憚るにそへても、珍しく御目驚くことのなき程思ひしづめ給ふなりけり。五月雨のつれづれなるころ、おほやけわたくし物しづかなるにおぼし起して渡り給へり。よそながらも明暮につけてよろづにおぼしやりとぶらひ給ふをたのみにてすぐい給ふ所なれば、今めかしう心にくきさまにそばみ恨み聞え給ふべきならねば心やすげなり。年比にいよいよ荒れまさりすごげにておはす。女御の君に御物語聞え給ひて西の妻戶に夜ふかして立ち寄り給へり。月おぼろにさし入りていとゞえんなる御ふるまひ盡きもせず見え給ふ。いとゞつゝましけれどはし近う眺め給うけるさまながらのどやかにて物し給ふけはひいとめやすし。水鷄のいと近う鳴きたるを、
 「くひなだに驚かさずはいかにして荒れたるやどに月をいれまし」。いとなつかしう言ひけち給へるぞとりどりに捨てがたき世かな、かゝるこそなかなか身も苦しけれとおぼす。

 「おしなべてたゝくくひなに驚かばうはの空なるつきもこそいれ。後めたう」とは猶ことに聞え給へど、あだあだしきすぢなど疑はしき御心ばへにはあらず。年比まち過ぐし聞え給へるも更におろかにはおぼえざりけり。空なながめ給ひそとたのめ聞え給ひしをりのことゞものたまひ出でゝ、「などてたぐひあらじといみじう物を思ひ沈みけむ。うきみからは同じなげかしさにこそ」との給へるもおいらかにらうたげなり。例のいづこの御言の葉にかあらむ、盡きせずぞ語らひ慰め聞え給ふ。かやうの序にもかの五節をおぼし忘れず、又見てしがなと心にかけ給へれど、いとかたき事にてえまぎれ給はず。女は物思ひ絕えぬを親はよろづに思ひいふこともあれど、世に經むことを思ひ絕えたり。心やすき殿づくりしてはかやうの人つどへても思ふさまにかしづき給ふべき人もいでものし給はゞさる人の後見にもとおぼす。かの院のつくりざまなかなか見所多く今めいたり。よしあるずりやうなどをえりてあてあてに催し給ふ。ないしのかんの君を猶え思ひ放ち聞え給はず。こりずまに立ちかへる御心ばへもあれど、女はうきにこり給ひて昔のやうにもあひしらへ聞え給はず。なかなか所せうさうざうしう世の中をおぼさる。院はのどやかにおぼしなりて、時々につけてをかしき御遊など好ましげにおはします。女御更衣皆例のごと侍ひ給へど、春宮の御母女御のみぞとり立てゝ時めき給ふこともなく、かんの君の御おぼえにおしけたれ給へりしを、かくひきたがへめでたき御さいはひにて離れ出でゝ宮にそひ奉り給へる。このおとゞの御とのゐどころは昔のしげいさなり。梨壺に春宮はおはしませば、ちかどなりの御心よせに何事をも聞え通ひて宮をもうしろみ奉り給ふ。入道きさいの宮御位を又改め給ふべきならねば太上天皇になずらへてみふ賜はり、ゑんじともなりて、さまことにいつくしう、御行ひくどくのことを常の御いとなみにておはします。年比世にはゞかりていでいりもかたく見奉り給はぬをいぶせくおぼしけるにおぼすさまに參りまかで給ふもいとめでたければ、大后はうきものは世なりけりとおぼしなげく。おとゞは事に觸れていと耻かしげに仕うまつり心よせきこえ給ふも、なかなかいとほしげなるを、人も安からずきこえけり。兵部卿のみこ年比の御心ばへのつらくおもはずにて唯世の聞えをのみおぼし憚り給ひし事を、おとゞはうきものにおぼしおきて、昔のやうにもむつび聞え給はず。なべての世には普くめでたき御心なれど、この御あたりはなかなかなさけなきふしもうちまぜ給ふを、入道の宮はいとほしうほいなき事に見奉り給ふ。世の中の事唯なかばを別けておほきおとゞこのおとゞの御まゝなり。權中納言の御むすめその年の八月にまゐらせ給ふ。おほぢおとゞゐたちて儀式などいとあらまほし。兵部卿の宮の中の君もさやうに心ざしてかしづき給ふ名高きを、大臣は人よりまさり給へとしもおぼさずなむありける。いかゞし給はむとすらむ。

その秋住吉に詣で給ふ。願ども果し給ふべければいかめしき御ありきにて世の中ゆすりて上達部殿上人われもわれもと仕う奉り給ふ。折しもかの明石の人年ごとの例の事にて仕うまつるを、こぞことしさはることありて怠りけるかしこまりとり重ねて思ひ立ちけり。船にてまうでたり。岸にさし着くるほど、見ればのゝしりて詣で給ふ人のけはひなぎさに滿ちていつくしきかんだからをもて續けたり。がく人とをつらさうぞくをとゝのへかたちを選びたり。「たがまうで給へるぞ」と問ふめれば「內大臣どのゝ御願はたしにまうで給ふを知らぬ人もありけり」とてはかなき程のげすだに心地よげにうち笑ふ。げにあさましう月日もこそあれ、なかなかこの有樣を遙に見奉るに身の程口惜しうおぼゆ。さすがにかけ離れ奉らぬ宿世ながら、かくくちをしききはのものだに物思ひなげにて仕うまつるを色ふしに思ひたるに、何の罪深き身にて心にかけておぼつかなう思ひ聞えつゝかゝりける御ひゞきをも知らで立ち出でつらむなど思ひ續くるに、いと悲しうて人知れずしほたれけり。松原の深綠なる中に花紅葉をこき散らしたると見ゆるうへのきぬの濃き薄き數知らず、六位の中にも藏人は靑色しるく見えて、かの賀茂の瑞垣怨みし右近のしようもゆげひになりてことごとしげなる隨身ぐしたる藏人なり。良淸も同じすけにて人よりことに物思ひなき氣色にておどろおどろしきあかぎぬすがたいと淸げなり。すべて見し人々ひきかへ花やかに何事思ふらむと見えてうちちりたるに、若やかなる上達部殿上人のわれもわれもと思ひ挑み馬鞍などまでかざりをとゝのへみがき給へるは、いみじきものに田舍人も思へり。御車を遙に見やればなかなか心やましくてこひしき御かげをもえ見奉らず。河原のおとゞの御れいをまねびてわらは隨身をたまはり給ひける。いとをかしげにさうぞきみづらゆひて紫すそごのもとゆひなまめかしうたけすがたとゝのひうつくしげにて十人さまことに今めかしう見ゆ。大殿腹の若君限なくかしづきたてゝ馬ぞひわらはのほど皆作りあはせてやうかへてさうぞきわけたり。雲井遙にめでたく見ゆるにつけても若君の數ならぬさまにて物し給ふをいみじと思ふ。いよいよみやしろのかたを拜み聞ゆ。國の守參りて御まうけ例の大臣などの參り給ふよりは殊に世になく仕うまつれりけむかし。いとはしたなければ立ちまじり數ならぬ身の聊のことせむに神も見入れかずまへ給ふべきにもあらず。歸らむにもなかぞらなり。けふは難波に船さしとめてはらへをだにせむとて漕ぎ渡りぬ。君は夢にも知り給はず、夜一夜いろいろの事をせさせ給ふ。誠に神の喜び給ふべき事をしつくして、きしかたの御ぐわんにもうちそへありがたきまで遊びのゝしりあかし給ふ。惟光やうの人は心のうちに神の御德を哀にめでたしと思ふ。あからさまに立ち出で給へるに侍ひて聞え出でたり。

 「すみよしのまつこそものは悲しけれ神代のことをかけて思へば」。げにとおぼし出でゝ

 「荒かりし浪のまよひに住吉の神をばかけてわすれやはする。しるしあり」などのたまふもいとめでたし。かの明石の船、この響におされて過ぎぬる事も聞ゆれば知らざりけるよと哀れにおぼす。神の御しるべおぼし出づるも愚ならねば聊なる御消そこをだにして心慰めばや、なかなかに思ふらむかしとおぼす。みやしろたち給ひてところどころに逍遙をつくし給ふ。難波の御はらへなど殊になゝ瀨によそほしう仕うまつる。堀江のわたりを御覽じて「今はた同じ難波なる」と御心にもあらでうちずじ給へるを、御車のもと近き惟光うけたまはりやしつらむ、さる召しもやとれいにならひて懷に設けたるつか短き筆など御車とゞむる所にて奉れり。をかしとおぼしてたゝうがみに

 「みをつくし戀ふるしるしにこゝまでもめぐり逢ひけるえにはふかしな」とて賜へれば、かしこの心しれるしもびとしてやりけり。駒なべてうち過ぎ給ふにも心のみ動くに、露ばかりなれどいとあはれにかたじけなくおぼえてうちなきぬ。

 「數ならで難波のこともかひなきになどみをつくし思ひそめけむ」。たみのゝ島にみそぎ仕うまつる御はらへのものにつけて奉る。日暮がたになりゆく。夕汐滿ち來て入江のたづも聲をしまぬほどのあはれなるをりからなればにや、人めもつゝまずあひ見まほしくさへおぼさる。

 「つゆけさのむかしに似たる旅衣たみのゝ島のなにはかくれず」。道のまゝにかひある逍遙遊びのゝしり給へど御心にはなほかゝりておぼしやる。あそびどもの集ひ參れるも上達部と聞ゆれど若やかに事好ましげなるは皆目とゞめ給ふべかめり。されどいでやをかしき事も物のあはれも人がらこそあべけれ。なのめなる事をだに少しあはきかたによりぬるは心とゞむるたよりもなきものをとおぼすに、おのが心をやりてよしめきあへるも疎ましうおぼしけり。かの人は過ぐし聞えて又の日ぞよろしかりければみてぐら奉る。ほどにつけたる願どもなどかつがつはたしける。又なかなか物思ひそはりてあけくれくちをしき身を思ひ歎く。今や京におはしつくらむと思ふ日數も經ず御使あり。このごろの程に迎へむことをぞのたまへる。いとたのもしげにかずまへのたまふめれど、いざや又島漕ぎ離れ中ぞらに心細きことやあらむと思ひわづらふ。入道もさて出し放たむはいと後めたう、さりとてかくうづもれて過ぐさむを思はむもなかなかきしかたの年比よりも心づくしなり。よろづにつゝましう思ひ立ち難きことを聞ゆ。

まことやかの齋宮もかはり給ひにしかばみやす所のぼり給ひてのちかはらぬさまに何事もとぶらひ聞え給ふことはありがたきまでなさけ盡し給へど、昔だにつれなかりし御心ばへのなかなかならむ名殘は見じと思ひ放ち給へれば、渡り給ひなどする事は殊になし。あながちにうごかし聞え給ひても我が心ながら知り難くとかくかゝづらはむ御ありきなども所せうおぼしなりにたれば强ひたるさまにもおはせず。齋宮をぞいかにねびなり給ひぬらむとゆかしう思ひきこえ給ふ。なほかの六條のふるみやをいとよくすりしつくろひたりければみやびかにて住み給うけり。よしづき給へることふりがたくてよき女房など多くすいたる人のつどひ所にて物寂しきやうなれど、心やれるさまにて經給ふ程に、俄におもく煩ひ給ひて物のいと心細くおぼされければ、罪深きところに年經つるもいみじうおぼして尼になり給ひぬ。おとゞ聞き給ひて、かけがけしきすぢにはあらねど猶さるかたの物をも聞え合せ人に思ひ聞えつるに、かくおぼしなりにけるがくちをしうおぼえ給へば、驚きながら渡り給へり。飽かずあはれなる御とぶらひ聞え給ふ。近き御枕上におましよそひて脇息におしかゝりて御返りなど聞え給ふ。いたうよわり給へるけはひなれば絕えぬ心ざしの程はえ見え奉らでやとくち惜しうていみじう泣い給ふ。かくまでおぼしとゞめたりけるを女もよろづにあはれにおぼえて齋宮の御事をぞ聞え給ふ。「心細くてとまり給はむを必ず事に觸れてかずまへ聞え給へ。またみゆづる人もなくたぐひなき御有樣になむ。かひなき身ながらも今暫し世の中を思ひのどむる程はとざまかうざまに物をおぼし知るまで見奉らむとこそ思ひ給へつれ」とても消え入りつゝ泣き給ふ。「かゝる御事なくてだに思ひ放ち聞えさすべきにもあらぬを、まして心の及ばむに從ひては何事もうしろみ聞えむとなむ思ひ給ふる。更に後めたくな思ひ聞え給ひそ」など聞え給へば、「いと難きこと誠にうち賴むべき親などにてみゆづる人だに女おやに離れぬるはいとあはれなることにこそ侍るめれ。まして思ほし人めかさむにつけてもあぢきなきかたやうちまじり人に心も置かれ給はむ。うたてある思ひやりごとなれどかけてさやうの世づいたるすぢにおぼしよるな。うき身をつみ侍るにも女は思のほかにて物思ひをそふるものになむ侍りければいかでさるかたをもてはなれて見奉らむと思ひ給ふる」など聞え給へば、あいなくものたまふかなとおぼせど、「年比よろづ思ひ給へしりにたるものを、昔のすき心の名殘あり顏にのたまひなすもほいなくなむ。よし、おのづから」とてとは暗うなり內は大となぶらほのかに物より通りて見ゆるを、もしもやとおぼえてやをら御几帳のほころびより見給へば、心もとなき程の火影に、御ぐしいとをかしげに花やかにそぎて寄り居給へる、繪に書きたらむさましていみじうあはれなり。ちやうの東おもてにそひ臥し給へるぞ宮ならむかし。御几帳のしどけなく引きやられたるより御目とゞめて見通し給へればつらづゑつきていと物悲しとおぼいたるさまなり。はつかなれどいと美しげならむと見ゆ。御ぐしのかゝりたる程かしらつきけはひあてにけだかきものからひぢゝかにあいぎやうづき給へるけはひしるく見え給へば、心もとなくゆかしきにもさばかりのたまふものをとおぼしかへす。「いと苦しさまさり侍る。かたじけなきを、はや渡らせ給ひね」とて人にかきふせられ給ふ。「近く參りたるしるしによろしうおぼされば嬉しかるべきを、心苦しきわざかな。いかにおぼさるゝぞ」とて覗き給ふけしきなれば、「いと恐しげに侍るや。みだり心地のいとかく限なる折しも渡らせ給へるはまことに淺からずなむ。思ひ侍ることを少しも聞えさせつればさりともとたのもしくなむ」など聞えさせ給ふ。「かゝる御ゆゐごんのつらにおぼしけるもいとゞあはれになむ。故院のみこ達あまたものし給へど親しくむつびおぼすもをさをさなきを、うへの同じみこ達のうちにかずまへ聞え給ひしかばさこそは賴み聞え侍らめ。少しおとなしき程になりぬる齡ながらあつかふ人もなければさうざうしきを」など聞えて歸り給ひぬ。御とぶらひ今少したちまさりてしばしば聞え給ふ。七八日ありてうせ給ひにけり。あへなうおぼさるゝに世もいとはかなくて物心ぼそう思されてうちへも參り給はず。とかくの御事などおきてさせ給ふ又たのもしき人もことにおはせざりけり。ふるき齋宮のみやづかさなど仕うまつり馴れたるぞ僅に事ども定めける。御みづからも渡り給へり。宮に御せうそこ聞え給ふ。「何事もおぼえ侍らでなむ」と女別當して聞え給へり。「聞えさせのたまひ置きしことども侍りしを、今は隔なきさまにおぼされば嬉しくなむ」と聞え給ひて、人々めし出でゝあるべき事ども仰せ給ふ。いとたのもしげに年比の御心ばへとりかへしつべう見ゆ。いといかめしう殿の人々數もなう仕うまつらせ給へり。あはれにうちながめつゝ御さうじにてみすおろし込めて行はせ給ふ。宮には常にとぶらひ聞え給ふ。やうやう御心しづまり給ひてはみづからも御返りなど聞え給ふ。つゝましうおぼしたれど御めのとなどかたじけなしとそゝのかし聞ゆるなりけり。雲みぞれかき亂れ荒るゝ日にいかに宮の御ありさまかすかに眺め給ふらむと思ひやり聞え給ひて、御使奉れ給へり。「只今の空をいかに御覽ずらむ。

  降りみだれひまなき空になき人のあまがけるらむ宿ぞかなしき」。空色の紙のくもらはしきに書い給へり。わかき人の御目にとゞまるばかりと心してつくろひ給へる、いと目もあやなり。宮はいと聞えにくゝし給へどこれかれ人づてにてびんなきことゝ責め聞ゆれば、にびいろの紙のいとかうばしうえんなるに墨つぎなどまぎらはして、

 「消えがてにふるぞ悲しきかきくらし我が身それともおもほえぬよに」。つゝましげなる書きざまにて、いとおほどかに御手すぐれてはあらねどらうたけにあてはかなる筋に見ゆ。くだり給ひし程よりなほあかずおぼしたりしを、今は心にかけてともかくも聞えよりぬべきぞかしとおぼすには例のひきかへしいとほしくこそ。故みやす所のいと後めたげに心おき給ひしを、ことわりなれど世の中の人もさやうに思ひよりぬべき事なるを、ひきたがへ心淸くてあつかひ聞えむ、うへの今少し物おぼし知る齡にならせ給ひなばうちずみせさせ奉りてさうざうしきにかしづきぐさにこそとおぼしなる。いとまめやかにねんごろに聞え給ひてさるべき折々は渡りなどし給ふ。「かたじけなくとも昔の御名殘におぼしなずらへてけどほからずもてなさせ給はゞなむ本意なる心地すべき」など聞え給へどわりなく物はぢをし給ふ。おくまりたる人ざまにてほのかにも御聲など聞かせ奉らむはいと世になくめづらかなることゝおぼしたれば、人々も聞えわづらひてかゝる御心ざまを憂ひ聞えあへり。女別當內侍などいふ人々、あるは離れ奉らぬわかんどほりなどにて心ばせある人々多かるべし。この人知れず思ふ方のまじらひをせさせ奉らむに、人に劣り給ふまじかめり。いかでさやかに御かたちを見てしがなとおぼすもうちとくべき御親心にはあらずやありけむ。我が御心も定め難ければかく思ふといふことも人にも漏し給はず。御わざなどの御事もとりわきてせさせ給へばありがたき御心を宮人も喜びあへり。はかなく過ぐる月日にそへていとゞさびしく心ぼそき事のみまさるに、侍ふ人々もやうやうあがれゆきなどしてしもつ方の京極わたりなれば人げ遠く山寺の入相の聲々にそへてもねなきがちにてぞ過ぐし給ふ。同じき御親と聞えし中にも片時のまも立ち離れ奉り給はでならはし奉り給ひて、齋宮にも親そひてくだり給ふことは例なきことなるを、あながちに誘ひ聞え給ひしみこゝろに、限ある道にてはたぐひ聞え給はずなりにしをひるまなうおぼし歎きたり。侍ふ人々につけて心かけ聞え給ふ人たかきいやしきもあまたあり。されどおとゞの御めのとたちに「心に任せたること引き出し仕うまつるな」など親がり申し給へば、いと耻しき御ありさまにびんなき事聞しめしつけられじと言ひ思ひつゝはかなきことのなさけも更に作らず。院にもかのくだり給ひし日大極殿のいつくしかりし儀式にゆゝしきまで見え給ひし御かたちを忘れ難うおぼし置きければ、參り給ひて、「齋院など御はらからの宮々おはしますたぐひにてさぶらひ給へ」と御息所にも聞え給ひにき。されどやんごとなき人々侍ひ給ふにかずかずなる御うしろみもなくてやと覺しつゝみ、うへはいとあつしうおはしますも恐しう、又物思ひやくはへむと憚りて過ぐし給ひしを、今はまして誰かは仕うまつらむと人々思ひたるをねんごろに院にはおぼしのたまはせけり。おとゞ聞き給ひて院よりみけしきあらむをひきたがへよこどり給はむをかたじけなき事とおぼすに、人の御有樣のいとらうたげに見放たむはまた口惜しうて入道の宮にぞ聞え給ひける。「かうかうのことをなむ思う給へわづらふに母みやす所いとおもおもしく心深きさまに物し侍りしを、あぢきなきすき心にまかせてさるまじき名をも流しうきものに思ひ置かれ侍りにしをなむ世にいとほしう思ひ給ふる。この世にてその恨の心とけず過ぎ侍りにしを、今はとなりてのきはにこの齋宮の御事をなむ物せられしかば、さも聞き置き心にも殘すまじうこそはさすがに見置き給ひけめと思ひ給ふるにも忍びがたう、大方の世につけてだに心苦しきことは見聞き過ぐされぬわざに侍るをいかでなきかげにてもかのうらみ忘るばかりと思ひ給ふるを內にもさこそおとなびさせ給ひたれどいときなき御齡におはしますを少し物の心知れる人は侍はれてもよくやと思ひ給ふるを御定になむ」と聞え給へば、「いとようおぼしよりけるを院にもおぼさむことはげにかたじけなういとほしかるべけれど、かの御ゆゐごんをかこちて知らず顏に參らせ奉り給へかし。今はたさやうの事わざどもおぼしとゞめず御行ひがちになり給ひてかう聞え給ふを深うしもおぼし咎めじと思ひ給ふる」、さらば御氣色ありてかずまへさせ給はゞ催しばかりのことをそふるになし侍らむ。とざまかうざまに思ひ給へ殘す事なきにかくまでさばかりの心がまへもまねび侍るに世の人やいかにとこそ憚り侍れ」など聞え給ひて、後にはげに知らぬやうにてこゝに渡り奉りてむとおぼす。女君にも「しかなむ思ふ。語らひ聞えてすぐい給はむにいとよき程なるあはひならむ」と聞え知らせ給へば、嬉しき事におぼして御わたりのことを急ぎ給ふ。入道の宮には兵部卿の宮の姬君をいつしかとかしづきさわぎ給ふめるをおとゞのひまある中にていかゞもてなし給はむと心苦しくおぼす。權中納言の御むすめは弘徽殿の女御と聞ゆ。おほい殿の御子にていとよそほしうもてかしづき給ふ。上もよき御遊びがたきにおぼいたり。宮の中の君も同じ程におはすれば、うたてひゝな遊の心ちすべきを、おとなしき御うしろみはいと嬉しかるべき事とおぼしのたまひてさる御氣色聞え給ひつゝ、おとゞのよろづにおぼし至らぬことなくおほやけがたの御うしろみは更にもいはず明暮につけてこまかなる御心ばへのいとあはれに見えたまふを、たのもしきものに思ひ聞え給ひて、いとあつしくのみおはしませば參りなどし給ひても心やすく侍ひ給ふこともかたきを、少しおとなびてそひさぶらはむ御うしろみはかならずあるべきことなりけり。