kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 蓬生

源氏物語 蓬生 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 上』からのコピーを含みます。

 

蓬生

もしほたれつゝ侘び給ひし頃ほひ都にもさまざまおぼし歎く人多かりしを、さても我が身のより所あるは一方の思こそ苦しげなりしか。二條の上などものどやかにて旅の御すみかをもおぼつかなからず聞え通ひ給ひつゝ位を去り給へるかりの御よそひをも竹の子の世のうきふしを時々につけてあつかひ聞え給ふに慰め給ひけむ。なかなかその數とも人にも知られず立ち別れ給ひし程の御有樣をもよその事に思ひやり給ふ人々のしたの心碎き給ふたぐひ多かり。常陸の宮の君は父みこのうせ給ひにし名殘に又思ひあつかふ人もなき御身にていみじう心ぼそげなりしを、思ひかけぬ御事の出で來てとぶらひ聞え給ふ事絕えざりしを、いかめしき御勢にこそことにもあらずはかなき程の御情ばかりと思したりしかど、まちうけ給ふ御袂のせばきには大空の星の光を盥の水に寫したる心地してすぐし給ひし程に、かゝる世の騷ぎ出で來てなべての世憂くおぼし亂れしまぎれに、わざと深からぬかたの志はうち忘れたるやうにて遠くおはしましにし後、ふりはへてしもえ尋ね聞え給はず。その名殘に暫しはなくなくもすぐし給ひしを、年月ふるまゝに哀に淋しき御有樣なり。ふるき女ばらなどは「いでやいと口惜しき御宿世なりけり。おぼえず神佛の顯れ給へらむやうなりし御心ばへに、かゝるよすがも人はいでおはするものなりけりとありがたう見奉りしを大方の世の事とはいひながら又賴むかたなき御有樣こそかなしけれ」とつぶやきなげく。さる方にありつきたりしあなたの年ごろはいふかひなき淋しさにめなれてすぐし給ひしを、なかなか少し世づきてならひにける年月にいと堪へがたく思ひ歎くべし。少しもさてありぬべき人々はおのづから參りつきてありしを皆つぎつぎに隨ひていき散りぬ。女ばらのいのち堪へぬもありて月日に隨ひてかみしもの人數少くなりゆく。もとより荒れたりし宮の中いとゞ狐のずみかになりて疎ましうけどほきこだちにふくろうの聲をあさゆふに耳ならしつゝ人げにこそ、さやうの物もせかれて影隱しけれ。こだまなどけしからぬものども所を得てやうやうかたちを顯し物侘しきことのみ數知らぬにまれまれ殘りて侍ふ人は「猶いとわりなし。この頃ずりやうどものおもしろき家づくり好むがこの宮のこだちを心につけて放ち給はせてむやとほとりにつきてあないし申さするをさやうにせさせ給ひていとかう物恐しからぬ御住ひにおぼしうつろはなむ、立ちとまり侍ふ人もいと堪へ難し」など聞ゆれど、「あないみじや、人の聞き思はむこともあり、生ける世にしか名殘なきわざはいかゞせむ。かく恐しげに荒れはてぬれど親の御影とまりたる心地するふるきすみかと思ふに慰みてこそあれ」とうち泣きつゝおほしもかけず、御調度どもゝいと古代になれたるが昔やうにてうるはしきをなまものゝ故知らむと思へる人、さるものえうじてわざとその人かの人にせさせ給へると尋ね聞きてあないするもおのづからかゝる貧しきあたりと思ひあなづりて言ひくるを、例の女ばら「いかゞはせむ、そこそは世の常の事」とて取りまぎらはしつゝ目に近きけふあすの見苦しさをつくろはむとする時もあるをいみじう諫め給ひて「見よと思ひ給ひてこそしおかせ給ひけめ、などてか輕々しき人の家の飾りとはなさむ。なき人の御ほい違はむが哀なること」とのたまひてさるわざはせさせ給はず。はかなきことにてもとぶらひ聞ゆる人はなき御身なり。唯御せうとのぜんじの君ばかりぞ稀にも京に出で給ふ時はさし覗き給へど、それも世になきふるめき人にて同じき法師といふ中にもたづきなくこの世を離れたるひじりにものし給ひて、しげき草よもぎをだにかきはらはむものとも思ひより給はず。かゝるまゝにあさぢは庭の面も見えずしげりよもぎは軒を爭ひて生ひのぼるむぐらはにしひんがしのみかどを閉ぢ籠めたるぞ賴もしけれど、崩れがちなるめぐりの垣を馬牛などの蹈みならしたる路にて、春夏になればはなちかふあげまきの心さへぞめざましき。はつき野分荒かりし年廊どもゝ倒れ伏ししもの屋どものはかなきいたぶきなりしなどは骨のみ僅に殘りて立ちとまるげすだになし。煙絕えてあはれにいみじき事多かり。ぬすびとなどいふひたぶる心あるものも思ひやりの寂しければにや、この宮をばふようのものにふみすぎて寄り來ざりければかくいみじきのらやぶなれどもさすがに寢殿の內ばかりはありし御しつらひ變らず、つやゝかにかいはきなどする人もなし。ちりは積れどもまぎるゝことなきうるはしき御すまひにてあかし暮し給ふ。はかなき古歌物語などやうのすさびごとにてこそつれづれをも紛らはし、かゝるすまひをも思ひ慰むるわざなめれ。さやうの事にも心遲く物し給ふ。わざとこのましからねどおのづから又急ぐことなき程は同じ心なる文通はしなどもうちしてこそ若き人は木草につけても心を慰め給ふべけれど、親のもてかしづき給ひし御心おきてのまゝに世の中をつゝましきものにおぼして稀にも事通ひ給ふべき御あたりをも更に馴れ給はず。ふるめきたるみづしあけて、からもり、はこやのとじ、かぐや姬の物語の繪に書きたるをぞ時々のまさぐりものにしたまふ。古歌とてもをかしきやうにえり出で題をもよみびとをもあらはし心得たるこそ見所もありけれ。うるはしきかんやがみ、みちのくにがみなどのふくだめるにふることゞもの目馴れたるなどはいとすさまじげなるを、せめてながめ給ふ折々はひきひろげ給ふ。今のよの人のすめる經うち讀み行ひなどいふことはいと耻しくし給ひて、見奉る人もなけれどずゞなど取り寄せ給はず、かやうにうるはしくぞ物し給ひける。侍從などいひし御めのとごのみこそ年ごろあくがれ出でぬものにてさぶらひつれど、通ひ參りし齋院うせ給ひなどしていと堪へ難く心ぼそきに、この姬君の母北の方のはらから世におちぶれてず領の北の方になり給へるありけり。むすめどもかしづきてよろしきわかうどゞもゝむげに知らぬ所よりは親どもゝまうで通ひしをと思ひてときどき通ふ。この姬君はかく人うとき御癖なれば睦しくもいひ通ひ給はず、「おのれをばおとしめ給ひておもてぶせにおぼしたりしかば姬君の御有樣の心苦しげなるも見とぶらひ聞えず」などなまにくげなる詞ども言ひ聞かせつゝ時々聞えけり。もとよりありつきたるさやうのなみなみの人は、なかなかよき人のまねに心をつくろひ思ひあがるも多かるを、やんごとなき筋ながらもかうまでおつべきすくせありければにや、心少しなほなほしき御をばにぞありける。わがかくおとりのさまにてあなづらはしく思はれたりしを、いかでかかゝる世の末にこの君を我がむすめどものつかひ人になしてしがな、心ばせなどのふるびたるかたこそあれ、いとうしろやすきうしろみならむと思ひて、「時々こゝに渡らせ給ひて御琴のねも承はらまほしがる人なむ侍る」と聞えけり。この侍從も常に言ひもよほせど、人にいどむ心にはあらで唯こちたき御物づゝみなれば、さもむつび給はぬをねたしとなむ思ひける。かゝるほどにかの家あるじ大貳になりぬ。むすめどもあるべきさまに見置きてくだりなむとす。この君を猶も誘はむの心深くて、「遙にかく罷りなむとするに心細き御ありさまの常にしもとぶらひ聞えねど近きたのみ侍りつる程こそあれ、いとあはれに後めたくなむ」などことよがるを、更にうけひき給はねば、「あなにくことごとしや、心一つにおぼしあがるともさるやぶはらに年經給ふ人を大將殿もやんごとなくしも思ひ聞え給はじ」などゑんじうけひけり。さる程にげに世の中に許され給ひて都にかへり給ふと、あめのしたの悅にて立ち騷ぐ。我もいかで人より先に深きこゝろざしを御覽ぜられむとのみ思ひきほふ。をとこ女につけてたかきをもくだれるをも人の心ばへを見給ふに、あはれにおぼし知る事さまざまなり。かやうにあわたゞしき程に更に思ひ出で給ふ氣色見えで月日經ぬ。今はかぎりなりけり、年比あらぬさまなる御さまを悲しういみじき事を思ひながらもえ出づる春にあひ給はなむと念じ渡りつれど、たびしかはらなどまで悅び思ふなる御位あらたまりなどするをよそにのみ聞くべきなりけり、悲しかりし折のうれはしさはたゞ我が身一つのためになれるとおぼえしかひなき世かなと、心碎けてつらく悲しければ、人知れずねをのみ泣き給ふ。大貳の北の方、さればよまさにかくたつきなく人わろき御ありさまをかずまへ給ふ人はありなむや、ほとけひじりも罪輕きをこそ導きよくし給ふなれ、かゝる御有樣にてたけく世をおぼし、宮うへなどのおはせし時のまゝにならひ給へる御心おごりのいとほしきことゝいとゞをこがましげに思ひて、「猶も思し立ちね。世のうき時は見えぬ山路をこそ尋ぬなれ。田舍などはむづかしきものとおぼしやるらめどひたぶるに人わろげにはよももてなし聞えじ」などいと事よくいへば、むげにくしにたる女ばら「さもなびき給はなむ。たけき事もあるまじき御身をいかにおぼしてかく立てたる御心ならむ」ともどきつぶやく。侍從もかの大貳のをひだつ人語らひつきて留むべくもあらざりければ、「心よりほかに出で立ちて見奉り置かむがいと心苦しきを」とてそゝのかし聞ゆれど猶かくかけ離れて久しうなり給ひぬる人に賴みをかけ給ふ御心の內に、さりともありへてもおぼし出づるついであらじやは、あはれに心深きちぎりをし給ひしに、我が身のうくてかく忘られたるにこそあれ、風のつてにても我がかくいみじきありさまを聞きつけ給はゞ必ずとぶらひ出で給ひてむと年比おぼしければ、おほかたの御家居もありしよりけにあさましけれど、我が心もてはかなき御調度どもなども取り失はせ給はず、心づよく同じさまにて念じすぐし給ふなりけり。ねなきがちにいとゞおぼし沈みたるはたゞ山人の赤きこのみひとつをかほに放たぬと見え給ふ御そばめなどはおぼろけの人の見奉り許すべきにもあらずかし。委しくは聞えじ、いとほしう物いひさがなきやうなり。冬になり行くまゝにいとゞかきつかむかたなく悲しげにながめすごし給ふ。かの殿には故院の御ために御八講世の中ゆすりてし給ふ。殊に僧などはなべてのは召さず、ざえすぐれおこなひにしみ尊きかぎりをえらせ給ひければこのぜんじの君も參り給へりけり。かへりざまに立ち寄り給ひて、「しかしか權大納言殿の御八講にまゐりて侍りつるなり。いとかしこう生ける淨土のかざりに劣らずいかめしうおもしろき事どものかぎりをなむし給ひつる。佛菩薩のへんぐゑの身にこそものし給ふめれ、いつゝのにごり深き世になどて生れ給ひけむ」といひてやがて出で給ひぬ。ことずくなに世の人に似ぬ御あはひにてかひなき世の物語をだにえ聞え合せ給はず。さてもかばかりつたなき身のありさまをあはれに覺束なくてすぐし給ふは心うの佛菩薩やとつらう覺ゆるを、げに限なめりとやうやう思ひなり給ふに、大貳の北の方俄に來たれり。例はさしもむつびぬを、さそひ立てむのこゝろにて奉るべき御さうぞくなどてうじてよき車に乘りておもゝち氣色ほこりかに物思ひなげなるさましてゆくりもなく走り來てかどあけさするより人わるくさびしき事かぎりなし。左右の戶もよろぼひ倒れにければをのこども助けてとかくあけさわぐ。いづれかこの淋しき宿にも必ずわけたる跡あなる三つのみちとたどる。僅にみなみおもての格子あけたるまに寄せたれば、いとゞはしたなしとおぼしたれどあさましうすゝけたる几帳さし出でゝ侍從出で來たり、かたちなど衰へにけり。年ごろいたうつひえたれどなほもの淸げによしあるさまして、かたじけなくともとりかへつべくみゆ。「出で立ちなむ事を思ひながら、心苦しき御ありさまの見すて奉りがたきを侍從の迎になむ參り來たる。心うく思し隔て給ひて御みづからこそあからさまにも渡らせ給はね、この人をだに許させ給へとてなむ、などかうあはれげなるさまには」とてうちも泣くべきぞかし。されど行く道に心をやりていとこゝちよげなり。「故宮おはせし時おのれをばおもてぶせなりとおぼし捨てたりしかばうとうとしきやうになりそめにしかど、年ごろも何かはやんごとなきさまにおぼしあがり、大將殿などおはしまし通ふ御宿世の程を、かたじけなく思ひ給へられしかばなむ、むつび聞えさせむも憚ること多くて過ぐし侍りつるを、世の中のかくさだめもなかりければかずならぬ身はなかなか心安く侍るものなりけり。およびなく見奉りし御ありさまのいと悲しく心苦しきを、近きほどはおのづから怠るをりものどかにたのもしくなむ侍りけるを、かく遙に罷りなむとすればうしろめたくあはれにおぼえ給ふ」など語らへど心とけてもいらへ給はず。「いとうれしきことなれど世に似ぬさまにて何かは、かうながらこそ朽ちもうせめとなむ思ひ侍る」とのみの給へば「げにしかなむおぼさるべけれど、生ける身を捨てゝかくむくつけきすまひするたぐひは侍らずやあらむ。大將殿のつくりみがき給はむにこそは引きかへ玉のうてなにもなりかへらめとはたのもしうは侍れど、只今は兵部卿の宮の御むすめよりほかに心わけ給ふかたもなかりけり。昔よりすきずきしき御心にてなほざりに通ひ給ひけるところどころ皆おぼし離れにたなり。ましてかう物はかなきさまにて藪原にすぐし給へる人をば、心淸く我を賴み給へるありさまと尋ねきこえ給ふこといと難くなむあるべき」など言ひ知らするをげにとおぼすもいと悲しくてつくづくと泣き給ふ。されど動くべうもあらねばよろづに言ひ煩ひくらして、さらば侍從をだにと日の暮るゝまゝに急げば、心あわたゞしくて泣くなく「さらばまづけふはかう貴め給ふおくりばかりにまうで侍らむ、かの聞え給ふもことわりなり。又おぼし煩ふもさることに侍れば中に見給ふるも心苦しくなむ」と忍びて聞ゆ。この人さへうち捨てゝむとするをうらめしうもあはれにもおぼせど言ひとゞむべきかたもなくていとゞねをのみたけきことにてものし給ふ。かたみにそへ給ふべきみなれごろもゝしほなれたれば、年經ぬるしるし見せ給ふべきものなくて、我みぐしの落ちたりけるを取り集めてかづらにし給へるが九尺よばかりにていときよらなるを、をかしげなる箱に入れてむかしのくのえかうのいとかうばしき一壺ぐしてたまふ。

 「たゆまじきすぢと賴みし玉かづらおもひの外にかけはなれぬる。こまゝののたまひ置きしこともありしかばかひなき身なりとも見はてゝむとこそ思ひつれ。うち捨てらるゝもことわりなれど、誰に見讓りてかとうらめしうなむ」とていみじう泣き給ふ。この人も物も聞えやらず「まゝのゆゐごんは更にも聞えさせず、年ごろの忍び難き世のうさをすぐし侍りつるにかくおぼえぬみちにいざなはれて遙にまかりあくがるゝこと」とて、

 「玉かづら絕えてもやまじ行く道のたむけの神もかけてちかはむ。いのちこそ知り侍らね」などいふに「いづら、暗うなりぬ」とつぶやかれて心もそらにて引き出づれば、かへりみのみせられけり。年ごろわびつゝも行き離れざりつる人のかく別れぬることをいと心ぼそうおぼすに、世に用ゐらるまじきおいびとさへ、いでやことわりぞ、いかでか立ちとまりたまはむ我等もえこそ念じはつまじけれと、おのが身々につけたるたよりども思ひ出でゝとまるまじう思へるを人わろく聞きおはす。霜月ばかりになりぬれば雪霰がちにてほかには消ゆるまもあるを、朝日夕日をふせぐよもぎむぐらのかげに深うつもりて越の白山思ひやらるゝ雪のうちに出で入るしもびとだになくてつれづれとながめ給ふ。はかなき事を聞えなぐさめ泣きみ笑ひみまぎらはしつる人さへなくて、夜も塵がましき御帳の內もかたはら寂しく物悲しくおぼさる。

かの殿にはめづらし人にいとゞ物さわがしき御ありさまにていとやんごとなくおぼされぬところどころにはわざともえ音づれ給はず。ましてその人はまだ世にやおはすらむとばかりおぼし出づる折もあれど、尋ね給ふべき御こゝろざしもいそがでありふるに、年かはりぬ。卯月ばかりに花散里を思ひ出で聞え給ひて忍びて對の上に御いとま聞えて出で給ふ。日ごろふりつる名殘の雨少しそゝぎてをかしきほどに月さし出でたり。昔の御ありきおぼし出でられて艷なる程の夕づく夜に、道のほどよろづの事おぼし出でゝおはするにかたもなく荒れたる家の木立しげく森のやうなるを過ぎ給ふ。大きなる松に藤の咲きかゝりて月かげに靡きたる、風につきてさと匂ふがなつかしくそこはかとなきかをりなり。橘にはかはりてをかしければさし出で給へるに、柳もいたうしだりて、ついひぢもさはらねば亂れふしたり。見し心地する木立かなとおぼすははやうこの宮なりけり。いとあはれにておしとゞめさせ給ふ。例の惟光はかゝる御しのびありきにおくれねば侍ひけり。召し寄せて、「こゝは故常陸の宮ぞかしな」。「しか侍り」と聞ゆ。「こゝにありし人はまだやながむらむ。とぶらふべきをわざと物せむもところせし。かゝるついでに入りてせうそこせよ、能く尋ねよりてをうち出でよ。人違へしてはをこならむ」とのたまふ。こゝにはいとゞながめまさるころにて、つくづくとおはしけるに、ひるねの夢に故宮の見え給ひければ覺めていと名殘悲しくおぼして、もりぬれたる廂の端つかたをおしのごはせて、こゝかしこのおまし引きつくろはせなどしつゝ例ならず世づき給ひて、

 「なき人を戀ふる袂のひまなきに荒れたる軒のしづくさへそふ」も心苦しき程になむあめりける。惟光入りてめぐるめぐる、人の音する方やと見るに、いさゝか人げもせず。さればこそゆきゝの道に見入るれど人住みげもなきものをと思ひてかへり參る程に、月あかくさし出でたるに見れば、格子ふたまばかりあげて簾垂動く氣色なり。僅に見つけたる心地恐しくさへおぼゆれど寄りてこわづくれば、いと物ふりたる聲にてまづしはぶきをさきに立てゝ、「かれはたれぞ何人ぞ」と問ふ。名のりして、「侍從の君と聞えし人にたいめん給らむ」といふ。「それは外になむ物し給ふ。されどおぼしわくまじき女なむ侍る」といふ聲いたうねび過ぎたれど、聞きしおいびとゝ聞き知りたり。內には思ひ寄らず狩衣姿なる男の忍びやかにもてなしてなごやかなれば、見ならはずなりにけるめにて、もし狐などのへんげにやと覺ゆれど、近うよりて「たしかになむ承らまほしき。變らぬ御有樣ならば尋ね聞えさせ給ふべき御心ざしも足らずなむおはしますめるかし。こよひも行き過ぎがてにとまらせ給へるをいかゞ聞えさせむ。後やすくを」といへば女どもうち笑ひて、「變らせ給ふ御有樣ならばかゝるあさぢが原をうつろひ給はでは侍りなむや、たゞ推し量りて聞えさせ給へかし。年經たる人の心にもたぐひあらじとのみ珍らかなる世をこそは見奉り過ぐし侍れ」とやゝくづし出でゝ問はず語りもしつべきがむつかしければ、「よしよしまづかくなむと聞えさせむ」とて參りぬ。「などかいと久しかりつる。いかにぞ。昔の跡も見えぬ蓬のしげさかな」とのたまへば、「しかじかなむたどりよりて侍りつる。侍從がをばの少將といひ侍ひしおい人なむ、變らぬ聲にて侍りつる」とありさま聞ゆ。いみじうあはれにかゝるしげき中に何心地してすぐし給ふらむ、今までとはざりけるよと我が御心のなさけなさもおぼし知らる。「いかゞすべき。かゝるしのびありきも難かるべきを、かゝる序ならではえ立ち寄らじ。變らぬありさまならばげにさこそあらめと推し量らるゝ人ざまになむ」とはのたまひながら、ふと入り給はむこと猶つゝましうおぼさる。故ある御消そこもいと聞えまほしけれど、見給ひし程の口おそさもまだかはらずば御使の立ちわづらはむもいとほしうおぼしとゞめつ。惟光も「更にえ分けさせ給ふまじき蓬の露けさになむ侍る。露少し拂はせてなむ入らせ給ふべき」と聞ゆれば、

 「尋ねても我こそとはめ道もなく深きよもぎのもとのこゝろを」とひとりごちて猶おり給へば御さきの露を馬の鞭して拂ひつゝ入れ奉る。あまぞゝぎも猶秋の時雨めきてうちそゝげばみかささぶらふ。「げにこの下露は雨にまさりて」と聞ゆ。御指貫の裾はいたうそぼちぬめり。昔だにあるかなきかなりし中門などましてかたもなくなりて、入り給ふにつけもいとむとくなるを立ちまじり見る人なきぞ心安かりける。姬君はさりともとまちすぐし給へる心もしるく嬉しけれど、いと耻しき御ありさまにてたいめんせむもいとつゝましくおぼしたり。大貳の北の方の奉り置きし御ぞどもをも心ゆかずと思されしゆかりに見入れ給はざりけるをこの人々のかうの御からびつに入れたりけるがいとなつかしきかしたるを奉りければ、いかゞはせむに着かへ給ひて、かの煤けたる御几帳ひきよせておはす。入り給ひて、「年比の隔ても心ばかりはかはらずなむ思ひやり聞えつるを、さしもおどろかい給はぬうらめしさに今までこゝろみ聞えつるを、杉ならぬ木立のしるさに、え過ぎでなむまけ聞えにける」とてかたびらを少しかきやり給へれば、例のいとつゝましげにとみにもいらへ聞え給はず。かくばかりわけ入り給へるが淺からぬに思ひおこしてぞほのかに聞え出で給ひける。「かゝる草がくれに過ぐし給ひける年月のあはれもおろかならず、また變らぬ心ならひに人の御心のうちもたどり知らずながら、分け入り侍りつる露けさなどをいかゞおぼす。年比の怠はたなべての世におぼし許すらむ。今より後の御心にかなはざらむなむいひしにたがふ罪もおふべき」など、さしもおぼされぬ。事もなさけなさけしう聞えなし給ふことゞもあめり。立ちとゞまり給はむも所のさまより始めまばゆき御有樣なれば、つきづきしうのたまひ過ぐして出で給ひなむとす。ひき植ゑしならねど、松のこ高くなりにける年月のほどもあはれに夢のやうなる御身のありさまもおぼしつゞけらる。

 「ふぢなみのうち過ぎがたく見えつるは松こそ宿のしるしなりけれ。數ふればこよなう積りぬらむかし。都にかはりにける事の多かりけるもさまざまあはれになむ。今のどかにぞひなのわかれに衰へし世の物語も聞えつくすべき。また年經給ひつらむ春秋の暮しがたさなども誰にかは憂へ給はむとうらもなく覺ゆるもかつはあやしうなむ」など聞え給へば、

 「年を經てまつしるしなき我が宿を花のたよりにすぎぬばかりか」と忍びやかにうちみじろき給へるけはひも袖の香も昔よりはねびまさり給へるにやとおぼさる。月入り方になりて西の妻戶のあきたるよりさはるべき渡殿だつ屋もなく軒のつまも殘りなければいと花やかにさし入りたればあたりあたり見ゆるに、昔に變らぬ御しつらひのさまなど、しのぶ草にやつれたる上の見るめよりはみやびかに見ゆるを、昔物語にだうこぼちたる人もありけるをおぼしあはするに、同じさまにて年ふりにけるもあはれなり。ひたぶるに物づゝみしたるけはひのさすがにあてやかなるも心にくゝおぼされて、さるかたにて忘れじと心苦しく思ひしを、年比さまざまの物思ひにほれぼれしくて隔てつる程つらしと思はれつらむといとほしくおぼす。かの花散里もあざやかに今めかしうなどは花やぎ給はぬ所にて御目うつしこよなからぬにとが多う隱れにけり。祭ごけいなどのほど御いそぎどもにことつけて人の奉りたるものゝいろいろに多かるを、さるべきかぎり御心加へ給ふ。中にもこの宮にはこまやかにおぼしよりてむつましき人々におほせごと給ひ、しもべどもなど遣して蓬拂はせめぐりの見苦しきに板垣といふものうち堅めつくろはせ給ふ。かう尋ね出で給へりと聞き傅へむにつけても我が御ためめんぼくなければ渡り給ふことなし。御文いと細やかにかき給ひて「二條院いと近き所を造らせ給ふをそこになむ渡し奉るべき。よろしきわらはべなど求めて侍はせ給へ」など人々の上までおぼしやりつゝとぶらひ聞え給へば、かくあやしき蓬のもとには置き所なきまで女ばらも空を仰きてなむそなたに向きて喜び聞えける。なげの御すさびにてもおしなべたるよのつねの人をば目とゞめ見立て給はず。世に少しこれはとおもほえ、心にとまるふしあるあたりを尋ねより給ふものと人の知りたるに、かくひきたがへ何事もなのめにだにあらぬ御有樣を物めかし出で給ふはいかなりける御心にかありけむ、これも昔の契なめりかし。今はかぎりとあなづりはてゝさまざまにきほひ散りあがれしうへしもの人々、われもわれも參らむと爭ひ出づる人もあり。心ばへなどはたうもれいたきまでよくおはする御有樣に心やすくならひて殊なる事なきなま受領などやうの家にある人は、ならはずはしたなき心地するもありてうちつけの心みえに參り歸る。君はいにしへにもまさりたる御いきほひの程にて物の思ひやりもまして添ひ給ひにければ、こまやかにおぼしおきてたるににほひ出でゝ宮の內やうやう人め見え、木草の葉もたゞすごくあはれに見えなされしを、やりみづかき拂ひ前栽のもとだちも凉しうしなしなどして、殊なるおぼえなきしもげいしのことに仕へまほしきは、かくみこゝろとゞめておぼさるゝことなめりと見とりて御氣色給はりつゝ追しようし仕うまつる。二年ばかりこのふる宮に詠め給ひてひんがしの院といふ所になむ後には渡し奉り給ひける。たいめんし給ふことなどはいと難けれども、近きしめのほどにて大方にも渡り給ふにさし覗きなどし給ひつゝいとあなづらはしげにももてなし聞え給はず。かの大貳の北の方のぼりて驚き思へるさま、侍從が嬉しきものゝ今しばしまち聞えざりける心淺さを恥しう思へる程などを、今少し問はず語もせまほしけれど、いと頭痛ううるさくものうければ今又も序あらむ折に思ひ出でゝなむ聞ゆべきとぞ。