kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 關屋

源氏物語 關屋 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 上』からのコピーを含みます。

 

關屋

伊豫の介といひしは故院かくれさせ給ひてまたの年常陸になりて下りしかば、かの箒木も いざなはれにけり。須磨の御たびゐも遙に聞きて人しれず思ひやり聞えぬにしもあらざりしかど、傅へ聞ゆべきよすがだになくて筑波嶺の山を吹き越す風も浮きたる心地して聊のつたへだになくて年月かさなりにけり。限れる事もなかりし御たびゐなれど京に歸り住み給ひて又の年の秋ぞ常陸はのぼりける。關入る日しもこの殿石山に御ぐわんはたしにまうで給ひけり。京よりかの紀の守などいひし子ども迎に來たる人々「この殿かくまうで給ふべし」と吿げゝれば道のほどさわがしかりなむものぞとてまだ曉より急ぎけるを、をんな車多く所せうゆるぎくるに日たけぬ。うちいでの濱くるほどに殿は粟田山越え給ひぬとてごぜんの人々道もさりあへずきこみぬれば、せき山に皆おり居てこゝかしこの杉のしたに車どもかきおろしこがくれに居かしこまりて過ぐし奉る。軍などかたへはおくらかし先にたてなどしたれど猶るゐひろく見ゆ。車十ばかりぞ袖口物の色あひなども漏り出でゝ見えたる。田舍びずよしありて齋宮の御くだり何ぞやうの折の物見車おぼし出でらる。殿もかく世に榮へ出で給ふ珍しさに數もなきごぜんども皆目とゞめたり。ながつきつごもりなれば紅葉のいろいろこきまぜ霜がれの草むらむらをかしう見え渡るに、關屋よりさとはづれ出でたる旅姿どものいろいろのあをのつきづきしき縫物くゝりぞめのさまもさるかたにをかしう見ゆ。御車は簾垂おろし給ひてかの昔の小君今は右衞門の介なるを召し寄せて「今日の御關むかへはえ思ひすて給はじ」などの給ふ。御心の中いとあはれにおぼし出づること多かれど、おほざうにてかひなし。女、人知れず昔のこと忘れねばとり返して物あはれなり。

 「行くとくとせきとめがたき淚をや絕えぬ淸水と人は見るらむ」。えしり給はじかしとおもふにいとかひなし。石山より出で給ふ御むかへに右衞門の介參れり。ひとひまかり過ぎしかしこまりなど申す。むかしわらはにていとむつましうらうたきものにし給ひしかば、かうぶりなど得しまでこの御德に隱れたりしを、おぼえぬ世のさわぎありしころ物の聞えに憚りて常陸にくだりしをぞ少し御心おきて年比はおぼしけれど色にも出し給はず。昔のやうにこそあらねど猶親しき家人の內にはかぞへ給ひけり。紀の守といひしも今は河內の守にぞなりにける。その弟の右近のざう解けて御供にくだりしをぞとりわきてなし出で給ひければそれにぞ誰も思ひ知りて、などて少しも世に從ふ心をつかひけむなど思ひ出でける。介召し寄せて御せうそこあり。今はおぼし忘れぬべきことを心長くもおはするかなと思ひ居たり。一日はちぎり知られじをさはおぼし知りけむや。

  わくらばに行きあふ道をたのみしもなほかひなしやしほならぬ海。關守のさもうらやましく目ざましかりしかな」とあり。「年比のとだえもうひうひしくなりにけれど心にはいつとなく只今の心ちするならひになむ。すきずきしういとゞにくまれむや」とて賜へればかたじけなくてもていきて「なほ聞えたまへ。昔には少しおぼしのくことあらむと思ひ給ふるに、同じやうなる御心のなつかしさなむいとゞありがたき。すさびことぞようなきことゝ思へど、えこそすくよかに聞えかへさね。女にてはまけ聞え給へらむに罪許されぬべし」などいふ。今はましていと耻しうよろづのことうひうひしき心地すれど、めづらしきにや、え忍ばれざりけむ。

 「あふさかの關やいかなるせきなればしげきなげきの中をわくらむ。夢のやうになむ」と聞えたり。あはれもつらさも忘れぬふしとおぼし置かれたる人なれば折々はなほのたまひうごかしけり。かゝる程にこの常陸の守おひのつもりにや、惱しうのみして物心ぼそかりければ、子どもに唯この君の御事をのみ言ひ置きて「よろづのことたゞこの御心にのみ任せて我がありつる世にかはらで仕うまつれ」とのみあけくれいひけり。女君心うきすくせありてこの人にさへ後れていかなるさまにはふれ惑ふべきにかあらむと思ひ歎き給ふを見るに、いのちの限あるものなれば惜みとゞむべきかたなし。いかでかこの人の御ために殘し置くたましひもがな、我が子どもの心も知らぬをと、後めたう悲しきことにいひ思へど心えにとゞめぬものにてうせぬ、暫しこそさのたまひしものをなどなさけつくれど、うはべこそあれ、つらきこと多かり。とあるもかゝるも世のことわりなれば、身一つのうきことにてなげきあかしくらす。唯このかうちの守のみ昔よりすきごゝろありて少しなさけがりける。「あはれにのたまひおきしを數ならずともおぼし疎までのたまはせよ」などつゐそうしよりていとあさましき心の見えければ、うきすくせある身にてかく生きとまりてはてはては珍しき事どもを聞きそふるかなと、人しれず思ひ知りて人にさなむとも知らせで尼になりにけり。ある人々いふかひなしと思ひなげく。守もいとつらう「おのれを厭ひ給ふほどにのこりの御齡多くものし給ふらむいかですぐし給ふべき」などぞあいなのさかしらやなどぞ侍るめる。