kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 少女

源氏物語 少女 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 上』からのコピーを含みます。

 


少女

年かはりて宮の御はても過ぎぬれば、世の中色あらたまりてころもがへのほどなども今めかしきを、まして祭の頃は大かたの空の景色心ちよげなるに前齋院はつれづれと眺め給ふ。おまへなる桂の下風懷しきにつけても若き人々は思ひ出づる事どもあるを、大殿より御禊の日はいかにのどかにおぼさるらむととぶらひ聞えさせ給へり。「今日は、

  かけきやは川瀨の波もたちかへり君がみそぎのふぢのやつれを」。紫の紙たてぶみすくよかに藤の花につけ給へり。折のあはれなれば御かへりあり。

 「ふぢ衣きしは昨日と思ふまに今日はみそぎの瀨にかはる世を。はかなく」とばかりあるを例の御目とゞめ給ひて見おはす。御ぶくなほしの程などにも、せんじのもとに所せきまでおぼしやれる事どもあるを院は見苦しきことにおもほしのたまへどをかしやかに氣色ばめる御文などのあらばこそとかくも聞えかへさめ、年比もおほやけざまの折々の御とぶらひなどは聞えならはし給ひていとまめやかなればいかゞは聞えも紛はすべからむともて煩ふべし。女五の宮の御方にもかやうに折過ぐさず聞え給へば「いと哀にこの君の昨日今日のちごと思ひしをかくおとなびてとぶらひ給ふこと、かたちのいとも淸らなるにそへて心さへこそ人にはことにおひ出で給へれ」と譽め聞え給ふを若き人々は笑ひ聞ゆ。こなたにもたいめし給ふ折は、「このおとゞのかくねんごろに聞え給ふめるをなにか、今始めたる御志にもあらず、故宮もすぢことになり給ひてえ見奉り給はぬ歎をし給ひては思ひ立ちしことをあながちにもてはなれ給ひし事などのたまひ出でつゝ、悔しげにこそおぼしたりし折々ありしか。されど故大殿の姬君物せらし限は三の宮の思ひ給はむことのいとほしさにとかくことそへ聞ゆる事もなかりしなり。今はそのやんごとなくえさらぬ筋にて物せられし人さへなくなられにしかばげになどてかはさやうにておはせましも惡しからましとうち覺え侍るにもさらがへりてかくねんごろに聞え給ふも、さるべきにもあらむとなむ思ひ侍る」など、いと古代に聞え給ふを心づきなしとおぼして「故宮にもしか心ごはきものに思はれ奉りて過ぎ侍りにしを今更に又世に靡き侍らむもいとつきなき事になむ」と聞え給ひて耻しげなる御氣色なれば强ひてもえ聞えおもむけ給はず。宮人もかみしも皆心かけ聞えたれば世の中いと後めたくのみおぼさるれど、かの御自らは我が心をつくし、哀を見え聞えて人の御氣色のうちもゆるがむ程をこそ待ちわたり給へ。さやうにあながちなるさまに御心破り聞えむなどはおぼさゞるべし。大殿ばらの若君の御元服のことおぼし急ぐを二條院にてとおぼせど大宮のいとゆかしげにおぼしたるもことわりに心苦しければ猶やがてかの殿にてせさせ奉り給ふ。右大將殿をはじめ聞えて御をぢの殿ばら皆上達部のやんごとなき御覺えことにてのみ物し給へばあるじ方にもわれもわれもとさるべき事ども、とりどりに仕うまつり給ふ。大かた世ゆすりて所せき御いそぎのいきほひなり。四位になしてむとおぼし、世の人もさぞあらむと思へるを、まだいときびはなる程を、我が心に任せたる世にて、しかゆくりかなからむも、なかなかめなれたる事なりとおぼし留めつ。淺黃にて殿上に還り給ふを、大宮は飽かずあさましきことゝおぼしたるぞことわりにいとほしかりける。御たいめんありてこの事聞え給ふに「只今かう强ちにしもまたきに追ひつかすまじう侍れど思ふやう侍りて、大學の道にしばしならはさむのほい侍るにより今二三年を徒らの年に思ひなしておのづからおほやけにも仕うまつりぬべき程にもならば今ひとゝなり侍りなむ。みづからは九重の內に生ひ出で侍りて世の中の有樣もしり侍らず、よるひる御まへにさぶらひて僅になむはかなき文なども習ひ侍りし。たゞ畏き御手より傅へ侍りしだに何事も廣き心を知らぬ程はもんざいまねぶにも琴笛のしらべにもねたらず及ばぬ所の多くなむ侍りける。はかなき親に賢き子の優るためしはいと難きことになむ侍れば、まして次々傳はりつゝ隔たりゆかむほどの行くさきいと後めたきによりなむおもう給へおきて侍る。たかき家の子として、つかさかうふり心にかなひ、世の中盛に驕りならひぬれば學問などに身を苦めむことはいと遠くなむ覺ゆべかめる。たはぶれ遊を好みて、心のまゝなる官じやくに上りぬれば時に隨ふ世の人のしたにははなまじろきをしつゝつゐせうし氣色とりつゝ隨ふほどは、おのづから人と覺えてやんごとなきやうなれど時移りさるべき人に立ち後れて世衰ふる末には人にかるめあなづらるゝにかゝり所なきことになむ侍る。猶ざえを本としてこそ大和魂の世に用ゐらるゝ方もつよう侍らめ。さしあたりては心もとなきやうに侍りともつひの世のおもしとなるべき心おきてをならひなば、侍らずなりなむ後も後安かるべきによりなむ、只今ははるばるしからずながらもかくてはぐゝみ侍らばせまりたる大學の衆とて笑ひあなづる人もよも侍らじと思う給ふる」など聞え知らせ給へば、うち歎き給ひて、「げにかくもおぼしよるべかりけるを、この大將などもあまりひき違へたる御事なりと傾き侍るめるを、この幼心地にもいと口惜しく大將左衞門督の子どもなどを我よりは下臈と思ひおとしたりしだに皆各加階しのぼりつゝおよすげあへるに淺黃をいとからしと思はれたるが心苦しう侍るなり」と聞え給へばうち笑ひ給ひて「いとおよすけても恨み侍るなりな。いとはかなしや。この人のほどよ」とて、いとうつくしとおぼしたり。「學問などして、少し物の心もえ侍らばその恨はおのづから解け侍りなむ」と聞え給ふ。あざなつくることはひんがしの院にてし給ふ。ひんがしの對をしつらはれたり。上達部殿上人珍しくいぶかしきことにしてわれもわれもと集ひ參り給へり。博士どもゝなかなか臆しぬべし。「憚る所なく例あらむに任せてなだむることなくきびしう行へ」と仰せ給へば、しひてつれなく思ひなして、家より外に求めたるさう束どものうちあはずかたくなしき姿などをもはぢなくおもゝちこわづかひうべうべしくもてなしつゝ座につき並びたる作法より初め、見も知らぬさまどもなり。若ききんだちはえ堪へずほゝゑまれぬ。さるは物笑ひなどすまじくすぐしつゝ靜まれる限をとえり出して、甁子なども取らせ給へれどすぢ異なりける交らひにて右大將民部卿などのおふなおふなかはらけとり給へるを淺ましう咎め出でつゝおろす。「おぼしかいもとあるじはなはだ非ざうに侍りたうぶ。かくばかりのしるしとあるなにがしを知らずしてやおほやけには仕う奉り給ふ。はなはだをこなり」などいふに人々皆ほころびて笑ひぬれば「又なり高し、なり止まむ。はなはだ非ざうなり。座をひきて立ちたうびなむ」などおどしいふもいとをかし。見ならひ給はぬ人々は珍しく興ありと思ひ、この道より出で立ち給へる上達部などはしたり顏にうちほゝゑみなどしつゝかゝる方ざまをおぼし好みて心ざし給ふがめでたきことと限なく思ひ聞え給へり。聊か物いふをも制す。なめげなりとても咎む。かしかましう詈り居る顏どもゝ夜に入りてはなかなか今少しけちえんなる火影に猿がうがましく侘しげに人わろげなるなどさまざまにげにいとなべてならずさま異なるわざなりけり。おとゞは「いとあざれかたくなゝる身にてけうさうしまどはされなむ」との給ひてみすの內に隱れてぞ御覽じける。數定まれる座に着きあまりて歸りまかづる大學の衆どもあるを聞しめして釣殿の方に召し留めて殊に物など賜はせけり。事はてゝまかづる博士才人どもめして又々文作らせ給ふ。上達部殿上人もさるべき限をば皆とゞめさぶらはせ給ふ。博士の人々は四韻、たゞの人は大臣をはじめ奉りてぜく作り給ふ。興ある題のもじえりてもんさう傅士奉る。短きころの夜なれば明けはてゝぞ講ずる。左中辨講じ仕うまつる。かたちいと淸げなる人のこわづかひものものしくかんさびて讀みあげたる程いと面白し。おぼえ心ことなる博士なりけり。かゝるたかき家に生れ給ひて、世界の榮花にのみたはぶれ給ふべき御身をもちて窓の螢をむつび枝の雪をならし給ふ志のすぐれたるさまを萬の事によそへなずらへて心々に作り集めたる、何ごとに面白く、唐土にももて渡り傳へまほしげなる世の文どもなりとなむそのころ世にめでゆすりける。おとゞの御は更なり、親めき哀なる事さへすぐれたるを淚おとしてずじさわぎしかど女のえ知らぬ事まねぶはにくきことをとうたてあれば漏しつ。うちつゞき入學といふ事せさせ給ひてやがてこの院の內に御曹子作りてまめやかにざえ深き師にあづけ聞え給うてぞ學問せさせ奉り給ひける。大宮の御許にもをさをさ參うで給ばず、よるひるうつくしみて、猶ちごのやうにのみもてなし聞え給へれば彼處にてはえ物習ひ給はじとて靜なる所に籠め奉り給へるなりけり。月に三度ばかりを參り給へとぞ許し聞え給ひける。つと籠り居給ひていぶせきまゝに殿をつらくもおはしますかな、かく苦しからでも高き位にのぼり世に用ゐらるゝ人はなくやはあると思ひ聞え給へど大方の人がらまめやかにあだめきたる所なくおはすればいと能く念じていかでさるべき文ども疾く讀みはてゝまじらひもし世にも出でたらむと思ひて唯四五月の中に史記などいふふみは讀みはて給ひてけり。今は寮試うけさせむとてまづ我が御まへにて心みせさせ給ふ。例の大將左大辨式部の大輔左中辨などばかりして御師の大內記を召して史記のかたき卷々れうし受けむに博士のかへさうべき節々を引き出でゝひとわたり讀ませ奉り給ふに至らぬ隈なくかたがたに通はし讀み給へるさまつまじるし殘らずあさましきまでありがたければさるべきにこそおはしけれと誰も誰も淚落し給ふ。大將はまして、「故大臣おはせましかば」と聞え出でゝ泣き給ふ。殿もえ心强うもてなし給はず「人の上にてかたくなゝりと見聞き侍りしを子のおとなぶるに親の立ちかはりしれ行くことは幾何ならぬ齡ながらかゝる世にこそ侍りけれ」などの給ひておしのごひ給ふを見る御師の心ち嬉しくめいぼくありと思へり。大將盃さし給へば、いたう醉ひしれてをる顏つきいとやせやせなり。也のひがものにてざえの程よりは用ゐられず、すげなくて身貧しくなむありけるを御覽じうる所ありてかくとりわき召し寄せたるなりけり。身に餘るまで御かへりみを給はりてこの君の御德にたちまちに身をかへたると思へばまして行くさきは並ぶべき人なき御覺えぞあらむかし。大學に參り給ふ日は寮門に上達部の御車ども數しらず集ひたり。大方世に殘りたる人あらじと見えたるに又なくもてかしづかれて繕はれ入り給へるくわざの君の御樣げにかゝる交らひには堪へずあてに美しげなり。例の怪しき者共の立ちまじりつゝ來居たる座の末をからしと思すぞいとことわりなるや。こゝにても又おろしのゝしるものどもありてめざましけれど少しも臆せず讀みはて給ひつ。昔覺えて大學の榮ゆる頃なればかみなかしもの人我も我もとこの道に志し集まればいよいよ世の中にざえありはかばかしき人多くなむありける。もんにんぎさうなどいふなる事どもよりうちはじめ、すがすがしうしはて給へれば偏に心に入れて師も弟子もいとゞ勵まし給ふ。殿にも文作りしげく博士才人ども所えたり。すべて何事につけても道々のざえの程顯はるゝ世になむありける。

かくてきさき居給ふべきを齋宮の女御をこそは母君も御後見とゆづり聞え給ひしかばとおとゞもことづけ給ふ。源氏のうちしきり后に居給はむこと世の人免し聞えず。弘徽殿のまづ人より先に參り給ひにしもいかゞなどうちうちに此方彼方に心よせ聞ゆる人々覺束ながり聞ゆ。兵部卿の宮と聞えし今は式部卿にてこの御時にはましてやんごとなき御覺えにておはする御むすめほいありて參り給へり。同じごと王女御にてさぶらひ給ふを同じくは御母かたにて親しくおはすべきにこそ、母きさきのおはしまさぬ御かはりの後見にとことよせて似つかはしかるべくととりどりにおぼし爭ひたれど猶梅壺居給ひぬ。御さいはひのかく引きかへ勝れ給へりけるを世の人驚き聞ゆ。おとゞ太政大臣にあがり給ひて大將內大臣になり給ひぬ。世の中の事どもまつりごち給ふべく讓り聞え給ふ。人がらいとすくよかにきらきらしくて心もちゐなども畏く物し給ふ。學問を立てゝし給ひければ、韻ふたぎには負け給ひしかど、公事にかしこくなむ。腹々に御子ども十餘人おとなびつゝ物し給ふも次々になり出でつゝ、劣らず榮えたる御家のうちなり。むすめは女御と今一所となむおはしける。わかんどほり腹にてあてなるすぢは劣るまじけれどその母君あぜちの大納言の北の方になりてさし向ひたる子どもの數多くなりてそれに任せて後の親に讓らむ、いとあいなしとてとり放ち聞え給ひて大宮にぞ預け聞え給へりける。女御にはいとこよなく思ひおとし聞え給へれど人がらかたちなどいと美しうぞおはしたる。くわざの君一つにて生ひ出で給ひしかど各十に餘り給ひて後は、御方ことにて睦ましき人なれど、をのこ子にはうちとくまじきものなりと父おとゞ聞え給ひて、けどほくなりにたるを、幼心地に思ふ事なきにしあらねばはかなき花紅葉につけても、ひゝな遊のつゐせうをもねんごろにまつはれありきて、志を見え聞へ給へばいみじう思ひかはしてけざやかには今も耻ぢ聞え給はず。御後見どもゝ何かは若き御心どちなれば年頃見ならひ給へる御あはひを俄にもいかゞはもてはなれはしたなめ聞えむと見るに、をんな君こそ何心なくをさなくおはすれどをとこはさこそ物げなき程と見聞ゆれ。おほけなくいかなる御なからひにかありけむ、よそよそになりてはこれをぞ靜心なく思ふべき。まだ片おひなる手のおひさき美しきにて書きかはし給へる文どもの心をさなくておのづから落ち散る折あるを、御方の人はほのぼの知れるもありけれど何かはかくこそと誰にも聞えむ、見かくしつゝあるべし。所々のだいきやうどもゝはてゝ世の中の御いそぎもなくのどやかになりぬる頃時雨うちして荻のうは風もたゞならぬ夕暮に大宮の御方に內のおとゞ參り給ひて姬君わたし聞え給ひて御琴など彈かせ奉り給ふ。宮は萬の物の上手におはすればいづれも傅へ奉り給ふ。「琵琶こそをんなのしたるににくきやうなれどらうらうじきものに侍れ。今の世にまことしう傳へたる人をさをさ侍らずなりにたり」何のみこくれの源氏など數へ給ひて「をんなの中にはおほきおとゞの山里にこめ置き給へる人こそいと上手と聞き侍れ。物の上手の後には侍れど末になりて山賤にて年經たる人いかでさしも引き勝れけむ、かのおとゞいと心ことにこそ思ひてのたまふ折々はべれ、異事よりはあそびの方のさえは猶ひろうあはせ彼此に通はし侍るこそかしこけれ。ひとりごとにて上手となりけむこそ珍しきことなれ」などのたまひて宮にそゝのかし聞え給へば「ぢうさすことうひうひしくなりにけりや」とのたまへどおもしろう彈き給ふ。「幸にうち添へて猶怪しうめでたかりける人なりや。をひの世にもたまへらぬをんなごを設けさせ奉りて身に添へてもやつし居たらず。やんごとなきに讓れる心おきて事もなかるべき人なりとぞ聞き侍る」などかつ御物語聞え給ふ。「をんなは唯心ばせよりこそ、世に用ゐらるゝものに侍りけれ」など人の上のたまひ出でゝ「女御をけしうはあらず何事も人に劣りてはおひ出でずかしと思ひ給ひしかど、思はぬ人におされぬる宿世になむ世は思の外なるものと思ひ侍りぬる。この君をだにいかで思ふさまに見なし侍らむ。春宮の御元服只今のことになりぬるをと、人しれず思ひ給へ心ざしたるを、かういふさいはひ人の腹の后がねこそ又おひすがひぬれ。立ち出で給へらむに、ましてきしろふ人ありがたくや」とうち歎き給へば「などかさしもあらむ。この家にさるすぢの人いで物し給はで、止むやうあらじと故大臣のおもひ給ひて女御の御事をもゐたち急ぎ給ひしものをおはせましかば、かくもて僻むる事もなからまし」など、この御事にてぞおほきおとゞを怨めしげに思ひ聞え給へる。姬君の御さまのいときびはに美しうて箏の御琴彈き給ふを御ぐしのさがりば、かんざしなどのあてになまめかしきをうちまもり給へば耻ぢらひて少しそばめ給へる、傍めつらつき美しげにてとりゆの手つきいみじうつくりたるものゝ心ちするを宮も限なく悲しとおぼしたり。搔き合せなど彈きすさび給ひて押しやり給ひつ。おとゞ和琴ひき寄せ給ひてりちのしらべのなかなか今めきたるをさる上手のみだれてかい彈き給へるいとおもしろし。おまへの梢ほろほろと殘らぬに老御達などこゝかしこの御几帳の後に頭をつどへたり。「風の力蓋し寡し」とうちずじ給ひて「きんの手ならねど怪しく物あはれなる夕かな。猶あそばさむや」とて秋風樂にかき合せてさう歌し給へる聲いとおもしろければ、皆さまざまおとゞをもいとうつくしと思ひ聞え給ふに、いとゞそへむとにやあらむ、くわざの君參り給へり。「こなたに」とて御几帳隔てゝ入れ奉り給へり。「をさをさ對面もえ給はらぬかな、などかくこの御學問のあながちならむ。ざえの程々より餘りぬるもあぢきなきわざとおとゞもおぼし知れることなるを、かくおきて聞え給ふやうあらむとは思う給へながら、かう籠りおはすることなむ心苦しう侍る」と聞え給ひて「時々はことわざし給へ。笛の音にもふることは傳はるものなり」とて御笛奉り給ふ。いと若うをかしげなる音に吹きたてゝいみじうおもしろければ御琴どもをばしばしとゞめておとゞははうしおどろおどろしからずうち鳴らし給ひて萩が花ずりなどうたひたまふ。「大殿もかやうの御遊に心とゞめ給ひていそがしき御政どもをば遁れ給ふなりけり。げにあぢきなき世に心の行くわざをしてこそすぐし侍りなまほしけれ」などのたまひて、御かはらけ參り給ふに暗うなればおほとなぶらまゐり、御湯漬くだものなど誰も誰も聞しめす。姬君はあなたに渡し奉り給ひつ。强ひてけどほくもてなし給ひ御琴の音ばかりをも聞かせ奉らじと今はこよなくへだて聞え給ふを「いとほしき事ありぬべき世なるにこそ」と近う仕うまつる大宮の御方のねび人どもさゝめきけり。おとゞ出で給ひぬるやうにて忍びて人に物のたまふとて立ち給へりけるを、やをらかいほそりて出で給ふ道にかゝるさゝめきごとをするに怪しうなり給ひて御耳とゞめ給へばわが御上をぞいふ。「かしこがり給へど人の親よ、おのづからをれたることこそ出でくべかめれ。子を知るはといふは空言なめり」などぞつきじろふ。あさましくもあるかな。さればよ、思ひよらぬことにはあらねどいはけなきほどにうちたゆみて、世はうきものにもありけるかなと氣色をつぶつぶと心え給へど、音もせで出で給ひぬ。御さきおふ聲のいかめしきにぞ「殿は今こそ出でさせ給ひけれ。いづれの隈におはしましつらむ。今さへかゝるあだけこそ」といひあへり。さゝめきごとの人々は「いとかうばしき香のうちそよめき出でつるはくわざの君のおはしましつるとこそ思ひつれ。あなむくつけや、しりうごとやほの聞し召しつらむ。煩はしき御心を」とわびあへり。殿は道すがらおぼすに、いとロをしく惡しきことにはあらねど、珍しげなきあはひに世の人も思ひいふべきこと、おとゞの强ひて女御をおししづめ給ふもつらきに、わくらはに人にまさることもやとこそ思ひつれ、妬くもあるかなとおぼす。殿の御中の大かたには昔も今もいとよくおはしながらかやうの方にては挑み聞え給ひし名殘もおぼし出でゝ心うければ寢覺がちにて明し給ふ。大宮もさやうの氣色は御覽ずらむものを世になく悲しうし給ふ御うまごにて任せて見給ふならむと、人々のいひし氣色をめざましう妬しと思すに御心動きて少しをゝしうあざやぎたる御心には鎭めがたし。二日ばかりありて參り給へり。しきりに參り給ふ時は大宮もいと御心ゆき嬉しきものにおばいたり。御尼びたひ引きつくろひうるはしき御小袿など奉りそへて、こながらも耻かしげにおはするひとざまなればまほならずぞ見え奉り給ふ。おとゞ御けしき惡しくて「こゝにさぶらふもはしたなく人々いかに見侍らむと心おかれにたり。はかばかしき身に侍らねど世に侍らむかぎり御めかれず御覽ぜられ覺束なきへだてなくとこそ思ひ給ふれ。善からぬものゝうへにて怨めしと思ひ聞えさせつべきことの出でまうで來たるをかうも思う給へじとかつは思う給ふれど猶しづめ難く覺え侍りてなむ」と淚おしのごひ給ふに宮けさうじ給へる御顏の色たがひて御目もおほきになりぬ。「いかやうなることにてか、今更のよはひの末に心おきてはおぼさるらむ」と聞え給ふもさすがにいとほしけれど「賴もしき御かげに幼きものを奉りおきて自らはなかなか幼くより見給へもつかず、まづめに近きまじらひなどはかばかしからぬを見給へ歎きいとなみつゝさりとも人となさせ給ひてむと賴みわたり侍りつるに思はずなることの侍りければいと口惜しうなむ。誠に天の下ならぶ人なき有職には物せらるめれどしたしきほどにかゝるは人の聞き思ふ所もあはつけきやうになむ。何ばかりの程にもあらぬなからひにだにし侍るをかの人の御ためにもいとかたはなることなり。さしはなれきらきらしう珍しげあるあたりに今めかしうもてなさるゝこそをかしけれ。ゆかりむつび拗けがましきさまにておとゞも聞きおぼす所侍りなむ。さるにてもかゝる事なむと知らせ給ひて殊更にもてなし少しゆかしげある事をまぜてこそ侍らめ。幼き人々の心に任せて御覽じ放ちけるを心うく思う給ふる」と聞え給ふも夢にも知り給はぬことなれば淺ましうおぼして「げにかうのたまふもことわりなれどかけてもこの人々の下の心なむ知り侍らざりける。げにいと口惜しきことは、こゝにこそまして歎くべく侍れ。諸共に罪をおほせ給ふは恨めしきことになむ。見奉りしより心殊に思ひ侍りてそこにおぼし至らむことをもすぐれたるさまにもてなさむとこそ人知れず思ひ侍れ。物げなき程を心の闇に惑ひて急ぎ物せむとは思ひよらぬことになむ。さても誰かはかゝる事は聞えけむ。善からぬ人の事につきてきはだけくおぼしのたまふもあぢきなく空しきことにて人の御名や穢れむ」とのたまへば「何のうきたることにか侍らむ。さぶらふめる人々もかつは皆もどき笑ふべかめるものをいと口惜しく安からず思ひ給へらるゝや」とて立ち給ひぬ。心知れる人はいみじういとほしく思ふ。一夜のしりうごとの人々はまして心地も違ひて何にかゝるむつ物語をしけむと思ひ嘆きあへり。姬君は何心もなくておはするにさし覗き給へればいとらうたげなる御さまを哀に見奉り給ふ。「若き人といひながら心幼く物し給ひけるを知らでいとかく人なみなみにと思ひける我こそまさりてはかなかりけれ」とて御めのとどもをさいなみ給ふに聞えむ方なし。「かやうの事は限なき帝の御いつきむすめもおのづからあやまつためし昔物語にもあめれど氣色をしり傳ふる人さるべきひまにてこそあらめ。これは明暮立ちまじり給ひて年頃おはしましつるを何かはいわけなき御程を宮の御もてなしよりもさしすぐしても隔て聞えさせむとうちとけて過ぐし聞えつるを、一昨年ばかりよりはけざやかなる御もてなしになりにて侍るめるに若き人とてもうちまぎればみ、いかにぞや、世づきたる人もおはすべかめるを夢に亂れたる所おはしまさゞめれば更に思ひよらざりけること」とおのがどちなげく。「よししばしかゝる事漏さじ、隱れあるまじきことなれど心をやりてあらぬ事とだにいひなされよ。今かしこに渡し奉りてむ宮の御心のいとつらきなり。そこたちはさりとも、いとかゝれとしも思はれざりけむ」とのたまへばいとほしき中にも嬉しくのたまふと思ひて「あないみじや、大納言殿に聞え給はむことをさへ思ひ侍れば、めでたきにてもたゞ人のすぢは、何の珍しきにか思う給へかけむ」と聞ゆ。姬君はいと幼げなる御さまにて萬に申し給へどもかひあるべきにもあらねばうち泣き給ひて、「いかにしてかいたづらになり給ふまじきわざはすべからむ」と忍びてさるべさどちのたまひて大宮をのみ恨み聞え給ふ。宮はいといとほしとおぼす中にも、をとこ君の御かなしさはすぐれ給ふにやあらむ、かゝる心のありけるもうつくしう思さるゝに、なさけなくこよなき事のやうにおぼしのたまへるを、などかさしもあるべき、もとよりいたう思ひつき給ふことなくて、かくまでかしづかむともおぼしたゝざりしをわがかくもてなしそめたればこそ春宮の御事をもおぼしかけためれ、とりはづしてたゞ人の宿世あらば、この君より外に優るべき人やは、かたち有樣よりはじめて、等しき人あるべきかは、これよりおよびなからむきはにもとこそ思へと我志のまさればにや、おとゞをうらめしう思ひ聞え給ふ御心の中を見せ奉りたらばましていかに恨み聞え給はむ。かくさわがるらむとも知らでくわざの君參り給へり。一夜も人目しげうて思ふことをもえ聞えずなりにしかば常よりも哀に覺え給ひければ夕つ方おはしたるなるべし。宮例はいひ知らずうちゑみて待ち喜び給ふを、まめだちて物語など聞え給ふついでに「御ことにより內のおとゞのゑんじて物し給ひにしかばいとなむいとほしき。ゆかしげなきことをしも思ひそめ給ひて人に物思はせ給ひつべきが心苦しきことかうも聞えじと思へどさる心も知り給はでやと思へばなむ」と聞え給へば心にかゝれることのすぢなればふと思ひよりぬ。おもて赤みて「何事にか侍らむ。靜なる所に籠り侍りにし後ともかくも人にまじる折なければ怨み給ふべきこと侍らじとなむ思う給ふる」とていと耻かしと思へる氣色を哀に心ぐるしうて「よし今よりだに用意し給へ」とばかりにて異事にいひなし給ひつ。いとゞ文なども通はむことの難きなめりと思ふにいと嘆かし。物まゐりなどし給へど更にまゐらで寢給ひぬるやうなれど心もそらにて人しづまるほどになかさうじをひけど、例はことにさし固めなどもせぬをつとさして人の音もせず。いと心ぼそく覺えてさうじによりかゝりて居給へるにをんな君も目をさまして風の音の竹に待ちとられてうちそよめくに雁の鳴きわたる聲のほのかに聞ゆるに幼き心地にもとかくおぼし亂るゝにや、「雲井の雁もわがことや」とひとりごち給ふけはひ若うらうたげなり。いみじう心もとなければ「これあけさせ給へ。小侍從やさぶらふ」とのたまへど音もせず。御乳母ごなり、ひとりごとを聞き給ひけるもはづかしうてあいなく御顏引き入れ給へど哀は知らぬにしもあらぬぞにくきや。めのとたちなど近く臥してうちみじろくも苦しければかたみに音もせず。

 「さ夜中に友呼びわたるかりがねにうたて吹きそふ荻のうは風。身にもしみけるかな」と思ひ續けて宮の御前にかへりて歎きがちなるも御目覺めてや聞かせ給ふらむとつゝましくみじろき臥し給へり。あいなく物はづかしうて我が御方に疾く出でゝ御文かき給へれど、小侍從にもえ逢ひ給はず、かの御方ざまにもえいかず胸潰れて覺え給ふ。女はたさわがれ給ひし事のみはづかしうて、我が身やいかゞあらむ、人やいかゞ思はむとも深くおぼし入れず、をかしうらうたげにて打ち語らふさまなどを、疎ましとも思ひ離れ給はざりけり。又かくさわがるべき事ともおぼさゞりけるを御後見どもゝいみじうあばめ聞ゆればえことも通はし給はず、おとなびたる人やさるべきひまをも造り出づらむ。をとこ君も今少し物はかなき年の程にて唯いと口惜しうのみ思ふ。おとゞはそのまゝに參り給はず、宮をいとつらしと思ひ聞え給ふ。北の方には斯る事なむと氣色も見せ奉り給はず、唯大方いとむづかしき御氣色にて「中宮のよそほひことにて參り給へるに女御の世の中思ひしめりて物し給ふを心苦しう胸いたきに、まかでさせ奉りて心やすくうち休ませ奉らむ。さすがに上につとさぶらはせ給うてよるひるおはしますめればある人々も心ゆるびせず苦しうのみわぶめるに」とのたまひて俄にまかでさせ奉り給ふ。御暇も許されがたきを、うちむつかり給うて、上はしぶしぶにおぼしめしたるをしひて御むかへし給ふ。「つれづれにおぼされむを姬君わたして諸共にあそびなどし給へ。宮にあづけ奉りたる後やすけれど、いとさくじりおよすけたる人立ちまじりておのづからけぢかきもあいなき程になりにければなむ」と聞え給ひて俄に渡し聞え給ふ。宮いとあへなしとおぼして、「ひとり物せられし女ごなくなり給ひて後いとさうざうしく心ぼそかりしに嬉しうこの君をえて生ける限のかしづきものと思ひて明暮につけて老のむつかしさも慰めむとこそ思ひつれ。思の外にへだてありておぼしなすもつらくなむ」と聞え給へば、うち畏まりて「こゝろに飽かず思う給へらるゝことはしかなむ思う給へらるゝとばかり聞えさせしになむ。深くへだて思う給ふことはいかでか侍らむ。內にさぶらふが世の中うらめしげにてこの頃まかではべるにいと徒然に思ひてくつし侍れば心苦しう見給うるを諸共にあそびわざをもして慰めよと思ひ給へてなむ。あからさまに物し侍るとてはぐゝみ人となさせ給へるをおろかにはよも思ひ聞えさせじ」と申し給へば、かうおぼし立ちにたれば留めきこえ給ふともおぼしかへすべき御心ならぬに、いと飽かず口惜しうおぼされて「人の心こそうきものはあれ。とかくをさなき心どもにもわれに隔てゝ疎ましかりけることよ、又さもこそはあらめ。おとゞの物の心を深う知り給ひながら我をゑんじてかくゐて渡し給ふ事、かしこにてこれより後安きこともあらじ」と打ち泣きつゝのたまふ。折しもくわざの君參り給へり。もしいさゝかのひまもやとこの頃はしげうほのめき給ふなりけり。內の大臣の御車のあれば、心のおにゝはしたなくてやをらかくれて我が御方に入り居給へり。內の大殿のきんだち、左の少將、少納言、兵衞佐、侍從、大夫などいふも皆こゝにはまゐりつどひたれど、みすの內はゆるし給はず。左衞門督權中納言なども異御腹なれど故殿の御もてなしのまゝに今も參り仕うまつり給ふ事ねんごろなれば、その御子どもさまざま參り給へどこの君に似るにほひなく見ゆ。大宮の御志もなずらひなくおぼしたるを、唯この姬君をぞけぢかうらうたきものにおぼしかしづきて御かたはら避けずうつくしきものにおぼしたりつるを、かくて渡り給ひなむがいとさうざうしきことを覺す。殿は「今の程にうちに參り侍りて夕つ方迎へに參り侍らむ」とて出で給ひぬ。いふかひなきことをなだらかにいひなして、さてもやあらましと覺せど猶いと心やましければ、人の御程の少しものものしくなりなむにかたはならず見なして、そのほど志の深さ淺さのおもむきをも見定めてゆるすとも殊更なるやうにもてなしてこそあらめ、制し諫むとも一所にてはをさなき心のまゝに見苦しうこそあらめ、宮もよもあながちに制しのたまふことあらじとおほせば、女御の御徒然にことつけてこゝにもかしこにもおいらかにいひなして渡し給ふなりけり。宮の御ふみにて、「おとゞこそ恨みもし給はめ。君はさりとも志のほどもしり給ふらむ。渡りて見え給へ」と聞え給へればいとをかしげに引き繕ひて渡り給へり。十四になむおはしける。かたなりに見え給へどいとこめかしうしめやかに美くしきさまし給へり。「傍避け奉らず明暮のもてあそび物に思ひ聞えつるを、さうざうしくもあくべきかな。殘りすくなき齡の程にて御有樣を見はつまじきことゝ命をこそ思ひつれ。今さらに見捨てゝ移ろひ給ふやいづちならむと思へばいとこそ哀なれ」とて泣き給ふ。姬君は耻しきことをおぼせば顏ももたげ給はで唯なきにのみ泣き給ふ。をとこ君の御めのと宰相の君出で來て「同じ君とこそ賴み聞えさせつれ。口をしく渡らせ給ふこと殿はことざまにおぼしなることおはしますともさやうにおぼし靡かせ給ふな」などさゝめき聞ゆれば、いよいよ耻しとおぼして物ものたまはず。「いでむつかしきことな聞えられそ。人の御すくせすくせのいと定め難く」とのたまふ。「いでやものげなしとあなづり聞えさせ給ふに侍るめりかし。さりともげにわが君や人に劣り聞えさせ給ふと聞しめしあはせよ」となま心やましきまゝにいふ。くわざの君物の後にいり居て見給ふに人の咎めむもよろしき時こそ苦しかりけれ。いと心細くて淚おしのごひつゝおはするけしきを御乳母いと心苦しう見て宮にとかく聞えたばかりて、夕まぐれの人のまよひにたいめんせさせ給へり。かたみに物耻かしく胸つぶれて物もいはで泣き給ふ。「大臣の御心のいとつらければ、さばれ思ひ止みなむと思へど戀しうおはせむこそわりなかるべけれ。などて少しひまありぬべかりつる日頃よそに隔てつらむ」とのたまふさまもいと若う哀げなれば、まろもさこそはあらめ」とのたまふ。「戀しとはおぼしなむや」とのたまへば、少しうなづき給ふさまもをさなげなり。おほとなぶらまゐり殿まかで給ふけはひこちたく、おひのゝしるみさきの聲に人々「そゝや」などおぢさわげばいと恐しとおぼしてわなゝき給ふ。男はさもさわがればとひたぶるに許し聞え給はず。御乳母參りて求め奉るに氣色を見てあな心づきなや、げに宮しらせ給はぬことにはあらざりけりと思ふにいとつらく、いでやうかりける世かな。殿のおぼしのたまふことは更にも聞えず、大納言殿にもいかに聞かせ給はむ。めでたくとも物の初の六位すくせよ」とつぶやくもほのきこゆ。唯この屛風のうしろに尋ねきて歎くなりけり。をとこ君、我をば位なしとてはしたなむるなりけりとおぼすに、世の中うらめしければ哀も少しさむる心ちしてめざまし。「かれ聞き給へ。

  くれなゐの淚に深き袖の色を淺緣とやいひしをるべき。はづかし」とのたまへば、

 「いろいろに身のうきほどの知らるゝはいかに染めける中の衣ぞ」とのたまひはてぬに、殿入り給へり。わりなくて渡り給ひぬ。をとこ君は立ちとまりたる心地もいと人わろく胸ふたがりて我が御かたにふし給ひぬ。御車三つばかりにて忍びやかに急ぎ出で給ふ。けはひを聞くもしづ心なければ宮の御まへより參り給へとあれど寢たるやうにて動きもし給はず。淚のみとゞまらねば嘆きあかして霜のいと白きに急ぎ出で給ふ。うちはれたるまみも人に見えむがはづかしきに宮はためしまつはすべかめれば心やすき所にとて急ぎ出で給ふなりけり。道のほど人やりならず心細く思ひ續くるに空の氣色もいたう曇りてまだくらかりけり。

 「霜氷うたてむすべる明くれの空かきくらし降るなみだかな」。

おほい殿には今年五節奉りたまふ。何ばかりの御いそぎならねどわらはべのさう束など近うなりぬとて急ぎせさせ給ふ。ひんがしの院には參りの夜の人々さう束せさせ給ふ。殿には大方のことゞも中宮よりもわらはしもづかへのれうまでえならで奉れ給へり。過ぎにし年五節などとまりしがさうざうしかりしつもりも取り添へ人の心地も常よりも花やかに思ふべかめる年なれば、所々いどみていといみじく萬を盡し給ふ聞えあり。あぜちの大納言、左衞門の督、うへの五節には良淸今は近江の守にて左中辨なるなむ奉りける。皆とゞめさせ給ひて宮づかへすべく仰言ことなる年なればむすめを各奉り給ふ。殿の舞姬は惟光の朝臣の津のかみにて左京の大夫かけたるむすめかたちなどいとをかしげなる聞えあるを召す。からいことに思ひたれど「大納言の外ばらのむすめを奉らるなるに、朝臣のいつき娘出したてたらむ、何のはぢかあるべき」とさいなめば侘びて同じくは宮づかへやがてせさすべく思ひおきてたり。舞ならはしなどは、さとにていとようしたてゝかしづきなどしたしう身にそふべきはいみじうえり整へて、その日の夕つけて參らせたり。殿にも御かたがたのわらはしもづかへのすぐれたるをと御覺じくらべえり出でらるゝ心地どもはほどほどにつけていとおもだゝしげなり。ごぜんに召して御覽ぜむうちならしにおまへを渡らせてと定め給ふ。捨つべうもあらずとりどりなるわらはべのやうだいかたちをおぼし煩ひて「今一所の料をこれより奉らばや」など笑ひ給ふ。たゞもてなし用意によりてぞえらびに入りける。大がくの君胸のみふたがりて物などもみいれられずくつしいたくて文も讀まで眺めふし給へるを、心もやなぐさむと立ち出でゝ紛れありき給ふ。さまかたちはめでたくをかしげにてしづやかになまめい給へれば若き女房などはいとをかしと見奉る。うへの御方にはみすの前にだに物近うももてなし給はず我が御心ならひ、いかにおぼすにかありけむ、うとうとしければ御達などもけどほきを今日は物のまぎれに入り立ち給へるなめり。舞姬かしづきおろして、妻戶のまに屛風など立てゝ、かりそめのしつらひなるにやをら寄りて覗き給へばなやましげにてそひ臥したり。唯かの人の御程と見えて今少しそびやかに、やうだいなどのことさらびをかしき所は優りてさへ見ゆ。暗ければこまやかには見えねど程のいとよく思ひ出でらるゝさまに心移るとはなけれどたゞにもあらできぬの裾を引きならし給ふ。何心もなくあやしと思ふに、

 「あめにますとよをかひめの宮人もわが心ざすしめをわするな。みづがきの」との給ふぞ、うちつけなりける。若うをかしき聲なれど誰ともえ思ひなされず、なまむつかしきにけさうじそふとて騷ぎつる後見ども近うよりて、人騷がしうなればいと口惜しうて立ち去り給ひぬ。あさぎの心やましければ內へ參り給ふこともせず、ものうがり給ふを五節にことづけて直衣などさま變れる色ゆるされて參り給ふ。きびはに淸らなるものからまだきにおよすけてざれありき給ふ。帝よりはじめ奉りておぼしたるさまなべてならず世に珍しき御おぼえなり。五節のまゐる儀式はいづれともなく心々に二なくし給へるを舞姬のかたち大殿のと大納言殿のとは勝れたりとめでのゝしる。げにいとをかしげなれどこゝしう美しげなることは猶大殿には及ぶまじかりけり。物淸げに今めきてそのものとも見ゆまじうしたてたるやうだいなどのありがたうをかしげなるをかう譽めらるゝなめり。例の舞姬どもよりは、皆少しおとなびつゝげに心ことなる年なり。殿參り給ひて御覽ずるに昔御目とまり給ひしをとめの姿をおぼしいづ。たつの日の暮つかたつかはす。御文のうち思ひやるべし。

 「をとめ子も神さびぬらし天津袖ふるき世の友よはひ經ぬれば」。年月のつもりを數へて、うちおぼしけるまゝのあはれを忍び給はぬことのをかしう覺ゆるもはかなしや。

 「かけていへば今日のことゝぞ思ほゆる日かげの霜の袖にとけしも」。淸摺の紙よくとりあへてまぎらはし書いたるこ墨、薄墨、草がちにうちまぜ亂れたるも人の程につけてはをかしと御覽ず。くわざの君も人の目とまるにつけても人知れず思ひありき給へどあたり近くだによせずいとけゝしうもてなしたれば物つゝましき程の心には歎しうて止みぬ。かたちはしもいと心につきてつらき人のなぐさめにも見るわざしてむやと思ふ。やがて皆留めさせ給ひて宮仕すべき御氣色ありけれどこの度はまかでさせて近江のは辛崎の祓津のかみはなにはといどみてまかでぬ。大納言も殊更に參らすべきよし奏せさせ給ふ。左衞門督その人ならぬを奉りてとがめありけれどそれもとゞめさせ給ふ。津のかみは、ないしのすけあきたるにと申させたれば、さもやいたはらましと大殿もおぼいたるを、かの人は聞きたまひていと口をしと思ふ。我が年のほど位などかく物げなからずば乞ひ見てましものを、思ふ心ありとだにしられでやみなむことゝわざとのことにはあらねどうちそへて淚ぐまるゝ折々あり。せうとの童殿上する常にこの君に參り仕うまつるを例よりも懷しう語らひ給うて「五節はいつかうちへは參る」と問ひ給ふ。「今年とこそは聞き侍れ」と聞ゆ。「顏のいとよかりしかばすゞろにこそ戀しけれ。ましが常に見るらむもうらやましきを又見せてむや」とのたまへば「いかでかさは侍らむ。心に任せても得見侍らず、 をのこはらからとて近くもよせ侍らねばましていかでか君達には御覽ぜさせむ」と聞ゆ。「さらば文をだに」とて賜へり。さきざきかやうのことはいふものをと苦しけれどせめて給へばいとほしうてもていぬ。年の程よりはざれてやありけむ、をかしと見けり。綠の薄樣のこのましきかさねなるに手はまだいと若けれど生ひさき見えていとをかしげに、

 「日かげにもしるかりけめやをとめ子があまのは袖にかけし心は」。ふたり見るほどに父ぬしふとより來たり、恐しうあきれてえ引き隱さず「なぞの文ぞ」とて取るにおもて赤みて居たり。よからぬわざしけりとにくめば、せうと逃げていくを呼びよせて「たがぞ」と問へば「殿のくわざの君のしかじかのたまひてたまへる」といへば名殘なくうち笑みて「いかにうつくしき君の御ざれ心なり。きんちらは同じ年なれどいふかひなくはかなかめり」など譽めて母君にも見す。この君達の少し人かずにおぼしぬべからましかばおほざうの宮仕よりは奉りてまし。殿の御心おきてを見るにみそめ給ひてむ人を御心とは忘れ給ふまじきにこそいと賴もしけれ。明石の入道のためしにやならまし」などいへど皆急ぎ立ちにけり。かの人は文をだにえやり給はず立ちまさる方のことし心にかゝりて程ふるまゝにわりなく戀しき面かげに又あひ見でやと思ふより外のことなし。宮の御もとへも、あいなく心うくて參り給はずおはせしかた年頃遊び馴れし所のみ思ひ出でらるゝことまされば里さへうく覺え給ひつゝまた籠り居給へり。殿はこの西の臺にぞ聞えあづけ奉り給ひける。「大宮の御世の殘り少げなるをおはさずなりなむ後もかく幼き程より見ならはして後見おぼせと」聞え給へば唯のたまふまゝの御心にて懷しう哀に思ひあつかひ奉り給ふ。ほのかになど見奉るにもかたちのまほならずもおはしけるかな、かゝる人をも人は思ひ捨て給はざりけりなどわがあながちにつらき人の御かたちを心にかけて戀しと思ふもあぢきなしや。心ばへのかやうにやはらかならむ人をこそあひ思はめと思ふ。又向ひて見るかひなからむもいとほしげなり。かくて年經給ひにけれど殿のさやうなる御かたち御心とみ給うてはまゆふばかりのへだてさしかくしつゝ何くれともてなし紛はし給ふめるもうべなりけりと思ふ心のうちぞ耻しかりける。大宮のかたちことにおはしませどまだいと淸らにおはしこゝにもかしこにも人はかたちよきものとのみめなれ給へるをもとより勝れざりける御かたちのやゝさだ過ぎたる心ちしてやせやせに御ぐしすくなゝるなどがかくそしらはしきなりけり。年の暮にはむつきの御さうぞくなど宮はたゞこの君一所の御ことをまじることなう急ぎ給ふ。あまたくだりいと淸らにしたて給へるを見るも物うくのみ覺ゆれば「朔日などには必ずしも內へ參るまじう思ひ給ふるに何にかく急がせ給ふらむ」と聞え給へば「などてかさもあらむ。老いくづほれたらむ人のやうにものたまふかな」とのたまへば「老いねどくづほれたる心地ぞするや」とひとりごちて打ち淚ぐみて居給へり。かの事を思ふならむといと心苦しうて宮もうち潛み給ひぬ。「男は口惜しききはの人だに心をたかうこそつかうなれ。あまりしめやかにかくな物し給ひそ。何かかう眺めがちに思ひ入れ給ふべき。ゆゝしう」とのたまふ。「何かは。六位など人のあなづり侍るめれば暫しの事とは思う給うれどうちへ參るも物憂くてなむ。故大臣おはしまさましかばたはふれにても人にはあなづられ侍らざらまし。物隔てぬ親におはすれどいとけゞしうさし放ちておぼいたればおはしますあたりにたやすくも參りなれ侍らず。ひんがしの院にてのみなむおまへ近く侍る。對の御方こそ哀に物し給へ。おや今一所おはしまさましかば何事を思ひ侍らまし」とて淚の落つるを紛はし給へる氣色いみじう哀なるに宮はいとゞほろほろと泣き給ひて「母に後るゝ人は程々につけてさのみこそ哀なれどおのづからすくせすくせに人と成りたちぬればおろかに思ふ人もなきわざなるを思ひ入れぬさまにて物し給へ。故おとゞの今しばしだに物し給へかし。限なきかげには同じことゝ賴み聞ゆれど思ふにかなはぬことの多かるかな。內のおとゞの心ばへもなべての人にはあらずと世の人もめでいふなれば昔に變ることのみまさりゆくに命長さもうらめしきに生ひさき遠き人さへかくいさゝかにても世を思ひしめり給へればいとなむよろづうらめしき世なる」とてなきおはします。ついたちにも大殿は御ありきしなければのどやかにておはします。良房のおとゞと聞えける古の例になずらへて白馬ひき節會の日はうちの儀式をうつして昔のためしよりもことそへていつかしき御有樣なり。二月の廿日餘朱雀院に行幸あり。花盛はまだしき程なればやよひは故宮の御いみづきなり。とくひらけたる櫻の色もいとおもしろければ院にも御用意ことにつくろひみがゝせ給ひ行幸に仕うまつり給ふ上達部みこたちよりはじめ心づかひし給へり。人々皆靑色に櫻がさねを着給ふ。帝は赤色の御ぞ奉れり。召しありておほきおとゞ參り給ふ。おなじ赤色を着給へればいよいよひとつものとかゞやきて見えまがはせ給ふ。人々のさう束用意常よりことなり。院もいと淸らにねびまさらせ給うて御さまよういなまめきたる方にすゝませ給へり。今日はわざとのもんにんも召さず、たゞそのざえかしこしと聞えたる學しやう十人をめす。式部の司のこゝろみの題をなずらへて御題たまふ。大殿の太郞君の心み給ふべき故なめり。おくだかきものどもはものもおぼえずつながぬ船に乘りて池にはなれ出でゝいとすべなげなり。日やうやうくだりてがくの船どもこぎまひて調子ども奏する程の山風の響おもしろく吹き合せたるにくわざの君はかう苦しき道ならでもまじらひ遊びぬべきものをと世の中うらめしう覺え給ひけり。春鶯囀まふほどに昔の花の宴の程おぼし出でゝ院の帝又さばかりのこと見てむやとの給はするにつけてその世の事哀におぼしつゞけらる。舞ひはつるほどにおとゞ院に御かはらけ參りたまふ。

 「鶯のさへづる春はむかしにてむつれし花のかげぞかはれる」。院の上、

 「九重をかすみへだつるすみかにも春とつげくるうぐひすの聲」。帥の宮ときこえし、今は兵部卿にて、今の上に御かはらけまゐり給ふ。

 「いにしへをふきつたへたる笛竹にさへづる鳥の音さへかはらぬ」。あざやかに奏しなし給へる用意ことにめでたし。取らせ給ひて、

 「うぐひすの昔をこひてさへづるは木傳ふ花の色やあせたる」とのたまはする御有樣こよなくゆゑゆゑしくおはします。これは御わたくしざまにうちうちのことなればあまたにも流れずやなりにけむ、又かき落してけるにやあらむ、樂所遠くて覺束なければお前に御琴どもめす。兵部卿宮琵琶、內のおとゞ和琴、箏の御琴院の御前にまゐりて、きんは例のおほきおとゞたまはり給ふ。さるいみじき上手の勝れたる御手づかひどもの盡し給へるねは譬へむかたなし。さう歌の殿上人あまたさぶらふ。あなたうとあそびて次にさくら人、月朧にさし出でゝをかしきほどに中島のわたりにこゝかしこ篝火ども燈しておほみあそびはやみぬ。夜更けぬれどかゝるついでに、おほきさいの宮おはします方をよぎてとぶらひ聞えさせ給はざらむもなさけなければかへさに渡らせ給ふ。大臣も諸共にさぶらひ給ふ。后待ちよろこび給ひて御たいめんあり。いといたうさだすぎ給ひにける御けはひにも故宮を思ひ出で聞え給ひてかく長くおはしますたぐひもおはしけるものをと口惜しうおもほす。「今はかくふりぬる齡に萬の事忘られ侍りにけるを、いと辱く渡りおはしまいたるになむ更に昔の御世の事思ひ出でられ侍る」とうち泣き給ふ。「さるべき御かげどもにおくれ侍りて後、春のけぢめも思う給へわかれぬを今日なむ慰め侍りぬる。又々も」と聞え給ふ。おとゞもさるべきさまに聞きて「殊更にさぶらひて」など聞え給ふ。のどやかならで歸らせ給ふひゞきにも后の猶胸うちさわぎていかにおぼし出づらむ。世をたもち給ふべき御宿世はけたれぬものにこそといにしへを悔いおぼす。ないしのかんの君ものどやかにおぼし出づるに哀なること多かり。今もさるべきをり風のつてにもほのめき給ふこと絕えざるべし。后はおほやけに奏せさせ給ふことある時々ぞ御たうばりのつかさかうふり何くれのことにふれつゝ御心にかなはぬ時ぞ命長くてかゝる世の末を見ることゝ取りかへさまほしう萬をおぼしむつかりける。老いもておはするまゝにさがなさもまさりて院もくらべ苦しう堪へがたくぞ思ひ聞え給ひける。かくて大學の君その日の文うつくしうつくり給ひて進士になり給ひぬ。年積れるかしこき者どもをえらせ給ひしかども及第の人僅に三人なむありける。秋の司召にかうふりえて侍從に成り給ひぬ。かの人の御こと忘るゝ世なけれどおとゞのせちにまもり聞え給ふもつらければわりなくてなどもたいめんし給はず、御せうそこばかりさりぬべき便に聞え給ひてかたみに心苦しき御中なり。

おほひ殿しづかなる御住ひを同じくは廣く見所ありてこゝかしこにて覺束なき山里人などをも集へすませむの御心にて六條京極わたりに中宮のふるき宮のほとりを四まちをしめて造らせ給ふ。式部卿宮明けむ年ぞ五十になり給ひけるを御賀のこと對の上おぼしまうくるにおとゞもげに過ぐし難きことゞもなりとおぼしてさやうの御いそぎも同じくは珍しからむ御家ゐにてといそがせ給ふ。年かへりてはましてこの御いそぎの事御としみのこと樂人舞人のさだめなどを御心に入れて營み給ふ。經佛法事の日のさうぞく祿どもなどをなむうへは急がせ給ひける。ひんがしの院にもわけてし給ふことゞもあり。御なからひましていとみやびかに聞えかはしてなむ過ぐし給ひける。世の中響きゆすれる御いそぎなるを式部卿の宮にも聞しめして年頃世の中にはあまねき御心なれどこのわたりをばあやにくになさけなく事にふれてはしたなめ宮人をも御用意なくうれはしきことのみ多かるにつらしと思ひ置き給ふことこそはありけめといとほしくもからくもおぼしけるをかくあまたかゝづらひ給へる人々多かる中に取りわきたる御思ひすぐれて世に心にくゝめでたきことに思ひかしづかれ給へる御宿世をぞ我家まではにほひこねどめいぼくにおぼすに、又かくこの世にあまるまでひゞかしいとなみ給ふは覺えぬ齡の末の盛にもあるべきかなとよろこび給ふを北の方は心ゆかずものしとのみおぼしたり。女御の御まじらひの程などにもおとゞの御用意なきやうなるをいよいようらめしと思ひしみ給へるなるべし。八月には六條の院造りはてゝわたり給ふ。未申の町は中宮の御ふるみやなればやがておはしますべし。辰巳には殿のおはすべき町なり。丑寅はひんがしの院に住み給ふ臺の御方、戌亥の町は明石の御方とおぼしおきてさせ給へり。もとありける池山をもびんなき所なるをばくづしかへて水のおもむき山のおきてをあらためて、さまざまに御方々の御ねがひの心ばへを造らせ給へり。南ひんがしは山高く春の花の木數をつくしてうゑ池のさまおもしろく勝れておまへ近き前栽に五葉、紅梅、櫻、藤、山吹、岩つゝじなどやうの春のもてあそびをわざとは植ゑて秋の前栽をばむらむらほのかにまぜたり。中宮の御町をばもとの山に紅葉の色こかるべき植木どもを植ゑ泉の水とほくすまし遣水の音優るべき岩をたて加へ瀧おとして秋の野を遙につくりたる、そのころにあひて盛にさき亂れたり。嵯峨の大井のわたりの野山むとくにけおされたる秋なり。北のひんがしは凉しげなる泉ありて夏のかげによれり。御まへ近き前栽吳竹下風すゞしかるべく木だかき森のやうなる木ども木ぶかくおもしろく山里めぎて、卯の花がきねことさらにしわたして昔おぼゆる花橘、瞿麥、さうび、くだになどやうの花のくさくさをうゑて、春秋の木草その中にうちまぜたり。ひんがしおもては分きてうま塲のおとゞつくり埒ゆひて五月の御遊所にて水のほとりにさうぶうゑしげらせて、むかひにみまやして世になきじやうめどもをとゝのへたてさせ給へり。西の町は、北おもてつきわけて、みくら町なり。へだての垣に松の木しげく雪をもてあそばむたよりによせたり。冬のはじめ朝霜のむすぶべき菊のまがきわれはがほなる柞原、をさをさ名もしらぬ深山木どもの木深きなどをうつし植ゑたり。彼岸のころほひ渡り給ふ。一度にと定めさせ給ひしかどさわがしきやうなりとて中宮は少しのべさせ給ふ。例のおひらかに氣色ばまぬ花ちる里ぞその夜そひてうつろひ給ふ。春の御しつらひはこの頃にあはねどいと心ことなり。御車十五御前四位五位がちにて六位の殿上人などはさるべき限をえらせ給へり。こちたき程にはあらず世のそしりもやと省き給へれば何事もおどろおどろしういかめしきことはなし。今一方の御氣色もをさをさおとし給はで侍從の君そひてそなたはもてかしづき給へばげにかうもあるべき事なりけりと見えたり。女房の曹司まちどもあてあてのこまげぞ大方のことよりもめでたかりける。五六日過ぎて中宮まかでさせ給ふ。この御儀式はたさはいへどいと所せし。御さいはひのすぐれ給へりけるをばさるものにて、御有樣の心にくゝおもりかにおはしませば世に重く思はれ給へる事すぐれてなむおはしましける。このまちまちの中のへだてには塀どもらうなどをとかくゆきかよはしてけぢかくをかしきあはひにしなし給へり。九月になれば紅葉むらむら色づきて宮の御まへえもいはずおもしろし。風うち吹きたる夕暮に御箱の蓋にいろいろの花紅葉をこきまぜてこなたに奉らせ給へり。おほきやかなるわらはの、濃き衵、紫苑の織物かさねて赤朽葉のうすものゝかざみ、いといたうなれて、らう渡殿のそりはしを渡りてまゐる。うるはしき儀式なれどわらはのをかしきをなむえおぼし捨てざりける。さる所に侍ひなれたればもてなし有樣外には似ずこのましうをかし。御せうそこには、

 「こゝろから春まつそのはわがやどの紅葉を風のつてにだに見よ」。若き人々、御つかひもてはやすさまどもをかし。御かへりはこの御箱の蓋にこけ敷きいはほなどの心ばへして五葉の枝に、

 「風に散る紅葉はかろし春の色を岩ねの松にかけてこそ見め」。この岩根の松もこまかに見れば、えならぬつくりごとゞもなりけり。かくとりあへず思ひより給へるゆゑゆゑしさなどを、をかしく御らんず。御前なる人々もめであへり。おとゞ「この紅葉の御せうそこいとねたげなめり。春の花ざかりにこの御いらへは聞え給へ。この頃紅葉をいひくたさむは立田姬の思はむこともあるを、さししぞきて花の陰に立ち隱れてこそ强きことは出でこめ」と聞え給ふもいと若やかにつきせぬ御有樣の見所おほかるにいとゞ思ふやうなる御すまひにて聞えかよはし給ふ。大井の御方はかう方々の御うつろひ定りて數ならぬ人はいつとなく紛はさむとおぼして神無月になむ渡り給ひける。御しつらひことの有樣劣らずして渡し奉り給ふ。姬君の御ためをおぼせば、大方の作法もけぢめこよなからずいとものものしくもてなさせ給へり。