kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 寄生

源氏物語 寄生 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 下』からのコピーを含みます。

 

寄生

その頃藤壺と聞ゆるは故左大臣殿の女御になむおはしける。まだ春宮と聞えさせし時人よりさきに參り給ひにしかば、むつましう哀なる方の御思ひはことに物し給ふめれど、そのしるしと見ゆるふしもなくて年經給ふに、中宮には宮達さへあまたこゝらおとなび給ふめるに、さやうのことも少なくて唯女宮一所をぞ持ち奉り給へりける。わがいと口惜しう人におされ奉りぬる宿世歎かしく覺ゆるかはりに、この宮をだにいかで行末の心も慰むばかりにて見奉らむとかしづき聞え給ふことおろかならず。御かたちもいとをかしくおはすれば帝もらうたきものに思ひ聞えさせ給へり。女一宮を世にたぐひなきさまにもてかしづき聞えさせ給ふに、おほかたの世のおぼえこそ及ぶべうもあらね、うちうちの御有樣はをさをさ劣らず。父おとゞの御いきほひいかめしかりし名殘いたく衰へねば、殊に心もとなきことなどなくて、侍ふ人々のなりすがたよりはじめたゆみなく時々につけつゝとゝのへ好みて、今めかしくゆゑゆゑしきさまにもてなし給へり。十四になり給ふ年、御裳着せ奉り給はむとて春よりうちはじめて、ことごとなくおぼし急ぎて何事もなべてならぬさまにとおぼしまうく。いにしへより傅はりける寶物ども、この折にこそはと搜し出でつゝいみじく營み給ふに、女御夏頃ものゝけに煩ひ給ひていとはかなくうせ給ひぬ。いふかひなく口惜しきことを內にもおぼし歎く。心ばへなさけなさけしく懷しき所おはしつる御方なれば殿上人どもゝ「こよなくさうざうしかるべきわざかな」と惜み聞ゆ。大方さるまじききはの女官などまで忍び聞えぬはなし。宮はまして若き御心ちに心ぼそう悲しくおぼし入りたるを、聞し召して心苦しく哀に思し召さるれば御なゝなぬか過ぐるまゝに忍びて參らせ給へり。日々に渡らせ給ひつゝ見奉らせ給ふ。黑き御ぞにやつれておはするさまいとゞらうたげにあてなる氣色まさり給へり。御心ざまもいとよくおとなび給ひて母女御よりも今少ししづやかにおもりかなる所はまさり給へるを、うしろ安くは見奉らせ給へど、誠には御母方とても後見と賴ませ給ふべきをぢなどやうのはかばかしき人もなし。僅に大藏卿すりのかみなどいふは女御にもこと腹なりけり。殊に世の覺えおもりかにもあらずやんごとなからぬ人々をたのもし人にておはせむに、女は心苦しき事多かりぬべきこそいとほしけれなど、御心ひとつなるやうにおぼしあつかふも安からざりけり。お前の菊うつろひはてゞ盛なる頃空の氣色も哀にうちしぐるゝにも、まづこの御方に渡らせ給ひて昔のことなど聞えさせ給ふに、御いらへなどもおほどかなるものからいはけなからずうち聞えさせ給ふをうつくしく思ひ聞えさせ給ふ。かやうなる御さまを見知りぬべからむ人のもてはやし聞えむもなどかはあらざらむ。朱雀院の姬宮を六條院に讓り聞え給ひしをりの定めどもなどおぼし出づるに暫しはいでや飽かずもあるかな、さらでもおはしなましと聞ゆる事どもありしかど、源中納言の人より異なるありさまにてかく萬を後見奉るにこそ、そのかみの御おぼえ衰へずやんごとなきさまにてはながらへ給ふめれ、さらずば御心より外なる事ども出できておのづから人にかろめられ給ふこともやあらましなどおぼしつゞけて、ともかくも御覽ずる世にや思ひ定めましとおぼしよるには、やがてその序のまゝにこの中納言より外によろしかるべき人またなかりけり。宮逹の御傍にさし並べたらむに何事もめざましくはあらじを、もとより思ふ人もたりとて聞きにくき事などうちまずまじうはたあめるを、遂にはさやうの事なくてしもえあらじ、さらぬさきにさもやほのめかしてましなど折々おぼしめしけり。御碁などうたせ給ふ。暮れ行くまゝに時雨をかしき程に花の色も夕ばえしたるを御覽じて、人めして「唯今殿上に誰々か」と問はせ給ふに「中務のみこ、かんづけのみこ、中納言源の朝臣さぶらふ」と奏す。「中納言朝臣こなたに」と仰せごとありて、參り給へり。げにかく取りわきて召し出づるもかひありて遠く薰れる匂ひより始め人に異なるさまし給へり。「今日のしぐれ常より殊に長閑なるを、遊などすさまじき方にていとつれづれなるを、いたづらに日を送るたはぶれにてもこれなむよかるべき」とて碁盤召し出でゝ御碁のかたきに召しよす。いつもかやうにけ近くならしまつはし給ふにならひたれば、さにこそはと思ふに、「よきのりものはありぬべけれど、かるがるしくはえ渡すまじきを何をかは」などのたまはする御氣色いかゞ見ゆらむ、いとゞ心づかひして侍ひ給ふ。さてうたせ給ふに三番にかずひとつ負けさせ給ひぬ。「ねたきわざかな」とて「まづ今日はこの花一枝ゆるす」とのたまはすれば、御いらへ聞えさせでおりておもしろき枝を折りて參り給へり。

 「世のつねの垣根ににほふ花ならば心のまゝに折りて見ましを」と奏し給へる、用意あさからず見ゆ。

 「霜にあへず枯れにし園の菊なれど殘の色はあせずもあるかな」とのたまはす。かやうに折々ほのめかさせ給ふ御氣色を人づてならずうけ給はりながら例の心のくせなればいそがしくしも覺えず。いでや本意にもあらずさまざまにいとほしき人々の御ことゞもをもよく聞き過ぐしつゝ年經ぬるを今さらにひじりやうのものゝ世にかへり出でむ心ちすべきことゝ思ふもかつはあやしや。殊更に心を盡す人だにこそあなれとは思ひながら、后腹におはせばしもと覺ゆる心のうちぞあまりおほけなかりける。かゝる事を左大臣殿ほの聞き給ひて、六の君はさりともこの君にこそはしぶしぶなりともまめやかに恨みよらば遂にはえいなびはてじとおぼしつるを、思のほかなる事出できぬべかめりと妬くおぼされければ、兵部卿の宮はた、わざとにはあらねど折々につけつゝをかしきさまに聞え給ふ事絕えざりければ、さばれなほざりの御すきにはありともさるべきにて御心とまるやうもなどかなからむ、水もるまじく思ひ定むとてもなほなほしききはにくだらむはたいと人わろく飽かぬこゝちすべしなどおぼしなりにたり。「女ごうしろめたげなる世の末にてみかどだに婿もとめ給ふめる世にましてたゞ人のさかりすぎむもあいなし」などそしらはしげにのたまひて、中宮にもまめやかに恨み申し給ふこと度かさなりければ、きこしめし煩ひて「いとほしくかくおふなおふな思ひ心ざして年へたまひぬるをあやにくに遁れ聞え給はむもなさけなきやうならむ。みこたちは御後見からこそともかくもあなれ、うへの御世も末になり行くとのみおぼしのたまふめるをたゞ人こそひとかたにさだまりぬれば又心をわけむこともかたげなめれ。それだにかのおとゞのいとまめだちながらこなたかなたうらやみなくもてなしてものし給はずやはある。ましてこれは思ひおきて聞ゆることもかなはゞあまたも侍はむになどかあらむ」など例ならずことつゞけてあるべかしう聞えさせ給ふに、我が御心にももとよりもてはなれてはたおぼさぬことなればあながちにはなどてかはあるまじきさまにも聞えさせ給はむ、唯いとことうるはしげなるあたりにとりこめられて心安くならひ給へるありさまの所せからむことをなまぐるしくおぼすに物うきなれど、げにこのおとゞにあまりゑんぜられてむもあいなからむなどやうやうおぼしよわりにたるなるべし。あだなる御心なればかのあぜちの大納言の紅梅の御方をもなほおぼしたえず、花紅葉につけてものたまひ渡りつゝ、いづれをもゆかしうはおぼされけり。されどその年は變りぬ。女二宮も御ぶくはてぬればいとゞ何事にかは憚り給はむ。「さも聞え出でばとおぼし召したる御けしきになむ」と吿げ聞ゆる人々もあるを、あまりしらず顏ならむもひがひがしうなめげなりなどおぼしおこして、さるべきたよりしてけしきばみ聞え給ふをりをりもあるに、はしたなきやうはなどてかはあらむ。その程におぼし定めたなりとつてにも聞きみづから御氣色をも見れど、心のうちには猶飽かで過ぎ給ひにし人の悲しさのみ忘らるべき世なくおぼゆれば、うたてかく契深く物し給ひける人のなどてかはさすがにうとくてはすぎにけむと心得難く思ひ出でらる。口惜しきしななりともかの御ありさまに少しも覺えたらむ人は心もとまりなむかし。昔ありけむ香の烟につけてだに今ひとたび見奉るものにもがなとのみ覺えて、やんごとなき方ざまにいつしかなどは急ぐ心もなし。左のおほい殿には急ぎたちて八月ばかりにと聞え給ひてけり。二條院の對の御方には聞き給ふに、さればよ、いかでかは數ならぬ有樣なめれば、必ず人笑へに憂き事出でこむものぞとは思ふおもふ過しつる世ぞかし、あだなる御心と聞き渡りしをたのもしげなく思ひながら、めに近くては殊につらげなることも見えず哀に深き契をのみし給へるを、俄にかはり給はむほどいかゞはやすき心地はすべからむ、たゞ人のなからひなどのやうにいとしも名殘なくなどはあらずとも、いかにやすげなきこと多からむ、猶いと憂き身なめれば遂には山住みに歸るべきなめりなどおぼすにも、やがて跡絕えなましよりは山がつの待ち思はむも人笑へなりかし、かへすがへすも故宮ののたまひ置きしことにたがひて草のもとおかれにける心かるさを恥しうもつらくも思ひ知られ給ふ。故姬君のいとしどけなくものはかなきさまにのみ何事をも思しのたまひしかど、心の底のつしやかなる所はこよなくもおはしけるかな、中納言の君の今に忘らるべき世なく歎き渡り給ふめれど、若し世におはせましかば又かやうにおぼす事はありもやせまし、それをいとふかういかでさはあらじと思ひ入り給ひてとざまかうざまにもて離れむことをおぼしてかたちをもかへてむとし給ひしぞかし、必ずさるさまにてぞおはせまし、今思ふに、いかにおもりかなる御心おきてならまし、なき御かけどもゝ我をばいかにこよなきあはつけさと見給ふらむと恥しう悲しくおぼせど、何かはかひなきものからかゝるけしきをも見え奉らむと忍びかへしつゝ聞きも入れぬさまにてすぐし給ふ。宮は常よりも哀になつかしうおきふし語らひ契りつゝ、この世のみならず長きことをのみぞたのめ聞え給ふ。さるはこのさつきばかりより例ならぬさまに惱しうし給ふこともありけり。こちたく苦しがりなどはし給はねど常よりも物參ることいとゞなくふしてのみおはするを、まださやうなる人の有樣などよくも見知り給はねば、たゞあつき頃なればかくおはするなめりとぞおぼしける。さすがに怪しとおぼし咎むることもありて「もしいかなるぞ。さる人こそさやうには惱むなれ」などのたまふ折もあれど、いと恥しうし給ひてさりげなくのみもてなし給へるを、さし過ぎ聞え出づる人もなければたしかにも得知り給はず。八月になりぬればその日などほかよりぞ傅へ聞き給ふ。宮は隔てむとにはあらねどいひ出でむ程心苦しういとほしくおぼされてさものたまはぬを女君はそれさへぞ心憂く覺え給ふ。忍びたることもあらず世の中なべて知りたることをその程などだにのたまはぬことゝ、いかゞうらめしからざらむ。かく渡り給ひにし後はことなることなければうちに參り給うてもよるとまることはことにし給はず、こゝかしこの御よがれなどもなかりつるを、俄にいかに思ひ給はむと心苦しきまぎらはしに、この頃は時々御とのゐとて參りなどし給ひつゝかねてよりならはし聞え給ふをも唯つらき方にのみぞ思ひおかれ給ふべき。中納言殿もいといとほしきわざかなと聞き給ふに、花ごゝろにおはする宮なれば哀とはおぼすともいまめかしきかたに必ず御心うつろひなむかし、女がたもいとしたゝかに物し給ふわたりにてゆるびなく聞えまつはし給はゞ月頃もさもならひ給はで待つ夜おほく過し給はむこそ哀なるべけれなど思ひよるにつけても、あいなしや、我が心よ何しにゆづり聞えけむ、昔の人に心をしめてし後大方の世をも思ひ離れて住みはてたりしかたの心も濁りそめしかば、唯かの御事をのみとざまかうざまには思ひながらさすがに人の心許されであらむことは始より思ひしほいなかるべしと憚りつゝ、唯いかにして少しも哀と思はれてうち解け給へらむ氣色をも見むと行くさきのあらましごとのみ思ひ續けしに、人は心にもあらずもてなしてさすがに一かたにてもえさし放つまじう思ひ給へるなぐさめに、同じ身ぞといひなしてほいならぬかたにおもむけ給ひしが妬くうらめしかりしかば、まづその心おきてをたがへむとて急ぎせしわざぞかしなど、あながちにめゝしう物ぐるほしくゐてありきたばかり聞えしほど思ひ出づるもいとけしからざりける心かなと返す返すぞくやしき、宮もさりともその程の有樣思ひ出で給はゞわが聞かむ所をも少しは憚り給はじやと思ふに、いでや今はそのをりのことなどかけてものたまひ出でざめりかし。猶あだなるかたに進み移りやすなる人は、女のためのみにもあらず、たのもしげなくかるがるしきこともありぬべきなめりかしなどにくゝ思ひ聞え給ふ。わが誠にあまりひとかたにしみたる心ならひに人はいとこよなくもどかしく見ゆるなるべし、かの人をむなしう見奉りなしてし後おもふには、帝の御むすめをたまはむとおぼしおきつるも嬉しくもあらず、この君をえましかばとおぼゆる心の月日にそへてまさるも唯かの御ゆかりと思ふに思ひ離れがたきぞかし、はらからといふ中にも限なく思ひかはし給へりしものを今はとなり給ひにしはてにもとまらむ人を同じことゝ思へとて萬は思はずなることもなし、唯かの思ひおきてしさまをたがへ給へるのみなむ、口惜しううらめしきふしにてこの世には殘りぬべきとのたまひしものを、あまがけりてもかやうなるにつけてはいとゞつらしとや見給ふらむなど、つくづくと人やりならぬひとりねし給ふよなよなは、はかなき風の音にもめのみさめつゝきしかた行くさきの人の上さへあぢきなき世を思ひめぐらし給ふ。なげのすさみに物をもいひふれけぢかくつかひならし給ふ人々の中には、おのづからにくからずおぼさるゝもありぬべけれど、誠には心とまるもなきこそさはやかなれ、さるはかの君達のほどに劣るまじききはの人々も、時世に隨ひつゝ衰へて心細げなる住まひするなどを尋ねとりつゝあらせなどいと多かれど、今はと世を背きはなれむ時この人こそとりたてゝ心とまるほだしになるばかりのことはなくて過ぐしてむと思ふ心づかひ深かりしを、いでさもわろくわが心ながらねぢけてもあるかななど、常よりもやがてまどろまず明し給へるあしたに、霧のまがきより花のいろいろおもしろく見えわたる中に、朝顏のはかなげにてまじりたるを猶殊にめとまる心ちし給ふ。あくるまさきてとか常なき世にもなずらふるが心苦しきなめりかし。格子もあげながらいとかりそめにうち臥しつゝ明し給へば、この花の開くる程をも唯一人のみぞ見給ひける。人召して、「北の院に參らむに、ことごとしからぬ車さしいださせよ」とのたまへば「宮は昨日よりうちになむおはしますなる。よべ御車ゐてかへり侍りにき」と申す。「さばれ、かの對の御方の惱み給ふなるとぶらひ聞えむ。今日はうちに參るべき日なれば日たけぬさきに」とのたまひて御さうぞくし給ふ。出で給ふまゝにおりて花の中にまじり給へるさまも殊更にえんだち色めきてももてなし給はねど、怪しうたゞうち見るになまめかしう耻しげにていみじうけしきだつ色ごのみどもになずらふべくもあらず、おのづからをかしうぞ見え給ひける。朝顏をひきよせ給ふに、露いたうこぼる。

 「けさのまの色にやめでむおく露の消えぬにかゝる花とみるみる。はかな」などひとりごちてをりても給へり。女郞花をばみすぎてぞ出で給ひぬる。明けはなるゝまゝに霧たちみちたる空をかしきに、女どちはしどけなくあさいし給へらむかし、格子妻戶などうちたゝきこわづくらむこそうひうひしかるべけれ、あさまだきまだき來にけりと思ひながら、人めして中門のあきたるより見せ給へば「み格子ども皆まゐりて侍るべし。女房のけはひなどし侍りつ」と申せば、おりて霧のまぎれにさまよく步み入り給へるを、宮の忍びたる所より歸り給へるにやと見るに、露にうちしめり給へるかをり例のいとさまことに匂ひくれば猶めざましうおはすかし。「心をあまりをさめ給へるこそにくけれ」などあいなく若き人々などは聞えあへり。驚きがほにもあらずよきほどに打ちそよめきて御しとねさし出でなどするさまもいとめやすし。「これに侍へと許させ給ふほどは人々しきこゝちすれど、猶かゝるみすのまへにさし放たせ給へるうれはしさになむしばしばも得さぶらはぬ」とのたまへば、さらばいかゞは侍るべからむ」と聞ゆ。北おもてなどやうのかくれぞかし。「かゝるふるびとなどのさぶらはむにことわりなるやすみどころはそれもまた唯御心なれば憂へ聞ゆべきにも侍らず」とてなげしにおしかゝりて坐すれば、例の人々「猶あしこもとに」などそゝのかし聞ゆ。もとよりけはひはやりかに雄々しくなどは物し給はぬ人がらなるをいよいよしめやかにもてなしをさめ給へれば、今はみづから聞え給ふこともやうやううたてつゝましかりしかた、少しづゝうすらぎておもなれ給ひにたり。「惱ましうおぼさるらむさまもいかなれば」など問ひ聞え給へどはかばかしくも御いらへ聞え給はず、常よりもしめり給へるけしきの心苦しきも哀におしはかられ給ひて、こまやかに世の中のあるべきやうなどをはらからやうのものゝあらましやうに敎へ慰め聞えたまふ。聲などもわざと似給へりとも覺えざりしかど、あやしきまで唯それとのみ聞ゆるに、人め見苦しかるまじくはすだれもひきあけてさしむかひ聞えまほしく、うち惱み給へらむかたちゆかしう覺え給ふも、猶世の中に物思はぬ人もえあるまじきわざにやあらむとぞ思ひ知られ給ふ。人々しくきらきらしきかたには侍らずとも心に思ふことあり、なげかしく身をもてなやむさまになどはなくて過ぐしつべきこの世とみづから思ひ給へしを、心から悲しきこともをこがましく悔しき物思ひをもかたがたに安からず思ひ侍るこそいとあいなけれ。つかさくらゐなどいひて大事にすめることわりのうれへにつけて歎き思ふ人よりも、これや今少し罪の深さはまさるらむ」などいひつゝをり給へる花を扇にうち置きて見居給へるが、やうやうあかみもて行くもなかなか色はひをかしう見ゆれば、やをらさしいれて、

 「よそへてぞ見るべかりける白露の契りかおきし朝顏の花」。ことさらびてしももてなさぬに露を落さでもたまへりけるよとをかしく見ゆるに、おきながら枯るゝけしきなれば、

 「消えぬまにかれぬる花のはかなさにおくるゝ露はなほぞまされる。何にかゝれる」といと忍びてこともつゞけずつゝましげにいひけち給へるほど猶いとよく似給へるかなと思ふにもまづぞかなしき。「秋の空は今少しながめのみまさり侍る。つれづれのまぎらはしにもとてさいつころ宇治に物して侍りき。庭もまがきもまとにあれはてゝ侍りしに堪へがたきこと多くなむ。故院のうせ給ひて後、二三年ばかりの末に世をそむき給ひし、嵯峨の院にも六條院にもさしのぞく人の心をさめむ方なくなむ侍りける。木草の色につけても水の流にそへても淚にくれてのみなむ歸り侍りける。かの御あたりの人はかみしも心淺き人なくなむ惑ひ侍りけるまゝに、かたがたつどひものせられける人々も皆ところどころにあがれちりつゝおのおの思ひ離るゝ住まひをし給ふめりしに、はかなき程の女房などはまして心をさめむかたなく覺えけるまゝに、物覺えぬ心にまかせつゝ山はやしに行きまじり、すゞろなる田舍人になりなど哀に惑ひちるこそ多く侍りけれ。さてなかなか皆あらしはて忘草おほして後なむこの左のおとゞも渡りすみ、宮達などもかたがたものし給へば昔に返りたるやうに侍るめる。さる世にたぐひなき悲しさと見給へしほどのことも、年月ふれば思ひさますをりの出でくるにこそはと見給ふるに、げにかぎりあるわざなりけりとなむ見え侍りし。かくは聞えさせながらも、かのいにしへの悲しさはまだいはけなく侍りける程にていとさしもしまぬにや侍りけむ。猶この近き夢こそさますべきかたなく思ひ給へらるゝはおなじごと世の常なきかなしびなれど、罪深きかたはまさりて侍るにやとそれさへなむ心憂く侍る」とて泣き給へるほどいと心深げなり。むかしの人をいとしも思ひ聞えざらむ人だに、この人の思ひ給へる御けしきを見むにはすゞろにたゞにもあるまじきを、まいてわれも物を心ぼそく思ひ亂れ給ふにつけては、いとゞ常よりも面影に戀しく悲しく思ひ聞え給ふ心なれば、今すこしもよほされて物も得聞え給はずためらひかね給へるけはひをかたみにいと哀と思ひかはし給ふ。「世のうきよりはなど人はいひしをも、さやうに思ひくらぶる心もことになくて年ごろは過し侍りしを、今なむ猶いかでしづかなるさまにても過さまほしく思ひ給ふるを、さすがに心にもかなはざめれば辨の尼こそうらやましく侍れ。この二十日あまりの程はかの近き寺の鐘の聲も聞き渡さまほしく覺え侍るを、忍びて渡させ給ひてむやと聞えさせばやとなむ思ひ侍りつる」とのたまへば「あらさじとおもほすとも、いかでかは。心やすきをのこだにいとゆきゝのほどあらましき山道に侍れば思ひつゝなむ月日も隔たり侍る。故宮の御忌日は、かの阿闍梨にさるべき事ども皆いひおき侍りにき。かしこは猶たふときかたにおぼしゆづりてよ。時々見給ふるにつけては心惑ひの絕えせぬもあいなきに罪うしなふさまになし侍りなばやとなむ思ひ侍るを、またいかゞ思しおきつらむ。ともかくも定めさせ給はむに隨ひてこそはとてなむ。あるべからむやうにのたまはせよかし。何事もうとからずうけたまはらむのみこそほいかなふにては侍らめ」などまめだちたることゞもを聞え給ふ。經佛などこの上も供養じ給ふべきなめり。かやうなるついでにことつけてやをら籠り居なばやとおもむけ給へるけしきなれば、「いとあるまじきことなり。猶何事も心のどかにおぼしなせ」など敎へ聞え給ふ。日さしあがりて人々參り集まりなどすればあまり長居もことあり顏ならむによりいで給ひなむとて、「いづこにてもみすのとにはならひ侍らねばはしたなき心ちし侍りてなむ。今又かやうにもさぶらはむ」とて立ち給ひぬ。宮のなどかなき折にはきつらむと思ひ給ひぬべき御心なるもわづらはしくて、侍のべたうなる右京のかみ召して「よべまかでさせ給ひぬと承りて參りつるをまだしかりければ口惜しきを、うちにや參るべき」とのたまへば「今日はまかでさせ給ひなむ」と申せば「さらば夕つ方も」とて出で給ひぬ。猶この御けはひありさまを聞き給ふたびごとに、などて昔の人の御心おきてをもてたがへて思ひぐまなかりけむと、くゆる心のみまさりて心にかゝりたるもむつかしく、なぞや人やりならぬ心ならむと思ひかへし給ふ。そのまゝにいまださうじにていとゞおこなひをのみし給ひつゝ明し暮したまふ。母宮は猶いと若くおほどきて物しどけなき御心にも、かゝる御けしきをいとあやふくゆゝしとおぼして「いく世しもあらじを、見奉らむほどはかひあるさまにて見え給へ。世の中を思ひ捨て給はむをもかゝる身にてはさまたげ聞ゆべきにもあらぬを、この世にてはいふかひなき心地すべき心惑ひにいとゞ罪やうらむ」とのたまふが辱くいとほしくて、よろづを思ひけちつゝ御前にては物思ひなきさまをつくり給ふ。左のおほい殿には六條院の東のおとゞを磨きしつらひて限なくよろづをとゝのへて待ち聞え給ふに、いざよひの月やうやうさしあがるまで心もとなければ、いとしも御心にいらぬことにていかならむと安からずおぼしてあないし給へば、「この夕つかたうちより出で給ひて二條院になむおはしますなる」と人申す。おぼす人も給へればと心やましけれど、こよひ過ぎぬも人わらへなるべければ、御子の頭中將して聞え給へり。

 「大ぞらの月だにやどるわが宿にまつよひすぎて見えぬ君かな」。宮はなかなか今なむとも見えじ心苦しとおぼしてうちにおはしけるを、御文聞え給へりける。御返りやいかゞありけむ。猶いと哀におぼされければ忍びて渡り給へりけるなり。らうたげなる有樣を見捨てゝ出づべき心ちもせず、いとほしければよろづに契りつゝ慰めかねてもろともに月を眺めておはするほどなりけり。女君は日頃もよろづに思ふ事多かれどいかでけしきにいださじとよろづに念じ返しつゝつれなきさまし給ふことなれば、殊に聞きも咎めぬさまにおほどかにもてなしておはするさまいと哀なり。中將の參り給へるを聞き給ひて、さすがにかれもいといとほしければ出で給はむとて、「今いと疾く參りこむ。ひとり月な見給ひそよ。心そらなればいと苦し」と聞えおき給ひて、なまかたはらいたければかくれのかたより寢殿へ渡り給ふ。御うしろでを見送るに、ともかくも覺えねど唯枕のうきぬべき心ちのすれば、心憂きものは人の心なりけりとわれながら思ひ知らる。をさなきほどより心ぼそく哀なる身どもにて世の中を思ひとゞめたるさまにもおはせざりし。一所をたのみ聞えさせてさる山里に年經しかど、唯いつとなくつれづれにすごうはありながらいとかく心にしみて世をうきものとも思ひ知らざりしに、打ち續きあさましき御事どもを思ひし程は世に又とまりて片時ふべくもおぼえず戀しう悲しきことのたぐひあらじと思ひしを、命長くて今までもながらふれば人の思ひたりし程よりは人かずにもなるやうなる有樣を長かるべきことゝは思はねど、見るかぎりはにくげなき御心ばへもてなしなるに、やうやう思ふこと薄らぎてありへつるを、このふしの身のうさはたいはむかたなく限と覺ゆるわざなりけり。ひたすら世になくなり給ひにし人々よりはさりともこれは時々もなどかはとも思ふべきを、今宵かく見捨てゝ出で給ふつらさにきしかた行くさき皆かきみだり心細くいみじきが我が心ながら思ひやるかたなく心憂くもあるかな、おのづからながらへばなど慰めむことをおもふに、更に姨捨山の月のみすみのぼりて夜更くるまゝによろづ思ひ亂れたまふ。松風の吹きくる音も、あらましかりし山おろしに思ひくらぶればいとのどかに懷かしうめやすき御住まひなれど、今宵はさもおぼえず、椎の葉のおとには劣りておぼゆ。

 「山里のまつのかげにもかくばかり身にしむあきの風はなかりき。きしかたは忘れにけるにやあらむ」。おいびとどもなど「今はいらせ給ひね。月見るは忌み侍るものを。あさましうはかなき御くだものをだに御覽じ入れねばいかならせ給はむ。あな見苦しや。ゆゝしう思ひ出でらるゝことも侍るを、いとこそわりなけれ」などいふ。若き人々は「心うの世や」とうち歎きて「この御ことよ、さりともかくておろかにはよもなりはて給はじ。さいへど、もとの志深う思ひそめたる中は名殘なからぬものぞ」などいひあへるもさまざまに聞にくゝ、今はいかにもいかにもかけていはざらなむ、たゞにこそ見めとおぼさるゝは、人にはいはせじわれひとり恨み聞えむとにやあらむ。いでや中納言殿のさばかり哀なる御心深さをなどそのかみの人々はいひあはせて、人の御すくせのあやしかりけることよといひあへり。宮はいと心苦しくおぼしながら色めかしき御心は、いかでめでたきさまに待ち思はれむと心げさうして、えならずたきしめ給へる御けはひいはむ方なし。まちつけ給へる所の有樣もいとをかしかりけり。人の御程さゝやかにあえかになどはあらでよきほどになりあひたる心ちし給へるを、いかならむものものしくあざやぎて心ばへもたをやかなるかたはなく物ほこりかになどやあらむ、さあらむこそうたてあるべけれなどおぼせど、さやうなる御けはひにはあらぬにや御志おろかなるべうもおぼされざりけり。秋の夜なれどふけにしかばにや程もなく明けぬ。歸り給ひても對へはふとも得渡り給はず。しばしおほとのごもりて起きてぞ御文書き給ふ。「御けしきけしうはあらぬなめり」とおまへなる人々つきじろふ。「對の御方こそ心苦しけれ。あめのしたにあまねき御心なりともおのづからけおさるゝこともありなむかし」などたゞにしもあらず皆馴れ仕う奉りたる人々なれば、やすからずうちいふことゞもありて、すべて猶妬げなるわざにぞありける。御返りもこなたにてこそはとおぼせど夜のほどの覺束なさも常のへだてよりはいかゞと心苦しければ急ぎわたり給ふ。ねくたれの御かたち、いとめでたくみどころありていり給へるに、ふしたるもうたてあれば少し起きあがりておはするに、打ち赤み給へる顏のにほひなど今朝しもことにをかしげさまさりて見え給へば、あいなく淚ぐまれてしばしうちまもり聞え給ふを、恥しくおぼしてうちうつぶし給へる髮のかゝりかんざしなど猶いとありがたげなり。宮もなまはしたなきにこまやかなることなどはふともえ言ひ出で給はず、おもがくしにや、「などかくのみなやましげなる御けしきならむ。あつきほどのこととかのたまひしかば、いつしかとすゞしきほど待ち出でたるも猶はればれしからぬは見苦しさわざかな。さまざまにせさすることもあやしうしるしなき心地のみこそすれ。さはありともずほふはまたのべてこそはよからめ。しるしあらむ僧もがな。なにがし僧都をぞよゐにさぶらはすべかりける」などやうなるまめごとをのたまへば、かゝるかたにもことよきは心づきなく覺え給へど、むげにいらへ聞えざらむもれいならねば、「昔もあやしう人に似ぬありさまにてかやうの折は侍りしかど、おのづからいとよくをこたるものを」とのたまへば、「いとよくこそさはやかなれ」と打ち笑ひて、なつかしうあいぎやうづきたるかたはこれにならぶ人はあらじかしと思ひながら、猶又とくゆかしきかたの心いられも立ちそひ給へるは御志のおろかにもあらぬなめりかし。されど見給ふほどはかはるけぢめもなきにや、後の世までと誓ひたのめ給ふことゞものつきせぬを聞くにつけても、「げにこの世はいと短かゝめる。命まつまもつらき御心に見えぬべければ後の契やたがはぬ事もあらむと思ふにこそ、猶こりずまに又もたのまれぬべけれ」とていみじうねんずべかめれど得忍びあへぬにやけふは泣き給ひね。日ごろもいかでかく思ひけりと見え奉らじとよろづに思ひまぎらはしつるを、さまざまに思ひ集むることし多かればさのみもえもて隱されぬにや、こぼれそめてはとみにもえためらひ給はぬを、いと恥しく侘しと思ひていたくそむき給へば、しひてひきむけ給ひつゝ、「聞ゆるまゝに哀なる御有樣と見つるを、猶隔てたる御心こそ物し給ひけれな。さらずば夜の程におぼしかはりにたるか」とてわが御袖して淚をのごひ給へば、「夜のまの心がはりこそのたまふにつけて推しはかられ侍りぬれ」とて少しほゝゑみぬ。げにあが君や、をさなの御物いひや。されど誠には心にくまのなければいと心やすし。いみじうことえりして聞ゆともいとしるかるべきわざぞ。むげに世のことわりを知り給はぬこそらうたきものからわりなけれ。よしわが御身になしても思ひめぐらし給へ。身を心ともせぬ有樣なりかし。若し思ふやうなる世もあらば人にまさりける志の程も知らせ奉るべきひとふしなむある。たはやすくこといづべきことにもあらねば命のみこそ」などのたまふほどに、かしこに奉り給へる御使、いといたうゑひすぎにければ少し憚るべきことも忘れて、けざやかにこの南おもてに參れり。あまの苅るめづらしきたまもにかづきうづもれたるを、さなめりと人々見る。いつの程に急ぎ書き給ひつらむと見るも安からずはありけむかし。客もあながちにかくすべきにはあらねど、さしぐみは猶いとほしきを少しの用意はあれかしとなまかたはらいたけれど、いまはかひなければ女房して御文とり入れさせ給ふ。同じくは隔なきさまにもてなしはてゝむとおぼしてひきあげ給へるに、まゝはゝの宮の御手なめりと見ゆれば今少し心安くてうち置き給へり。せんじがきにてもうしろめたのわざや。「さかしらはかたはらいたさにそゝのかし侍れど、いとなやましげにてなむ。

  女郞花しをれぞまさるあさ露のいかに置きけるなごりなるらむ」。あでやかにをかしう書き給へり。「かごとがましげなるもわづらはしや。誠は心安くてしばしはあらむと思ふ世を、思のほかにもあるかな」などはのたまへど又二つなくてさるべきものに思ひならひたるたゞ人の中こそかやうなることのうらめしさなども見る人苦しくはあれ、思へばこれはいとかたし、つひにかゝるべき御事なり。宮達と聞ゆる中にもすぢことに世の人思ひ聞えたれば、いくたりもいくたりもえ給はむことももどきあるまじければ、人もこの御方をいとほしなど思ひたらぬなるべし、かばかりものものしくかしづきすゑ給ひて、心苦しきかたおろかならずおぼしたるをぞさいはひおはしけるときこゆる、みづからの心にも、あまりにならはし給ひて、俄にはしたなかるべきがなげかしきなめり、かゝる道をいかなれば淺からず人の思ふらむと、昔物語などを見るにも人の上などにてもあやしう聞き思ひしはげにおろかなるまじきわざなりけりと、わが身になしてぞ何事も思ひ知られ給ひける。宮は常よりも哀にうち解けたるさまにもてなし給ひて、「むげに物參らざなるこそいとあしけれ」などのたまひて、よしある御くだもの召しよせ、又さるべき人めして殊更にてうぜさせ給ひなどしつゝそゝのかし聞え給へどいとはるかにのみおぼしたれば「見苦しきわざかな」と歎き聞え給ふに、暮れぬれば夕つ方寢殿へ渡り給ひぬ。風凉しくおほかたの空をかしき頃なるに、今めかしきにすゝみ給へる御心なれば、いとゞしくえんなるに、物おもはしき人の御心の中はよろづに忍びがたき事のみぞ多かりける。ひぐらしの鳴く聲にも山の陰のみ戀しくて、

 「おほかたにきかましものをひぐらしの聲うらめしき秋の暮かな」。今宵はまだふけぬにいで給ふなり。御さきの聲の遠くなるまゝにあまも釣するばかりになるも、我ながらにくき心かなと思ふ思ふ聞き臥し給へり。はじめより物を思はせ給ひし有樣などを思ひ出づるもうとましきまでおもほゆ。このなやましき事もいかならむとすらむ、いみじう命短きぞうなれば、かやうならむついでにもやはかなくなりなむとすらむなど思ふには惜しからねど、悲しうもあり又いと罪深うもあなるものをなどまどろまれぬまゝに思ひ明し給ふ。その日はきさいの宮なやましげにおはしますとて、誰も誰も參りつどひ給へれど、いさゝかなる御かぜにおはしましければことなることもおはしまさずとて、おとゞは晝まかで給ひにけり。中納言の君さそひ聞え給ひてひとつ御車にてぞまかで給ひにける。今宵の儀式いかならむ、淸らを盡さむとおぼすべかめれど限あらむかし。この君も心恥しけれど、したしきかたの覺えはわがかたざまに又さるべき人もおはせず、物のはえにせむに心ことにはたおはする人なればなめりかし。例ならずいそがしうまうで給ひて、人の御うへに見なしたるを、口惜しとも思へらず、なにやかやともろ心にあつかひ給へるを、おとゞは人知れずなまねたしとぞおぼしける。よひ少し過ぐる程におはしましたり。寢殿の南の廂ひんがしによりておまし參れり。御臺八つ、例の御皿などうるはしげに淸らにて又ちひさき臺二つにけそくの皿どもいといまめかしうせさせ給ひてもちひ參らせ給へり。珍しからぬことかきおくこそにくけれ。おとゞ渡り給ひて、「夜いたう更けぬるを」と女房してそゝのかし聞え給へどいとあされてとみにも出で給はず、北の方の御はらからの左衞門督藤宰相などばかり物し給ふ。辛うじて出で給へる御さまいと見るかひある心ちす。あるじの頭中將御盃さゝげて御臺まゐる。つぎつぎの御かはらけ、二たび三たびまゐり給ふ。源中納言のいたうすゝめ給へるに宮少しほゝゑみ給へり。わづらはしきわたりをとふさはしからず思ひていひしをおぼし出づるなめり。されど見知らぬやうにていとまめなり。ひんがしのたいに出で給ひて御供の人々もてはやし給ふ。おぼえある殿上人どもいとおほかり。四位六人は女のさうぞくにほそながそへて、五位十人はみへがさねのからぎぬ、もの腰も皆けぢめあるべし。六位四人は綾のほそなが、袴などかつは限あることを飽かずおぼしければ、物の色しざまなどをぞ淸らをつくし給へりける。めしつぎとねりなどの中にみだりがはしきまでいかめしうなむありける。げにかくにぎはゝしう華やかなることは、見るかひあれば物語などにもまづいひたてたるにやあらむ。されどくはしうはえぞ算へたてざりけるとや。中納言殿のごぜんの中に、なまおぼえあざやかならぬや暗きまぎれに立ちまじりたりけむ。かへりてうち歎きて、「わが殿のなどかおいらかにこの殿の御婿にうちならせ給ふまじき。あぢきなき御ひとりずみなりや」と中門のもとにてつぶやきけるを聞きつけ給ひてをかしとなむおぼしける。夜の更けてねぶたきに、かのもてかしづかれける人々は心地よげにゑひみだれてよりふしぬらむかしと、うらやましきなめりかし。君は入りて臥し給ひて、はしたなげなるわざかな、ことごとしげなるさましたる親の出でゐて離れぬなからひなれど、これかれ火あかうかゝげてすゝめ聞ゆる盃などをいとめやすくもてなし給ふめりつるかなと、宮の御ありさまをめやすく思ひ出で奉り給ふ。げに我にてもよしと思ふをんなごをもたらましかば、この宮をおき奉りてうちにだにえ參らせざらましと思ふに、誰も誰も宮に奉らむと心ざし給へるむすめは猶源中納言にこそと、とりどりにいひならぶなるこそ我がおぼえの口惜しくはあらぬなめれ、さるはいとあまり世づかずふるめいたるものをなど心おごりもせらる。うちの御けしきあること誠におぼしたらむに、かくのみものうく覺えばいかゞすべからむ、おもだゝしき事にはありともいかゞはあらむ、いかにぞ故君にいとよく似給へらむ時に嬉しからむかしと思ひよらるゝはさすがにえもてはなるまじき心なめりかし。例のねざめがちなるつれづれなれば、あぜちの君とて人よりは少し思ひまし給へるがつぼねにおはして、その夜は明し給ひつ。明け過ぎたらむを人の咎むべきにもあらぬに、苦しげに急ぎおき給ふを、たゞならず思ふべかめり。

 「うちわたし世にゆるしなき關川をみなれそめけむ名こそをしけれ」。いとほしければ、

 「深からずうへは見ゆれどせき川のしたのかよひはたゆるものかは」。深しとのたまはむにてだにたのもしげなきを、このうへの淺さはいとゞ心やましう覺ゆらむかし。妻戶を押しあけて「まことはこのそらを見給へ。いかでかこれを知らず顏にてはあかさむとよ。えんなる人まねにはあらで、いとゞ明しがたくなり行くよなよなのねざめにはこの世後の世までなむ思ひやられて哀なる」などいひまぎらはしてぞ出で給ふ。殊にをかしきことのかずを盡さねどさまのなまめかしき見なしにやあらむ、なさけなくなどは人に思はれ給はず。かりそめのたはぶれごとをもいひそめ給へる人の、けぢかくてだに見奉らばやとのみ思ひ聞ゆるにや。あながちに世を背き給へる宮の御方にえんを尋ねつゝ參り集まりて侍らふも、哀なることほどほどにつけつゝ多かるべし。宮は女君の御ありさまひるみ聞え給ふにいとゞ御志まさりにけり。おほきさよき程なる人のやうだいいと淸げにて、髮のさがりばかしらつきなどぞものよりことにあなめでたと見え給ひける。色あひあまりなるまで匂ひて、ものものしくけだかき顏のまみいと恥しげにらうらうしう、すべて何事もたらひてかたちよき人といはむに飽かぬ所なし。はたちにひとつふたつぞあまりたまへりける。いはけなき程ならねばかたなりに飽かぬ所なく、あざやかに盛の花と見え給へり。限なくもてかしづき給へるにかたほならず。げに親にては心も惑はし給ひつべかりけり。唯やはらかにあいぎやうづきらうたきことはかの對の御方はまづおぼし出でられける。物のたまふいらへなども、はぢらひ給へれど又あまり覺束なくはあらず。すべていとみどころおほくかどかどしげなり。よき若人ども三十人ばかり、わらは六人、かたほなるなく、さうぞくなども例の麗はしきことはめなれておぼさるべかめれば、引きたがへ心得ぬまでこのみそし給へる。三條殿腹のおほい君を春宮に參らせ給へるよりも、この御ことをばいとことに思ひおきて聞え給へるも、宮の御おぼえありさまからなめり。かくてのち二條院にえ心安くも渡り給はず。かろらかなる御身ならねばおぼすまゝに晝の程などもえ出で給はねば、やがて同じ南の町に年頃ありしやうにおはしまして、暮るれば又えひきよぎても渡り給はずなどして待遠になるをりをりあるを、かゝらむずる事とは思ひしかどさしあたりてはいとかうしもやは名殘なかるべき、げに心あらむ人は數ならぬ身を知らでまじらふべき世にもあらざりけりと、かへすがへすも山路わけ出でけむ程うつゝとも覺えず悔しく悲しければ、猶いかで忍びて渡りなむ、むげに背くさまにはあらずともしばし心をも慰めばや、にくげにもてなしなどもせばこそうたてもあらめなど心ひとつに思ひあまりて、恥しけれど中納言殿に御文奉れ給ふ。「一日の御ことは阿闍梨の傅へたりしに委しう聞き侍りにき。かゝる御心の名殘なからましかばいかにいとほしくと思ひ給へらるゝにもおろかならずのみなむ。さりぬべくはみづからも」と聞え給へり。みちのくにがみにひきもつくろはずまめだちて書き給へるしもいとをかしげなり。故宮の御忌日に例の事どもいとたふとくせさせ給へりけるを、喜び聞え給へるさまのおどろおどろしうはあらねどげに思ひ知り給ふなめりかし。例はこれより奉る御返りをだに、うち解けずつゝましげにおぼしてはかばかしくも續け給はぬを、みづからとさへのたまへるが珍しく嬉しきに心ときめきもしぬべし。宮の今めかしくこのみたち給へる程にておぼし怠りにけるも、げに心苦しくおしはからるればいと哀にて、をかしやかなることもなき御文をうちもおかずひき返しひき返し見居給へり。御返りはうけ給はりぬ。「一日はひじりだちたるさまにて殊更に忍び侍りしも、さ思ひ給ふるやう侍るころほひにてなむ名殘とのたまはせたるこそ、少し淺くなりにたるやうにとうらめしう思ひ給へらるれ。よろづは今さぶらひてなむ。あなかしこ」とすくよかに白き色紙のこはごはしきにてあり。さて又の日の夕つ方ぞ渡り給へる。人知れず思ふ心しそひたれば、あいなく心づかひいたうせられて、なよゝかなる御ぞどもをいとゞ匂はしそへ給へるはあまりおどろおどろしきまであるにちやうじぞめの扇もてならし給へるうつりがなどさへたとへむ方なくめでたし。女君もあやしかりし夜のことなど思ひ出で給ふ折々なきにしもあらねば、まめやかに哀なる御心ばへの人に似ず物し給ふを見るにつけて、さてもあらましをとばかりは思ひもやし給ふらむ、いはけなき程にしおはせねば、うらめしき人の御有樣を思ひくらぶるには何事もいとゞこよなく思ひ知られ給ふにや、常にはへだて多かるもいとほしく物思ひ知らぬさまに思ひ給ふらむなど思ひ給ひて、今日はみすの內に入れ奉り給ひてもやのみすに几帳そへて我は少しひきいりてたいめし給へり。「わざと召しとはべらざりしかど例ならず許させ給へりしよろこびにすなはちも參らまほしく侍りしを、宮渡らせ給ふと承りしかば折惡しくやはとてけふになし侍りにける。さは年頃のしるしもやうやうあらはれ侍るにや。隔少しうすらぎ侍りにける御簾のうちよ。珍しく侍るわざかな」とのたまふに、猶いとはづかしくいひ出でむ言の葉もなき心ちすれど、「一日嬉しく聞き侍りし心の中を、例の唯むすぼゝれながら過し侍りなば思ひ知るかたはしをだにいかでかはと口惜しさに」といとつゝましげにのみのたまふが、いたくしぞきてたえだえほのかに聞ゆれば心もとなくて、「いと遠くも侍るかな。まめやかに聞えさせ承らまほしき世の物語も侍るものを」とのたまへば、げにとおぼして少しみじろきより給ふけはひを聞き給ふにもふと胸うちつぶるれど、さりげなくいとゞしづめたるさまして宮の御心ばへ思はずに淺うおはしけりとおぼしく、かつはいひもうとめ又なぐさめもかたがたにしづしづと聞え給ひつゝおはす。女君は、人の御うらめしさなどは打ち出で語らひ聞え給ふべき事にもあらねば、唯世やは憂きなどやうに思はせてことずくなに紛はしつゝ、山里にあからさまに渡し給へとおぼしくいとねんごろに思ひてのたまふ。「それはしも心ひとつにまかせてはえ仕うまつるまじきことに侍るなり。猶宮に唯心美くしう聞させ給ひてその御けしきにしたがひてなむよく侍るべき。さらずは少しもたがひめありて心輕くもなどおぼしものせむにいとあしう侍りなむ。さだにあるまじうは道のほどの御おくりむかへもおりたちて仕うまつらむに何の憚りかは侍らむ。うしろやすく人に似ぬ心の程は宮も皆知らせ給へり」などはいひながら、をりをりは過ぎにし方のくやしきを忘るゝをりなく、物にもがなやと、とりかへさまほしきさまなどほのめかしつゝ、やうやう暗うなり行くまでおはするにいとうるさく覺えて、「さらば心ちも惱ましくのみ侍るを、又よろしく思ひ給へらむほどになにごとも」とて入り給ひぬるけしきなるが、いと口惜しければ、「さてもいつばかりにおぼしたつべきにか。いとしげう侍りし道の草も少しうち拂はせ侍らむかし」と心とりに聞え給へば、暫し入りさして、「この月は過ぎぬべかめればついたちのほどにもとこそは思ひ侍れ。唯いと忍びてこそよからめ。何か世のゆるしなどことごとしうは」とのたまふ聲の、いみじうらうたげなるかなと常よりも昔思ひ出でらるゝにえつゝみあへでよりゐ給へる柱のもとのすだれのしたより、やをらおよびて御袖をひかへつ。女、さりやあな心うと思ふに、何事かはいはれむ、ものもいはでいとゞひき入り給へば、それにつきていとなれがほになからは內に入りてそひふし給へり。「あらずや。忍びてはよかるべうおぼすこともありけるが、嬉しきはひがみゝかと聞えさせむとぞうとうとしくおぼすべきにもあらぬを、心うの御けしきや」と怨み給へば、いらへすべき心ちもせず、思はずににくゝ思ひなりぬるを、せめて思ひしづめて、「思ひの外なりける御心のほどかな。人の思ふらむことよ。あさまし」とあばめて泣きぬべき氣色なる、少しはことわりなればいとほしけれど、「これはとがあるばかりのことかは。かばかりの對面はいにしへをもおぼし出でよかし。すぎにし人の御許しもありしものを、いとこよなうおぼされにけるこそ、なかなかうたてあれ。すきずきしくめざましき心はあらじと心安くおぼせ」とていとのどやかにもてなし給へれど、月頃悔しと思ひ渡る心のうちの苦しきまでなり行くさまをつぶつぶといひつゞけ給ひて、許すべきけしきにもあらぬに、せむ方なくいみじとも世の常なり、なかなかむげに心知らざらむ人よりも恥しう心づきなくてない給ひぬるを、「こはなぞ。あなわかわかし」とはいひながらいひ知らずらうたげに心苦しきものから用意深く恥しげなるけはひなどの、見し程よりもこよなくねびまさり給へりけるなどを見るに、心からよそ人にしなしてかく安からず物を思ふことと悔しきにも又げにねはなかれけり。近うさぶらふ女房二人ばかりあれど、すゞろなる男の入り來たるならばこそはこはいかなることぞとも參りよらめ、かくうとからず聞えかはし給ふ御なからひなめればさるやうこそはあらめと思ふにかたはらいたければ、知らずがほにてやをらしぞきぬるぞいとほしきや。男君はいにしへを悔ゆる心の忍びがたきなどもいとしづめがたかりぬべかめれど、昔だにありがたかりし御心の用意なれば猶いと思ひのまゝにももてなし聞え給はざりけり。かやうのすぢはこまかにもえなむまねびつゞけざりける。かひなきものから人めのあいなきを思へば、萬に思ひ返して出で給ひぬ。まだよひと思ひつれど、曉近うなりにけるを、見咎むる人もやあらむとわづらはしきも、女の御ためのいとほしきぞかし。惱ましげに聞き渡る御心ちはことわりなりけり。いと恥しと思ひ給へりつる腰のしるしに多くは心苦しう覺えてもやみぬるかな例のをこがましの心やと思へどなさけなからむことは猶いとほいなかるべし。又たちまちの我が心亂れにまかせてあながちなる心をつかひて後心安くしもえあらざらむものから、わりなく忍びありかむ程も心づくしに、女のかたがたおぼし亂れむことよなどさかしく思ふにせかれず今のまも戀しきぞわりなかりける。更に見ではえあるまじく覺え給ふもかへすがへすあやにくなる心なりや。昔よりは少し細やぎてあてにらうたかりつるけはひなどは、たちはなれたりとも覺えず、身にそひたる心ちして更にことごとも覺えずなりにたり。宇治にいと渡らまほしげにおぼい給ふめるをさもや渡し聞えてましなど思へど、まさに宮は許し給ひてむや、さりとて忍びてはたいとびんなからむ、いかさまにしてかは人目見苦しからで思ふ心の行くべきなど、心もあくがれてながめふし給へり。まだいと深きあしたに御文あり。例のうはべはいとけざやかなるたてぶみにて、

 「いたづらにわけつるみちの露しげみむかしおぼゆる秋の空かな。御けしきの心うさはことわり知らぬつらさのみなむ聞えさせむかたなく」とあり。御かへしなからむも人の例ならず見咎むべきをいと苦しければ「うけたまはりぬ。いとなやましうてえ聞えさせずとばかり書き給へるを、あまりことずくなゝるかなとさうざうしくて、をかしかりつる御けはひのみ戀しう思ひ出でらる。少し世の中をも知り給へるけにや、さばかりあさましうわりなしとは思ひ給へりつるものから、ひたぶるにいぶせくなどはあらでいとらうらうしく恥しげなる氣色もそひて、さすがになつかしういひこしらへなどしていだし給へるほどの御心ばへなどを思ひ出づるも妬うも悲しうもさまざまに心にかゝりてわびしくおぼゆ。何事もいにしへにはいと多くまさりて思ひ出でらる。何かはこの宮かれはて給ひなば我をたのもし人にし給ふべきにこそはあめれ、さてもあらはれて心安きさまにはえあらじを忍びつゝ又思ひます人なき心のとまりにてこそはあらめなど唯この事のみつと覺ゆるぞけしからぬ心なるや。さばかり心深げにさかしがり給へど男といふものゝ心うかりけることよ。なき人の御悲しさはいふかひなき方にてもいとかう苦しきまではなかりけり。これはよろづにぞ思ひめぐらされ給ひける。「今日は宮渡らせ給ひぬ」など人のいふを聞くにもうしろみの心はうせて胸うちつぶれていとうらやましう覺ゆ。宮は日頃になりにけるはわが御心さへうらめしうおぼされて俄に渡り給へるなりけり。何かは心隔てたるさまにも見え奉らじ、山里にと思ひたつにもたのもし人に思ふ人もうとましき心添ひ給へりけりと見給ふに、世の中いと所せう思ひなられて猶いとうき身なりけりと唯消えせぬほどはあるにまかせておいらかならむと思ひはてゝ、いとらうたげに心うつくしきさまにもてなし居給へれば、いとゞ哀に嬉しくおぼされて日頃のをこたりなどかぎりなくのたまふ。御腹も少しふくらかになりにたるに、かの恥ぢ給ふしるしの帶のひきゆはれたるほどなどいとあはれに、まだかゝる人をけぢかくても見給はざりければ珍しくさへおぼしたり。うち解けぬ所にならひ給ひてよろづのこと心安くなつかしうおぼさるゝまゝに、おろかならぬことゞもを盡せずのたまひ契るを聞くにつけても、かくのみことよきわざにやあらむとあながちなりつる人の御けしきも思ひ出でられて、年頃哀なる御心ばへとは思ひ渡りつれどかゝるかたざまにては哀をもあるまじきことと思ふにぞ、この御行くさきのたのめはいでやと思ひながらも少し耳とまりける、さてもあさましうたゆめたゆめて入り來たりしほどよ、昔の人にうとくて過ぎにしことなど語り給ひし心ばへはげにありがたかりけれど、猶うちとくべくあらざりけりかしなどいよいよ心づかひせらるゝにも、久しくとだえ給はむ事はいと物恐しかるべく覺え給へば、ことに出でゝはいはねど過ぎぬる方よりは少しまつはしざまにもてなし給へるを、宮はいとゞ限なう哀とおぼしたるに、かの人の御うつりがのいと深うしみ給へるが世の常の香のかにいれたきしめたるにも似ずしるき匂ひなるを、その道の人にしおはすれば怪しと咎めいで給ひて、いかなりしことぞとけしきとり給ふに、殊のほかにもてはなれぬことにしあればいはむかたなくわりなくていと苦しと覺えたるを、さればよ必ずさることはありなむ、よもたゞには思はじと思ひ渡ることぞかしと御心さわぎけり。さるはひとへの御ぞなどもぬぎかへ給ひてけれど怪しう心より外にぞ身にしみにける。「かばかりにてはのこりありてしもあらじ」と萬に聞きにくゝのたまひつゞくるに、心うくて身ぞおきどころなき。「思ひ聞ゆるさまことなるものを、我こそさきになどかやうにうち背くきはゝことにこそあれ。又御心おき給ふばかりのほどやはへぬる。思のほかにうかりける御心かな」とすべてまねぶべくもあらず、いといとほしげに聞え給へどともかくもいらへ給はぬさへいとねたくて、

 「また人になれける袖のうつりがを我が身にしめてうらみつるかな」。女はあさましうのたまひつゞくるに、いふべきかたもなくいかゞはとて、

 「見なれぬる中の衣とたのみしをかばかりにてやかけはなれなむ」とてうち泣き給へるけしきの限なう哀なるを見るにも、かゝればぞかしといとゞ心やましくて、我もほろほろとこぼし給ふぞ色めかしき御心なるや。誠にいみじきあやまちありともひたぶるにはえぞうとみはつまじく、らうたげに心苦しきさまのし給へればえも怨みはて給はず、のたまひさしつゝかつはこしらへ聞え給ふ。又の日も心のどかに大殿ごもり起きて御てうづ御かゆなどもこなたにまゐらす。御しつらひなどもさばかり輝くばかり高麗もろこしの錦綾をたちかさねたるめうつしには、よのつねにうちなれたる心ちして人々のすがたもなえばみたるうちまじりなどしていとしづかに見まはさる。君はなよゝかなるうす色どもに撫子のほそなが襲ねてうち亂れ給へる御さまの、何事もいとうるはしくことごとしきまで盛なる人の御よそひ、何くれに思ひくらぶれどけ劣りてもおぼえず。なつかしうをかしきは志のおろかならぬにはぢなきなめりかし、まろに美くしくこえ給へりし人の少しほそやぎたるに色はいよいよ白うなりてあてにをかしげなり、かゝる御うつりがなどのいちじるからぬをりだに愛ぎやうづきらうたき所などの猶人には多くまさりておぼさるゝまゝにはこれをはらからなどにはあらぬ人のけぢかくいひ通ひてことにふれつゝおのづから聲けはひをも聞き見馴れむはいかでかたゞにも思はむ、必ずしか思ひよりぬべきことなるをと我がいとくまなき御心ならひにおぼし知らるれば、常に心をかけてしるきさまなる文などやあると近きみ厨子こからびつなどやうのものをもさりげなくて見給へど、さるものもなし。唯いとすくよかにことずくなにてなほなほしきなどぞわざとしなけれど物にとりまぜなどしてもあるを、あやし猶いとかくのみはあらじかしとうたがはるゝに、いとゞけふはやすからずおぼさるゝことわりなりかし。かの人のけしきも心あらむ女の哀と思ひぬべきを、などてかはことの外にはさしはなたむ、いとよきあはひたればかたみにぞ思ひかはすらむかしと思ひやるぞわびしくはらだゝしくねたかりける。猶いとやすからざりければ、その日もえいで給はず。六條院には御文をぞ二たび三たび奉れ給ふを、いつのほどにつもる御言の葉ならむとつぶやくおい人どもゝあり。中納言の君は宮のかく籠りおはするを聞くにしも心やましく覺ゆれど、わりなしや、わが心のをこがましうあしきぞかし、うしろやすくと思ひそめてしあたりのことをかくは思ふべしやと、しひてぞ思ひ返して、さはいへどもえおぼし捨てざめりかしと嬉しくもあり、人々のけはひなどのなつかしきほどに、なえばみためりしを思ひやり給ひて、母宮の御方に參り給ひて、「よろしきまうけのものどもやさぶらふ。つかふべきことなむ」と申したまへば、「例のたゝむ月の法事のれうに白きものどもなどやあらむ。染めたるなどは今はわざともしおかぬをいそぎてこそせさせめ」とのたまへば、「なにかことごとしきようにも侍らず、侍はむにしたがひて」とて、みくしげ殿などに問はせたまひて、女のさうぞくどもあまたくだりに淸げなる細長どもゝ、たゞあるにしたがひてたゞなる絹綾などとりぐしたまふ。みづからの御れうとおぼしきには、わが御料にありけるくれなゐのうちめなべてならぬに白き綾どもなどあまたかさね給へるに、袴のぐなかりけるにいかにしたるにかありけむ、こしのひとつありけるを引き結びくはへて、

「むすびける契ことなる下紐をたゞひとすぢにうらみやはする」。たいふの君とて、おとなおとなしき人のむつましげなる人につかはす。「とりあへぬさまの見苦しきを、つきづきしうもてかくしてなむ」とのたまひて、御料のは忍びやかなれど箱にてつゝみもことなり。御覽ぜさせねど、さきざきもかやうなる御心しらひは常の事にてめなれにたれば、氣色ばみかへしなどひこじろふべきにもあらねば、いかゞなども思ひ煩はで人々にとりちらしなどしたればおのおのさし縫ひなどす。若き人々のお前近う仕うまつるなどをぞ、とりわきてはつくろひたつべき。しもづかへどものいたうなえばみたりつる姿どもなど、白き袷などにてけちえんならぬぞなかなかめやすかりける。誰かは何事をも後見聞ゆる人のあらむ。宮はおろかならぬ御志の程にて萬をいかでとおぼしおきてたれど、こまかなるうちうちのことまではいかゞはおぼしよらむ。かぎりもなく人にのみかしづかれてならはせたまへれば、世の中のうちあはずさびしきこといかなるものとも知り給はぬ、ことわりなり。えんにそゞろさむく花の露を翫びて世はすぐすべきものとおぼしたる程よりは、思ほす人のためなれば、おのづからをりふしにつけつゝまめやかなることまでもあつかひ知らせ給ふこそ有難くめづらかなることなめれば、いでやなどそしらはしげに聞ゆる御めのとなどもありけり。わらはべなどのなりあざやかならぬ、をりをりうちまじりなどしたるを女君はいとはづかしう、なかなかなる住まひにもあるかななど人知れずはおぼすことなきにしもあらぬに、ましてこの頃は世に響きたる御有樣の華やかさに、かつは宮の內の人の見思ふらむことも人げなきことゝおぼし亂るゝこともそひて歎かしきを、中納言の君はいとよくおしはかり聞え給へば、うとからむあたりには見苦しうくだくだしかりぬべき心しらひのさまも、あなづるとはなけれど何かはことごとしくしたて顏ならむも、なかなか覺えなく見咎むる人やあらむとおぼすなりけり。今ぞ又例のめやすきさまのものどもなどせさせ給ひて御小袿織らせ綾のれう賜はせなどし給ひける。この君しもぞ宮にも劣り聞え給はず、さまことにかしづきたてられて、かたはなるまで心おごりもし世を思ひすまして、あてなる心ざまはこよなけれど、故みこの御山ずみをみそめ給ひしよりぞ、寂しき所のあはれさはさまことなりけりと心苦しうおぼされて、なべての世をも思ひめぐらし深きなさけをもならひ給ひにける。いとほしの人ならはしやとぞ。かくて猶いかでうしろやすくおとなしき人にてやみなむと思ふにもしたがはず、心にかゝりて苦しければ御文などをありしよりはこまやかにて、ともすれば忍びあまりたる氣色見せつゝ聞え給ふを、女君いとわびしきことそひにたる身とおぼしなげかる。ひとへに知らぬ人ならば、あなものぐるほしと、はしたなめさしはなたむにも安かるべきを、昔よりさまことなるたのもし人にならひきて今さらに中あしうならむもなかなか人めあしかるべし、さすがに淺はかにもあらぬ御心ばへありさまの哀を知らぬにはあらず、さりとて心かはし顏にあへしらはむもいとつゝましく、いかゞはすべからむと萬に思ひ亂れ給ふに、さぶらふ人々も少しものゝいふかひありぬべく若やかなるは皆あたらしき心ちして、見給ひなれたる人とてはかの山里のふる女ばらなり。思ふことをも同じ心になつかしういひあはすべき人のなきまゝには、故姬君を思ひ出で聞え給はぬをりなし。おはせましかば、この人もかゝる心もそへ給はましやといとかなしう、宮のつらくなり給はむなげきよりもこのこといと苦しう覺ゆ。男君もしひて思ひわびて例のしめやかなる夕つ方おはしたり。やがてはしに御しとねさし出させ給ひて「いと惱ましき程にてなむえ聞えさせぬ」と人して聞え出し給へるを聞くに、いみじうつらくて淚の落ちぬべきを人めにつゝめばしひて紛はして「惱ませ給ふをりは知らぬ僧なども近く參りよるを、くすしなどのつらにてもみ簾の內には侍ふまじうやは。かく人づてなる御せうそこなむかひなき心ちする」と聞え給ひて、いとものしげなる御氣色なるを一夜物のけしき見し人々、げにやいと見苦しう侍るめりとて、も屋の御簾うちおろしてよゐの僧の座に入れ奉るを、女君誠に心ちもいと苦しけれど、人のかういふに、うたてけちえんならむも又いかゞとつゝましければ、物うながら少しゐざり出でゝたいめし給へり。いとほのかに、時々もののたまふ御けはひの昔の人のなやみそめ給へりしころ、まづ思ひ出でらるゝもゆゝしう悲しうてかきくらす心ちし給へば、とみに物もいはれず、ためらひつゝぞ聞え給ふ。こよなくおくまり給へるもいとつらくて、すのしたより几帳を少しおし入れて例のなれなれしげに近づきより給ふがいと苦しければ、わりなしとおぼして少將の君といふ人を近う召しよせて、「胸なむいたき。しばしおさへて」とのたまふを聞き給ひて、「胸はおさへたるいと苦しう侍るものを」と打ち歎きてゐなほり給ふ程も、げにぞしたやすからぬ。「いかなればかくしも常に惱しうはおぼさるらむ。人に問ひ侍りしかば、しばしこそ心ちもあしかなれさて又よろしきをりありなどこそ敎へ侍りしか。あまりわかわかしくもてなさせ給ふなめりかし」とのたまふに、いとはづかしうて、「胸はいつともなくかくこそは侍れ。昔の人もさこそはものし給ひしか。長かるまじき人のするわざとか人もいひ侍るめる」とぞのたまふ。げに誰もちとせの松ならぬよをと思ふには、いと心苦しう哀なれば、この召しよせたる人のきかむもつゝまれず、かたはらいたきすぢのことをこそえりとゞむれ。昔より思ひ聞ゆるさまなどをかの御みゝひとつには心得させながら人は又かたはにも聞くまじきさまに、よくめやすくぞいひなし給ふを、げに有難き御心ばへにもと聞き居たりけり。何事につけても故君の御事をぞ盡せず思ひ給へる。「いはけなかりしほどより世の中を思ひ離れて止みぬべき心づかひをのみならひ侍りしを、さるべきにや侍りけむ、うときものからおろかならず思ひそめ奉りしひとふしに、かのほいのひじり心はさすがにたがひやしにけむ、慰めばかりに此處にも彼處にも行きかゝづらひて人の有樣を見むにつけて紛るゝこともやあらむなど思ひよるをりをり侍れど、更にほかざまには靡くべうも侍らざりけり。よろづに思ひ給へわびては心のひく方の强からぬわざなりければ、すきがましきやうにおぼさるらむと恥しけれど、あるまじき心のかけても侍らばこそめざましからめ、唯かばかりの程にて時々思ふことをも聞えさせ承りなどして隔てなくのたまひ通はむを誰かは咎めいづべき。世の人に似ぬ心のほどは皆人にもどかるまじく侍るを猶うしろやすく思ほしたれ」など怨みゝなきみ聞え給ふ。「うしろめたく思ひ聞えば、かく怪しと人も見思ひぬべきまでは聞え侍るべくや。年頃こなたかなたにつけつゝ見知ることゞもの侍りしかばこそ、さまことなるたのもし人にて今はこれよりなどさへ驚かし聞ゆれ」とのたまへば「さやうなる折も覺え侍らぬものを、いとかしこきことにおぼしおきてのたまはするや、この御山里いでたちいそぎに辛うじてめしつかはせ給ふべき。それもげに御覽じしるかたありてこそはとおろかにやは思ひ侍る」などのたまひて、猶いとものうらめしげなれど聞く人あれば思ふまゝにもいかでかはつゞけ給はむ。との方をながめいだしたれば、やうやう暗うなりにたるに蟲の聲ばかりまぎれなくて、山の方をぐらくて何のあやめも見えぬに、いとしめやかなるさましてよりゐ給へるも煩はしとのみ內にはおぼさる。「限だにある」など、いと忍びやかにうちずじて「思ひ給へわびて侍り。音なしの里ももとめまほしきを、かの山里のわたりに、わざと寺などはなくとも昔覺ゆる人がたをもつくり繪にも書きとめて行ひ侍らむとなむ思ひ給へなりにたる」とのたまへば、「哀なる御願ひに又うたてみたらし川近き心ちする。人がたこそ思ひやりいとほしう侍れ。こがねもとむる繪師もこそなど、うしろめたうぞ侍るや」とのたまへば、「そよそのたくみも繪師もいかでか心にはかなふべきわざならむ。近き世に花ふらせたるたくみもはべりけるを、さやうならむへん化の人もかな」など、とざまかうざまに忘れむ方なきよしを歎き給ふ氣色のいと心深げなるも、いとほしうわづらはしうて今少しすべりよりて、「人がたのついでに、いと怪しく思ひよるまじきことをこそ思ひ出で侍れ」とのたまふけはひの少しなつかしきも、いと嬉しく哀にて、「何事にか」といふまゝに几帳のしたより手をとらふれば、いとうるさく思ひならるれど、いかさまにしてかゝる心をやめてなだらかにあらむと思へば、この近き人の思はむことのあいなくて、さりげなくもてなし給へり。「年頃は世にあらむとも知らざりし人の、この夏頃遠き處よりものして尋ね出でたりしを、疎くは思ふまじけれど、またうちつけに、さしも何かはむつび思はむと思ひ侍りしを、さいつころきたりしこそ、あやしきまで昔の人の御けはひに通ひたりしかば哀に覺えなり侍りしか、かたみなど、かう思ほしのたまふめるはなかなか何事もあさましうもてはなれたりとなむ皆人々もいひ侍りしを、いとさしもあるまじき人の、いかでかはありけむ」とのたまふを夢がたりかとまで聞く。「さるべき故あればこそは、さやうにもむつび聞えらるらめ。などか今までかくもかすめさせ給はざらむ」とのたまへば「いさや、その故もいかなりけむことゝも思ひわかれ侍らず。物はかなき有樣どもにて世におちとまりさすらへむとすらむとのみうしろめたげにおぼしたりしことゞもを、唯一人かきあつめて思ひ知られ侍るに、又あいなきことをさへ打ち添へて人も聞き傳へむこそ、いといとほしかるべけれ」とのたまふ氣色を見るに、宮の忍びてものなどのたまひけむ人の、しのぶ草摘み置きたりけるなるべしと見知りぬ。似たりとのたまふゆかりに耳とまりて、「かばかりにても同じうはいひはてさせ給ひてよ」といぶかしがり給へど、さすがにかたはらいたくて、えこまかにも聞え給はず。「尋ねむとおぼす心あらば、そのわたりとは聞えつべけれど、委しうはしもえ知らずや。又あまりいはゞ御心おとりもしぬべきことになむ」とのたまへば、「世をうみなかにもたまのありかたづねには心の限りすゝみぬべきを、いとさまでは思ふべきにはあらざなれど、いとかく慰めむ方なきよりはと思ひより侍る。ひとかたの願ひばかりには、などてかは山里のほんぞんにも思ひ侍らざらむ。猶たしかにのたまはせよ」とうちつけにせめ聞え給ふ。「いさやいにしへの御許しもなかりしことを、かうまでももらし聞ゆるもかつはいと口かるけれど、へん化のたくみもとめ給ふいとほしさにこそ、かくも」とて、「いと遠き所に年頃へにけるを母なる人のいとうれはしきことに思ひてあながちに尋ねよりしを、はしたなくもえいらへで侍りしにものしたりしなり。ほのかなりしかばにや何事も思ひしほどよりは見苦しからずなむ見えし。これをいかさまにもてなさむと歎くめりしに、佛にならむはいとこよなきことにこそはあらめ。さまではいかでかは」など聞えたまふ。さりげなくてかううるさき心を、いかではなつわざもがなと思ひ給へると見るはつらけれど、さすがにあはれなり。あるまじきことゝは深く思ひ給へるものから、けしようにはしたなきさまにはえもてなし給はぬも見知り給へるにこそはと思ふ心時めきに夜もいたう更け行くを、內には人めいとかたはらいたく覺え給ひて、うちたゆめて入り給ひぬれば男君ことわりとは返すがへす思へど、猶いとうらめしう口惜しきに、思ひしづめむ方もなき心ちして淚のこぼるゝも人わろければ、よろづに思ひみだるれど、ひたぶるにあさはかならむもてなしはた猶いとうたて我がためもあいなかるべければ、念じかへして常よりもなげきがちにて出で給ひぬ。かくのみ思ひてはいかゞすべからむ、苦しうもあべいかな、いかにしてかは大かたの世のもどきあるまじきさまにて、さすがに思ふ心のかなふわざをばすべからむなど、おりたちれんじたる心ならねばにや、我がため人のためも心安かるまじきことをわりなくおぼしあかす。似たりとのたまひつる人をも、いかでかは誠かとは見るべき、さばかりのきはなれば思ひよらむにかたうはあらずとも人のほいにもあらずは、うるさくこそあるべけれなど、猶そなたざまには心もたゝず、宇治の宮を久しう見給はぬ時はいとゞ昔遠くなる心ちして、すゞろに心ぼそければ、ながつきはつかあまりのほどにおはしたり。いとゞしく風のみ吹き拂ひて心すごうあらましげなる水の音のみやどもりにて人かげもことに見えず。見るにまづかきくらし悲しきことぞかぎりなき。辨の尼召し出でたれば、さうじ口に靑にびの几帳さし出でゝ參れり。「いとかしこけれど、ましていと恐しげに待れば、つゝましくなむ」とまほには出でこず。「いかにながめ給ふらむと思ひやるに、同じ心なる人もなき物語も聞えむとてなむ。はかなくも積る年月かな」とて淚をひとめうけておはするに、老びとはいとゞ更にせきもあへず、「人のうへにてあいなくものを思ほすめりし頃の空ぞかしと思ひ給へ出づるに、いつと侍らぬ中にも秋の風は身にしみてつらう覺え侍りて、げにかのなげかせ給ふめりしも、しるき世の中の御ありさまをほのかに承るもさまざまになむ」と聞ゆれば、「とあることもかゝることも、ながらふればなほるやうもあるを味氣なくおぼししみけむこそわがあやまちのやうに猶悲しけれ。この頃の御ありさまは何かそれこそよのつねなれ。されどうしろめたげには見え聞え給はざめり。いひてもいひてもむなしき空にのぼりぬる煙のみこそ誰ものがれぬことながら後れさきだつほどは猶いといふかひなかりけれ」とてもまた泣き給ひぬ。阿闍梨召して、例のかの御忌日の經佛のことなどのたまふ。「さて此處にかく時々ものするにつけても、かひなきことの安からず覺ゆるがいとやくなきを、この寢殿こぼちて、かの山寺の傍に堂建てむとなむ思ふを同じうはとく始めてむ」とのたまひて、堂いくつ廊ども僧房など、あるべきことゞも書きいでのたまひなどせさせ給ふを「いとたふときこと」と聞えしらす。「昔の人のゆゑある御住まひにしめ造り給ひけむ所をひきこぼたむもなさけなきやうなれど、その御志も功德の方にはすゝみぬべくおぼしけむを、とまり給はむ人々をおぼしやりて、えさはおきて給はざりけるにや。今は兵部卿宮の北の方こそは知り給ふべければ、かの宮の御料ともいひつべくなりにたり。さればこゝながら寺になさむことはびんなかるべし。心にまかせてさもえせじ。所のさまもあまりに川づら近くけしようにもあれば猶寢殿をうしなひてことざまにも造りかへむの心にてなむ」とのたまへば「とざまかうざまにいともかしこうたふとき御心なり。むかし、別を悲みてかばねをつゝみてあまたの年くびにかけて侍りける人も佛の御はうべんにて、かのかばねの囊を捨てゝ遂にひじりの道にも入り侍りにける。この寢殿を御覽ずるにつけて御心動きおはしますらむ。ひとへにたいだいしき御事なり。又後の世の御すゝめともなるべきことに侍りけり。急ぎ仕うまつらすべし。こよみの博士のえらび申して侍らむ日をうけ給はりて物のゆゑしりたらむたくみ二三人をたまはりてこまかなることゞもは佛の御敎のまゝに仕うまつらせ侍らむ」と申す。とかくのたまひ定めて、みさうの人ども召して、このほどのことゞも阿闍梨のいはむまゝにすべきよしなど仰せ給ふに、はかなく暮れぬればその夜はとゞまり給ひぬ。この度ばかりこそは見めとおぼして、たちめぐりつゝ見給へば、佛も皆かの寺に移してければ尼君のおこなひの具のみあり。いとはかなげに住まひたるを哀にいかにしてすぐすらむと見給ふ。「この寢殿はかへて建つべきやうあり。造り出でむほどはかの廊に物し給へ。京の宮にとり渡さるべきものなどあらば、みさうの人召してあるべからむやうに物し給へ」など、まめやかなることゞもを語らひ給ふ。ほかにてはかばかりさだすぎたらむ人を何かと見入れ給ふべきにもあらねど、よるも近くふせて昔物語などせさせ給ふ。故權大納言の君の御有樣も聞く人なきに心安くていとこまやかに聞ゆ。「今はとなり給ひしほどに珍しくおはしますらむ御有樣をいぶかしきものに思ひ聞かせ給ふめりし御氣色などの思ひ給へ出でらるゝに、かく思ひかけ侍らぬ世の末に、かくて見奉り侍るなむ、かの御世にむつましう仕う奉りおきししるしのおのづから侍りけると、嬉しくも悲しくも思ひ給へ知られ侍る。心うき命のほどにて、かくさまざまのことを見給へすぐし思ひ給へ知り侍るなむ、いと恥しう心うくなむ侍る。宮よりも時々は參りて見奉れ、覺束なくたえ籠りはてぬるは、こよなう思ひへだてけるなめりなどのたまはするをりをり侍れど、ゆゝしき身にてなむ。阿彌陀佛よりほかには見奉らまほしき人もなくなりにて侍る」など聞ゆ。故姬君の御事どもはたつきもせず、年頃の御有樣など語りて、何のをりなにとのたまひし、花紅葉の色を見ても、はかなくよみ給ひける歌がたりなどを、つきなからずうちわなゝきたれど、こめかしう、ことずくなゝるものから、をかしかりける人の御心ばへかなとのみ、いとゞ聞きそへ給ふ。宮の御方は今少しいまめかしきものから、心許さゞらむ人のためには、はしたなくもてなし給ひつべくこそものし給ふめるを我にはいと心深くなさけなさけしとは見えて、いかで過してむとこそ思ひ給へれなど心の中に思ひくらべ給ふ。さて物のついでに、かのかたしろのことをいひ出で給へり。「京にこの頃侍らむとはえ知り侍らず。人づてに承りしことのすぢなゝり。故宮のまだかゝる山ずみもし給はず、故北の方うせ給へりけるほど近かりけるころ中將の君とて侍ひける上臈の心ばせなどもけしうは侍らざりけるを、いと忍びてはかなきほどに物のたまはせけるを知る人も侍らざりけるに、をんなごをなむ產みて侍りけるを、さもやあらむとおぼすことのありけるからに、あいなく煩しうものしきやうにおぼしなりて、またとも御覽じ入るゝことも侍らざりけり。あいなくそのことにおぼしこりて、やがて大かたひじりにならせ給ひにけるを、はしたなく思ひてえ侍はずなりにけるが、みちのくのかみのめになりてくだりけるをひとゝせのぼりて、その君たひらかに物し給ふよし、このわたりにもほのめかし申したりけるを聞し召しつけて、更にかゝるせうそこあるべきことにもあらずとのたまはせ放ちければ、かひなくてなむ歎き侍りける。さて又常陸になりてくだり侍りにけるが、この年頃おとにも聞え給はざりつるが、この春のぼりてかの宮には尋ね參りたりけるとなむほのぎゝ侍りし。かの君の年ははたちばかりになり給ひぬらむかし。いと美しく生ひ出で給ふが悲しきことなどこそ中頃は文にさへ書きつゞけてなむはべめりしか」と聞ゆ。委しう聞きあきらめ給ひて、さらば誠にてもあらむかし、見ばやと思ふ心出で來ぬ。「昔の御けはひにかけてもふれたらむ人は知らぬ國までも尋ね知らまほしき心ちのあるを、かずまへ給はざりけれど思ふにけぢかき人にこそはあなれ。わざとはなくともこのわたりに音なふ折あらむついでに、かくなむいひしと傅へ給へ」などばかりのたまひ置く。「母君は故北の方の御めひなり。辨も離れぬなからひに侍るべきを、そのかみはほかほかに侍りて委しうも見給へなれざりき。さいつころ京より大輔がもとより申したりしは、かの君なむいかでかの御墓にだに參らむとのたまふなる、さる心せよなど侍りしかど、まだこゝにさしはへてはおとなはず侍るめり。今さらにさ樣のついでにかゝるおほせごとなど傅へ侍らむ」と聞ゆ。明けぬれば歸り給はむとて、よべ後れてもて參れる絹綿などやうのもの阿闍梨におくらせ給ふ。尼君にもたまふ。法師ばら尼君のげすどもの料にとてぬのなどいふものをさへ召してたぶ。心ぼそき住ひなれど、かゝる御とぶらひたゆまざりければ身のほどには、いとめやすくしめやかにてなむ行ひける。木枯のたへがたきまで吹きとほしたるに、殘る梢もなくちりしきたる紅葉をふみ分けゝる跡も見えぬを見わたして、とみにもえ出で給はず。いと氣色ある深山木にやどりたる蔦の色ぞまだ殘りたる。こだになど少しひきとらせ給ひて宮へとおぼしくてもたせ給ふ。

 「やどり木と思ひいでずばこのもとの旅ねもいかにさびしからまし」とひとりごち給ふを聞きて、尼君、

 「荒れはつるくち木のもとをやどりきと思ひおきけるほどの悲しさ」。飽くまでふるめきたれど、故なくはあらぬをぞいさゝかの慰めにはおぼされける。宮に紅葉奉れ給へれば男宮おはしますほどなりけり。南の宮よりとて何心もなくもて參りたるを、女君例のむつかしきこともこそと苦しくおぼせど、とりかくさむやは。宮「をかしき蔦かな」とたゞならずのたまひてめしよせて見給ふ。御文には「日頃何事かおはしますらむ。山里に侍りていとゞ峯の朝霧に惑ひ侍りつる、御物語もみづからなむ。かしこの寢殿、堂になすべきこと阿闍梨に物しつけ侍りにき。御許し侍りてこそはほかに移すことも物し侍らめ。辨の尼君にさるべきおほせごとはつかはせ」などぞある。「よくもつれなく書き給へる文かな。まろありとぞ聞きつらむ」とのたまふも少しはげにさやありつらむ。女君はことなきを嬉しと思ひ給ふに、あながちにかくのたまふをわりなしとおぼしてうち怨じて居給へる御さま、萬の罪も許しつべくをかし。「返事書いたまへ。見じや」とてほかざまにそむき給へり。あまえて書かざらむも怪しければ、「山里の御ありきの羡しくも侍るかな。かしこはげにさやうにてこそよくと思ひ給へしを、殊更に又いはほの中もとめむよりは、あらしはつまじう思ひ侍るを、いかにもさるべきさまになさせ給はゞおろかならずなむ」と聞え給ふ。かうにくき氣色もなき御むつびなめりと見給ひながら我が御心ならひに、たゞならじとおぼすが安からぬなるべし。かれがれなる前栽の中に尾花のものよりことに手をさし出でゝ招くがをかしう見ゆるに、またほに出でさしたるも露をつらぬきとむる玉の緖はかなげにうちなびきなど、例のことなれど夕風なほ哀なりかし。

 「ほにいでぬもの思ふらししのずゝき招くたもとの露しげくして」。なつかしきほどの御ぞどもに直衣ばかり着たまひて琵琶を彈きゐたまへり。わうしき調のかきあはせをいと哀にひきなし給へば、女君も心に入り給へることにて物ゑんじもえしはて給はず、ちひさき御几帳のつまより脇息によりかゝりて、ほのかにさしいで給へるいと見まほしくらうたげなり。

 「秋はつるのべの氣色もしのずゝきほのめく風につけてこそしれ。我が身ひとつの」とて淚ぐまるゝがさすがに恥しければ扇をまぎらはしておはする心の中もらうたくおしはからるれど、かゝるにこそ人もえ思ひはなたざらめと疑はしきがたゞならでうらめしきなめり。菊のまだよくもうつろひはてゞ、わざとつくろひたてさせ給へるはなかなかおそきに、いかなるひともとにかあらむ。いと見所ありてうつろひたるをとりわきて折らせ給ひて、「花の中にひとへに」とずじ給ひて、「なにがしのみこの、この花めでたる夕ぞかし、いにしへ天人のかけりて琵琶の手敎へけるは。何事も淺くなりにたる世は物うしや」とて御琴さしおき給ふを、口惜しとおぼして、「心こそ淺くもあらめ、昔を傳へたらむことさへはなどてかさしも」とて、覺束なき手などをゆかしげにおぼいたれば「さらばひとりごとはさうざうしきにさしいらへし給へかし」とて人召して箏の御琴とりよせさせて彈かせたてまつり給へど「昔こそまねぶ人ものし給ひしかど、はかばかしう聞きもとめずなりにしものを」とてつゝましげにて手もふれ給はねば、「かばかりのことも隔て給へるこそ心うけれ。この頃見るあたりは、まだいと心とくべきほどにもあらねど、かたなりなるうひことをもかくさずこそあれ。すべて女はやはらかに心美くしきなむよきこととこそその中納言も定むめりしか。かの君にはたかうもつゝみ給はじ、こよなき御中なめれば」などまめやかにうらみられてぞうち歎きて少ししらべ給ふ。ゆるびたりければ、ばんしき調にあはせ給ふ。かきあはせなど、つまおとをかしう聞ゆ。伊勢の海謠ひ給ふ御聲のあてにをかしきを女ばら物のうしろに近づき參りて、ゑみひろごりてゐたり。「ふたごゝろおはしますはつらけれど、それもことわりなれば猶わがお前をばさいはひびとゝこそ申さめ。かゝる御ありさまにまじらひ給ふべくもあらざりし年頃の御住まひを又歸りなまほしげにおぼしてのたまはするこそいと心うけれ」など、たゞいひにいへば、若き人々は、「あなかまや」と制す。御ことども敎へ奉りなどしつゝ、三四日籠りおはして、御物忌などことつけ給ふを、かの殿にはうらめしくおぼして、おとゞうちより出で給ひけるまゝに此處に參り給へれば、宮ことごとしげなるさまして、「何しにいましつるぞとよ」とむつかり給へど、あなたに渡り給ひてたいめし給ふ。「ことなることなき程はこの院を見で久しうなり侍るも哀にこそ」など昔の御物語など少し聞え給ひて、やがてひきつれ聞え給ひて出で給ひぬ。御子どもの殿ばら、さらぬ上達部殿上人などもいと多くひき續き給へる、御いきほひこちたきを見るに、ならぶべくもあらぬぞくしいたかりける。人々のぞきて見奉りて、「さも淸らにおはしけるおとゞかな。さばかりいづれともなく若うさかりにて淸げにおはさうずる御子どもの似給ふべきもなかりけり。あなめでたや」といふもあり、又「さばかりやんごとなげなる御さまにて、わざと御迎に參り給へるこそにくけれ。やすげなの世や」など打ち歎くもあるべし。御自らもきし方を思ひ出づるよりはじめ、かの華やかなる御なからひに立ちまじるべくもあらず、かすかなる身のおぼえをといよいよ心ぼそければ、猶心安く籠り居なむのみこそめやすからめなどいとゞ覺え給ふ。はかなくて年も暮れぬ。むつきのつごもりがたより例ならぬさまに惱み給ふを、宮又御覽じ知らぬことにて、いかならむとおぼし歎きて、みずほふなど所々にてあまたせさせ給ふ。又々はじめそへさせ給ふ。いといたう煩ひ給へば、きさいの宮よりも御とぶらひあり。かくて三とせになりぬれど、一所の御志こそおろかならね。大かたの世にはものものしうももてなし聞え給はざりつるを、このをりぞ、いづこにもいづこにも聞し召し驚きて御とぶらひども聞え給ひける。中納言の君は宮のおぼし騷ぐらむにも劣らず、いかにおはせむと歎きて心苦しくうしろめたくおぼさるれど、限ある御とぶらひばかりこそあれ、あまりもえまうで給はで忍びてぞ御いのりなどもせさせ給ひける。さるは女二の宮の御もぎたゞこのごろになりて世の中ひゞきいとなみのゝしる。よろづのこと帝の御心ひとつなるやうにおぼし急げば、御後見なきしもぞなかなかめでたげに見えける。女御のしおき給へることをばさるものにて、つくもどころさるべきずりやうどもなどとりどりに仕うまつる事どもいと限なし。やがてその程に參りそめ給ふべきやうにありければ、男がたも心づかひし給ふころなれど、例のことなればそなたざまには心もいらで、この御ことのみいとほしうおぼし歎かる。二月のついたちごろに、なほしものとかいふことに權大納言になりて右大將かけ給ひつ。右のおほい殿左にておはしけるが辭し給へる所なりけり。よろこびに所どころありき給ひて、この宮にも參り給へり。いと苦しうし給へば、こなかにおはします程なりければやがて參り給へり。僧などさぶらびて、いとびんなきかたにと驚き給ひて、あざやかなる御なほし、御したがさねなど奉り、ひきつくろひて、おりてたふの拜したまふ御有樣どもとりどりにいとめでたし。やがて今宵つかさの人に祿たまふ。あるじの所にとさうじ奉り給ふを、惱み給ふ人によりてぞおぼしたゆたひ給ふめる。左のおほい殿のし給ひけるまゝにとて六條院にてなむありける。ゑんがのみこたち、上達部、大饗に劣らず、あまりさわがしきまでなむつどひ給ひける。この宮もわたり給ひて、しづ心なければまだことはてぬに急ぎ歸り給へるを、おほい殿の御方には「いと飽かずめざましう」とのたまふ。劣るべうもあらぬ御程なるを只今のおぼえの華やかさにおぼしおごりておしたちもてなし給へるなめりかし。からうじてその曉に男にてうまれ給へるを、宮もいとかひあるさまにて嬉しくおぼしたり。大將殿も喜びに添へて嬉しくおぼす。よべおはしましたりしかしこまりに、やがてこの御よろこびも打ち添へてたちながら參り給へり。かく籠りおはしませば參り給はぬ人なし。御うぶやしなひ三日は例の唯宮の御わたくしごとにて、五日の夜、大將殿よりとんじき五十具、ごてのぜに、わうはんなどは世のつねのやうにて、こもちのお前のついかさね三十、ちごの御ぞいつへがさねにて御むつきなどぞことごとしからず忍びやかにしなし給へれど、こまかに見ればいとわざとめなれぬ心ばへにぞ見えける。宮のお前にも、せんかうのをしき、たかつきどもにて、ふずく參らせたまへり。女房のお前にはついかさねをばさるものにて、ひわりご三十、さまざましつくしたることゞもあり。人目にことごとしくはことさらしなし給はず。七日の夜はきさいの宮よりの御うぶやしなひなれば參り給ふ人々いと多かり。宮の大夫をはじめて殿上人上達部數知らず參り給へり。內にも聞し召して、宮の始めておとなび給ふなるにはいかでかはとのたまはせて御はかし奉らせ給へり。九日も、おほい殿より仕うまつらせ給へり。よろしからずおぼすあたりなれど宮のおぼさむ所あれば、御子の君達など參り給ひて、すべていと思ふことなげにめでたければ、御みづからも月頃物思はしく心ちの惱しきにつけても心ぼそうおぼしわたりつるに、かくおもだゝしう今めかしき事どもの多かれば少しは慰みもやし給ふらむ、大將殿は、かくのみおとなびはて給ふめれば、いとゞわがかたざまはけどほくやならむ、又宮の御志も、えおろかならじと思ふは口惜しけれど又始よりの心おきてを思ふにはいとうれしうもあり。かくてその月二十日あまりのほどにぞ、藤壺の宮の御もぎのことありて、またの日なむ大將參り給ひける。その夜のことは忍びたるさまなり。天の下ひゞきていつくしく見えつる御かしづきにたゞ人のぐし奉り給ふぞ猶飽かず心苦しく見ゆる。「さる御ゆるしはありながらも只今かくしも急がせ給ふまじきことぞかし」とそしらはしげに思ひのたまふ人もありけれど、おぼしたちぬることすがすがしうおはします御心にて、きし方のためしなきまで同じくばもてなさむとおぼしおきつるなめり。みかどの御婿になる人は昔も今も多かれど、かく盛の御世にたゞ人のやうに婿とり急がせ給へるたぐひは少くやありけむ。左のおとゞも珍しかりける人の御おぼえ宿世なり。「故院だに朱雀院の御末にならせ給ひて、今はとやつし給ひしきはにこそかの母宮をえ奉り給ひしか、我はまいて人も許されぬものを、ひろひたりしや」とのたまひつれば宮はげにとおぼすに、恥しうて御いらへもえし給はず。三日の夜は大藏卿よりはじめて、かの御かたの心よせになさせ給へる人々けいしにおほせごとたまひて忍びやかなれど、かのごぜん、隨身、車ぞひ、舍人などまで祿たまはす。そのほどのことは私ごとのやうにぞありける。かくてのちは忍び忍びに參り給ふ。心のうちには猶忘れ難きいにしへざまのみ覺えて、晝は里に起き臥しながめくらして暮るれば心よりほかに急ぎ參り給ふも、ならはぬ心ちにいと物うく苦しうて、まかでさせ奉らむことをぞおぼしおきてける。母宮はいと嬉しきことにおぼして、おはします寢殿を讓り聞え給ふべくのたまへど、いとかたじけなからむとて御ねんず堂のあはひに廊をつゞけて造らせ給ふ。西おもてにうつろひ給ふべきなめり。ひんがしの對どもなども燒けて後、麗しくあたらしくあらまほしきをいよいよ磨きそへつゝこまかにしつらはせ給ふ。かゝる御心づかひを內にも聞し召して程なく打ち解けうつろひ給はむをいかゞとおぼしたり。帝ときこゆれど心のやみは同じことになむおはしましける。母宮の御許に御使ありける御文にも唯この御事をのみなむ聞えさせ給へりける。故朱雀院のとりわきてこの尼君の御ことをば聞え置かせ給ひしかば、かく世をそむき給へれどおとろへず何事ももとのまゝに、奏せさせ給ふことなどは必ず聞し召しいれ、御用意深かりけり。かくやんごとなき御心どもに、かたみに限りもなくもてかしづきさわがれ給ふおもだゝしさも、いかなるにかあらむ、心のうちには殊に嬉しくも覺えず、猶ともすれば、うちながめつゝ宇治の寺造ることをば急がせ給ふ。宮の若君のいかになり給ふ日、かぞへとり給ひて、そのもちひのいそぎを心に入れて、こものひわりごなどまでみいれつゝ、よのつねのなべてにはあらずとおぼし心ざして、ぢん、紫檀、しろがね、こがねなど道々の細工どもいと多く召し侍はせ給へば、我劣らじとさまざまの事どもをしいづめり。みづからも例の宮のおはしまさぬひまにおはしたり。心のなしにやあらむ、今少しおもおもしく、やんごとなげなる氣色さへ添ひにたりと見ゆ。今はさりともむつかしかりしすゞろごとなどは思ひまぎれ給ひにたらむと心安くてたいめし給へり。されどありしながらの氣色にまづ淚ぐみて「心にもあらぬまじらひ、いとゞ思のほかなるものにこそと、世を思ひ給へ亂るゝことのみなむまさりにたる」と、あいだちなくぞ憂へ給ふ。「いとあるまじき御ことかな。人もこそおのづからほのかにも漏り聞き侍れ」などはのたまへど、かばかりめでたげなる事どもにもなぐさまず忘れがたう覺え給ふらむ心深さよと哀に思ひ聞え給ふに、おろかにもあらず思ひ知られたまふ。おはせましかばと口惜しう思ひ出で聞え給へど、それもわが有樣のやうにうらやみなく身を怨むべかりけるかし、何事も數ならでは世の人めかしきこともあるまじかりけりと覺ゆるにぞ、いとゞかの打ち解けはてゝやみなむと思ひ給へりし御心おきては猶殊に重々しう思ひ出でられ給ふ。若君をせちにゆかしがり聞え給へば、恥しけれど何かはへだて顏にもあらむ、わりなきことひとつにつけて怨みらるゝよりほかにはいかでこの人の御心にたがはじとおぼして、自らはともかくもいらへ聞え給はで、めのとしてさしいでさせ給へり。さらなることなれば、にくげならむやは。ゆゝしきまで白く美くしうて、たかやかに物語し、うちゑみ給へる顏を見るに我がものにて見まほしう、うらやましきも世の思ひはなれがたくなりぬるにやあらむ。されどいふかひなくなり給ひにし人の世の常の有樣にてかやうならむ人をもとゞめおき給へらましかばとのみ覺えて、この頃おもだゝしげなる御あたりに、いつしかなどは思ひよらぬこそあまりすべなき君の御心なめれ。かくめゝしくねぢけて、まねびなすこそいとほしけれ。志かわろびかたほならむ人を帝のとりわきせちに近づけてむつび給ふべきにもあらじものを、まことしきかたざまの御心おきてなどこそはめやすくものし給ひけめとぞ推し量るべき。げにいとかく幼きほどを見せ給へるも哀なれば例よりは物語などこまやかに聞え給ふほどに、暮れぬれば心やすく夜をだにふかすまじきを苦しう覺ゆれば、なげくなげく出で給ひぬ。「をかしの人の御にほひや。をりつればとかいふやうに鶯も尋ねぬべかめり」など煩しがる若き人もあり。夏にならば三條の宮ふたがる方になりぬべしと定めて、うづき朔日頃せちぶんとかいふこと、まだしきさきに渡し奉りぬ。あすとての日、藤壺にうへわたらせ給ひて藤の花の宴せさせ給ふ。南の廂の御簾あげて御いしたてたり。おほやけわざにて、あるじの宮の仕うまつり給ふにはあらず。上達部殿上人のきやうなど藏づかさより仕うまつれり。左のおとゞ、按察の大納言、藤中納言、左兵衞督、みこ達は三宮、常陸宮などさぶらひ給ふ。南の庭の藤の花のもとに殿上人の座はしたり。こうらう殿のひんがしにがくその人々召して暮れ行くほどに、さう調吹きて、うへの御あそびに宮の御方より御琴ども笛などいださせ給へば、おとゞをはじめ奉りてお前にとりつゝ參り給ふ。故六條院の御手づから書き給ひて入道宮に奉らせ給ひし、きんの譜二卷、五葉の枝につけたるをおとゞ取り給ひて奏し給ふ。つぎつぎに、きん、さうの御琴、琵琶、和琴など朱雀院のものどもなりけり。笛はかの夢につたへしいにしへのかたのみをまたなきものゝ音なりとめでさせ給ひければ、このをりのきよらより又はいつかははえばえしきついでのあらむとおぼして、とうで給へるなめり。おとゞ和琴、三宮琵琶、とりどりにたまふ。大將の御笛はけふぞ世になき音のかぎりは吹きたて給ひける。殿上人の中にもさうがにつきなからぬどもは召し出でつゝ、いとおもしろう遊ぶ。宮の御方よりふずくまゐり給ふ。沈の折敷四つ、紫檀のたかつき、藤のむらごの打敷にをりえだぬひたり。しろがねのやうき、瑠璃の御さかづき、甁子は紺瑠璃なり。兵衞督まかなひ仕うまつり給ふ。御盃まゐり給ふに、おとゞしきりてはびんなかるべし、宮達の御中に、はたさるべきおはせねば大將にゆづり聞え給ふを憚り申し給へど、御氣色もいかゞありけむ御盃捧げて、「をし」とのたまへるこわづかひもてなしさへ例のおほやけごとなれど人に似ず見ゆるも、けふはいとゞみなしさへ添ふにやあらむ。さし返し給はりて、おりて舞踏し給へる程いとたぐひなし。上臈のみ子達おとゞなどのたまはり給ふだに、めでたきことなるを、これはまして御婿にて、もてはやされ奉り給へる御おぼえおろかならず珍しきに、かぎりあればくだりたる座に歸りつき給ふ程、心苦しきまでぞなむ見えける。按察の大納言は我こそかゝるめも見むと思ひしか、ねたのわざやと思ひ居給へり。この宮の御母女御をぞ昔心かけ聞え給へりけるを參り給ひて後も猶思ひはなれぬさまに聞えかよはしなどし給ひて、はては宮をえ奉らむの心つきたりければ御後見望む氣色もらし申しけれど、聞し召しだに傳へずなりにければいと心やましと思ひて「人がらはげにちぎりことなめれど、なぞ時の帝のかくおどろおどろしきまで、むこかしづきし給ふべき、またあらじかし。九重の內におはします殿近きほどにて唯人の打ち解け侍ひて、はては宴や何やともてさわがるゝことは」などいみじうそしりつぶやき申し給ひけれど、さすがにゆかしければ參りて心の中にぞ腹立ちゐ給ひける。紙燭さして歌ども奉る。ぶんだいのもとによりつゝ、おくほどの氣色はおのおのしたり顏なりけれど、例のいかに怪しげにふるめいたりけむと思ひやれば、あながちに皆も尋ねかゝず。かみのまちも上臈とて御口つきどもは異なること見えざめれど、しるしばかりとて、一つ二つぞ問ひ聞きたりし。これは大將の君のおりて御かざしをりて參り給へりけるとか。

 「すべらぎのかざしにをると藤の花およばぬえだに袖かけてけり」。うけばりたるぞにくきや。

 「よろづ世をかけてにほはむ花なればけふをもあかぬ色とこそみれ」。またたれとか、

 「君がためをれるかざしは紫の雲におとらぬ花のけしきか」。

 「世のつねの色とも見えず雲井までたちのぼりける藤なみの花」。これやこのはらだつ大納言のなりけむとこそ見ゆれ。かたへはひがごとにもやありけむ、かやうにことなるをかしきふしもなくのみぞあなりし。夜ふくるまゝに御あそびいとおもしろし。大將の君の、あなたふと謠ひ給へる聲ぞ限なくめでたかりける。按察も昔勝れ給へりし御聲のなごりなれば今もいとものものしうてうちあはせ給へり。左のおほい殿の御七郞、わらはにてさうの笛ふく、いと珍しかりければ御ぞたまはす。おとゞおりて舞踏し給ふ。曉近くなりてなむ歸らせ給ひける。祿ども、上達部、みこ達にはうへよりたまはす。殿上人がくその人々には宮の御方より品々に賜ひけり。そのよさりなむ宮まかでさせ奉り給ひける。儀式いと心ことなり。うへの女房さながら御送仕うまつらせ給ひける。ひさしの御車にて、ひさしなき糸毛三つ、びらうげのこがねづくり六つ、たゞのびらうげ二十、網代二つ、女房三十人、わらはしもづかへ八人づゝ侍ふに、又迎のいだし車十二、ほんぞの人々のせてなむありける。御送の上達部殿上人、六位など、いふかぎりなう淸らをつくさせ給へりけり。かくて心安くうち解けて見奉り給ふにいとをかしげにおはす。さゝやかにあてにしめやかにて、こゝはと見ゆる所なくおはすれば宿世の程口惜しからざりけりと心おごりせらるゝものから、過ぎにし方の忘らればこそはあらめ、猶まぎるゝをりなく物のみ戀しく覺ゆれば、この世にては慰めかねつべきわざなめり。佛になりてこそは怪しくつらかりける契のほどを何の報とあきらめて思ひはなれめと思ひつゝ、寺のいそぎにのみ心を入れ給へり。加茂の祭など、さわがしきぼど過して、二十餘日のほどに例の宇治へおはしたり。造らせ給ふ御堂見給ひて、すべきことゞもおきてのたまひなどして、さて例の朽木のもとを見給ひ過ぎむが猶哀なれば、そなたざまにおはするに、女車のことごとしきさまにはあらぬひとつ、あらましきあづまをとこの腰に物おへるあまた具して、しも人數多くたのもしげなる氣色にてはしより今渡りくる見ゆ。田舍びたるものかなと見給ひつゝ殿はまづ入り給ひて、ご前どもなどは又たち騷ぎたるほどに、この車もこの宮をさしてくるなりけりと見ゆ。御隨身どもかやかやといふをせいし給ひて「何人ぞ」と問はせ給へば聲うちゆがみたるもの、「常陸の前司殿の姬君の初瀨の御寺にまうでゝ歸り給へるなり。初めもこゝになむやどり給へりし」と申すに、おいや、聞きし人なゝりとおぼし出でゝ、人々をばことかたにかくし給ひて、「はや御車入れよ。此處に又ひとやどり給へど北面になむ」といはせ給ふ。御供の人も皆狩衣姿にてことことしからぬ姿どもなれど猶けはひやしるからむ、煩はしげに思ひて、皆馬どもひきさげなどしつゝかしこまりつゝぞをる。車は入れて廊の西のつまにぞよする。この寢殿はまだあらはにて簾垂もかけず、おろし籠めたる中の二まに立て隔てたるさうじの穴より覗き給ふ。御ぞの鳴れば、ぬぎおきてなほし指貫のかぎりを着てぞおはする。とみにもおりで尼君にせうそこして、かくやんごとなげなる人のおはするをたれぞなどあないするなるべし。君は車をそれと聞き給へるより、ゆめその人にまろありとの給ふなと、まづ口がためさせ給ひてければ皆さ心得て、「はやおりさせ給へ。まらうどはものし給へどこと方になむ」といはせたり。若き人のある、まづおりて簾垂うちあぐめり。御前どものさまよりはこのおもとなれてめやすし。又おとなびたる人今一人おりて、「早う」といふに、「怪しくあらはなる心ちこそすれ」といふ聲、ほのかなれどいとあてやかに聞ゆ。「例の御ことこなたはさきざきもおろしこめてのみこそは侍るめれ。さては又いづくのあらはなるべきぞ」と心をやりていふ。つゝましげにおるゝを見ればまづかしらつきやうだいほそやかに、あてなる程はいとよう物思ひ出でられぬべし。扇をつとさしかくしたれば顏は見えぬ程心もとなくて胸打ち潰れつゝ見給ふ。車はたかく、おるゝ所はくだりたるをこの人々は安らかにおりなしつれど、いと苦しげにやゝ見て久しくおりてゐざり入る。濃きうちきに瞿麥とおぼしき細長、わかなへ色の小うちき着たり。四尺の屛風をこのさうじにそへて建てたるが、かみより見ゆる穴なれば殘るべくもあらず。こなたをばうしろめたげに思ひて、あなたざまに向きてぞそひふしぬる。「さも心苦しげにおはしましつるかな。いづみ河の船わたりも誠にけふはいと恐しうこそありつれ。この二月には水のすくなかりしかばよかりしなりけり。いでやありきは、あづまぢを思へばいづこか恐しからむ」など、ふたりして苦しとも思ひたらずいひゐたるに、しうはおともせでひれふしたり。かひなをさし出でたるが、まろらかにをかしげなる程も常陸殿などいふべくも見えず誠にあてなり。やうやう腰痛きまでたちすくみ給へど人のけはひせじとて猶動かで見給ふに、若き人「あなかうばしや。いみじきかうのかこそすれ。尼君のたき給ふにやあらむ」とおどろく。おい人、「誠にあなめでたのものゝ香や。京びとはなほいとこそみやびかに今めかしけれ。てんがにいみじきことゝおぼしたりしかど、あづまにてかゝるたきものゝ香はえあはせ出で給はざりきかし。この尼君のすまひは、かくいとかすかにおはすれど、さうぞくのあらまほしう、にび色あを色といへどいときよらにぞあるや」など譽め居たり。あなたのすのこよりわらはきて、「御湯など參らせ給へ」とてをしきどもゝとりつゞきてさし入る。くだものとりよせなどしてものけ給はる。これなどおこせど驚かねば、ふたりして栗などやうのものにやほろほろとくふも、聞き知らぬ心ちにはかたはらいたくてしぞき給へど、又ゆかしくなりつゝ猶たちよりたちより見給ふ。これよりまさるきはの人々を、きさいの宮をはじめて、こゝかしこにてかたちよきも心あてなるをもこゝらあくまで見ならし給ふべけれど、おぼろけならでは目も心もとゞまらず、あまり人にもどかるゝまでものし給ふ御心ちに只今は、なにばかりすぐれて見ゆることもなき人なれど、かくたちさりがたくあながちにゆかしきもいとあやしき心なり。尼君はこの殿の御方にも御せうそこ聞え出したりけれど「御心ちなやましとて今のほどうちやすませ給へるなり」と御供の人々心しらひていひたりければ、この君を尋ねまほしげにおぼしのたまひしかば、かゝる序に物いひふれむとおぼすによりて、日を暮し給ふにやと思ひて、かく覗き給ふらむとは知らず、例のみさうのあづかりどもの參れるわりごやなにやとこなたにも入れたるを、あづまびとゞもにもくはせなどことゞも行ひおきて、うちけさうじてまらうどの方に來たり。譽めつるさうぞく、げにいとかはらかにて、みめも猶よしよししく淸げにぞある。「きのふおはしつきなむと待ち聞えさせしを、などかけふも日たけては」といふめれば、このおい人、「いと怪しう苦しげにのみせさせ給へれば、きのふはこのいづみ河のわたりにとゞまりて、けさもむごに御心ちためらひて」など、いらへておこせば、今ぞおきゐたる、尼君をはぢらひて、そばみたるかたはらめ、これよりはいとよく見ゆ。誠にいとよしあるまみの程、かんざしのわたり、かれをも委しくつくづくとしも見給はざりし御かほなれど、これを見るにつけて唯それと思ひ出でらるゝに例の淚おちぬ。尼君のいらへうちする聲けはひのほのかなれど宮の御方にもいとよく似たりと聞ゆ。哀なりける人かな、かゝりけるものを今まで尋ねもしらで過しけることよ、これより口惜しからむきはのしなならむゆかりにてだに、かばかり通ひ聞えたらむ人を見ては、おろかにえ思ふまじき心ちするに、ましてこれは知られ奉らざりけれど誠に故宮の御子にこそはありけれと見なし給ひては限なう哀にうれしく覺え給ふ。只今もはひよりて世の中におはしけるものをといひ慰めまほし、蓬萊まで尋ねて、かんざしのかぎりを傅へて見給ひけむ帝は猶いといぶせかりけむ、これはこと人なれど慰め所ありぬべきさまなりと覺ゆるは、この人に契のおはしけるにやあらむ。尼君は物語少ししてとく入りぬ。人の咎めつるかをりを近くて覗き給ふなめりと心得てければ、打ち解けごとも語らはずなりぬるなるべし。日も暮れもて行けば君もやをら出でゝ御ぞなど着給ひてぞ、例召し出づるさうじ口に尼君召し出で給ひて、ありさまなど問ひ給ふ。「をりしも嬉しくまうできあひたるをいかにぞ、かの聞えしことは」とのたまへば「しかおほせごと侍りし後は、さるべきついで侍らばと待ち侍りしに、こぞは過ぎてこの二月になむ、初瀨詣のたよりに對面して侍りし。かの母君に思し召したるさまは、ほのめかし侍りしかば、いとかたはらいたく忝き御よそへにこそは侍るなれとなむ侍りしかど、そのころほひはのどやかにもおはしまさずとうけ給はりし。をりびんなく思ひ給へつゝみてなむ、かくなども聞えさせ侍らざりしを、又この月にもまうでゝけふ歸り給へるなめり。行きかへりの中やどりには、かうむつびらるゝも唯過ぎにし御けはひを尋ね聞えらるゝ故になむ侍るめる。かの母君はさはることありて、このたびはひとり物し給ふめれば、かくおはしますとも何かは物し侍らむ」と聞ゆ。「田舍びたる人どもに忍びやつれたるありきも見えじとて口がためつれどいかゞあらむ。げすどもは隱れあらじかし。さていかゞすべき。一人物し給ふらむこそなかなか心やすかなれ。かく契深くてなむ參りきはひたると傳へ給へかし」とのたまへば、「うちつけにいつのほどなる御契にかは」とうち笑ひて、「さらばしか傳へ侍らむ」とているに、

 「かほ鳥の聲もきゝしにかよふやとしげみをわけて今日ぞ尋ぬる」。唯口ずさみのやうにのたまふを、入りてかたり聞えけり。