kobunnadoのブログ

インターネット上でご好意でパブリックドメイン等で公開されてるものをブログ形式で掲載します。

源氏物語 浮舟

源氏物語 浮舟 紫式部

このページはクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0に従い、ウィキソースの蔵書『源氏物語 國分大觀 下』からのコピーを含みます。

浮舟

宮、猶かのほのかなりし夕をおぼし忘るゝ世なし。ことごとしきほどにはあるまじげなりしを、人がらのまめやかにをかしうもありしかなと、あだなる御心には口惜しくて止みにしことゝ妬うおぼさるゝまゝに、女君をもかうはかなきことゆゑ、あながちにかゝるすぢの物憎みし給ひけり。思はずに心うしと、はづかしめ怨み聞え給ふをりをりは、いと苦しうて、ありのまゝにや聞えてましとおぼせど、やんごとなきさまにはもてなし給はざなれど、あさはかならぬ方に心とゞめて人の隱し置き給へる人を、物いひさがなく聞え出でたらむにも、さて聞きすぐし給ふべき御心ざまにもあらざめり。侍ふ人の中にもはかなう物をもの給ひふれむとおぼし立ちぬるかぎりは、あるまじき里までも尋ねさせ給ふ御さまよからぬ本じやうなるに、さばかり月日を經ておぼししむめるあたりは、まして必ず見苦しき事取り出で給ひてむ。ほかより傳へ聞き給はむはいかゞはせむ、いづかたざまにもいとほしくこそはありとも、防ぐべき人の御心ざまならねば、よその人よりは聞きにくゝなどばかりぞ覺ゆべき、とてもかくても我がをこたりにては、もてそこなはしと思ひかへし給ひつゝ、いとほしながらも聞え出で給はず。ことざまにつきづきしくはえいひなし給はねば、おしこめて物怨じしたる、世の常の人になりてぞおはしける。かの人はたとしへなくのどかにおぼしおきてゝ、まちどほなりと思ふらむと心苦しうのみ思ひやり給ひながら、所せき身の程を、さるべきついでなくて、かやすく通ひ給ふべき道ならねば、神のいさむるよりもわりなし。されど今いとよくもてなさむとす。山里の慰めと思ひおきてし心あるを、少し日數も經ぬべきことゞも作り出でゝ、のどやかに行きても見む。さてしばしは人の知るまじきすみどころして、やうやうさる方に、かの心をものどめ置き、我がためにも人のもどきあるまじく、なのめにてこそよからめ。俄に何人ぞ、いつよりなど聞き咎められむも物騷しく、初の心にたがふべし。又宮の御方の聞きおぼさむことも、もとの所をきはぎはしうゐてはなれ、昔をわすれ顏ならむも、いとほいなしなどおぼししづむるも例のいとのどけさ過ぎたる心からなるべし。わたすべき所おぼし設けて忍びてぞ造らせ給ひける。少し暇なきやうにもなり給ひにたれど、宮の御方には猶たゆみなく心よせ仕うまつり給ふこと同じやうなり。見奉る人も怪しきまで思へど、世の中をやうやうおぼし知り、人のありさまを見聞き給ふまゝに、これこそは誠に昔を忘れぬ心ながさの名殘さへ淺からぬためしなめれと哀もすくなからず、ねびまさり給ふまゝに人がらも世のおぼえも、さまことにものし給へば、宮の御心のあまりたのもしげなき時々は思はずなりける宿世かな、故姬君のおぼしおきてしまゝにもあらで、かく物思ひ憚るべき方にしもかゝりそめけむよとおぼすをりをり多くなむ。されどたい面し給ふことはかたし。年月もあまり昔を隔て行き、うちうちの御心を深う知らぬ人は、なほなほしきたゞ人こそ、さばかりのゆかり尋ねたるむつびをも忘れぬに、つきづきしけれ、なかなかかう限あるほどに、例にたがひたるありさまぞなどいひ思はむもつゝましければ宮の絕えずおぼし疑ひたるを、いよいよ苦しうおぼし憚り給ひつゝ、おのづから疎きさまになり行くを、さりとても絕えず同じ心の變り給はぬなりけり。宮もあだなる御本じやうこそ見まうきふしもまじれ、若君のいと美くしうおよすけ給ふまゝに、ほかにはかゝる人も出でくまじきにやと、やんごとなきものにおぼして、うちとけなつかしき方には人にまさりてもてなし給へば、ありしよりは少し物思ひ靜まりてすぐし給ふ。む月の一日過ぎたる頃渡り給ひて、若君の年まさり給へるをもてあそびうつくしみ給ふ晝つ方、ちひさきわらは、綠のうすえふなるつゝみ文の大きやかなるに、小きひげこを小松につけたる、又すくずくしきたてぶみとり副へて、あうなく走りまゐる。女君に奉れば、宮「それはいづくよりぞ」とのたまふ。「宇治より大輔のおとゞにとて、もてわづらひ侍りつるを、例のお前にてぞ御覽ぜむとて、とり侍りぬる」といふも、いとあわたゞしき氣色にて、「このこはかねを造りて、色どりたるこなりけり。松もいとよう似て造りたる枝ぞとよ」と、ゑみていひつゞくれば、宮も笑ひ給ひて、「いで我ももてはやしてむ」とめすを、女君いとかたはらいたくおぼして、「文は大輔がりやれ」とのたまふ。御顏の赤みたれば、宮、大將のさりげなくしなしたる文にて、字治の名のりもつきづきしとおぼしよりて、この文をとり給ひつ。さすがにそれならむ時にとおぼすに、いとまばゆければ「あけて見むよ、怨じやし給はむとする」とのたまへば、「見苦しう。何かはその女どちの中に書き通はしたらむうちとけ文をば御覽ぜむ」とのたまふが、さわがぬ氣色なれば、「さば見むよ。女の文がきは、いかゞある」とてあけ給へれば、いと若やかなる手にて、「おぼつかなくて年も暮れ侍りにける。山里のいぶせさこそ峰の霞もたえまなくて」とて、はしに、「これ若君のお前に、あやしう侍るめれど」と書きたり。ことにらうらうじきふしも見えねど、覺えなきを御目たてゝ、この立文を見給へば、げに女の手にて、「年改りて何事かさぶらふ。御私にも、いかにたのもしき御悅多く侍らむ。こゝにはいとめでたき御住ひの心深きを猶ふさはしからず見奉る。かくてのみつくづくとながめさせ給ふよりは、時々は渡り參らせ給ひて御心も慰めさせ給へと思ひ侍るに、つゝましく恐しきものにおぼしこりてなむ、物憂き事に歎かせ給ふめる。若君のお前にとて、卯槌參らせ給ふ。おほきおまへの御覽ぜざらむ程に御覽ぜさせ給へ」となむ、こまごまと、こといみもえしあへず、物なげかしげなるさまのかたくなしげなるも、うち返しうち返し怪しと御覽じて、「今はのたまへかし。誰がぞ」とのたまへば、「昔かの山里にありける人のむすめの、さるやうありて、この頃かしこに侍るとなむ聞き侍りし」と聞え給へば、おしなべて仕うまつるとは見えぬ文がきをと心え給ふに、かの煩はしきことゝあるにおぼしあはせつ。卯槌をかしう、つれづれなりける人のしわざと見えたり。またぶりに山たちばなつくりて、つらぬき添へたる枝に、

 「まだふりぬものにはあれど君がため深きこゝろにまつと知らなむ」と、ことなることなきを、かの思ひわたる人のにやとおぼしよりぬるに、御目とまりて、「返事し給へ。なさけなし。かくい給ふべき文にもあらざめるをなど御氣色のあしき、まかりなむよ」とて立ちたまひぬ。女君少將などして、「いとほしくもありつるかな。幼き人の取りつらむを、人はいかでか見ざりつるぞ」など忍びてのたまふ。「見給へましかば、いかでかは參らせまし。すべてこのこは心ちなうさしすぐして侍り。おひさき見えて人はおほどかなるこそ、をかしけれ」などにくめば、「あなかま。幼き人な腹だてそ」とのたまふ。こぞの冬人の參らせたるわらはの、顏はいと美しかりければ宮もいとらうたくし給ふなりけり。我が御方におはしまして、あやしうもあるかな、宇治に大將の通ひ給ふことは年頃絕えずと聞く中にも、忍びて夜泊り給ふ時もありと人のいひしを、いとあまりなる人のかたみとて、さるまじき所に旅寢し給ふらむことゝ思ひつるは、かやうの人かくし置き給へるなるべしと、おぼしうることもありて、御文のことにつけ、つかひ給ふ大內記なる人の、かの殿に親しきたよりをおぼし出でゝお前に召す。まゐれり。ゐんふたぎすべきに、集どもえり出でゝ、こなたなる厨子につむべきことなどのたまはせて、「右大將の宇治へいますること猶絕えはてずや。寺をこそいとかしこく造りたなれ。いかでか見るべき」とのたまへば、「いとかしこくいかめしく造られて、不斷の三昧堂など、いとたふとくおきてられたりとなむ聞き給ふる。かよひ給ふことは、こぞの秋頃よりは、ありしよりもしばしば物し給ふなり。しもの人々の忍びて申ししは、女をなむ隱しすゑさせ給へる。けしうはあらずおぼす人なるべし。あのわたりにらうじ給ふ所々の人、皆仰にて參り仕うまつる。とのゐにさしあてなどしつゝ、京よりもいと忍びて、さるべき事など問はせ給ふ。いかなるさいはひびとの、さすがに心ぼそくて居給へるならむとなむ、唯このしはすの頃ほひ申すと聞き給へし」ときこゆ。いと嬉しくも聞きつるかなと思ほして、「たしかにその人とはいはずや。かしこにもとよりある尼ぞとぶらひ給ふと聞きし」。「尼は廊になむ住み侍りける。この人は今たてられたるになむ。きたなげなき女房などもあまたして、口惜しからぬけはひにてゐて侍る」と聞ゆ。「をかしきことかな。何の心ありて、いかなる人をかはさてすゑ給ひつらむ。猶いと氣色ありて、なべての人に似ぬ御心なりや。左のおとゞなど、この人のあまり道心に進みて山寺によるさへともすれば泊り給ふなる、輕々しさともどき給ふと聞きしを、げになどかさしも佛の道には忍びありくらむ、猶かのふるさとに心をとゞめたるとなむ聞きし。かゝることこそはありけれ、いつら人よりはまめなるとさかしがる人しも、ことに人の思ひいたるまじき、くまあるかまへよ」とのたまひて、いとをかしとおぼえたり。この人はかの殿にいとむつましく仕うまつるけいしの聟になむありければ、かくし給ふ事も聞くなるべし。御心のうちには、いかにしてこの人を見し人かとも見定めむ、かの君のさばかりにてすゑたるは、なべてのよろしき人にはあらじ、このわたりには、いかでかうとからぬにかあらむ、心をかはしてかくし給へりけるも、いとねたうおぼゆ。唯そのことをこの頃はおぼししみたり。のりゆみ內宴などすぐして心のどかなるに、つかさめしなどいひて人の心盡すめる方は何ともおぼさねば、宇治へ忍びておはしまさむことをのみおぼしめぐらす。この內記は望むことありて、よるひるいかで御心に入らむと思ふ頃、例よりは懷しう召しつかひて、「いと難き事なりとも我がいはむことはたばかりてむや」などのたまふ。「かしこまりて侍ふ」。「いとびんなきことなれど、かの宇治に住むらむ人は、はやうほのかに見し人の行くへも知らずなりにしが、大將に尋ねとられにけりと聞き合することこそあれ。たしかには知るべきやうもなきを、唯物より覗きなどして、それかあらぬかと見定めむとなむ思ふ。聊か人に知らるまじきかまへは、いかゞすべき」とのたまへば、あな煩はしと思へど、「おはしまさむことは、いと荒き山ごえになむ侍れど、殊に程遠くは侍はずなむ。夕つ方出でさせおはしまして、ゐねの時にはおはしまし着きなむ、さて曉にこそは歸らせ給はめ。人の知り侍らむことは、唯御供にさぶらひ侍らむこそは、それも深き心はいかでか知り侍らむ」と申す。「さかし。むかしも一たび二たび通ひしみちなり、輕々しきもどきおひぬべきが、物の聞えのつゝましきなり」とて、返すがへすあるまじきことに我が御心にもおぼせど、かうまでうち出で給ひつれば得思ひ留め給はず、御供にも昔もかしこのあない知れりし者ふたりみたり、この內記、さては御めのとごの藏人よりかうふり得たる若き人、むつかしきかぎりをえり給ひて、大將けふあすよもおはせじなど、內記に能くあない聞き給ひて出で立ち給ふにつけても、いにしへをおぼし出づ。あやしきまで心を合せつゝ、ゐてありきし人のために、うしろめたきわざにもあるかなと、おぼし出づることもさまざまなるに、京の內だにむげに人知らぬ御ありきは、さはいへどえし給はぬ御身にしも怪しきさまのやつれ姿して、み馬にておはする、心地も物恐しくやゝましけれど、ものゝゆかしきかたは進みたる御心なれば山深うなるまゝに、いつしかいかならむ、見合することもなくて歸らむこそ、さうざうしくあやしかるべけれとおぼすに、心もさわぎ給ふ。ほふさう寺のほどまでは御車にて、それよりぞみ馬には奉りける。急ぎて、よひ過ぐる程におはしましぬ。內記、あないよく知れるかの殿の人に問ひ聞きたりければ、とのゐ人あるかたにはよらで、あし垣しこめたるにしおもてを、やをら少しこぼちて入りぬ。我もさすがにまだ見ぬ御住まひなれば、たどたどしけれど人しげうなどしあらねば、しんでんの南おもてにぞ、火ほのぐらう見えて、そよそよと音する。參りて「まだ人は起きて侍るべし。これよりおはしまさむ」としるべして入れ奉る。やをらのぼりて格子のひまあるを見つけて寄り給ふに、伊豫すはさらさらと鳴るもつゝまし。新しう淸げに造りたれど、さすがにあらあらしくてひまありけるを、誰かは來て見むとうちとけて穴もふたがぬなるべし。几帳のかたびら打ち懸けておしやりたり。火あかうともして物縫ふ人三四人居たり。わらはのをかしげなる絲をぞよる。これが顏まづかのほかげに見たまひしそれなり。うちつけめかと猶疑はしきに、右近と名のりし若き人もあり。君はかひなをまくらにて、火をながめたるまみ、髮のこぼれかゝりたる額つき、いとあてやかになまめきて、對の御方にいとようおぼえたり。この右近物折るとて、「かくて渡らせ給ひなば、とみにしも得歸り渡らせ給はじを、殿はこのつかさめしのほどすぐして、ついたち頃には必ずおはしましなむと、きのふの御つかひも申しけり。御文にはいかゞ聞えさせ給へりけむ」といへど、いらへもせず、いと物思ひたるけしきなり。「折しもはひかくれさせ給へるやうならむが、見苦しさ」といへば、向ひたる人、「それはかくなむ渡り給ひぬると御せうそこ聞えさせ給ひつらむこそよからめ。輕々しういかでかは音なくてははひかくれさせ給はむ。御物まうでの後は、やがて渡りおはしましねかし。かくて心ぼそきやうなれど心にまかせて安らかなる御住ひにならひて、なかなか旅心地すべしや」などいふ。またあるは、「猶暫しかくて待ち聞えさせ給はむぞ、のどやかにさまよかるべきや。京へなど迎へ奉らせ給へらむ後、おだしくて親にも見え奉らせ給へかし。このおとゞのいと急にものし給ひて、俄にかう聞えなし給ふなめりかし。昔も今も物ねんじして長閑なる人こそ、さいはひは見はて給ふなれ」などいふなり。右近「などてこのまゝを留め奉らずなりにけむ。老いぬる人はむづかしき心のあるにこそ」と憎むは、めのとやうの人を譏るなめり。けににくきものありきかしとおぼし出づるも夢の心ちぞする。かたはらいたきまで打ち解けたることゞもをいひて、「宮のうへこそいとめでたき御さいはひなれ。左のおとゞのさばかりめでたき御勢ひにていかめしう罵り給ふなれど、若君生れ給ひて後は、こよなくぞおはしますなる。かゝるさかしら人どものおはせで御心のどかにかしこうもてなして、おはしますこそはあめれ」といふ。「殿だにまめやかに思ひ聞え給ふ事變らずば劣り聞え給ふべきことかは」といふを、君少し起きあがりて、「いと聞きにくきこと、よその人にこそ劣らじともいかにとも思はめ。かの御事なかけてもいひそ。漏り聞ゆるやうもあらば片腹痛からむ」などいふ。何ばかりのしぞくにかはあらむ、いとよくも似通ひたるけはひかなと思ひくらぶるに、心恥しげにて、あてなる所はかれはいとこよなし。これはたゞらうたげに、こまかなる所ぞいとをかしき。よろしうなりあはぬ所を見つけたらむにてだに、さばかりゆかしとおぼししめたる人を、それと見てさて止み給ふべき御心ならねばましてくまもなく見給ふに、いかでかこれを我が物にはなすべきと、わりなくおぼし惑ひぬ。物へ行くべきなめり、親はあるべし。いかでこゝならで、又は尋ね逢ふべき。こよひの程にはまたいかゞすべきと心もそらになり給ひて、猶まもり給へば、右近「いとねぶたし。よべもすゞろに起き明してき。つとめての程にもこれは縫ひてむ。急がせ給ふとも御車は日たけてぞあらむ」といひて、しさしたるものどもとり具して几帳に打ち懸けなどしつゝ、うたゝねのさまに寄り臥しぬ。君も少し奧に入りて臥す。右近北おもてにいきて、暫しありてぞ來たる。君の跡近く臥しぬ。ねぶたしと思ひければ、いと疾う寢入りぬる氣色を見給ひて、又せむやうもなければ忍びやかにこの格子をたゝき給ふ。右近聞きつけて、「誰ぞ」といふ。こわづくり給へば、あてなるしはぶきと聞き知りて、殿のおはしたるにやと思ひて起きて出でたり。「まづこれあけよ」とのたまへば、「怪しう覺えなき程にも侍るかな。夜はいたう更けてはべらむものを」といふ。「物へ渡り給ふべかなりと仲信がいひつれば、驚かれつるまゝに出で立ちて、いとこそわりなかりつれ。まづ開けよ」とのたまふ聲、いとようまねび似せたまふて忍びたれば、思ひもよらずかい放つ。「道にていとわりなく恐しき事のありつれば怪しき姿になりてなむ。火暗うなせ」とのたまへば、あないみじとあわて惑ひて、火は取りやりつ。「われ人に見すなよ。來たりとて人おどろかすな」といとらうらうじき御心にて、もとよりほのかに似たる御聲を唯かの御けはひにまねびて入り給ふ。ゆゝしきことのさまとのたまへる、いかなる御姿ならむといとほしくて、我もかくろへて見奉る。いとほそやかになよなよとさうぞきて、かのかうばしきことも劣らず。近う寄りて、御ぞども脫ぎ、なれがほに打ち臥し給へれば、「例のおましにこそ」などいへど物ものたまはず。御ふすままゐりて寢つる人々起して、少ししぞきて皆寢ぬ。御供の人など、例のこゝには知らぬならひにて、「哀なる夜のおはしましさまかな。かゝる御有樣を御覽じしらぬよ」など、さかしらがる人もあれど、「あなかま給へ。よごゑはさゝめくしもぞ、かしかましき」などいひつゝ寢ぬ。女君はあらぬ人なりけりと思ふに、あさましういみじけれど聲をだにせさせ給はず。いとつゝましかりし所にてだに、わりなかりし御心なれば、ひたぶるにあさまし。初よりあらぬ人と知りたらば聊いふかひもあるべきを、夢の心ちするに、やうやうそのをりのつらかりしこと、年頃思ひわたるさまのたまふに、この宮と知りぬ。いよいよはづかしく、かのうへのおぼさむことなど思ふに、又猛きことなければ、限りなうなく。宮もなかなかにて、たはやすくあひ見ざらむことなどをおぼすに、泣き給ふ。夜はたゞあけに明く。御供の人來てこわづくる。右近聞きて參れり。出で給はむこゝちもなく飽かずあはれなるに、又おはしまさむことも難ければ京には求めさるわがるとも、けふばかりはかくてあらむ、何事も生けるかぎりのためこそあれ、只今出でおはしまさば誠に死ぬべくおぼさるれば、この右近を召し寄せて、「いと心もなしと思はれぬべけれど、けふは得出づまじうなむある。をのこどもは、このわたり近からむ所に、よくかくろへてさぶらへ。時方は京へものして、山寺に忍びてなむと、つきづきしからむさまに、いらへなどせよ」とのたまふに、いとあさましくあきれて、心もなかりける夜のあやまちを思ふに、心地も惑ひぬべきを思ひしづめて、今は萬におぼゝれ騷ぐとも、かひあらじものからなめげなり。怪しかりしをりに、いと深うおぼしつれたりしも、かうのがれざりける御宿世にこそありけれ、人のしたるわざかはと思ひ慰めて、「今日御迎にと侍りしを、いかにせさせ給はむとする御ことにか、かう遁れ聞えさせ給ふまじかりける御宿世は、いと聞えさせ侍らむかたなし。をりこそいとわりなく侍れ。今日は出でおはしまして御志侍らば長閑にも」と聞ゆ。およすけてもいふかなとおぼして、「我は月頃物思ひつるに、ほれはてにければ人のもどかむも知らず、ひたぶるに思ひなりにたり。少しも身のことを思はゞ、かゝらむ人のかゝるありきは思ひたちなむや。御かへりには、けふは物忌などいへかし。人にしらるまじきことを誰がためにも思へかし。こと事はかひなし」とのたまひて、この人の世に知らず、哀におぼさるゝまゝには萬のそしりも忘れ給ひぬべし。右近出でゝ、「このおとなふ人に、かくなむのたまはするを猶いとかたはならむとを申させ給へ、あさましう珍らかなる御有樣は、さ思し召すとも、かゝる御供の人どもの御心にこそあらめ、いかでかう心をさなうは、ゐて奉り給ひしぞ。なめげなることを聞えさするやまがつなども侍らましかば、いかならまし」といふ。內記は「げにいと煩しくもあるかな」と思ひたてり。「時方と仰せらるゝは誰にか、さなむ」とつたふ。笑ひて「かうがへ給ふことゞもの恐しければ、さらずとも逃げてまかでぬべし。まはやかにはおろかならぬ御氣色を見奉れば、誰も誰も身を捨てゝなむ。よしよしとのゐびとも皆起きぬなり」とて急ぎ出でぬ。右近人に知らすまじうは、いかゞはたばかるべきと、わりなう覺ゆ。人々起きぬるに、「殿はさるやうありて、いみじう忍びさせ給ふ氣色見奉れば道にていみじき事のありけるなめり。御ぞどもなど、よさり忍びてもて參るべくなむ仰せられつる」などいふ。ごだち「あなむくつけや、木幡山はいと恐しかなる山ぞかし。例の御さきもおはせ給はず、やつれておはしましけむよ。あないみじや」といへば、「あなかまあなかま。げすなどの塵ばかりも聞きたらむに、いといみじからむ」といひ居たる、心ちおそろし。あやにくに殿の御使のあらむ時、いかにいはむと、初瀨の觀音、けふことなくてくらし給へと大願をぞ立てける。石山にけふ詣でさせむとて、母君の迎ふるなりけり。この人々も皆さうじし、きよまはりてあるに、「さらばけふは得渡らせ給ふまじきなめりな。いと口惜しきこと」といふ。日たかくなれば格子などあげて右近ぞ近く仕うまつりける。も屋の簾垂は皆おろし渡し物忌などかゝせてつけたり。毋君もやみづからおはするとて、夢見さわがしかりつといひなすなりけり。御てうづなど參りたるさまは例のやうなれど、まかなひめざましうおぼされて、「そこにあらはせ給はゞ」とのたまふ。女いとさまよう心にくき人を見習ひたるに、時のまも見ざらむは死ぬべしとおぼしこがるゝ人を、志深しとは、かゝるをいふにやあらむと思ひ知らるゝにも怪しかりける身かな。誰も物の聞えあらば、いかにおぼさむと、まづかのうへの御心を思ひ出で聞ゆれど、知らぬを、「返すがへすいと心うし。猶あらむまゝにのたまへ。いみじきげすといふとも、いよいよ哀なるべき」と、わりなう問ひ給へど、そのいらへは絕えてせず。ことことはいとをかしく、けぢかきさまにいらへ聞えなどして、なびきたるを、いと限なうらうたしとのみ見給ふ。日高くなる程に迎への人きたり。車二、馬なる人々の例の荒らかなる七八人、をのこどもおほく、しなじなしからぬけはひ、さへづりつゝ入りきたれば、人々片腹痛がりつゝ、「あなたにかくれよ」といはせなどす。右近、いかにせむ、殿なむおはするといひたらむに、京にさばかりの人のおはしおはせず、おのづから聞き通ひて、かくれなきこともこそあれと思ひて、この人々にもことにいひ合せず、返事かく。「よべより穢れさせ給ひて、いと口惜しき事をおぼし歎くめりしに、こよひ夢見さわがしく見えさせ給へれば、けふばかりつゝしませ給へとてなむ、物忌にて侍る。返すがへす口惜しく、物のさまたげのやうに見奉り侍る」と書きて、人々に物などくはせてやりつ。尼君にもけふは物忌にて渡り給はぬといはせたり。例はくらし難くのみ霞める山ぎはを眺め侘び給ふに、暮れ行くは侘しくのみおぼしいらるゝ人にひかれ奉りて、いとはかなう暮れぬ。まぎるゝことなく、のどけき春の日に見れども見れどもあかず、そのことぞと覺ゆるくまなく、愛ぎやうづきなつかしくをかしげなり。さるはかの對の御方には劣りたり。大殿の君の盛ににほひ給へるあたりにては、こよなかるべき程の人を、たぐひなくおぼさるゝ程なれば、まだ知らずをかしとのみ見給ふ。女はまた大將殿をいときよげに、又かゝる人あらむやと見しかど、こまやかに匂ひ淸らなることは、こよなくおはしけりと見る。硯ひきよせて、手習などし給ふ。いとをかしげに書きすさび、繪などを見所多く書き給へれば、若き心地には思ひもうつりぬべし。「心よりほかに得見ざらむほどは、これを見たまへよ」とて、いとをかしげなるをとこをんな、諸共にそひ臥したるかたを書き給ひて、「常にかくてあらばや」などのたまふも、なみだおちぬ。

 「長き夜をたのめてもなほ悲しきはたゞあす知らぬ命なりけり。いとかう思ふこそゆゝしけれ。心に身をも更に得まかせず、萬にたばからむほど誠に死ぬべくなむ覺ゆる。つらかりし御有樣を、なかなか何に尋ねけむ」などのたまふ。女ぬらし給へる筆をとりて、

 「心をばなげかざらまし命のみさだめなき世と思はましかば」とあるを、かはらむをばうらめしう思ふべかりけりと見給ふにも、いとらうたし。いかなる人の心がはりを見ならひてなどほゝゑみて、大將のこゝに渡しそめ給ひけむほどを返すがへすゆかしがり給ひて問ひ給ふを、苦しがりてえいはぬことを、かうのたまふこそとうちゑじたるさまも若びたり。おのづからそれは聞き出でむとおぼすものから、いはせまほしきぞわりなきや。夜さり京へ遣しつる大夫參りて右近に逢ひたり。「后の宮よりも御使參りて、左のおとゞもむつかり聞えさせ給ひて人に知らさせ給はぬ御ありきは、いとかるがるしくなめげなることもあるを、すべて內などに聞しめさむことも身のためなむいとからきと、いみじく申させ給ひけり。東山にひじり御覽じにとなむ、人には物し侍りつる」など語りて、「女こそ罪深うおはするものにはあれ。すゞろなるけさうの人をさへ惑はし給ひて、そらごとをさへせさせ給ふよ」といへば、「ひじりの名をさへつけ聞えさせ給ひてければ、いとよし。私の罪もそれにてほろぼし給ふらむ。誠にいとあやしき御心の、げにいかで習はせ給ひけむ。かねてかうおはしますべしと、うけたまはらましにも、いとかたじけなければ、たばかり聞えさせてましものを、あうなき御ありきにこそは」と、あつかひ聞ゆ。參りてさなむとまねび聞ゆれば、げにいかならむとおぼしやるに、「所せき身こそわびしけれ。輕らかなる程の殿上人などにて、しばしあらばや。いかゞすべき、かうつゝむべき人めも得憚りあふまじくなむ。大將もいかに思はむとすらむ。さるべき程とはいひながら、怪しきまで昔よりむつましき中に、かゝる心のへだての知られたらむ時、耻かしう、またいかにぞや。世のたとひにいふこともあれば待遠なる我がをこたりをも知らず怨みられ給はむをさへなむ思ふ。夢にも人に知られ給ふまじきさまにて、こゝならぬ所にゐて離れ奉らむ」とぞのたまふ。今日さへかくて籠り居給ふべきならねば、出で給ひなむとするにも、袖の中にぞとゞめ給へらむかし。明けはてぬさきにと人々しはぶきおどろかし聞ゆ。妻戶に諸共にゐておはして、得出でやり給はず。

 「世に知らず惑ふべきかなさきに立つ淚も道をかきくらしつゝ」。女も限なく哀と思ひけり。

 「淚をもほどなき袖にせきかねていかに別れをとゞむべき身ぞ」。風の音もいとあらましう、霜ふかき曉におのがきぬぎぬも、ひやゝかになりたる心地して御馬に乘り給ふ程引き返すやうにあさましけれど、御供の人々いと戯れにくしと思ひて、たゞいそがしにいそがし出づれば、我にもあらで出で給ひぬ。この五位二人なむ御馬の口には侍ひける。さかしき山ごえはてゝぞ、おのおの馬には乘る。汀の氷を踏みならす馬の足音さへ心ぼそくものがなし。昔もこの道にのみこそは、かゝる山ぶみはし給ひしかば、怪しかりける里の契かなとおぼす。二條院におはしまし着きて、女君のいと心憂かりし御物かくしもつらければ、心安き方に大殿籠りぬるに寢られ給はず、いとさびしきに物思ひまされば、心弱く對に渡り給ひぬ。何心もなく、いと淸げにておはす。珍しくをかしと見給ひし人よりも、又これは猶ありがたきさまはし給へりかしと、見給ふものから、いとよく似たるを思ひ出で給ふも胸ふたがれば、痛く物おぼしたるさまにて、み帳に入りて大殿ごもる。女君もゐて入り聞え給ひて、「心ちこそいと惡しけれ。いかならむとするにかと心ぼそくなむある。まろはいみじく哀と見おい奉るとも、御ありさまはいとゝくかはりなむかし。人のほいは必ずかなふなれば」とのたまふ。けしからぬことをも、まめやかにさへのたまふかなと思ひて、「かう聞きにくきことの漏り聞えたらば、いかやうに聞えなしたるにかと人も思ひより給はむこそあさましけれ、心憂き身には、すゞろなることも、いとくるしく」とて背き給へり。宮もまめだち給ひて、「誠につらしと思ひ聞ゆることもあらむは、いかゞおぼさるべき。まろは御ためにはおろかなる人かは。人もありがたしなど咎むるまでこそあれ。人にはこよなう思ひおとし給ふべかめり。それもさるべきにこそはとことわらるゝを隔て給ふ御心の深きなむ、いと心うき」とのたまふにも、宿世のおろかならで尋ねよりたるぞかしとおぼし出づるに、淚ぐまれぬ。まめやかなるをいとほしう、いかやうなる事を聞き給へるならむと驚かるゝに、いらへ聞え給はむこともなし。物はかなきさまにて見そめ給ひしに、何事をも輕らかに推し量り給ふにこそはあらめ、すゞろなる人をしるべにて、その心よせを思ひ知りはじめなどしたるあやまちばかりに、覺え劣る身にこそとおぼしつゞくるも、よろづ悲しくて、いとゞらうたげなる御けはひなり。かの人見つけたりとは、しばし知らせ奉らじとおぼせば、ことざまに思はせて怨み給ふを、たゞこの大將の御事を、まめまめしくのたまふとおぼすに、人やそらごとをたしかなるやうに聞えたらむなどおぼす。ありやなしやを聞かぬまは見え奉らむもはづかし。うちより大宮の御文あるに驚き給ひて猶心解けぬ御氣色にて、あなたに渡り給ひぬ。「きのふのおぼつかなさを惱しくおぼされたなる。よろしくば參り給へ。久しうもなりにけるを」などやうに聞え給へれば、さわがれ奉らむも苦しけれど、誠に御心地もたがひたるやうにて、その日は參り給はず。上達部などあまた參り給へど、み簾の內にてくらし給ふ。夕つ方右大將參り給へり。「こなたにを」とて、うち解けながらたいめんし給へり。「惱ましげに坐しますと侍りつれば、宮にもいとおぼつかなく思し召してなむ。いかやうなる御惱にか」と聞え給ふ。見るからに心さわぎのいとゞまされば、ことずくなにて、ひじりだつといひながら、こよなかりける山ぶし心かな、さばかり哀なる人をさて置きて、心のどかに月日を待ち侘びさすらむよとおぼす。例はさしもあらぬことの序にだに我はまめ人ともてなし、名のり給ふをねたがり給ひて、萬にのたまひやぶるを、かゝること見あらはいたるを、いかにのたまはまし。されどさやうの戯ぶれどもかけ給はず、いと苦しげに見え給へば、「ふびんなるわざかな。おどろおどろしからぬ御心のさすがに日かずふるは、いと惡しきわざに侍る。御かせよくつくろはせ給へ」など、まめやかに聞え置きて出で給ひぬ。恥しげなる人なりかし、我が有樣をいかに思ひくらべけむなど、さまざまなることにつけつゝも、たゞこの人を時のま忘れずおぼし出づ。かしこには石山もとまりて、いとつれづれなり。御文には、いといみじきことを書き集め給ひてつかはす。それだに心安からず、時方と召しゝ大夫のずさの心も知らぬしてなむやりける。右近がふるく知れりける人の、殿の御供にて尋ね出でたる、さらがへりてねんごろがると友だちにはいひ聞かせたり。よろづ右近ぞ空言しならひける。月もたちぬ、かうおぼし入らるれど、おはしますことはいとわりなし。かうのみ物を思はゞ更に得ながらふまじき身なめりと心ぼそさを添へて歎きたまふ。大將殿少しのどかになりぬる頃、例の忍びておはしたり。寺に佛など拜み給ふみずきやうせさせ給ふ。僧にものたまひなどして夕つ方こゝには忍びたれど、これはわりなくもやつし給はず、ゑぼしなほしの姿、いとあらまほしく淸げにて步み入り給ふより恥しげに用意ことなり。女いかで見え奉らむとすらむと空さへ恥しく恐しきに、あながちなりし人の御有樣うち思ひ出でらるゝに、又この人に見え奉らむを思ひやるなむいみじう心憂き。我は年頃見る人をも皆思ひ變りぬべき心地なむするとのたまひしを、げにその後御心ち苦しとて、いづくにもいづくにも例の御有樣ならで、みずほふなど騷ぐなるを聞くに、又いかに聞きておぼさむと思ふもいと苦し。この人はた、いとけはひことに心深く、なまめかしきさまして久しかりつる程のをこたりなどのたまふもこと多からず、戀し悲しとおりたゝねど、常にあひ見ぬ戀の苦しさを、さまよき程にうちのたまへる、いみじくいふには勝りて、いと哀と人の思ひぬべきさまをしめ給へる人がらなり。えんなる方はさるものにて行く末長く人のたのみぬべき心ばへなど、こよなくまさり給へり。思はずなるさまの心ばへなど漏り聞かせたらむ時、なのめならずいみじくこそあべけれ、あやしううつしごゝろもなう覺しいらるゝ人を哀と思ふも、それはいとあるまじく輕きことぞかし、この人に憂しと思はれて忘れ給ひなむ心ぼそさは、いと深うしみぬべければ、思ひ亂れたる氣色を月頃にこよなう物の心知り、ねびまさりにけり。つれづれなるすみかのほどに思ひ殘す事はあらじかしと見給ふも心苦しければ、常よりも心とゞめて語らひ翁ふ。「つくらする所やうやうよろしうしなしてけり。一と日なむ見しかば、此所よりはけぢかき水に花も見給ひつべし。三條宮も近き程なり。明暮覺束なきへだてもおのづからあるまじきを、この春の程に、さりぬべくは渡してむ」と思ひてのたまふも、かの人の長閑なるべき所、思ひまうけたりと、きのふものたまへりしを、かゝることも知らで、さおぼすらむよと、哀ながらもそなたに靡くべきにはあらずかしと思ふからに、ありし御さまの面影におぼゆれば、我ながらもうたて心うの宮と思ひつゞけて泣きぬ。御心ばへのかゝらでおいらかなりしこそ長閑に嬉しかりしか。人のいかに聞え知らせたることのある、少しもおろかならむ志にては、かうまで參りくべき身の程、道の有樣にもあらぬを」などついたち頃の夕づく夜に、少しはし近く臥して眺めいだし給へり。男は過ぎにし方の哀をもおぼし出でゝ、女は今よりそひたる身のうさを歎き加へて、かたみに物思はし。山の方は霞隔てゝ寒き洲崎に立てるかさゝぎのすがたも處からはいとをかしう見ゆるに、宇治橋のはるばると見渡さるゝに、柴つみ船の所々に行きちがひたるなど、ほかにては目なれぬ事どものみ取り集めたる所なれば、見給ふ度ごとに猶そのかみの事の唯今の心地して、いとかゝらぬ人を見かはしたらむだに、珍しきなかの哀多くそひぬべきほどなり、まいて戀しき人によそへられたるもこよなからず、やうやう物の心知り、都なれ行くありさまのをかしきも、こよなくみまさりしたる心地し給ふに、女はかきあつめたる心のうちに催さるゝ淚、ともすれば出でたつを、慰めかね給ひつゝ、

 「宇治橋の長きちぎりは朽ちせじをあやぶむかたに心さわぐな。今見給ひてむ」との給ふ。

 「絕間のみ世にはあやうき宇治橋を朽ちせぬものと猶たのめとや」。さきざきよりもいと見捨てがたく、しばしも立ちとまらまほしくおぼさるれど、人の物いひの安からぬに、今さらなり、心安きさまにてこそなどおぼしなして曉にかへり給ひぬ。いとようもおとなびたりつるかなと心苦しくおぼし出づること、ありしにまさりけり。きさらぎの十日のほどに、內に文作らせ給ふとてこの宮も大將も參りあひ給へり。をりにあひたるものゝしらべどもに宮の御聲はいとめでたくて梅がえなど謠ひ給ふ。何事も人よりはこよなう勝り給へる御さまにて、すゞろなることおぼしいらるのみなむ、罪深かりける。雪俄に降りみだれ、風など烈しければ御あそび疾くやみぬ。この宮の御とのゐどころに人々參り給ふ。物まゐりなどして、うちやすみ給へり。大將人に物のたまはむとて、すこしはし近く出で給へるに、雪やうやうつもり、星の光におぼおぼしきを、やみはあやなしと覺ゆるにほひありさまにて、「衣かたしきこよひもや」とうちずじ給へるも、はかなきことを口すさびにのたまへるも怪しく哀なる氣色そへる人ざまにて、いと物深げなり。ことしもこそあれと宮はねたるやうにて御心さわぐ、おろかには思はぬなめりかし。かたしく袖を我のみ思ひやる心地しつるを、同じ心なるも哀なり、侘しくもあるかな、かばかりなる本つ人をおきて、我が方にまさる思ひは、いかでかつくべきぞと妬うおぼさる。つとめて雪のいと高う積りたるに、文奉り給はむとてお前に參り給へる御かたち、この頃いみじくさかりに淸げなり。かの君も同じほどにて、今ふたつみつまさるけぢめにや少しねびまされる氣色用意などぞ殊更にも作りたらむやうに、あてなる男のほんにしつべく物し給ふ。みかどの御聟にてあかぬことなしとぞ世の人もことわりける。さえなども、おほやけおほやけしきかたも後れずぞおはすべき。文講じ果てゝ皆人まかで給ふ。宮の御文を勝れたりとずじ罵れど、なにとも聞き入れ給はず、いかなる心地にて、かゝる事をもしいづらむと空にのみ思ほしほれたり。かの人の御氣色にもいとゞ驚かれ給ひければ、あさましうたばかりておはしましたり。京には友待つばかり消え殘りたる雪、山深く入るまゝにやゝ降り積りたり。常よりも、わりなきまれの細道をわけ給ふ程、御供の人も泣きぬばかりおそろしう、煩はしきことをさへ思ふ。しるべの內記は式部の少輔をなむかけたりける。いづ方もいづ方もことごとしかるべきつかさながら、いとつぎつぎしく引きあげなどしたる姿もをかしかりけり。かしこにはおはせむとありつれど、かゝる雪にはとうち解けたるに、夜更けて右近にせうそこしたり。あさましう哀と君も思へり。右近いかになりはて給ふべき御有樣にかと、かつは苦しけれど、こよひはつゝましさも忘れぬべし。いひかへさむ方もなければ、同じやうに睦ましくおぼいたる若き人の、心ざまあうなからぬを語らひて、「いみじくわりなきこと、同じ心にもてかくし給へ」といひてけり。諸共に入れ奉る。道の程にぬれ給へる御ぞのかの、所せう匂ふも、もてわづらひぬべけれど、かの人の御けはひに似せてなむ、もてまぎらはしける。夜の程に立ち歸り給はむも、なかなかなるべければ、こゝの人めもいとつゝましさに、時方にたばからせ給ひて、河よりをちなる人の家にゐておはせむとかまへたりければ、さきだてゝ遣したりける。夜ふくるほどに參れり。「いと能く用意して侍ふ」と申さす。こはいかにし給ふことにかと右近もいと心あわたゞしければ、ねおびれて起きたる心地もわなゝかれてあやしわらはべの雪遊びしたるけはひのやうにぞ、ふるひあがりける。いかでかなどもいひあへさせ給はず、かきいだきて出で給ひぬ。右近はこゝのうしろみにとゞまりて、侍從をぞ奉る。いとはかなげなるものとあけくれ見いだす。ちひさき船に乘り給ひて、さし渡り給ふほど、遙ならむ岸にしも漕ぎ離れたらむやうに心ぼそく覺えて、つとつきていだかれたるも、いとらうたしとおぼす。有明の月すみのぼりて、水のおもてもくもりなきに「これなむ橘の小島」と申して、御船しばしさしとゞめたるを見給へば、大きやかなる岩のさまして、ざれたる常盤木の蔭繁れり。「かれ見給へ。いとはかなけれど、千年も經べき綠の深さを」とのたまひて、

 「年ふともかはらむものかたちばなの小島のさきに契るこゝろは」。女もめづらしからむ道のやうにおぼえて、

 「たちばなの小島は色もかはらじをこのうき船ぞゆくへ知られぬ」。をりから人のさまに、をかしくのみ何事もおぼしなす。かの岸にさし着きており給ふに、人に抱かせ給はむは、いと心苦しければ抱き給ひて、助けられつゝ入り給ふを、いと見苦しく、何人をかくもてさわぎ給ふらむと見奉る。時方が叔父の因幡の守なるがらうずるさうに、はかなう造りたる家なりけり。まだいとあらあらしきに、網代屛風など御覽じも知らぬしつらひにて風も殊にさはらず、垣のもとに雪むらぎえつゝ今もかき曇りつゝ降る。日さし出でゝ軒の垂水の光りあひたるに、人の御かたちもまさる心ちす。宮もところせき道の程に輕らかなるべき程の御ぞどもなり。女もぬぎすべさせ給ひてしかば、ほそやかなるすがたつき、いとをかしげなり。ひきつくろふこともなく、うちとけたるさまを、いと恥しくまばゆきまできよらかなる人にさしむかひたるよと思へど、紛れむ方もなし。なつかしき程なる白きかぎりを五つばかり、袖口裾のほどまでなまめかしく、いろいろにあまた襲ねたらむよりも、をかしうきなしたり。常に見給ふ人とても、かくまでうちとけたる姿などは見習ひ給はぬを、かゝるさへぞ猶珍らかにをかしうおぼされける。侍從もいとめやすき若人なりけり。これさへかゝるを殘りなう見るよと女君はいみじと思ふ。宮も「これは又誰ぞ。我が名もらすなよ」と口がため給ふをいとめでたしと思ひ聞えたり。こゝのやどもりにて住みけるもの、時方をしうと思ひてかしづきありけば、このおはします遣戶を隔てゝ所えがほに居たり。聲ひきしゞめかしこまりて物語しけるを、いらへも得せずをかしと思ひけり。「いと恐しく占ひたる物忌により、京の內をさへ去りて謹むなり。ほかの人よすな」といひたり。人目も絕えて心やすく語らひくらし給ふ。かの人のものし給へりけむに、かくて見えけむかしとおぼしやりて、いみじく怨み給ふ。二の宮をいとやんごとなくて、もち奉り給へる有樣なども語り給ふ。かの耳とゞめ給ひし一ことは、のたまひ出でぬぞにくきや。時方御てうづ御くだものなど、とりつきて參るを御覽じて、「いみじくかしづかるめるまらうどのぬし、きてな見えそや」といましめ給ふ。侍從色めかしきわかうどの心地に、いとをかしうと思ひて、この大夫とぞ物語してくらしける。雪の降り積れるに、我がすむ方を見やり給へば、霞のたえだえに木末ばかり見ゆ。山は鏡を懸けたるやうに、きらきらと夕日にかゞやきたるに、よべわけこし道のわりなきなど、哀おほうそへて語り給ふ。

 「峯の雪みぎはのこほりふみわけて君にぞまどふ道はまどはず」。木幡の里に馬はあれどなど、あやしき硯めし出でゝ手習し給ふ。

 「ふりみだれ汀にこほる雪よりもなかぞらにてぞ我はけぬべき」と書きけちたり。この中空を咎め給ふ。げににくゝも書きてけるかなと、恥しくてひきやりつ。さらでだに見るかひある御さまを、いよいよあはれにいみじと人の心にしめられむと盡し給ふ言の葉氣色いはむかたなし。御物忌二日とたばかり給へれば、心のどかなるまゝに、かたみに哀とのみ深くおぼしまさる。右近はよろづに例のいひまぎらはして、御ぞなど奉りたり。けふは亂れたる髮少しけづらせて、こききぬに紅梅の織物など、あはひをかしく着かへて居給へり。侍從もあやしきしびら着たりしをあざやきたれば、そのもをとり給ひて君に着せ給ひて、御手水まゐらせ給ふ。姬宮にこれを奉りたらば、いみじきものにし給ひてむかし。いとやんごとなききはの人多かれど、かばかりのさましたるはかたくやと見給ふ。かたはなるまで遊び戯れつゝ暮し給ふ。忍びてゐてかくしてむ事をかへすがへすのたまふ。そのほどかの人に見えたらばといみじき事どもを誓はせ給へば、いとわりなき事と思ひて、いらへもやらず淚さへ墮つる氣色、更に目のまへだに思ひうつらぬなめりと胸痛うおぼさる。恨みても泣きても萬のたまひあかして、夜深くゐて歸り給ふ。例のいだき給ふ。「いみじくおぼすめる人は、かうはよもあらじよ。見知り給ひたりや」とのたまへば、げにと思ひて、うなづきて居たる、いとらうたげなり。右近妻戶放ちて入れ奉る、やがてこれより別れて出で給ふも飽かずいみじとおぼさる。かやうのかへさは猶二條院にぞおはします。いと惱ましうし給ひて物なども絕えて聞しめさず、日を經て靑み瘠せ給ふ御氣色變るを、うちにもいづくにもおもほし歎くに、いとゞ物さわがしくて御文だにこまかには得書き給はず。かしこにもかのさかしきめのと、娘の子產む所に出でたりける、歸り來にければ心やすくも得見ず、かくあやしき住ひを唯かの殿のもてなし給はむさまをゆかしく待つことにて、母君も思ひ慰めたるに、忍びたるさまながらも近く渡してむことをおぼしなりにければ、いとめやすく嬉しかるべきことに思ひて、やうやう人もとめ、わらはのめやすきなど迎へておこせ給ふ。我が心にもそれこそはあるべきことに初より待ち渡れとは思ひながら、あながちなる人の御事を思ひ出づるに、恨み給ひしさま、のたまひし事ども面かげにつとそひて、いさゝかまどろめば夢に見え給ひつゝ、いとうたてあるまでおぼゆ。雨降りやまで、日頃多くなるころ、いとゞ山路おぼし絕えて、わりなくおぼされければ、おやのかうこは所せきものにこそとおぼすもかたじけなし。盡きせぬ事ども書き給ひて、

 「ながめやるそなたの雲も見えぬまで空さへくるゝころのわびしさ」。筆にまかせて書き亂り給へるしも見どころあり、をかしげなり。殊にいと重くなどはあらぬ若き心ちにいとかゝる心を思ひもまさりぬべけれど、初より契り給ひしさまも、さすがにかれは猶いと物深う、人がらのめでたきなども世の中を知りにしはじめなればにや、かゝる憂き事聞きつけて思ひ疎み給ひなむ世には、いかでかあらむ、いつしかと思ひ惑ふ。おやにも思はずに心づきなしとこそはもてわづらはれめ。かく心いられし給ふ人はた、あだなる御心の本じやうとのみ聞きしかば、かゝる程こそあらめ、またかうながらも京にかくしすゑ給ひ、ながらへてもおぼしかずまへむにつけては、かのうへおぼさむこと、よろづかくれなき世なりければ怪しかりし夕暮のしるべばかりにだに、かうたづね出で給ふめり。まして我がありさまのともかくもあらむを聞き給はぬやうはありなむやと思ひたどるに、我が心もきずありて、かの人にうとまれ奉らむ、猶いみじかるべしと思ひ亂るゝをりしも、かの殿より御使あり。これかれと見るもいとうたてあれば猶事多かりつるを見つゝ臥し給へれば、侍從右近見合せて、「猶うつりにけり」といはぬやうにていふ、「ことわりぞかし。殿の御かたちをたぐひおはしまさじと見しかど、この御有樣はいみじかりけり。うち亂れ給へる愛ぎやうよ、まろならばかばかりの御思ひを見る見る、得かくてあらじ、きさいの宮にも參りて常に見奉りてむ」といふ。右近「うしろめたの御心のほどや。殿の御ありさまにまさり給ふ人は誰かはあらむ、かたちなどは知らず、御心ばへけはひなどよ。猶この御事はいと見苦しきわざかな。いかゞならせ給はむとすらむ」と、ふたりしてかたらふ。心ひとつに思ひしよりは空ごともたより出できにけり。後の御文には、「思ひながら日頃になること、時々はそれよりも、おどろかい給はむこそ思ふさまならめ。おろかなるにやは」など、はしがきに、

 「水まさるをちの里人いかならむはれぬながめにかきくらすころ。常よりも思ひやり聞ゆることまさりてなむ」と、白きしきしにてたてぶみなり。御手もこまかにをかしげならねど、書きざまゆゑゆゑしく見ゆ。宮はいと多かるをちひさく結びなし給へる、さまざまをかし。「まづかれを人見ぬ程に」と聞ゆ。「けふは得聞ゆまじ」とはぢらひて、手ならひに、

 「里の名を我身にしればやましろの宇治のわたりぞいとゞ住みうき」。宮の書き給へりし繪を時々見て泣かれけり。ながらへてあるまじきことぞと、とざまかうざまに思ひなせどほかにたえ籠りてやみなむはいと哀におぼゆべし。

 「かきくらしはれせぬ峰のあま雲にうきて世をふる身をもなさばや。まじりなば」と聞えたるを、宮はよゝと泣かれ給ふ。さりとも戀しと思ふらむかしとおぼしやるにも物思ひて居たらむさまのみ、おもかげに見え給ふ。まめ人はのどかに見給ひつゝ、哀いかにながむらむと思ひやりて、いとこひし。

 「つれづれと身をしる雨のをやまねば袖さへいとゞみかさまさりて」とあるを、うちも置かず見給ふ。女宮に物語など聞え給ひてのついでに、「なめしともやおぼさむとつゝましながら、さすがに年經ぬる人の侍るを、怪しき所に捨て置きて、いみじく物思ふなるが心苦しさに近う呼び寄せてと思ひ侍る。昔より異やうなる心ばへ侍りし身にて、世の中をすべて例の人ならで見すぐしてむと思ひ侍りしを、かく見奉るにつけてひたぶるにも捨て難ければ、ありと人にも知らせざりし人のうへさへ心苦しう罪得ぬべき心ちして」など聞え給へば、「いかなることに心置くものとも知らぬを」と、いらへ給ふ。「うちになど、あしざまに聞しめさする人や侍らむと世の人の物いひぞ。いとあぢきなくけしからず侍るや。されどそれは、さばかりの數にだに侍るまじ」など聞え給ふ。つくりたる所に渡してむとおぼしたつに、かゝるれうなりけりなど花やかにいひなす人やあらむなど苦しければ、いと忍びてさうじはらすべき事など人しもこそあれ、この內記が知る人の親、大藏の大夫なるものに睦ましく心安きまゝにのたまひつけたりければ、聞きつぎて、宮にはかくれなく聞えけり。「繪師どもなども御隨身どもの中にある睦まじきとのびとなどをえりて、さすがにわざとなむせさせ給ふ」と申すにいとゞおぼしさわぎて、我が御めのとの遠きずらうのめにてくだる家下つかたにあるを「いと忍びたる人しばしかくいたらむ」と語らひ給ひければいかなる人にかはと思へど大事とおぼしたるに、かたじけなければ「さらば」と聞えけり。これを設け給ひて少し御心のどめ給ふ。この月のつごもりがたにくだるべければ、やがてその日渡さむとおぼしかまふ。「かくなむと思ふ。ゆめゆめ」といひやり給ひつゝ、おはしまさむことはいとわりなくあるうちに、こゝにも、めのといとさかしければかたかるべきよしを聞ゆ。大將殿は卯月の十日となむ定め給へりける。さそふ水あらばとは思はず、いと怪しくいかにしなすべき身にかあらむと、うきたる心地のみすれば、母の御もとにしばし渡りて思ひめぐらす程あらむとおぼせど、少將のめ、子產むべき程近くなりぬとて、ずほふどきやうなどひまなくさわげば石山にも得出でたつまじ、母ぞこち渡り給へる。めのと出で來て、「殿より人々のさうぞくなども、こまかにおぼしやりてなむ。いかで淸げに何事もと思ひ給ふれど、まゝが心ひとつには怪しくのみぞしいで侍らむかし」など、いひ騷ぐが心地よげなるを見給ふにも、君はけしからぬ事どもの出で來て、人わらへならば誰も誰もいかに思はむ、あやにくのたまふ人はた、八重たつ山にこもるとも必ず尋ねて我も人もいたづらになりぬべし。猶心やすく隱れなむことを思へど、けふものたまへるを、いかにせむと心地惡しく臥し給へり。「などか例ならず、痛く靑み瘠せ給へる」と驚き給ふ。日頃怪しくのみなむ、はかなきものも聞しめさず、惱ましげにせさせ給ふ」といへば、「あやしきことかな。ものゝけなどにやあらむ」と、いかなる御心ちぞと思へど石山も泊り給ひにきかしといふも、かたはらいたければふしめなり。暮れていと月あかし。有明の空を思ひ出づる、淚のいととゞめがたきはいとけしからぬ心かなと思ふ。母君昔物語などして、あなたの尼君呼び出でゝ故姬君の御ありさま、心深くおはして、さるべき事もおぼし入れたりしほどに目にみすみす消え入り給ひにし事などかたる。「おはしまさましかば、宮のうへなどのやうに聞え通ひ給ひて、心ぼそかりし御有樣どもの、いとこよなき御さいはひにぞ侍らましかし」といふにも、我がむすめはこと人かは思ふやうなる宿世のおはしはてば劣らじをなど思ひつゞけて、「世と共にこの君につけては、物をのみ思ひ亂れしけしきの少しうちゆるびて、かく渡り給ひぬべかめれば、此所に參りくること必ずしも殊更には得思ひたち侍らじ。かゝるたいめんのをりをりに昔の事も心のどかに聞え承らまほしけれども」などかたらふ。「ゆゝしき身とのみ思ひ給へしみにしかばこまやかに見え奉り聞えさせむも何かはとつゝましくてすぐし侍りつるを、うち捨てゝ渡らせ給ひなば、いと心ぼそくなむ侍るべけれど、かゝる御住ひは心もとなくのみ見奉るを嬉しくも侍るべかめるかな。世に知らず、おもおもしく、おはしますべかめる殿の御有樣にて、かく尋ね聞えさせ給ひしも、おぼろけならじと聞え置き侍りにし。うきたることにやは侍る」などいふ。「後は知らねど只今はかくおぼし離れぬさまにの給ふにつけても、唯御しるべをなむ思ひ出で聞ゆる。宮のうえのかたじけなく哀におぼしたりしも、つゝましき事などのおのづから侍りしかば、中空にところせき御身なりと思ひ歎き侍りて」といふ。尼君うち笑ひて、「この宮のいと騷がしきまで色におはしますなれば、心ばせあらむ若き人、さぶらひにくげになむ、おほかたはいとめでたき御ありさまなれど、さるすぢのことにて、うへのなめしとおぼさむなむわりなきと大輔が娘のかたり侍りし」といふにも、さりや、ましてと君は聞きふし給へり。「あなむくつけや。みかどの御娘をもち奉り給へる人なれど、よそよそにて惡しくも善くもあらむはいかゞはせむと、おほけなく思ひなし侍る。よからぬことを引き出で給へらましかば、すべて身には悲しくいみじと思ひ聞ゆとも、また見奉らざらまし」などいひかはす事どもに、いとゞ心膽もつぶれぬ。猶我が身をうしなひてばや、遂に聞きにくきことは出できなむと思ひ續くるに、この水の音の恐しげに響きて行くを、「かゝらぬ流もありかし。世に似ずあらましき所に、年月をすぐし給ふを、哀とおぼしぬべきわざになむ」など、母君したり顏にいひ居たり。昔よりこの河のはやく恐しきことをいひて、「さいつころ渡守がうまごのわらは、竿さしはづして落ち入り侍りにける。すべていたづらになる人多かる水に侍り」と人々もいひあへり。君はさても我が身行くへも知らずなりなば、誰も誰もあへなくいみじとしばしこそ思ひ給はめ、ながらへて人わらへに憂き事もあらむは、いつかその物思ひの絕えむとすると思ひかくるには、さはり所もあるまじう、さはやかによろづ思ひなさるれど、うち返しいとかなし。親のよろづに思ひいふ有樣を、寢たるやうにてつくづくと思ひ亂る。なやましげにて瘠せ給へるを、めのとにもいひて、「さるべき御いのりなどをせさせ給へ。祭祓へなどもすべきやう」などいふ。みたらし川にみそぎせまほしげなるを、かくも知らでよろづにいひさわぐ。人ずくなゝめり、よくさるべからむあたりを尋ねて今まゐりはとゞめ給へ。やんごとなき御なからひは、さうじみこそ何事もおいらかにおぼさめ。よからぬなかとなりぬるあたりは煩しきこともありぬべし。かいひそめて、さる心し給へ」など、思ひ至らぬ事なくいひ置きて、かしこにわづらひ侍る人も覺束なしとてかへるを、いと物思はしくよろづ心ぼそければ又あひ見でもこそと思へば心地の惡しく侍るにも見奉らぬがいとおぼつかなく覺え侍るを、しばしも參りこまほしくこそと慕ふ。「さなむ思ひ侍れど、かしこもいと物さわがしく侍り。この人々もはかなき事などえしやるまじく、せばくなど侍ればなむ。たけふのころにうつろひ給ふとも忍びては參り來なむを。なほなほしき身のほどは、かゝる御ためこそいとほしく侍れ」など、うち泣きつゝの給ふ。殿の御文はけふもあり、惱ましと聞えたりしを、いかゞととぶらひ給へり。「みづからと思ひ侍るを、わりなきさはり多くてなむ。この程のくらし難さこそ、なかなか苦し」などあり。宮は「きのふの御返りもなかりしを、いかにおぼしたゞよふぞ。風のなびかむ方もうしろめたくなむ。いとゞほれまさりてながめ侍る」など、これは多く書き給へり。雨降りし日、きあひたりし御使どもぞけふも來たりける。殿のみ隨身、かの少輔が家にて時々見るをのこなれば、「まうどは何しにこゝにはたびたび參るぞ」と問ふ。「わたくしにとぶらふべき人のもとにまうでくるなり」といふ。「私の人にや、えんなる文はさしとらする。氣色あるまうどかな。物がくしはなぞ」といふ。「まことはこのかうの君の御文、女房に奉り給ふ」といへば、こと違ひつゝあやしと思へど、此所にて定めいはむもことやうなるべければ、おのおの參りぬ。かどかどしきものにて共にあるわらはを「このをのこにさりげなくて目つけよ。左衞門の大夫の家にや入る」と見せければ、「宮に參りて式部の少輔になむ御文はとらせ侍りつる」といふ。さまで尋ねむものともおとりのげすは思はず、事の心をも深う知らざりければ舍人の人に見顯はされにけむぞ口惜しきや。殿に參りて、今出で給はむとするほどに御文奉らす。なほしにて、六條院にきさいの宮出でさせ給へる頃なれば參り給ふなりけり。ことごとしく御前などもあまたもなし。「御文參らする人にあやしき事の侍りつる。見給へ定めむとて今まで侍ひつる」といふを、ほの聞き給ひて步み出で給ふまゝに、「何事ぞ」と問ひ給ふ。この人の聞かむもつゝましと思ひて、かしこまりて居る、殿もしか見知り給ひて出で給ひぬ。宮例ならず惱ましげに坐すとて宮達も皆參り給へり。上達部など多く參りつどひて、さわがしけれど異なる事もおはしまさず。かの內記はじやうぐわんなれば後れてぞ參れる。この御文も奉るを宮、臺盤所におはしまして戶口に召し寄せてとり給ふを、大將御前の方より出で給ひ、そばめに見通し給ひて、せちにおぼすべかめる文の氣色かなと、をかしさに立ちとゞまり給へり。引きあけて見給ふ。くれなゐのうすえふに、こまやかに書きたるべしと見ゆ。文に心入れてとみにも向き給はぬに、おとゞも立ちて、とざまにおはすれば、この君はざうしより出で給ふとて、おとゞ出で給ふとうちしはぶきて、おどろかい奉り給ふ。ひき隱し給へるにぞ、おとゞさしのぞき給へる。驚きて御ひもさし給ふ。殿もついゐ給ひて「まかで侍りぬべし。例の御じやけの久しく起らせ給はざりつるを、恐しきわざなりや。山のざす只今さうじに遣はさむ」と、いそがしげにて立ち給ひぬ。夜更けて皆出で給ひぬ。おとゞは宮をさきに立て奉り給ひて、あまたの御子どもの上達部君達ひきつゞけてあなたに渡り給ひぬ。この殿は後れて出で給ふ。隨身氣色ばみつる、あやしとおぼしければ、ごぜんなどおりて火ともすほどに隨身召しよす。「申しつることは何事ぞ」と問ひ給ふ。「けさかの宇治に、出雲の權守、時方のあそんのもとに侍るをのこの紫の薄えふにて、櫻につけたる文を西の妻戶によりて女房にとらせ侍りつる見給へつけて、しかしか問ひ侍りつれば、ことたがひつゝ、そらごとのやうに申し侍りつるを、いかに申すぞとて、わらはべして見せ侍りつれば、兵部卿の宮に參り侍りて式部少輔道定の朝臣になんその返事はとらせ侍りける」と申す。君あやしとおぼして、「その返事はいかやうにして出しつるぞ」、「それは見給へず。ことかたより出し侍りにける下人の申し侍りつるは赤き色紙のいと淸らなるとなむ申し侍りつる」と聞ゆ。おぼしあはするに、たがふことなし。さまで見せつらむを、かどかどしとおぼせど、人々近ければ委しくものたまはず。道すがら猶いと恐しく隈なくおはする宮なりや、いかなりけむ序に、さる人ありと聞き給ひけむ、いかでいひより給ひけむ、田舍びたるあたりにて、かやうのすぢのまぎれは、えしもあらじと思ひけるこそをさなけれ、さても知らぬあたりにこそ、さるすきごとをものたまはめ、昔よりへだてなくて、あやしきまで知るべし、ゐてありき奉りし身にしも、うしろめたくおぼしよるべしやと思ふに、いと心づきなし。對の御方の御事をいみじく思ひつゝ年頃すぐすは、我が心のおもさはこよなかりけり、さるはそれ今は始めて、さま惡しかるべき程にもあらず、もとよりのたよりにもよれるを、唯心のうちの隈あらむは我がためも苦しかるべきによりこそ思ひ憚るもをこなるわざなりけれ、この頃かくなやましくし給ひて例よりも人しげきまぎれに、いかではるばるとかきやり給ひつらむ、おはしやそめにけむ、いと遙なるけさうの道なりや、怪しくて、おはし所尋ねられ給ふ日もありと聞えきかし、さやうの事におぼし亂れて、そこはかとなく惱み給ふなるべし、昔をおぼし出づるにも、えおはせざりし程のなげきは、いといとほしげなりきかしとつくづくと思ふに、女のいたく物思ひたるさまなりしも、かたはし心えそめ給ひては、萬おぼしあはするにいとうし。ありがたきものは人の心にもあるかな、らうたげにおぼどかなりとは見えながら色めきたる方はそひたる人ぞかし、この宮の御ぐにては、いとよきあはひなりと思ひも讓りつべく、のく心ちし給へど、やんごとなく思ひそめし人ならばこそあらめ、猶さるものにておきたらむ、いまはとて見ざらむはた戀しかるべしと人わろくいろいろ心の中におぼす。我すさまじく思ひなりて捨て置きたらば、必ずかの宮呼びとり給ひてむ、人のため後のいとほしさをも殊にたどり給ふまじ、さやうにおぼす人こそ一品の宮の御方に人二三人參らせ給ひたなれ、さて出で立ちたらむを見聞かむ、いとほしくなど猶捨てがたく、氣色見まほしくて御文つかはす。例の御隨身召して御みづから人まに召し寄せたり。「道定のあそんは猶仲信が家にやかよふ」。「さなむ侍る」と申す。宇治へは常にや、このありけむをのこはやるらむ。かすかにて居たる人なれば道定も思ひかくらむかしと、うちうめき給ひて、「人に見えでをまかれ。をこなり」とのたまふ。かしこまりて。少輔が常にこの殿の御事あないし、かしこの事問ひしも思ひ合すれど物慣れて得申し出でず。君もげすにくはしくは知らせじとおぼせば問はせ給はず。かしこには、御使の例よりしげきにつけても物思ふことさまざまなり。たゞかくぞのたまへる。

 「波こゆるころともしらず末の松まつらむとのみ思ひけるかな。人に笑はせ給ふな」とあるを、いと怪しと思ふに、胸もふたがりぬ。御返り事を心えがほに聞えむも、いとつゝましく、ひがごとにてあらむも怪しければ、御文はもとのやうにして「ところたがへのやうに見え侍ればなむ、怪しく惱ましくて何事も」と書きそへて奉りつ。見給ひて、さすがにいたくもしたるかな、かけて見及ばぬ心ばへよとほゝゑまれ給ふも、にくしとは得おぼしはてぬなめり。まほならねどほのめかし給へる氣色を、かしこにはいとゞ思ひそふ。遂に我が身はけしからず怪しくなりぬべきなめりと、いとゞ思ふ所に右近來て、「殿の御文は、などて返し奉らせ給ひつるぞ。ゆゝしくいみ侍るなるものを」といへば、「ひがごとのあるやうに見えつれば所たがへかとて」とのたまふ。あやしと見ければ道にてあけて見けるなりけり。よからずの右近がさまやな。見つとはいはであないとほし。「苦しき御事どもにこそ侍れ。殿は物の氣色御覽じたるべし」といふに、おもてざとあかみて物ものたまはず、文見つらむとは思はねば、ことざまにてかの御氣色見る人の語りたるにこそはと思ふに、誰かさいふぞなども問ひ給はず、この人々の見思ふらむこともいみじく耻かし。我が心もてありそめしことならねども心憂き宿世かなと思ひ入りて寢たるに、侍從と二人して、「右近が姉の、常陸にて人ふたり見侍りしを、ほどほどにつけては、たゞかくぞかし。これも劣らぬ志にて思ひ惑ひて侍りしほどに、女は今の方に少し心よせまさりてぞ侍りける。それにねたみて遂に今のをば殺してしぞかし。さて我も住み侍らずなりにき。國にもいみじきあたらつはもの一人失ひつ。又このあやまちしたるも善きらうどうなれど、かゝるあやまちしたるものを、いかでかつかはむとて國の內をも追ひ拂はれぬ。すべて女のたいだいしきぞとて、たちのうちにも置い給へらざりしかば、あづまの人になりて、まゝも今に戀ひ泣き侍るは罪深くこそ見給ふれ。ゆゝしき序のやうに侍れど、かみも下もかゝるすぢのことは、おぼし亂るゝはいと惡しきわざなり。御命までにはあらずとも人の御ほどほどにつけて侍ることなり。死ぬるにまさる恥なることも善き人の御身にはなかなか侍るなり。ひとかたにおぼし定めてよ。宮も御志勝りて、まめやかにだに聞えさせ給はゞ、そなたざまにもなびかせ給ひて物ないたく歎かせ給ひそ。瘠せ衰へさせ給ふも、いとやくなし。さばかりうへの思ひいたづき聞えさせ給ふものを、まゝかこの御いそぎに心を入れて惑ひゐて侍るにつけても、それよりこなたにと聞えさせ給ふ御事こそ、いとゞ苦しくいとほしけれ」といふに、今一人「うたて恐しきまでな聞えさせ給ひそ。何事も御宿世にてこそあらめ。唯御心の中に少しおぼしなびかむ方を、さるべきにおぼしならせ給へ。いでやいとかたじけなくいみじき御氣色なりしかば、人のかくおぼし急ぐめりし方に心もよらずしばしはかくろへても御思ひのまさらせ給はむによらせ給ひねとぞ思ひ侍る」と、宮をいみじくめで聞ゆる心なれば、ひたみちにいふ。「いさや右近は、とてもかくても事なくすぐさせ給へと初瀨石山などにぐわんをなむ立て侍る。この大將殿のみぞうの人々といふものは、いみじきぶだうのものどもにてひとるゐこの里にみちて侍るなり。おほかたこの山城大和に殿のりやうじ給ふ所々の人なむ皆このうどねりといふものゝゆかりかけつゝ侍るなる。これが聟の右近の大夫といふものを本として萬の事をおきて仰せられたなるなり。善き人の御中どちはなさけなきことし出でよとおぼさずとも、物の心得ぬ田舍人どものとのゐびとにて、かはりがはりさぶらへば、おのが番に當りて聊なる事もあらせじなど、あやまちもし侍りなむ、ありしよの御ありきは、いとこそむくつけく思ひ給へられしか、宮はわりなくつゝませ給ふとて御供の人もゐておはしまさず。やつれてのみおはしますを、さるものゝ見つけ奉りたらむは、いといみじくなむ」と言ひ續くるを、君猶我を宮に心よせ奉りたると思ひてこの人々のいふ、いと耻しく、心地にはいづれとも思はず唯夢のやうにあきれて、いみじく入られ給ふをば、などかくしもとばかり思へど、たのみ聞えて年頃になりぬる人を今はともて離れむと思はぬによりこそ、かくいみじとものも思ひ亂るれ。げによからぬ事も出で來らむ時と、つくづくと思ひ居たり。「まろはいかで死なばや。世づかず心憂かりける身かな。かく憂きことあるためしは、げすなどの中にだにも多くやはあなる」とて、うつぶしふし給へば「かくな思し召しそ安らかにおぼしなせとてこそ聞えさせ侍れ。おぼしぬべき事をも、さらぬ顏にのみ長閑に見えさせ給へるを、この御事の後、いみじく心いられをせさせ給へば、いと怪しくなむ見奉る」と、心知りたるかぎりは皆かく思ひ亂れさわぐに、めのとおのが心をやりて、ものそめいとなみ居たり。今まゐりわらはなどの、めやすきを呼びとりつゝ、「かゝる人御覽ぜよ。あやしくてのみ臥させ給へるは、ものゝけなどの妨げ聞えさせむとするにこそ」となげく。殿よりは、かのありし返事をだにのたまはで日頃經ぬ。このおどしゝうどねりといふものぞ來たる。げにいとあらあらしく、ふつゝかなるさましたるおきなの聲かな。さすがに氣色ある、女房にものとり申さむといはせたれば、右近しも逢ひたり。「殿に召し侍りしかば、けさ參り侍りて只今なむ罷り歸り侍りつる。さふじども仰せられつる序に、かくておはします程に、夜中曉のことにも、なにがしらかくて侍ふと思ほして、とのゐびとわざとさし奉らせ給ふこともなきを、この頃聞し召せば、女房の御許に知らぬ所の人通ふやうになむ聞し召すことある、たいだいしきことなり。とのゐに侍ふものどもは、そのあない問ひ聞きたらむ、知らではいかゞ侍ふべきと問はせ給へるに、承らぬことなれば、なにがしは身の病重く侍りて、とのゐ仕うまつることは月頃怠りて侍ればあないも得知り侍らず。さるべきをのこどもは、けだいなくもよほし侍はせ侍るを、さのごとき非常の事の侍らはむをば、いかでか承らぬやうは侍らむとなむ申させ侍りつる。用意してさぶらへ。びんなき事もあらば重く勘當せしめ給ふべきよしなむ仰せ言侍りつれば、いかなる仰せ言にかと、恐れ申しはべる」といふを聞くに、ふくろふの鳴かむよりも、いとものおそろし。いらへもやらで、「さりや聞えさせしに、違はぬ事どもを聞しめせ。物の氣色御覽じたるなめり。御せうそこも侍らぬよ」などなげく。めのとはほのうち聞きて「いと嬉しく仰せられたり。ぬすびと多かなるわたりにとのゐ人も始のやうにもあらず。皆身のかはりぞといひつゝ、あやしきげすをのみ參らすれば、やぎやうをだにせぬに」とよろこぶ。君はげに只今いと惡しくなりぬべき身なめりとおぼすに、宮よりはいかにいかにと苔の亂るゝわりなさをのたまふ。いとわづらはしくなむ、とてもかくても、ひとかたひとかたにつけて、いとうたてあることは出できなむ、わが身ひとつのなくなりなむのみこそめやすからめ、昔は懸想ずる人の有樣の、いづれとなきに思ひ煩ひてだにこそ身を投ぐるためしもありけれ、ながらへば、必ずうきこと見えぬべき身の、なくならむは何か惜しかるべき、親も暫しこそ歎き給はめ、あまたの子どもあつかひに、おのづから忘草つみてむ、ありながらもてそこなひ、人わらへなるさまにてさすらへむは、まさる物思ひなるべしなど思ひなる。こめきおほどかに、たをたをと見ゆれど、けだかう世の有樣をも知る方すくなくて、おふしたてたる人にしあれば、少しおす〈ぞイ〉かるべきことを思ひよるなりけむかし。むつかしきほぐなどやりて、おどろおどろしく一たびにもしたゝめず、とうだいの火に燒き、水に投げ入れさせなど、やうやう失ふ。心知らぬごだちは、物へ渡り給ふべければ、つれづれなる月日を經て、はかなくし集め給へる手習などをやり給ふなめりと思ふ。侍從などぞ見つくる時は、「などかくはせさせ給ふ。哀なる御中に、御心留めて書きかはし給へる文は人にこそ見せさせ給はざらめ、物の底におかせ給ひて御覽ずるなむ、ほどほどにつけてはいと哀にはべる。さばかりめでたき御紙つかひ、かたじけなき御言の葉を盡させ給へるを、かくのみやらせ給ふ、なさけなきこと」といふ。「何か、むつかしく長かるまじき身にこそあめれ。おちとゞまりて、人の御ためもいとほしからむ、さかしらにこれを取り置きけむよなど、漏り聞き給はむこそ恥しけれ」などのたまふ。心細き事を思ひもて行くには、まだえ思ひ立つまじきわざなりけり。親をおきてなくなる人は、いと罪深くなるものをなど、さすがにほの聞きたることをも思ふ。廿日あまりにもなりぬ。かの家あるじ、廿八日にくだるべし。宮は「その夜必ず迎へむ。しもびとなどに、よく氣色見ゆまじき心づかひし給へ。こなたざまよりは夢にも聞えあるまじ。疑ひ給ふな」などのたまふ。さてあるまじきさまにて、おはしたらむに、今一たび物をも聞えず、おぼつかなくて返し奉らむことよ、又時のまにても、いかでこゝには寄せ奉らむとする、かひなく恨みて歸り給はむさまなどを思ひやるに、例のおもかげ離れず、絕えず悲しくて、この御文を顏におしあてゝ、しばしはつゝめども、いといみじくなき給ふ。右近「あが君、かゝる御氣色遂に人見奉りつべし。やうやう怪しなど思ふ人も侍るべかめり。かうかゝづらひ思ほさで、さるべきさまに聞えさせ給ひてよ。右近侍らば、おほけなきことも、たばかり出し侍らば、かばかり小き御身ひとつは、空よりもゐて奉らせ給ひなむ」といふ。とばかりためらひて、「かくのみいふこそいと心憂けれ。さもありぬべきことゝ思ひかけばこそあらめ、あるまじきことゝ皆思ひとるに、わりなく、かくのみ賴みたるやうにのたまへば、いかなる事をし出で給はむとするにかなど思ふにつけて身のいと心憂きなり」とて返事も聞き給はずなりぬ。宮かくのみ猶うけひく氣色もなくて、返事さへ絕えだえになるは、かの人のあるべきさまにいひしたゝめて、少し心やすかるべきかたに思ひ定りぬるなめり。ことわりとおぼすものから、いと口惜しくねたく、さりとも我をば哀とおぼしたりしものを、あひ見ぬとだえに人々のいひ知らするかたによるならむかしなどながめ給ふに、行くかた知らず、むなしき空にみちぬる心地し給へば、例のいみじくおぼしたちておはしましぬ。あしがきのかたを見るに、例ならず、「あれはたぞ」という聲々いざとげなり。たちのきて、心しりのをのこを入れたれば、それをさへ問ふ。さきざきのけはひにも似ずわづらはしくて「京よりとみの御文あるなり」といふ。右近がずさの名を呼びて逢ひたり。いと煩しくいとゞおぼゆ。「更にこよひは不用なり。いみじく忝きこと」といはせたり。宮、などかくもてはなるらむとおぼすにわりなくて「まづ時方入りて侍從に逢ひて、さるべきさまにたばかれ」とて遣す。かどかどしき人にて、とかくいひかまへて、尋ねて逢ひたり。「いかなるにかあらむ、かの殿ののたまはすることありとて、とのゐにあるものどものさかしがりたちたる頃にて、いとわりなきなり。お前にもものをのみいみじくおぼしためるは、かゝる御事の忝なきをおぼし亂るゝにこそはと心苦しくなむ見奉る。更にこよひは人げしき見侍りなば、なかなかにいと惡しかりなむ。やがてさも御心づかひせさせ給ふべからむ夜、こゝにも人知れず思ひかまへてなむ聞えさすべかめる」めのとのいざとき事なども語る。大夫「おはします道のおぼろけならず、あながちなる御氣色に、あへなく聞えさせむことなむたいだいしき。さらばいざ給へ、共に委しく聞えさせ給へ」といざなふ。「いとわりなからむ」といひしろふ程に、夜もいたく更け行く。宮は御馬にて少し遠く立ち給へるに、さとびたる犬どもの出で來てのゝしるもいとおそろしく、人ずくなにいと怪しき御ありきなれば、すゞろならむものゝ走り出で來たらむも、いかさまにかと侍ふかぎり心をぞ惑はしける。「猶疾く疾く參りなむ」といひさわがしてこの侍從をゐて參る。かみわきよりかいこして、やうだいいとをかしき人なり。馬に乘せむとすれど更にきかねば、きぬの裾をとりて立ちそひて行く。我がくつをはかせて、みづからは供なる人のあやしきものをはきたり。參りて「かくなむ」と聞ゆれば、語らひ給ふべきやうだになければ、やまがつの垣根のおどろむぐらの影に、あふりといふ物を敷きておろし奉る。我が御心ちにも、あやしきありさまかな、かゝる道にそこなはれて、はかばかしくはえあるまじき身なめりとおぼし續くるに、泣き給ふことかぎりなし。心よわき人は、ましていといみじく悲しと見奉る。いみじきあだ、おににつくりたりとも、おろかに見捨つまじき人の御有樣なり。ためらひ給ひて、「唯ひとこともえ聞えさすまじきか。いかなれば今更にかゝるぞと、猶人々のいひなしたるやうあるべし」とのたまふ。有樣委しく聞えて、「やがてさ思し召さむ日を、かねてさべきさまにたばからせ給へ。かく忝き事どもを見奉り侍れば、身を捨てゝも思ひ給へたばかり侍らむ」と聞ゆ。我も人目をいみじくおぼせばひと方に怨み給はむやうもなし。夜はいたく更け行くに、このものとがめする犬の聲絕えず、人々追ひさけなどするに、弓ひきならし怪しきをのこどもの聲して、「火あやふし」などいふも、いと心あわたゞしければ、かへり給ふほど、いへばさらなり。

 「いづくか身をば捨てむと白雲のかゝらぬ山もなくなくぞゆく」。さらばやとてこの人を返し給ふ。御氣色なまめかしくあはれに、夜深き露にしめりたる御かのかうばしさなど、たとへむかたなし。泣く泣くぞ歸りきたる。右近はいひきりつるよしいひ居たるに、君はいよいよ思ひ亂るゝこと多くて臥し給へるに、入り來て、ありつるさま語るに、いらへもせねど枕のやうやううきぬるをかつはいかに見るらむとつゝまし。つとめても怪しからむまみを思へば、むごに臥したり。物はかなげに帶うちかけなどして經讀む。親にさきだちなむ罪失ひ給へとのみ思ふ。ありし繪を取り出でゝ見て、書き給ひし手つき、顏のにほひなどのむかひ聞えたらむやうに覺ゆれば、よべ一言をだに聞えずなりにしは、猶今ひとへまさりていみじと思ふ。かの心のどかなるさまにて見むと、行く末遠かるべき事をのたまひわたる人も、いかゞおぼさむといとほしう、憂きさまにいひなす人もあらむこそ、思ひやり恥しけれど、心淺くけしからず人わらへならむを聞かれ奉らむよりはと思ひつゞけて、

 「歎きわび身をば捨つともなきかげにうき名流さむことをこそ思へ」。親もいと戀しく、例はことに思ひ出でぬはらからのみにくやかなるもこひし。宮のうへを思ひ出で聞ゆるにも、すべて今一たびゆかしき人多かり。人は皆おのおのものそめ急ぎ、何やかやといへど耳にも入らず。よるとなれば人に見つけられず出でゝ行くべき方を思ひまうけつゝ、寢られぬまゝに心地も惡しく皆たがひにたり。明けたてば、川の方を見やりつゝ羊のあゆみよりも程なき心ちす。宮はいみじき事どもをのたまへり、今さらに人や見むと思へば、この御返事をだに思ふまゝにも書かず。

 「からをだにうき世の中にとゞめずばいづこをはかと君もうらみむ」とのみ書きて出しつ。かの殿にも、いまはの氣色見せ奉らまほしけれど、ところどころに書きおきて、離れぬ御中なれば遂に聞き合せ給はむ事いと憂かるべし、すべていかになりけむと、誰にも覺束なくて止みなむと思ひ返す。京より母の御文持て來たり。「寢ぬる夜の夢に、いとさわがしくて見え給ひつれば、ずきやう所々にせさせなどし侍る。やがてその夢の後、寢られざりつるけにや、只今晝寢して侍る夢に、人のいむといふことなむ見え給ひつれば驚きながら奉る。能くつゝしませ給へ。人離れたる御住ひにて、時々立ちよらせ給ふ人の御ゆかりも、いと恐しく、惱しげに物せさせ給ふ、折しも夢のかゝるを、よろづになむ思ひ給ふる。參りこまほしきを、少將の方の猶いと心もとなげに、ものゝけだちて惱み侍れば片時も立ち去ることゝ、いみじくいはれ侍りてなむ。その近き寺にも御ず經せさせ給へ」とて、その料のもの、文など書きそへて持て來たり。限と思ふ命の程を知らで、かくいひつゞけ給へるもいと悲しと思ふ。寺へ人やりたる程、返事かく。いはまほしきこと多かれど、つゝましくてたゞ、

 「のちにまたあひ見むことを思はなむこの世のゆめに心まどはで」。ずきやうの鐘の風につきて聞えくるを、つくづくと聞き臥し給へり。

 「鐘のおとの絕ゆる響にねをそへて我が世盡きぬと君に傅へよ」。くわんじゆ持て來たるに書きつけて、こよひは得歸るまじといへば、物の枝にゆひつけて置きつ。めのと、「あやしく心ばしりのするかな、夢も騷しくとのたまはせたりつ。とのゐびとよく侍へ」といはするを、苦しと聞き臥し給へり。「物聞し召さぬいとあやし。御湯づけ」などよろづにいふを、さかしがるめれど、いと見にくゝおひなりて、我なくはいづくにかあらむと思ひやり給ふもいと哀なり。世の中にえありはつまじきさまをほのめかしていはむなどおぼすには、まづ驚かされて、さきだつ淚をつゝみ給ひて物もいはれず。右近程く臥すとて、「かくのみ物をおもほせば、物思ふ人のたましひはあくがるなるものなれば夢も騷がしきならむかし。いづかたとおぼし定りて、いかにもいかにもおはしまさなむ」とうちなげく。なえたるきぬを顏におしあてゝ臥し給へりとなむ。